声や歌について

絶対音感や相対音感と歌の関係性について

投稿日:2019年1月9日 更新日:

今回は絶対音感や相対音感などの音感について書いていきたいと思います。

 

絶対音感という言葉は誰でも一度は聞いたことのある言葉でしょう。

そんな絶対音感や相対音感は歌にどう影響するのか?という点について考察していきたいと思います。

絶対音感とは

絶対音感とは

「ある音を聞いただけで、その音の音階が正確にわかる」

 

というものですね。

これは説明しなくてもわかる人も多いとは思います

僕は絶対音感を持っていないので、持っている方の気持ちはわかりません。

しかし、必要な場面(音楽において)は大いに役立つものですし、必要のない場面(日常生活)では逆に邪魔になったりすることもあるようですね。

 

絶対音感が歌に及ぼす影響

実は絶対音感のあるシンガーというのは少ないですね。僕が知らないだけかもしれませんが、ほとんど聞きません。

シンガーで言うと、サラ・オレインさんなんかがそうですね。

 

大抵はピアノやヴァイオリンなどの楽器奏者に多い能力ですね。歌手に少ないのには実は理由があると思います。

 

歌手として絶対音感を持っていることで考えられるメリット

ピッチ感が正確になる(外していることが人一倍敏感にわかるので)

アカペラでも正確に音程を辿れる

 

歌手として絶対音感を持っていることで考えられるデメリット

ピッチ感が正確がゆえに歌という不安定な楽器に気持ちの悪さを感じるのではないか

 

と考えられます。

メリットとデメリットが表裏一体となっているように思えます。

当然ながらピッチというものにものすごく影響してきます。ピッチを頭で正確に記憶・理解し辿れるというのが絶対音感ですね。

 

ここで歌における問題が出てくるのです。

ピアノやヴァイオリンは楽器なのでほとんど正確なピッチで演奏することができます。

 

しかし、歌(声)はかなりそれらに比べるとかなり不安定な楽器です。その不安定さが気になって自分の歌が聴いてられなくなるほどに不快に感じてしまったりするのではないでしょうか。もちろん圧倒的なのどのコントロール能力を持っていれば別ですが、それでも楽器のピッチ感にはかないません。

そもそも楽器を幼少の頃から練習してきたからこそ身につけた絶対音感です。それをわざわざ不安定な歌に活かすくらいなら楽器に活かした方がいい(簡単)と考えるのが普通でしょう。

 

つまり、ピッチをコントロールできるほどの喉を持っていれば絶対音感を活かすことはできるだろうが、そうでない場合は絶対音感が逆に歌を歌いたくなくなる原因になるのではないかと考えられます。

なので、絶対音感の歌手は少ないのではないかという考察です。

つまり、絶対音感は歌にはいらないのですね。

 

絶対音感の人が身につけやすい「色聴」

「色聴」というあまり聞きなれない言葉があります。

これは単純に

色聴とは

音に色が見える(感じる)

というものです。

 

例えば、ドの音は青色でレの音は緑でと言った具合みたいですね。個人の感覚なので、個人個人異なるみたいですが絶対音感がある人には多いみたいです。

音と色を共感覚で感じるので絶対音感が正確になるのかもしれません。

幼少期にピアノの鍵盤に色のついたシールを貼ったりすることで、そのような感覚が身につくのかもしれません。

 

これがあるから良いとか悪いとかはないでしょうが、音楽の感受性には大きく影響しそうですね。

 

相対音感とは

相対音感とは

「ある基準の音に対して、音の高低を判別する能力」

のことですね。

 

相対音感とは音階の名前はわからなくても感覚的に音程が合っているだったり、ある音より高いだったり、低いだったりを判別する能力です。

つまり絶対音感の対義語のような感覚の言葉ですが、そうではなく、キーやコードや音に対して合わせられる感覚のことです。(実際に合わせられなくても理解できていれば、相対音感はあると言えるはず)

絶対音感は合わせるとか高低がわかるの次元ではなく、音階名(音の位置)がドンピシャでわかるということだけです。

 

つまり絶対音感と相対音感は並んでいるようで別物なのですね。

 

相対音感が歌に及ぼす影響

相対音感とは音を合わせる感覚、つまりピッチ感なので歌に大きな影響があります。

もはや相対音感とはピッチ感と同義語のようなものだと考えています。

 

つまり相対音感を鍛えることで、ピッチが良くなります。

ピッチを良くするということは相対音感が良くなったとも言えます。

 

同じような言葉ですね。

つまり歌において鍛えるべきなのは相対音感(ピッチ感)ということですね。

 

ピッチについて詳しくはこちらの記事にも書いているので、参考にしてみてください。

ピッチの重要性|ピッチを鍛えることで歌が上手くなる

今回は音楽におけるピッチの重要性とそのピッチを良くしていく方法を書いていきたいと思います。   ピッチやリズムというのは歌にかかわらず音楽に深く関われば関わるほどにどんどんつきまとってくる課 ...

続きを見る

その他シンガーの歌声解説はこちら

アーティスト歌声解説一覧

※タグの集合ページです

オススメ記事

1

今回は少し変わった視点からボイストレーニング・歌や声の成長の方法を書いていきたいと思います。 変わったと言うより、少しずるい方法ですが。。  効果は抜群です。   ボイストレーニングは独学で ...

2

今回はボイストレーニングにオススメの本を書いていきたいと思います。ボイストレーニングというものは、なかなか独学で独りでやっていくというのは難しいですよね。 「何からやればいいのか、何が正しいのか、何が ...

3

今回はボイストレーニングの効果を高めるグッズや声を鍛えるのに欠かせないグッズについて書いていきたいと思います。 グッズがなくてもボイストレーニングはできるのですが、あれば便利です。 グッズを使うメリッ ...

4

今回はボイストレーニング教室の選び方について書いて行きたいと思います。 ボイストレーニング教室に通ってみたいと思ったことがある人も少なくはないはずです。 いい声で話したいですよね。カラオケでうまく歌い ...

5

今回はミックスボイスについて書いていきたいと思います。 ミックスボイスというものについて多くの疑問を持っている人は多いと思います。   そもそもなんなの?何がミックスボイスなの?自分の声はど ...

-声や歌について

Copyright© 音楽技術向上のためのブログ【ミュートレグ】 , 2019 All Rights Reserved.