歌声解説 女性シンガー

花澤香菜の歌声や歌い方についての分析

投稿日:2018年10月11日 更新日:

今回は花澤香菜さんの歌声について書いていきたいと思います。

花澤香菜さんと言えば、大人気の声優であり歌手としても大活躍している方です。

 

何と言っても声の素晴らしさ、歌唱力は多くの人を魅了しています。

心掴まれている方も多いのではないでしょうか。

どういう声質・声の出し方か

地声・話し声はやや高めの音域で、鼻腔に綺麗に響く声質

音域

地声や話し声の音域はやや高めの音域ですね。

やや高めくらいの音域帯の声帯を持っているように感じます。

 

声質

息が綺麗に流れて、かつ声帯も柔らかく鳴る綺麗な声質です。言葉の発音も非常に綺麗で明瞭です。

基本的に全ての発声が鼻腔に綺麗に響くような声です。この鼻腔への響きが発する声全てを心地よく通る声にしている気がします。

さすがトップ声優の方は話し声から美しいですね。

 

歌声は非常に綺麗な可愛い歌声

チェストボイス

低中音域は地声

非常に息が多い声を囁くようにウィスパーボイスで歌うことが多いです。

 

もともと持っている細めで鼻腔に共鳴する声を活かして、非常に可愛く澄んだ歌声を作り出しています。

この低音域の歌い方は息メインで歌っています。息の流れに軽やかな鳴りを乗せるようにして発声しています。

 

息メインの歌声は声量が生み出しにくいように感じますが、息の倍音をしっかりと生み出すことができればかなり通る声になります。

 

地声

 

ミドルレンジ

中高音域(≒ミックスボイス

やや声帯を強く鳴らすようにして中高音部分を発声していますが、そこまで強い鳴りと言うわけではなく、か細さというかキュートさを残したような発声です。

 

ミドル

 

ファルセット

高音域はファルセット(裏声)

このファルセットは地声と同様に息が多い声質のファルセットです。

地声と変わらない性質の声で、地声とつながりのある声を生み出しています。

 

ファルセット

 

どういう歌い方か

共鳴や音色

鼻腔や軟口蓋などの上方向主体の響き中心です。

 

ビブラート

ビブラートはあまりかけるタイプではないですね。

 

フレージング・歌い回し・歌唱力

基本的には強い発声をせずにウィスパー系や語るくらいのニュアンスで歌います。

先ほども書きましたが、非常に息の倍音が乗っているので良く通る心地よい声を生み出します。

言葉の発音も非常に綺麗ではっきりと聞こえる歌い方です。

 

どういう練習をすれば花澤香菜さんのように歌えるか

花澤香菜さんのように歌うには多くの音楽的要素が必要です。

そのぶん、多くの練習や訓練が必要となります。

しかし、要点やポイントを絞ることで近づく近道になります。

 

花澤香菜さんのように歌うポイント

ポイント

息の多い発声を身につける

鼻腔共鳴を身につける

 

これが重要ですね。

では練習方法を紹介します。

 

息の多い発声を身につけるには

花澤香菜さんのように歌うにはウィスパー系の発声を身につけなければいけません。

ウィスパー系の発声は息の量が重要ですし、息と声との連動が非常に重要となります。

 

息と声との連動や息のトレーニングをするにはドッグブレス/スー・ズートレーニングが最適です。

息系のトレーニングは少しづつでもコツコツと継続することが重要だと思います。

 

鼻腔共鳴を身につける

花澤香菜さんのように澄んだ声を明るく綺麗に聞かせるには鼻腔共鳴が重要です。

歌声の可愛らしさも鼻腔共鳴があるからこそ表現できているはずです。

 

鼻腔共鳴を身につけるにはハミング練習が最適です。

 

その他シンガーの歌声解説はこちら

歌声解説一覧

-歌声解説 女性シンガー

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2020 All Rights Reserved.