【お知らせ】Apple Musicの埋め込み音源が上手く動作しないバグが時折発生しています。iOS、もしくはApple Music側の不具合のようです。再起動すると上手く再生できることもあります。

歌声解説 女性シンガー 歌声解説 歌い手

歌い手 おん湯の声や歌い方についての分析

更新日:

今回は歌い手のおん湯さんの歌声について書いていきたいと思います。

おん湯さんと言えば、歌い手として活躍しているシンガーですね。FantasticYouthと言う音楽ユニットとしても活動されています。

何と言ってもその歌声、歌唱力は魅力的ですね。オールラウンドかつ圧倒的で、洋楽にも対応できるほどのその歌唱力に心掴まれている方も多いのではないでしょうか。

どういう声質・声の出し方か

地声・話し声はやや低めの音域で、ややエッジ感のある声質

地声の音域はやや低めの音域ですね。

音域的に普通〜やや低めくらいの音域帯の声帯を持っているように感じます。

声質はややエッジ感のある声帯がしっかりと鳴るタイプの声質です。エッジボイス的な音色の声帯閉鎖感がある声質で、声帯のコントロールが上手そうな印象を受ける声ですね。息の流れよりも声帯の鳴りが先行するような声質です。

共鳴はどちらかと言えば咽頭共鳴寄りの声質です。

持っている声帯

やや低めくらいの音域・エッジ感のある鳴り系の声質

歌声は透明感とパワフルさを持ち合わせた歌声

歌声は3種類の声区を使っています。

主な声区

  • 地声(チェスト)
  • ミックスボイス(ミドル)
  • ファルセット(ヘッド)

の3種類です。

地声

低中音域は地声を使っています。

フレーズによって透明感のある声質とエッジ感ある声質を使い分けています。

透明感ある声質は息が綺麗に流れる息が多めの発声で、声帯の鳴りが弱めの声質を使っています。もともと鳴り系の声帯を持っている(地声・話し声)とは思えないほどの綺麗な息の倍音の乗った声を使っています。

エッジ系の声は声帯をしっかりと鳴らすような発声で、ジリジリとした倍音の乗った声です。やや下方向へ響きを乗せた発声です。エッジボイスの延長線上的な発声は洋楽的ですね。

透明感から尖った歌声まで地声域の表現の幅は非常に広いです。

ミックスボイス

中高音域はミックスボイスを使っています。ミックスとは言っても地声の延長線上くらいの発声です。

声帯をしっかりと閉鎖させた強い鳴りのミックスボイスを使っています。しっかりと息を流しているので綺麗な強い鳴りを実現させています。

声帯の閉鎖を強い息の流れで押し出すような鳴りのミックスボイスは洋楽シンガーに多いので、洋楽的な声の鳴りを感じますね。

綺麗な声帯の鳴りの倍音を感じるミックスボイスです。

ファルセット

高音域はファルセットを使っています。

高音を抜くようなフレーズ使っています。

息が綺麗に流れるファルセットで自在にコントロールしています。ファルセットですが、大きな鳴りのファルセットで非常に綺麗に鳴っています。

歌声

息とエッジ感の地声域・強い鳴りのミックスボイス・綺麗なファルセット

どういう歌い方か

共鳴や音色

咽頭共鳴(下方向への響き)から鼻腔や軟口蓋の共鳴(上方向への響き)までフレーズによってコントロールしています。綺麗な共鳴は美しい声量を生み出しています。

ビブラート

ビブラートはあまりかけるタイプではないですが、自然にかかっているフレーズもあります。

フレージング・歌い回し・歌唱力

おん湯さんはかなりオールラウンドに色々な歌い方ができます。

もともと持っている声質はやや太めで、どちらかと言えばクール系の声ですが、楽曲次第では可愛い歌い方からかっこいい歌い方まで幅広く歌いこなしています。

これは声色の作り方や共鳴のコントロールが非常に上手いからできることですね。

声質も息系から鳴り系まで万能で、オールラウンドな歌唱力を持っていると言えるでしょう。ピッチ感も非常にいいですね。

どういう練習をすればおん湯さんのように歌えるか

おん湯さんのように歌うには多くの音楽的要素が必要です。そのぶん、多くの練習や訓練が必要となります。

しかし、要点やポイントを絞ることで近づく近道になります。

おん湯さんのように歌うポイント

ポイント

息系の声質を身につける

鳴り系の声質を身につける

これが重要ですね。では練習方法を紹介します。

息系の声質を身につける

息系の声質の発声を身につけることで透明感あるきれいな発声が出来るようになります。

息の流れがしっかりとある声質を身につけるには息と声との連動が重要です。

息の倍音のある声を身につけるトレーニングは

がいいでしょう。

鳴り系の声質を身につける

鳴り系の声質は声帯のコントロールが重要となってきます。声帯以外を締めると喉も一緒にしまり聞き苦しい声になってしまうので、声帯のコントロールと脱力を身につけましょう。

声帯閉鎖のコントロール能力を鍛えるにはエッジボイスのトレーニングがいいでしょう。

また、鳴りの強い声を脱力していくには「ネイ」「ヤイ」トレーニングが最適です。

その他シンガーの歌声解説はこちら

歌声解説一覧

-歌声解説 女性シンガー, 歌声解説 歌い手
-

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2020 All Rights Reserved.