歌声解説 女性シンガー

Little Glee Monster manakaの歌声や歌い方についての分析

更新日:

今回はLittle Glee Monsterのmanakaさんの歌声について書いていきたいと思います。

リトグリと言えば、大人気の女性ボーカルグループですね。

 

何と言ってもその歌声・歌唱力の高さ、そしてハーモニーは多くの人を魅了しています。

心掴まれている方も多いのではないでしょうか。

どういう声質・声の出し方か

地声・話し声は普通の音域で、息が多く流れるやや太めの声質

地声や話し声の音域は普通くらいの音域ですね。

音域的に普通くらいの音域帯の声帯を持っているように感じます。

 

声質は息が流れやすく、しっかりと鳴るバランスのいい声質です。

特徴としては声がやや太めな声を持っています。

太めと言っても若干程度ですが、太めの性質を持っている印象です。

 

歌声はやや太めで伸びやかな発声が魅力

チェストボイス

低中音域は地声

地声をそのまま活かしたような声ですね。

バランスよく息を流し、声帯を綺麗に鳴らしています。

 

ミドルレンジ

中高音域(≒ミックスボイス

鳴りが非常に強く、太くパワフルなミドル域です。

太い声質、喉の状態を保ったまま声帯に息の圧力をかけることで太めの鳴りの強い声を出しているのですね。

低音域よりも深めの響きを保ち、ダイナミクスを効かせています。

 

また、このミドル域で唸るようなパワフルな声を使うこともあります。「ガリガリ・ゴロゴロ」と鳴るような発声です。

これは「仮声帯」を利用するような発声です。

 

ファルセット

高音域はファルセット

ファルセットも綺麗な声質で自由に操っています。

どういう歌い方か

共鳴や音色

基本的には鼻腔や軟口蓋などの上方向主体の響きですが、太い音色や深い音色を作るときに咽頭共鳴をしっかりと保っています。

もともと持っている喉はそこまで深いタイプではないでしょうが、最大限この咽頭共鳴をしっかりと保つことで太くかっこいい音色を作っています。

 

ビブラート

フレーズ次第なのはもちろんですが、ビブラートは自然に綺麗にかかるタイプですね。

 

フレージング・歌い回し

ピッチやリズムなどの歌い回しは大きな癖はなくベーシックでオールラウンドなタイプです。

太い中高音発声を活かして、低音域と高音域のダイナミクスを作り出すような歌い方ですね。

どちらかと言えばかっこいいタイプの歌い方ですね。

どういう練習をすればmanakaさんのように歌えるか

manakaさんのように歌うには多くの音楽的要素が必要です。

そのぶん、多くの練習や訓練が必要となります。

しかし、要点やポイントを絞ることで近づく近道になります。

manakaさんのように歌うポイント

ポイント

太いミドル域を身につける

これが重要ですね。

では練習方法を紹介していきたいと思います。

太いミドル域を身につけるには

manakaさんのように歌うにはまず、太い中高音発声を身につける必要があります。

まずは中高音域で喉をしっかりと開くようにして歌うことが重要です。

中高音発声で喉を開くようにする練習は「グッグトレーニング」がオススメです。

 

また、咽頭共鳴をしっかりと保つことも重要になってくるでしょう。

咽頭共鳴のトレーニングはこちら

 

その他メンバーのページ

その他シンガーの歌声解説はこちら

歌声解説一覧

-歌声解説 女性シンガー

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2021 All Rights Reserved.