歌声解説 歌声解説 女性シンガー

麻倉ももの歌唱力・歌い方 声帯閉鎖の鳴りの強い可愛い歌声【歌声解説】

投稿日:

今回は麻倉ももさんの歌声について書いていきたいと思います。

麻倉ももさんと言えば、声優であり歌手としても大活躍している方ですね。

 

何と言ってもその声、その歌声は多くの人を魅了しています。

心掴まれている方も多いのではないでしょうか。

今回はそんな麻倉ももさんの歌声について書いていきたいと思います。

どういう声質・声の出し方か

地声・話し声はやや高めの音域で、綺麗な可愛い系の声

地声の音域はやや高めの音域ですね。やや細めの声を持っているので、少し小さめな声帯を持っているような印象を受けます。

 

声質は息がも綺麗に流れて声帯もしっかりと鳴るバランスのいい声質です。バランスが取れつつ、両方の精度が高いと言いますか、息の量も多いですし声帯の鳴りも綺麗です。

 

さすが声優と言えるようないい声です。

鼻腔共鳴が強く、明るく可愛いらしい響きを持った声です。

 

歌声は鼻腔共鳴の強い可愛い歌声

歌声は主に地声・ミックスボイス・ファルセットの3種類です。

主に地声とミックスボイスが多いです。

持っている音域が少し高めなのもあり、地声とミックスボイスの境目はわかりにくいですね。

 

低中音域は地声系の発声です。基本的には声帯をしっかりと鳴らした声帯閉鎖感のある声を使うことが多いですね。息っぽい発声を使うこともあります。

 

中高音域はミックスボイスです。地声の声帯の鳴りをそのまま活かしたようなミックスボイスです。

鳴りの強めな声を鼻腔に綺麗に抜くことで、明るさや可愛らしさを出しています。

 

地声との境目がわかりにくく、地声とほとんど同質のミックスボイスです。

 

ファルセットは頻繁に使うタイプではないですが、高音を綺麗に抜くときなどに使っています。

 

どういう歌い方か

ビブラートはあまりかけずにまっすぐに歌うタイプです。

口や口の空間を横方向へ開いて明るく、浅い響きで歌う歌い方ですね。あまり縦に深く開けないことで可愛い声色を作り出しています。

言葉の発音も当然ながら明瞭です。

 

どういう練習をすれば麻倉ももさんのように歌えるか

麻倉ももさんのように歌うには多くの音楽的要素が必要です。

そのぶん、多くの練習や訓練が必要となります。

しかし、要点やポイントを絞ることで近づく近道になります。

 

麻倉ももさんのように歌うポイント

  • 鼻腔共鳴を身につける
  • 声帯の鳴りの強い声を身につける

これが重要ですね。

では練習方法を書いていきたいと思います。

鼻腔共鳴を身につける

麻倉ももさんは鼻腔共鳴が強いです。鼻腔に声を通すことで、明るい音色の声を綺麗に響かせることができていますね。

鼻腔共鳴を鍛えるにはハミング練習が最適です。

 

練習方法はこちら

鼻歌・ハミング練習法は2種類ある〜響きを身につけよう〜

今回はハミングという練習法について書いていきたいと思います。 ハミングといえば鼻歌ですよね。 でも鼻歌って口を閉じて歌うこと全てが鼻歌ですか?   それは人によっては「YES」 人によっては ...

 

声帯の鳴りの強い声を身につける

麻倉ももさんは息の成分が少なめで声帯の鳴りが強い声を使うことが多いです。

声帯の鳴りは声帯閉鎖のある声で脱力して発声できるように鳴ることが重要です。

 

鳴りのある声のトレーニングには「ネイ」「ヤイ」トレーニングとエッジボイスのトレーニングが最適です。

 

練習方法はこちら

強いミックスボイスを手に入れるボイストレーニング〜「ネイ」「ヤイ」トレーニング〜

今回は強いミックスボイス・地声系の高音を手に入れるトレーニング 「ネイ」・「ヤイ」トレーニングについて書いていきたいと思います。 特に閉鎖系の高音を手に入れるのに良いトレーニングです。 ミックスボイス ...

【エッジボイス】で声帯閉鎖を鍛えてミックスボイスをコントロール

今回は「エッジボイス」について書いていきたいと思います。 エッジボイスというのは聴き慣れない方もいると思いますが、声の出し方の名称であり、ボイストレーニングにもなります。 そんなエッジボイスについて書 ...

 

まとめ

麻倉ももさんのように歌うポイント

  • 鼻腔共鳴を身につける
  • 声帯の鳴りの強い声を身につける

これが重要ですね。

まずはここから練習していきましょう。







おすすめ記事

-歌声解説, 歌声解説 女性シンガー

Copyright© 音楽技術向上のためのブログ【ミュートレグ】 , 2018 All Rights Reserved.