歌声解説 女性シンガー

Coccoの歌声や歌い方についての分析

投稿日:2018年10月16日 更新日:

今回はCoccoさんの歌声について書いていきたいと思います。Coccoさんと言えば、音楽界で長く活躍している大人気のシンガーですね。

 

何と言ってもその楽曲、その歌声は多くの人を魅了しています。

心掴まれている方も多いのではないでしょうか。

どういう声質・声の出し方か

地声・話し声は普通の音域で、バランスの良い声質

地声や話し声の音域は普通の音域ですね。

普通くらいの音域帯の声帯を持っていると言えるでしょう。

 

声質はバランスの良い普通の声質です。声帯の鳴りと息のバランスのとれた声質です。

どちらかと言えば鳴り系の声質かな?という感じです。

口が大きく、言葉をしっかりと発音する話し方をしていますね。

 

歌声は綺麗でバランスの良い歌声

地声

低中音域は地声

基本的にはこの地声中心の発声です。

 

非常に綺麗な響きをしているのが特徴です。

軟口蓋や上アゴに綺麗に響いているような印象を受ける広がりのある声です。もともと口が大きいのもあるでしょうが、明るい音色でかつ深みのある声を共鳴で作り出しています。

 

声質は話し声のようにバランスの良い声質で歌うことが多いです。

 

地声

「いられるとおも」の部分がファルセット系ですが、それ以外は地声で表現しています。

 

ミドルレンジ

中高音域(≒ミックスボイス

 

鳴りの強い声質で地声系の発声よりも少し閉鎖感が増して強い鳴りの高音を生み出しています。

地声と捉えてもいいと思います。

ミドル

「進め〜ま〜えへ」「きれいな〜まま」「だれかな〜いて」など。

 

ファルセット

高音域はファルセット

 

非常に綺麗な音色のファルセットです。

息がしっかりと流れるファルセットで、地声との落差で笛のようにするっと抜けるニュアンスを感じるファルセットです。

 

切り替えも非常に上手く島唄特有のこぶしのようなものもよく使っています。

 

ファルセット


後半部分。

「握るのはだれだろう」「欲しいのはなぜだろう」ほんの一瞬だけファルセットに入れて元に戻す島唄特有のこぶしのようなニュアンスも使っています。

 

どういう歌い方か

共鳴や音色

鼻腔や軟口蓋など上方向中心の明るい音色。

口の開きも大きく明るく広がりのある印象。

 

ビブラート

ビブラートはあまりかけるタイプではないですが、細かくかけるときもあります。

 

フレージング・歌い回し

フレージングなどは大きな癖はないとは思うのですが、基本的に綺麗にまっすぐにというイメージです。

大きな表現とまっすぐなフレージングが特徴的です。

 

時に島唄のようだったり、暗い雰囲気だったりと表現の幅が非常に豊かなのも特徴です。

 

どういう練習をすればCoccoさんのように歌えるか

Coccoさんのように歌うには多くの音楽的要素が必要です。

そのぶん、多くの練習や訓練が必要となります。

しかし、要点やポイントを絞ることで近づく近道になります。

Coccoさんのように歌うポイント

ポイント

上方向への響きを身につける

綺麗なファルセットを身につける

これが重要ですね。

では練習方法を書いていきたいと思います。

上方向への響きを身につける

Coccoさんは軟口蓋や上アゴなどの上方向への響きがとても綺麗です。上アゴに綺麗に声が当たっているようなそんな印象を受ける共鳴ですね。

もちろん口が大きく、声が広がりやすい発声をしているのもあるでしょうが、明るく深く綺麗にに響くのは共鳴ができているからです。

 

軟口蓋への響きも厳密には鼻腔共鳴なので、ハミング練習がオススメです。

ハミング練習は2種類あって、軟口蓋への響きを重視するなら「M」の発音でのハミングですね。

 

「ヒ」トレーニングも軟口蓋への響きを意識できます。

 

綺麗なファルセットを身につける

Coccoさんの歌声はファルセットも非常によく使います。

 

なのでファルセットのトレーニングが必要ですね。

ファルセットはたくさん練習することが一番の習得の道ですね。普段あまり使うことがないからこそ、しっかりと使うことで鳴るようになってきます。

 

ファルセットのトレーニングは地声と裏声の交互発声のトレーニングでトレーニングするのがオススメです。

その他シンガーの歌声解説はこちら

歌声解説一覧

-歌声解説 女性シンガー
-

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2020 All Rights Reserved.