歌声解説 歌声解説 男性シンガー

清木場俊介の発声・歌唱力 綺麗で深めのミックスボイス【歌声・歌い方解説】

投稿日:2018年12月10日 更新日:

今回は清木場俊介さんの歌声について書いていきたいと思います。

清木場俊介さんと言えば、元EXILEのボーカルで現在はソロで大活躍しているシンガーですね。

 

何と言ってもその声、その歌声は多くの人を魅了しています。

心掴まれている方も多いのではないでしょうか。

今回はそんな清木場俊介さんの歌声について書いていきたいと思います。

どういう声質・声の出し方か

地声・話し声は低めの音域で、やや深めの響きがある声質

地声の音域は低めの音域ですね。やや低めの太い声帯を持っているように感じます。

 

声質は声帯閉鎖が強めの鳴りが強い声質をしています。鳴りが強い声が咽頭共鳴(下方向への響き)で少し深めになるタイプの話し声です。

いわゆる低音のイケボですね。かなり深めにジリジリとなる声質で、歌声とは随分違う話し声です。

 

 

歌声は息が綺麗に流れるバランスのいい発声

歌声は主に3種類の歌声を使っています。

地声・ミックスボイス・ファルセットの3種類ですね。

 

低中音域は地声の発声です。息が綺麗に流れる息の成分の多い声を使っています。さらりとした印象のある声で話し声とは随分違いますね。

話し声で使っている音域帯に比べると随分高い位置で地声で歌っています。また、質も鳴り系統の声質ではなく、息系統の声質です。

まれに低いところからしゃくりを入れるときに話し声の低さが垣間見える時がありますね。

 

中高音域はミックスボイスを使っています。

バランスの発声のミックスボイスですね。鳴りや息の流れや声色の作り方など綺麗でバランスのいい発声だと言えるでしょう。

地声と比べるとやや鳴りが強く鳴るのが特徴ですね。話し声がもともと深い響きなので、ミックスボイスもやや深めの響きが得意なように感じます。低音域に比べると太い声質になっています。

 

高音域はファルセットを使っています。非常に綺麗なファルセットですね。やや鳴りのあるファルセットを使うことが多いです。

どういう歌い方か

低音域は息系の発声、中高音域は鳴り系の発声という使いわけでダイナミクスを演出することが多いですね。

印象でいうとクールとホットを使い分けるような歌い方ですね。

 

エグザイル系のさらりとした印象に、少しパワフルさを足したような感じですかね。

言葉の発音がくっきりとしていることや深めの響きを作ることがパワフル感を生み出している要因ですね。

 

ビブラートも綺麗にかかりますし、ピッチ感も非常に良いのが特徴です。

実際の歌声で確認

「桜色舞うころ」で地声・ミックスボイス・ファルセットを確認

 

声の種類

地声:黒字

ミックスボイス:黄色マーカー

ファルセット:赤色マーカー

 

フレーズ

どうかきぎたちだけは〜 このおもいをまもって〜 えいんのなか ふたりとどめて ここに〜いきつづけて〜

めぐるきぎたちだけが〜

 

ここでわかりやすいのはファルセットですね。綺麗にさらりと抜けるように高音域を演出しています。

 

地声とミックスボイスの境目は非常にわかりにくく(中間色も存在するため)、判断しづらいですが、恐らくはこんな感じでしょう。

 

「いつか・・・」で地声とミックスボイスを確認

 

フレーズ

ふ〜た〜りが い〜つか〜 わらいあえるように〜〜 いまをないて〜 いまをたえていこう〜

 

最初の「い〜つか〜」の「い〜」の部分(赤字)はどちらかと言えばミックスボイスに近い地声

「わらいあえるように〜〜」の赤字部分は地声に近いミックスボイス。

と思います。

 

一応どちらも黄色マーカーで引きましたが、厳密な線引き・口説が難しい中間色です。このように歌声は綺麗に線引きできるのものではいのですね。

 

どういう練習をすれば清木場俊介さんのように歌えるか

清木場俊介さんのように歌うには多くの音楽的要素が必要です。

そのぶん、多くの練習や訓練が必要となります。

しかし、要点やポイントを絞ることで近づく近道になります。

 

清木場俊介さんのように歌うポイント

ポイント

息の流れる発声を身につける

ミックスボイスを身につける

深い響きでパワフルな声を

 

これが重要ですね。

では練習方法を書いていきたいと思います。

息の流れる発声を身につける

清木場俊介さんは主に低音域で息の流れる発声を使います。

この息の流れる発声を身につけることで、さらりとした低中音域を身につけることができます。

 

息の流れる発声を身につけるには息と声とを連動させることが重要です。

息と声は「連動」させないと意味がない|呼吸のトレーニングも大事だが、、

今回は「息と声の連動」について書いていきたいと思います。 息の流れや息の量や呼気圧というのは歌において非常に重要なものです。   ただ肺活量が多くて息を吐く力はあっても、声と連動してないと意 ...

