【9/13】まとめページは都合上削除いたします。引き続きカテゴリーページ等でお楽しみください。

歌声解説 男性シンガー

松崎しげるの歌い方・歌唱力-太い鳴りの高音ミックスボイス-【歌声解説】

投稿日:2019年1月12日 更新日:

今回は松崎しげるさんの歌声について書いていきたいと思います。

松崎しげるさんと言えば、日本の音楽界で長く活躍している偉大なシンガーですね。

 

何と言ってもその圧倒的な歌唱力、歌声は多くの人を魅了しています。

心掴まれている方も多いのではないでしょうか。

今回はそんな松崎しげるさんの歌声について書いていきたいと思います。

どういう声質・声の出し方か

地声・話し声はやや高めの音域で、特殊な鳴りのハスキー系の声質

地声の音域はやや高めの音域ですね。音域的にはやや高めの声帯を持っているように感じます。

 

地声の声質は、ハスキー系の息が流れやすい声質です。カサっとしたハスキー感があり、声帯の隙間から息が流れているような特殊な声質です。

話し声の共鳴は下方向への響き(咽頭共鳴)が少なく、上方向の響き(鼻腔共鳴や軟口蓋への響き)中心の話し声です。

 

歌声は太く強くやや特殊な鳴りの声

歌声は大きく分けて2種類の歌声を使っていますね。

地声・ミックスボイスをメインで歌っています。

 

低中音域は地声を使っています。話し声同様のややハスキー感があり、息が流れやすい声質の地声です。地声やミックスボイスの発声時、つまり基本的には全部に言えるのですが、やや深い響きを作ることが特徴ですね。

口の中の空間や喉の空間を広く取り、太い声を作り出しています。

 

中高音域はミックスボイスを使っています。声帯を強く鳴らして、かつ太い響きを作りパワフルな声を作り出しています。

地声と比べると声帯閉鎖が強く、声帯がしっかりと鳴っているのが特徴です。声帯をしっかりと鳴らしつつ、喉の空間を広くとっているため太く強い声が鳴るのですね。このような発声をベルティング系の発声と言いますね。

 

声帯と喉の動きが分離していないとできない発声ですね。

 

どういう歌い方か

口の空間を広く保つ

基本的に口の中の空間を広く保った歌い方です。口の中に小さいボールを入れているような意識を保つと、似たようなニュアンスになるかと思います。

それくらい、軟口蓋が上がっていて、口の中の空間が深く広い歌い方です。

 

上あごと下あごをしっかりと意識することが重要ですね。

 

ビブラートは語尾にナチュラルに

歌謡曲出身の方はビブラートが深い方が多いですが、松崎しげるさんは昔から活躍しているシンガーの中ではそこまで深いビブラートを使いません。

基本的に音をしっかりとまっすぐに伸ばし、語尾にナチュラルにビブラートをかける程度ですね。

 

実際の歌声で確認

「愛のメモリー」でミックスボイスを確認

 

声の種類

地声:黒字

ミックスボイス:黄色マーカー

ビブラート:赤字

 

フレーズ

うつくしいじんせよ かぎりないよろこびよ このむねのときめきをあなたに〜〜 このよにたいせつな

あいしあうことだけと あなたはおしえてくれる

 

ミックスボイスと地声は完全に「ここ!」と線引きできるものではないのですが、大まかにこんな感じでしょう。ミックスボイスの音域に入ると声帯の閉鎖が強まり、鳴り系の倍音がやや強くなります。

 

太い声のまま、かなりの高音域まで出していますね。とてもすごい!

 

「Everything」で地声とミックスボイスの違いを確認

 

フレーズ

ヨアエブリセィーン ヨアエブリセィーン あなたと〜はなれてるばしょでも あえばきっと ゆるしてしまう どんな〜よるでも ヨアエブリ

 

近年の歌声の方がややミックスボイスとの違いがわかりやすいですね。とは言え、綺麗に繋がっている声で線引きが難しいところが多々あります。(2回目の ヨアエブリ「セィーン」の部分など)

 

ミックスボイスの方が声帯を閉鎖させないといけない分、息の倍音が少なく鳴りが強いのが特徴です。

 

どういう練習をすれば松崎しげるさんのように歌えるか

松崎しげるさんのように歌うには多くの音楽的要素が必要です。

そのぶん、多くの練習や訓練が必要となります。

しかし、要点やポイントを絞ることで近づく近道になります。

 

松崎しげるさんのように歌うポイント

ポイント

太いミックスボイスを身につける

ベルティング系の発声を身につける

 

これが重要ですね。

では練習方法を書いていきたいと思います。

太いミックスボイスを身につけるには

太いミックスボイスはミックスボイスの発声時に喉に広い空間を作ることが重要です。

 

太いミックスボイスを身につける練習は「グッグトレーニング」が最適です。

グッグトレーニングで高音域までミックスボイスを身につけましょう。

 

グッグトレーニングについて詳しくはこちら

【グッグトレーニング】のやり方・効果・練習方法について

 

ベルティング系の発声を身につける

ベルティング系の発声、つまりベルティングボイスとは強い地声のように聞こえる高音域のことを言います。

ミックスボイス同様に正確な定義は、ぼやけたものになってしまっている言葉です。

 

要は強い鳴りのパワフルな高音域ということですね。

ベルティングボイスの練習方法について詳しくはこちら

「ベルティング発声・唱法」のやり方・解説|ベルティングはミックスボイス?

 

まとめ


松崎しげるさんのように歌うポイントは

  • 太いミックスボイスを身につける
  • ベルティング系の発声を身につける

これが重要ですね。

まずはここから練習していきましょう。

 

また、松崎しげるさんは持っている声質がもともとハスキーなのもありますので、その辺も考慮しながら練習していきましょう。

オススメ記事

1

今回はボイストレーニングの効果を高めるグッズや声を鍛えるのに欠かせないグッズについて書いていきたいと思います。グッズがなくてもボイストレーニングはできるのですが、あれば便利です。 グッズを使うメリット ...

2

今回はボイストレーニングにオススメの本について書いていきたいと思います。ボイストレーニングというものは、なかなか独学でやっていくというのは難しいですよね。「何からやればいいのか、何が正しいのか、何が一 ...

3

今回は「声の音域を広げる方法」について書いていきたいと思います。歌において音域を広げるということは大きな課題の一つですね。おそらく多くの人が音域を広げたいと思ったことはあるでしょう。それくらい歌におい ...

4

今回は「歌が上手くなる方法」について徹底考察していきたいと思います。歌というものは誰もが身近に聞いたり歌ったりすることができるものですね。 そんな身近なものだからこそ歌が上手くなりたいと思ったことがあ ...

5

今回はミックスボイス(ミドルボイス)について書いていきたいと思います。『ミックスボイス』というものについて疑問を持っている人は多いと思います。そもそもなんなの?何がミックスボイスなの?自分の声はどうな ...

-歌声解説 男性シンガー
-

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2019 All Rights Reserved.