【9/13】まとめページは都合上削除いたします。引き続きカテゴリーページ等でお楽しみください。

歌声解説 男性洋楽

イマジン・ドラゴンズ  ダン・レイノルズの声や歌い方についての分析

投稿日:2018年12月19日 更新日:

今回はイマジン・ドラゴンズ (Imagine Dragons)のボーカル ダン・レイノルズ (Dan Reynolds)さんの歌声について書いていきたいと思います。

イマジン・ドラゴンズと言えば、アメリカ出身の世界的に人気のロックバンドです。

 

何と言ってもその楽曲、その演奏、その歌声は多くの人を魅了しています。

心掴まれている方も多いのではないでしょうか。

今回はそんなダン・レイノルズ (Dan Reynolds)さんの歌声について書いていきたいと思います。

どういう声質・声の出し方か

地声・話し声は低めの音域で、咽頭共鳴が強い声質

地声の音域は低めの音域ですね。音域として低めの声帯を持っているような印象を受けます。

 

声質は声帯の鳴りが強い声質です。しっかりと声帯が鳴るタイプの声ですね。

共鳴は咽頭共鳴(下方向の共鳴)が強く、低い音が心地よく響きます。英語圏の方なので、当然ながら鼻腔共鳴もしっかりとあり、よく響く低音ボイスです。

 

歌声は太くパワフルな特徴的な声

歌声は主に3種類の歌声を使っています。

地声・ミックスボイス・ファルセットの3種類の歌声を使っています。

 

低中音域は地声を使っています。太く低音域の成分に特徴のある声ですね。ダン・レイノルズさんの中では息の成分が多い発声をしていますが、声帯の鳴りもしっかりとあるような地声の使い方をしています。

そもそもの声質が太めの喉を持っているので、男らしいかっこいい歌声を作り上げています。咽頭共鳴をしっかりと保ったままの心地よい発声ですね。

 

中高音域はミックスボイスを使っています。このミックスボイスの声質は非常に特徴的な音色ですね。やや枯れたような印象を受けるミックスボイスです。声帯が少し割れ気味に閉鎖するのですね。ガラッとしたような、ジャリっとしたようなそんな印象を受けるミックスボイスです。

息の圧力が声帯を割っているようなパワフルなミックスボイスで、太い喉だからこそ男らしく特徴的な声です。

もちろん自然なミックスボイスを使うときもあります。

 

高音域はファルセットも使います。息の成分が多いファルセットを使いますね。歌声の太さや持っている音域帯の割にファルセットを使うことも多く、サラリとした印象をうまく作り出しています。

 

どういう歌い方か

歌い方というよりは歌声の声質に特徴があるタイプです。

地声の自然な太い鳴りと割れ気味な音色のミックスボイスが生み出すかっこいい男らしい歌い方が多いですね。

深い響きを保ったままの発声が多いですね。

 

ビブラートはあまりかけずにまっすぐ歌うことが多いです。

実際の歌声で確認

「Natural」で地声・ミックスボイス・ファルセットを確認

 

声の種類

地声:黒字

ミックスボイス:黄色マーカー

地声とミックスボイスの中間色:黄色アンダーライン

ファルセット:赤色マーカー

 

フレーズ

And you're standing on the edge, face up 'cause you're a  Natural  A beating heart of stone  You gotta be so cold  To make it in this world   Yeah, you're a natural   Living your life cutthroat   You gotta be so cold   Yeah, you're a natural   Will somebody   Let me see the light within the dark trees' shadows and   What's happenin'?

 

少し地声とミックスボイスが判別しにくい声があったので中間色とさせていただきました。声区は完全に線引きできるものではないですから。

ミックスボイスはかなり強い鳴りでかつ少し割れ気味な特徴的な音色のミックスボイスですね。

 

どういう練習をすればダン・レイノルズさんのように歌えるか

ダン・レイノルズさんのように歌うには多くの音楽的要素が必要です。

そのぶん、多くの練習や訓練が必要となります。

しかし、要点やポイントを絞ることで近づく近道になります。

 

ダン・レイノルズさんのように歌うポイント

ポイント

深い響きを身につける

太いミックスボイスを身につける

 

これが重要ですね。

では練習方法を書いていきたいと思います。

深い響きを身につける

ダン・レイノルズさんのように太い声で歌うには深い響きが重要です。

深い響きは喉の空間が作っており(咽頭共鳴)、喉仏の位置を意識するといいです。

「喉仏の上下」と「高音発声」に重要な関係性はない

今回は『喉仏の上下と高音発声の関係』について書いていきたいと思います。 色々な本や、ボイストレーニングの教えで「喉仏は上げてはいけない」という教えがあります。結構様々な場面で言われていることですが特に ...

続きを見る

 

深い響きを身につけるトレーニングは「ボイ」トレーニングが最適です。

咽頭共鳴のコツは?深い響きのある声を身につけるトレーニング

今回は咽頭共鳴や胸腔共鳴と呼ばれるような低い位置での響き(下方向への響き)について書いていきたいと思います。鼻腔での共鳴は歌の中では特に重要ですが、低い位置での響きも重要です。特に歌声の中に深みを作る ...

続きを見る

 

太いミックスボイスを身につける

ダン・レイノルズさんのような割れたミックスボイスを身につけるのは、自分で声質を模索しながら練習するしかないでしょう。かなり特殊な鳴りのミックスボイスですので。

 

ですが、基本形は太い響きを保ったミックスボイスです。

太いミックスボイスの練習方法はこちらの記事に書いています。

『3種類のミックスボイス』の出し方や練習方法について

今回はミックスボイスの具体的な出し方や練習方法について『太いミックスボイス』『閉鎖系ミックスボイス』『綺麗系ミックスボイス』とミックスボイスを大まかに3種類に分けて書いていきたいと思います。 ただ、ミ ...

続きを見る

 

まとめ

ダン・レイノルズさんのように歌うポイントは

ダン・レイノルズさんのように歌うポイント

ポイント

深い響きを身につける

太いミックスボイスを身につける

これが重要ですね。

まずはここから練習していきましょう。

オススメ記事

1

今回はボイストレーニングの効果を高めるグッズや声を鍛えるのに欠かせないグッズについて書いていきたいと思います。グッズがなくてもボイストレーニングはできるのですが、あれば便利です。 グッズを使うメリット ...

2

今回はボイストレーニングにオススメの本について書いていきたいと思います。 ボイストレーニングというものは、なかなか独学でやっていくというのは難しいですよね。「何からやればいいのか、何が正しいのか、何が ...

3

今回は「声の音域を広げる方法」について書いていきたいと思います。歌において音域を広げるということは大きな課題の一つですね。おそらく多くの人が音域を広げたいと思ったことはあるでしょう。 それくらい歌にお ...

4

今回は「歌が上手くなる方法」について徹底考察していきたいと思います。 歌というものは誰もが身近に聞いたり歌ったりすることができるものですね。 そんな身近なものだからこそ歌が上手くなりたいと思ったことが ...

5

今回はミックスボイス(ミドルボイス)について書いていきたいと思います。『ミックスボイス』というものについて疑問を持っている人は多いと思います。そもそもなんなの?何がミックスボイスなの?自分の声はどうな ...

-歌声解説 男性洋楽
-

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2019 All Rights Reserved.