歌声解説 歌声解説 男性シンガー

DragonAshのボーカル 降谷建志の歌唱力・歌い方 息の多い発声とベルティングボイス【歌声解説】

投稿日:

今回はDragonAshのボーカル降谷建志さんの歌声について書いていきたいと思います。

DragonAshと言えば、大人気のロックバンドですね。

 

何と言っても楽曲・演奏・そして歌声の素晴らしさは多くの人を魅了しています。

心掴まれている方も多いのではないでしょうか。

今回はそんなDragonAshのボーカル降谷建志さんの歌声について書いていきたいと思います。

どういう声質・声の出し方か

地声・話し声は普通の音域で、声帯閉鎖の鳴りの強い声質

地声の音域は普通の音域ですね。

声質はやや声帯閉鎖が強めの声質です。かなり鳴りの強い声質でジリジリとした声帯閉鎖の鳴りがある声質です。

 

ほんの少しだけハスキーなニュアンスもある声です。

共鳴は咽頭共鳴寄りの声質で、低めに聞こえるニュアンスのある話し声ですね。

 

歌声は息の多い地声と鳴りの強いミックスボイスが特徴的

歌声は主に2種類ですね。

地声とミックスボイスをメインで使っています。

 

低中音域は地声で歌っています。この地声はかなり息の倍音が多くさらりとした印象のある声です。高めの澄んだ音色に聞こえる地声です。

声帯の閉鎖を弱めて、息のニュアンスをしっかりと出す声です。ハスキーなニュアンスも若干あるような声です。

 

中高音域はミックスボイスですね。

ベルティング系のミックスボイスで、強い鳴りが特徴のミックスボイスです。声帯閉鎖もしっかりとあり、喉もしっかりと開きつつ、息の圧力が強いミックスボイスです。

 

フレーズによっては息の圧力を強めて、やや割れ気味なニュアンスのあるミックスボイスを使っています。シャウトとミックスボイスの中間のような音色の声です。

この強い地声のように聞こえるミックスボイスと綺麗な低中音域の地声のコントラストが印象的な歌声です。

 

どういう歌い方か

ビブラートはあまりかけるタイプではないですね。

言葉の発音が綺麗で子音を強調するようにして歌うタイプです。

 

基本的にはロックに熱くかっこよくという感じです。地声のクールな声質とミックスボイスの強い声質のダイナミクスが特徴的な歌い方ですね。

 

どういう練習をすれば降谷建志さんのように歌えるか

降谷建志さんのように歌うには多くの音楽的要素が必要です。

そのぶん、多くの練習や訓練が必要となります。

しかし、要点やポイントを絞ることで近づく近道になります。

 

降谷建志さんのように歌うポイント

  • 息が多い発声を身につける
  • ベルティングボイスを身につける

これが重要ですね。

では練習方法を書いていきたいと思います。

息の多い発声を身につける

降谷建志さんは低中音域は息が多い発声でさらりとクールな印象を受ける声が特徴的です。

しっかりと息と声を連動させる必要があります。

 

息と声を連動させるにはドッグブレスの練習が最適です。

練習方法はこちら

【ドッグブレス】で声量アップ|通る声を身につける

今回はボイストレーニングの中の「ドッグブレス」について書いていきたいと思います。「ドッグブレス」はボイストレー二ングでは有名なトレーニングです。   トレーニングとしてかなり有効なので、音楽 ...

 

ベルティングボイスを身につける

地声のように聞こえる強い高音域をベルティングボイスと言います。

降谷建志さんは強い鳴りのミックスボイスが特徴的です。息の圧力もしっかりとかけて強い声を作っています。

 

練習方法はこちら

「ベルティング発声・唱法」のやり方・解説|ベルティングはミックスボイス?

今回はベルティング発声・ベルティングボイスというものについて書いていきたいと思います。 このベルティングボイスはミックスボイス同様になんだか定義がふわふわしているものです。 日本ではあまり聞きなれない ...

 

まとめ

降谷建志さんのように歌うポイント

  • 息が多い発声を身につける
  • ベルティングボイスを身につける

これが重要ですね。

まずはここから練習していきましょう。







おすすめ記事

-歌声解説, 歌声解説 男性シンガー

Copyright© 音楽技術向上のためのブログ【ミュートレグ】 , 2018 All Rights Reserved.