歌声解説 歌声解説 男性シンガー

歌い手 赤ティンの歌唱力・歌い方 自在に操る高音ミックスボイス【歌声解説】

投稿日:




今回は歌い手の赤ティンさんの歌声について書いていきたいと思います。

赤ティンさんと言えば、有名な歌い手の一人ですね。

 

その高い歌唱力と歌声で多くの人を魅了しています。

心掴まれている方も多いのではないでしょうか。

今回はそんな歌い手の赤ティンさんの歌声について書いていきたいと思います。

どういう声質・声の出し方か

地声・話し声は高めの音域で、鼻腔によく響く声質

地声・話し声の音域は高めの音域ですね。男性の中でも高めの音域と言える高さの音域の声帯を持っています。

声質は声帯の鳴りと息とのバランスのいい声質ですね。普通の声質というところでしょうか。

 

かなり鼻腔に響く声質で、ほとんど下方向へ響くような話し方をすることはないですね。

鼻腔の空間が広いようなそんな共鳴の仕方で、丸い印象を受ける声です。

 

歌声は高音域のバリエーションが非常に多彩な歌声が特徴

歌声は主に3種類の声を使っています。

地声・ミックスボイス・ファルセットの3種類ですね。デスボイス系の発声など多彩な声を持っているのですが、大きく分けるとこの3種類を使っています。

 

低中音域は地声を使っています。

地声は声帯の閉鎖がそこまでなく、自然な発声が特徴です。話し声をそのまま使ったような声質です。赤ティンさんの歌声の中では息の声質が強めの軽やかな歌声です。

ただ、低中音域とは言っても普通の男性にはそこそこ高い音域まで地声を使っています。

 

中高音域はミックスボイスを使っています。

しっかり鳴る閉鎖系のミックスボイスですね。声帯閉鎖を強めて、強い鳴りの声を作り出していますね。

閉鎖をかなり強く締めることができるので、かなり高い音域までこのミックスボイスで出すことができています。

強い声帯閉鎖に息の圧力をかけて発声するミックスボイスです。

 

さらに高音域はファルセット系の発声を使っています。ファルセットの中でも閉鎖を強めたファルセットでヘッドボイスと呼ばれる声を使うことが多いです。息の成分が少なく、声帯の鳴りが強いファルセットです。

 

デスボイス系の発声を使うこともあります。声帯を自由にコントロールしていますね。

 

どういう歌い方か

楽曲にもよるのですが、比較的浅めの明るい響きで歌うことが多いです。口の空間・開きはは縦よりも横方向のニュアンスが強いですね。もちろん、全てではないですが。

ビブラートは楽曲によってコントロールしています。かけるフレーズは深くかけたり、かけないフレーズはかけない、としっかりと使い分けているように感じます。

 

どういう練習をすれば赤ティンさんのように歌えるか

赤ティンさんのように歌うには多くの音楽的要素が必要です。

そのぶん、多くの練習や訓練が必要となります。

しかし、要点やポイントを絞ることで近づく近道になります。

 

赤ティンさんのように歌うポイント

ポイント

閉鎖系のミックスボイスを身につける

 

これが重要ですね。

では練習方法を書いていきたいと思います。

閉鎖系のミックスボイスを身につけるには

赤ティンさんは非常に鳴りの強い閉鎖系のミックスボイスを使っています。閉鎖系のミックスボイスのコントロールは声帯閉鎖のコントロールと喉の脱力が鍵になってきます。

 

赤ティンさんのように自由に高音まで閉鎖系のミックスボイスを使いこなすのは相当の練習が必要です。

閉鎖系の声のトレーニングは「ネイ」「ヤイ」トレーニングが最適です。

 

このトレーニングは閉鎖系の声で高音域のトレーニングや脱力するのに最適です。

詳しくはこちら

強いミックスボイスを手に入れるボイストレーニング〜「ネイ」「ヤイ」トレーニング〜

今回は強いミックスボイス・声帯閉鎖系の高音を手に入れるトレーニング「ネイ」・「ヤイ」トレーニングについて書いていきたいと思います。   特に鳴りの強い声や閉鎖系の声を鍛えるのにいいトレーニン ...

続きを見る

 

まとめ

赤ティンさんのように歌うポイント

  • 閉鎖系のミックスボイスを身につける

これが重要ですね。

まずはここから練習していきましょう。






-歌声解説, 歌声解説 男性シンガー

Copyright© 音楽技術向上のためのブログ【ミュートレグ】 , 2018 All Rights Reserved.