続きを見る

 

連動させるために最適なトレーニングがドッグブレスです。詳しい練習方法はこちら

【ドッグブレス】で横隔膜を鍛えて声量アップ|通る声を身につける

今回はボイストレーニングの中の「ドッグブレス」について書いていきたいと思います。「ドッグブレス」はボイストレー二ング界では有名なトレーニングです。   トレーニングとしてかなり有効なので、音 ...

続きを見る

 

ミックスボイスを身につける

清木場俊介さんは強い高音域で主にミックスボイスを使います。

バランスのいいミックスボイスで自由に使いこなしています。

 

ミックスボイスを身につけるにはまずミックスボイスをしっかりと理解することからですね。とは言え、定義が広すぎて言葉の意味は理解しがたいのですが、理屈や考え方が重要ということですね。

ミックスボイスは簡単?出し方・感覚を確認して正しい練習法でトレーニングしよう

今回はミックスボイスについて書いていきたいと思います。 ミックスボイスというものについて多くの疑問を持っている人は多いと思います。   そもそもなんなの?何がミックスボイスなの?自分の声はど ...

続きを見る

 

ミックスボイスの導入としてはリップロールの練習が最適です。

詳しい練習方法はこちら

【リップロールの効果】高音域やミックスボイス・歌唱力UPに欠かせないトレーニング

今回はリップロールについて書いていきたいと思います。 ボイストレーニング界では有名なものなのですが、歌がうまくなるための近道とも言えるトレーニングなのです。   もちろん歌だけでなく、声を仕 ...

続きを見る

 

深い響きを身につける

深い響きは太い声やパワフルな声を生み出します。

主に喉仏の位置が重要な役割を担っています。(実際には喉の空間ですが、それを図る指標指標としての喉仏)

喉仏の上下と発声の関係性|高音で喉仏を下げろは正しくない?

今回は喉仏の上下について書いていきたいと思います。 色々な本や、ボイストレーニングの教えで「喉仏は上げてはいけない」という教えがあります。   この教えは別に間違っているわけではないのですが ...

続きを見る

 

深い響きを作るトレーニングは「ボイ」トレーニングが最適です。

魅力的な低音域を鍛える「ボイ」トレーニング

今回は低音域を魅力的な声に鍛えるトレーニング「ボイ」トレーニングについて書いていきたいと思います。 「ボイトレ」ではありません。「ボイ」トレーニングです。いや、ボイトレなんですけど・・・。 &nbsp ...

続きを見る

 

まとめ

清木場俊介さんのように歌うポイントは

清木場俊介さんのように歌うポイント

ポイント

息の流れる発声を身につける

ミックスボイスを身につける

深い響きでパワフルな声を

これが重要ですね。

まずはここから練習していきましょう。






オススメ記事

1

今回は少し変わった視点からボイストレーニング・歌や声の成長の方法を書いていきたいと思います。 変わったと言うより、少しずるい方法ですが。。  効果は抜群です。   ボイストレーニングは独学で ...

2

今回はボイストレーニングにオススメの本を書いていきたいと思います。ボイストレーニングというものは、なかなか独学で独りでやっていくというのは難しいですよね。 「何からやればいいのか、何が正しいのか、何が ...

3

今回はボイストレーニングの効果を高めるグッズや声を鍛えるのに欠かせないグッズについて書いていきたいと思います。 グッズがなくてもボイストレーニングはできるのですが、あれば便利です。 グッズを使うメリッ ...

4

今回はボイストレーニング教室の選び方について書いて行きたいと思います。 ボイストレーニング教室に通ってみたいと思ったことがある人も少なくはないはずです。 いい声で話したいですよね。カラオケでうまく歌い ...

5

今回はミックスボイスについて書いていきたいと思います。 ミックスボイスというものについて多くの疑問を持っている人は多いと思います。   そもそもなんなの?何がミックスボイスなの?自分の声はど ...

-歌声解説, 歌声解説 男性シンガー
-

Copyright© 音楽技術向上のためのブログ【ミュートレグ】 , 2019 All Rights Reserved.