歌声解説 歌声解説 女性シンガー 歌声解説 洋楽

リタ・オラの歌唱力・歌い方 鼻腔に綺麗に響くオールラウンドな歌声【歌声解説】

投稿日:2018年10月21日 更新日:




今回はリタ・オラさんの歌声について書いていきたいと思います。

リタ・オラさんと言えば、世界的人気のシンガーですね。

 

何と言ってもその歌声。その歌唱力は世界中の人を魅了しています。

心掴まれている方も多いのではないでしょうか。

今回はそんなリタ・オラさんの歌声について書いていきたいと思います。

どういう声質・声の出し方か

地声・話し声は普通の音域で、鼻腔に綺麗に深く響くバランスのいい声

地声の音域は普通の音域ですね。若干高めとも言えるかもしれません。

 

声質はバランスがいい声質です。声帯閉鎖の鳴りもそこそこに息も綺麗に流れます。ほんの少しハスキーなニュアンスがある声質です。特に強く声を出したり、笑ったりするとハスキー感がでます。

 

特徴的なのは鼻腔共鳴でものすごく鼻腔に声が通ります。鼻腔の空間がもともと広いような印象を受けますね。英語圏の人は鼻腔に響きやすい声を持っているのですが、その中でも鼻腔共鳴が強いタイプだと思われます。

 

鼻腔に丸く綺麗に響くバランスのいい話し声です。

 

歌声は若干のハスキー感が特徴的な綺麗な声

歌声は主に地声・ミックスボイス・ファルセットの3種類です。

地声・ミックスボイスの割合が多いように感じます。

 

低中音域は地声を使っています。

基本的には息の多い綺麗な発声とやや鳴りの強い声を使います。やや声帯閉鎖の鳴りの強い声質は独特のハスキー感を持った声質です。ハスキー感は持って生まれた声でしょうね。

息の多い発声から声帯の鳴りの強い発声まで使いこなします。

 

中高音域はミックスボイスです。芯がしっかりとあるバランスのいいミックスボイスを使うことが多いです。

ミックスボイスを使うときはあまりハスキー感がなく、声帯をしっかりと閉じて鳴らすような鳴りの綺麗な強い声が多いですね。もちろんハスキー感が出るときもあるのですが、地声域の方がハスキー感を出すことが多いです。

 

高音域はファルセットを使うこともありますが、そこまで多く使用される声ではないですね。

 

鼻腔共鳴が全体的に綺麗です。

 

どういう歌い方か

あまり大きな癖はなく、ベーシックに上手いタイプです。

ピッチ感も非常のいいですね。

 

比較的なクール系の歌い方で口や口の空間は縦方向へ開いているような声色の作り方です。

 

どういう練習をすればリタ・オラさんのように歌えるか

リタ・オラさんのように歌うには多くの音楽的要素が必要です。

そのぶん、多くの練習や訓練が必要となります。

しかし、要点やポイントを絞ることで近づく近道になります。

 

リタ・オラさんのように歌うポイント

  • 鼻腔共鳴を身につける
  • ミックスボイスを身につける

これが重要ですね。

では練習方法を書いていきたいと思います。

鼻腔共鳴を身につける

リタ・オラさんは話し声から非常に綺麗な鼻腔共鳴を持っています。歌声の当然ながら綺麗に響いていますね。

綺麗な鼻腔共鳴は声の抜けや聴き心地を良くします。

 

鼻腔共鳴を身につけるにはハミング練習が最適です。

詳しくはこちら

鼻歌・ハミング練習法は2種類ある〜響きを身につけよう〜

今回はハミングというボイストレーニングについて書いていきたいと思います。 ハミングといえば鼻歌ですね。でも鼻歌って口を閉じて歌うこと全てが鼻歌でしょうか?   それは人によっては「YES」 ...

 

ミックスボイスを身につける

リタ・オラさんはバランスのいいミックスボイスを使いこなします。

ややパワフル系の鳴りの強いミックスボイスが多いような気がしますが、バランスのいいミックスボイスです。

 

ミックスボイスを身につけるにはリップロールの練習から始めるのがいいでしょう。

リップロールについて詳しくはこちら

【リップロールの効果】高音域やミックスボイス・歌唱力UPに欠かせないトレーニング

今回はリップロールについて書いていきたいと思います。 ボイストレーニング界では有名なものなのですが、歌がうまくなるための近道とも言えるトレーニングなのです。   もちろん歌だけでなく、声を仕 ...

 

まとめ

リタ・オラさんのように歌うポイントは

  • 鼻腔共鳴を身につける
  • ミックスボイスを身につける

これが重要ですね。

まずはここから練習していきましょう。






-歌声解説, 歌声解説 女性シンガー, 歌声解説 洋楽

Copyright© 音楽技術向上のためのブログ【ミュートレグ】 , 2018 All Rights Reserved.