歌声解説 歌声解説 女性シンガー

岡本真夜の歌唱力・歌い方 息が綺麗に流れる美しい声【歌声解説】

投稿日:




今回は岡本真夜さんの歌声について書いていきたいと思います。

岡本真夜さんと言えば、大人気のシンガーソングライターですね。

 

何と言ってもその楽曲、その歌声は多くの人を魅了しています。

心掴まれている方も多いのではないでしょうか。

今回はそんな岡本真夜さんの歌声について書いていきたいと思います。

どういう声質・声の出し方か

地声・話し声はやや高めの音域で、息が綺麗に流れるバランスのいい声質

地声の音域はやや高めの音域ですね。

 

声質はバランスのいい声質です。声帯の鳴りのバランスよく、息が綺麗に流れる声です。

あまり大きく鳴らすような話し方ではないですが、綺麗に息が流れて言葉の発音もはっきりしています。

 

バランスよく澄んだ綺麗な声という印象があります。

 

歌声は息の成分が多い綺麗な声が特徴

歌声は主に2種類の歌声を使っています。

地声とミックスボイスもしくは地声とファルセットです。どういうことかと言うとミックスボイスとファルセットが判別できないくらいどちらの要素も持っているのですね。詳しく書いていきます。

 

低中音域は地声を使っています。声帯の鳴りのバランスも良く、息が綺麗に流れる発声です。

鼻腔や軟口蓋へ綺麗に響く美しい声です。基本的にはこの発声を使うのがメインの歌声ですね。

 

高音域はミックスボイスとファルセットの中間のような発声ですね。と言うのも完全に裏返ってはいないようなミックスボイスっぽいニュアンスで息の倍音があるファルセット系の声を使っています。

 

息の成分が非常に多いミックスボイスか声帯の使い方がミックスボイスに近いファルセットかと言う感じです。

かなり判別しにくい声です。

 

声の名称はどうであれ、息の成分が多くミックスボイスっぽいニュアンス(声帯の閉鎖感)がある少し特殊な声です。

 

どういう歌い方か

ビブラートはしっかりとやや深めにかかります。フレーズの語尾でかかることが多いです。

 

綺麗なビブラートでフレーズも滑らかに歌うことが多いので、流れるように綺麗な印象を作ります。

あまり大きな癖はなく、ベーシックに上手いタイプです。

 

どういう練習をすれば岡本真夜さんのように歌えるか

岡本真夜さんのように歌うには多くの音楽的要素が必要です。

そのぶん、多くの練習や訓練が必要となります。

しかし、要点やポイントを絞ることで近づく近道になります。

 

岡本真夜さんのように歌うポイント

  • 息が綺麗に流れる発声を身につける
  • 軟口蓋への響きを身につける

これが重要ですね。

では練習方法を書いていきたいと思います。

息が綺麗に流れる発声を身につける

岡本真夜さんの歌声は息が絶えず綺麗に流れています。息の流れは澄んだ倍音を生み出しますし、よく通る声にしてくれます。

息が綺麗に流れる発声を身につけるには、息と声との連動が重要です。

 

息と声を連動させるにはドッグブレスの練習が最適です。

詳しくはこちら

【ドッグブレス】で横隔膜を鍛えて声量アップ|通る声を身につける

今回はボイストレーニングの中の「ドッグブレス」について書いていきたいと思います。「ドッグブレス」はボイストレー二ング界では有名なトレーニングです。   トレーニングとしてかなり有効なので、音 ...

 

軟口蓋への響きを身につける

岡本真夜さんは上方向への響き(鼻腔や軟口蓋)が綺麗に響きます。

軟口蓋への響きを身につけるにはハミング練習や「ヒ」トレーニングが最適です。

 

詳しくはこちら

鼻歌・ハミング練習法は2種類ある〜響きを身につけよう〜

今回はハミングというボイストレーニングについて書いていきたいと思います。 ハミングといえば鼻歌ですね。でも鼻歌って口を閉じて歌うこと全てが鼻歌でしょうか?   それは人によっては「YES」 ...

通る声・いい声を身につけるには「ヒ」トレーニング

今回はボイストレーニングの中でも軟口蓋・口腔に響きを持っていくトレーニングについて書いていきたいと思います。 歌を歌うには、いや、声を出すのには響きが必要不可欠です。 いい声を出そうとすればするほどに ...

 

まとめ

岡本真夜さんのように歌うポイント

  • 息が綺麗に流れる発声を身につける
  • 軟口蓋への響きを身につける

これが重要ですね。

まずはここから練習していきましょう。






-歌声解説, 歌声解説 女性シンガー

Copyright© 音楽技術向上のためのブログ【ミュートレグ】 , 2018 All Rights Reserved.