【お知らせ】Apple Musicの埋め込み音源が上手く動作しないバグが時折発生しています。iOS、もしくはApple Music側の不具合のようです。再起動すると上手く再生できることもあります。

歌声解説 男性シンガー

甲本ヒロトの声や歌い方についての分析

更新日:

今回はザ・クロマニヨンズのボーカル甲本ヒロトさんの歌声について書いていきたいと思います。

甲本ヒロトさんと言えば、THE BLUE HEARTSやザ・クロマニヨンズのボーカルとして大人気の方ですね。

 

何と言ってもその楽曲の素晴らしさ、そして歌声の熱量は多くの人を魅了しています。

心掴まれている方も多いのではないでしょうか。

どういう声質・声の出し方か

地声・話し声は普通の音域で、ハスキー系の声質

地声や話し声の音域は普通くらいの音域です。

音域的には普通くらいの音域帯の声帯を持っていると言えるでしょう。

 

声質はハスキー系の声質です。

カサっとした声帯閉鎖感のある声質でハスキーっぽい倍音も多く含まれている声です。典型的なハスキーボイスという感じの声ですね。

 

持っている声帯

普通くらいの音域・ハスキー系の声質

 

歌声は地声系の熱いパワフルな歌声

歌声は2種類の声区を使っています。

主な声区

  • 地声(チェスト)
  • ミックスボイス(ミドル)

 

地声

低中音域は地声

基本的に声帯を強く鳴らすような発声で歌うことが多く、鳴りの強い発声でロックに歌っています。

 

ただ、ハスキーなニュアンスも声の中に含まれているので、息の倍音と声帯の鳴りの倍音が共存しています。

 

ミックスボイス

中高音域はミックスボイス(ミドル)

基本的には地声域の延長線上で強い息の圧力をかけてガツンと鳴らすような発声ですね。

 

また、声帯をガラッと鳴らすようなニュアンスを歌の中で多く使います。唸っているようなニュアンスですね。

シャウトではないのですが、それに近いニュアンスで息の圧力を高めて出すような発声法です。

 

歌声

強い鳴りの地声域・強い鳴りのミックスボイス

 

どういう歌い方か

共鳴や音色

上アゴ方向へしっかりと声を当てるような音色の作り方です。

口の開きは縦方向のニュアンスがやや強めで、開きは大きく音色的には比較的広がりのある音色です。

 

ビブラート

ビブラートはほとんどかけることはないですね。基本的にロックにまっすぐにメッセージを届けるために歌うというスタンスで歌っているように感じられます。

 

フレージング・歌い回し・歌唱力

決して悪く言っているわけではなく、むしろいい意味で音程などはあまり気にせず魂をぶつけるような歌い方です。

 

まさにロックという音楽性を前面にむき出しにした熱い歌唱スタイルです。

あれだけ人を惹きつけるのは声に含まれる倍音成分が多いからでしょうね。

どういう練習をすれば甲本ヒロトさんのように歌えるか

甲本ヒロトさんのように歌うには多くの音楽的要素が必要です。

そのぶん、多くの練習や訓練が必要となります。

しかし、要点やポイントを絞ることで近づく近道になります。

甲本ヒロトさんのように歌うポイント

ポイント

力強い発声を身につける

軟口蓋への響きを身につける

これが重要ですね。

では練習方法を紹介します。

力強い発声を身につけるには

甲本ヒロトさんのような力強い発声は声帯閉鎖と息の圧力が必要です。

大声を出せと言われれば単純に誰でも大声は出せるでしょうから、大抵の人は息の圧力をかけられるのです。

 

ただ、それを支える声帯がコントロールできていないから歌に活かすことができないのですね。

声帯のコントロールを鍛えるにはエッジボイスの練習が最適です。

軟口蓋への響きを身につける

甲本ヒロトさんは鼻腔や軟口蓋あたりに丸く太い響きがあります。

この響きを身につける練習はハミング練習が最最適です。

 

ハミング練習は2種類あり、効果が違いますので使い分けて練習しましょう。

その他シンガーの歌声解説はこちら

歌声解説一覧

-歌声解説 男性シンガー
-

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2020 All Rights Reserved.