歌声解説 男性シンガー

松崎しげるの歌声や歌い方についての分析

投稿日:2019年1月12日 更新日:

今回は松崎しげるさんの歌声について書いていきたいと思います。松崎しげるさんと言えば、日本の音楽界で長く活躍している偉大なシンガーですね。

 

何と言ってもその圧倒的な歌唱力、歌声は多くの人を魅了しています。心掴まれている方も多いのではないでしょうか。

どういう声質・声の出し方か

地声・話し声はやや高めの音域で、特殊な鳴りのハスキー系の声質

音域

地声の音域は普通〜やや高めの音域ですね。

音域的には普通〜やや高めの声帯を持っているように感じます。

 

声質

地声の声質は、ハスキー系の息が流れやすい声質です。

カサっとしたハスキー感があり、声帯の隙間から息が流れているような特殊な声質です。

 

共鳴

話し声の共鳴は下方向への響き(咽頭共鳴)が少なく、上方向の響き(鼻腔共鳴や軟口蓋への響き)中心の話し声です。

 

歌声は太く強くやや特殊な鳴りの声

チェストボイス

低中音域は地声

 

話し声同様のややハスキー感があり、息が流れやすい声質の地声です。

地声やミックスボイスの発声時、つまり基本的には全部に言えるのですが、やや深い響きを作ることが特徴ですね。

 

口の中の空間や喉の空間を広く取り、太い声を作り出しています。

 

地声

昔の発声は上方向への響きのニュアンスが強く下方向への響きがあまりないですね。

近年では深みのある地声域です(一部高音域はミックスボイス)。

 

ミドルレンジ

中高音域(≒ミックスボイス

声帯を強く鳴らして、かつ太い響きを作りパワフルな声を作り出しています。

声帯がしっかりと鳴っているのが特徴です。声帯をしっかりと鳴らしつつ、喉の空間を広くとっているため太く強い声が鳴るのですね。

 

このような発声をベルティング系の発声と言ったりしますね。

声帯と喉の動きが分離していないとできない発声です。

 

ミドル

 

どういう歌い方か

共鳴や音色

基本的に口の中の空間を広く保った音色作りです。

口の中に小さいボールを入れているような意識を保つと、似たようなニュアンスになるかと思います。

 

それくらい、軟口蓋が上がっていて、口の中の空間が深く広い歌い方です。

上あごと下あごをしっかりと意識することが重要ですね。

 

ビブラート

歌謡曲出身の方はビブラートが深い方が多いですが、松崎しげるさんは昔から活躍しているシンガーの中ではそこまで深いビブラートを使いません。

基本的に音をしっかりとまっすぐに伸ばし、語尾にナチュラルにビブラートをかける程度ですね。

 

フレージング・歌い回し・歌唱力

フレージングや歌い回しの癖というよりも声質の個性的な音色が特徴的なタイプですね。

ピッチ感やリズム感がとても良く素晴らしい歌唱力です。

 

どういう練習をすれば松崎しげるさんのように歌えるか

松崎しげるさんのように歌うには多くの音楽的要素が必要です。

そのぶん、多くの練習や訓練が必要となります。

しかし、要点やポイントを絞ることで近づく近道になります。

 

松崎しげるさんのように歌うポイント

ポイント

太いミドルを身につける

 

これが重要ですね。

では練習方法を書いていきたいと思います。

 

太いミドルを身につけるには

太い中高音発声は喉に広い空間を作ることが重要です。

 

練習は「グッグトレーニング」が最適です。

グッグトレーニングで高音域まで太い高音を鍛えましょう。

 

音域を広げるトレーニングは筋トレのようなものです。コツコツと取り組みましょう。

また深い響きを身につけるために咽頭共鳴のトレーニングもしっかりと行う必要があります。

 

その他シンガーの歌声解説はこちら

歌声解説一覧

-歌声解説 男性シンガー

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2020 All Rights Reserved.