歌声解説 男性シンガー

宮野真守の歌声や歌い方についての分析

投稿日:2019年4月19日 更新日:

今回は宮野真守さんの歌声について書いていきたいと思います。

宮野真守さんと言えば、本業は声優ですが様々なジャンルで活躍されている方ですね。声優や歌手として大人気の方です。

 

何と言ってもその声の良さですね。さすがトップクラスの声優と言えるほどのイケボの持ち主ですね。声を発するだけでいい声です。

当然ながら歌もとても上手いですね。あの声に心掴まれている方も多いのではないでしょうか。

どういう声質・声の出し方か

地声・話し声はやや高めの音域で、バランスの良い爽やかな声質

音域

地声の音域はやや高めの音域

音域的には普通〜やや高めのくらいの音域の声帯を持っているように感じます。

 

声質

声質は鳴りと息のバランスの良い声質です。

非常にバランスよくオールラウンドに良く鳴る声質です。

 

共鳴

共鳴は軟口蓋や鼻腔に明るく響き、爽やかな声色を生み出しています。

声優なので当然共鳴を下方向へコントロールして深い声や太い声を出すこともお手の物という感じでコントロールしています。もともと持っている声や喉は爽やかで明るい声ですね。

 

歌声は爽やかな鳴りできれいな歌声

主な声区

  • 地声(チェスト)
  • ミドル(≒ミックスボイス)
  • ファルセット(ヘッド)

 

地声

低中音域は地声

フレーズにもよるのですが、基本的には軽やかな鳴りときれいな息の流れのあるバランスのいい発声の声質です。声帯が柔らかく軽やかに鳴るのは声帯の鳴りと息のバランスをきれいにコントロールしているからですね。

 

低中音域とは言っても、もともと持っている声帯の音域が高めの声帯なので結構高い音域帯まで地声系の発声を使っています。というよりほとんどのフレーズは地声系の発声です。

 

ミドルレンジ

中高音域(≒ミックスボイス

地声域に比べると、やや鳴りを強くして中高音域を鳴らしていますね。

 

ファルセット

高音域はファルセット(裏声)

非常にきれいに抜けるようなファルセットです。

息がきれいに流れ、上方向へ綺麗に共鳴しているファルセットです。

 

声区の切り替えも非常に綺麗なので、ファルセットを綺麗に聴かせるのもとても魅力的です。やはり声優の声帯は柔軟なのでしょう。

 

どういう歌い方か

共鳴や音色

軟口蓋や鼻腔など上方向主体の響きで、爽やかな歌い方をしています。

あまり咽頭共鳴(下方向への響き)を作ることは少ないです。

上方向主体の響きで声の音色を明るい音色にし、綺麗に息が流れる発声で軽やかな雰囲気を演出しています。

 

ビブラート

ビブラートは綺麗にかけるタイプです。

 

フレージング・歌い回し・歌唱力

フレージングやピッチの取り方に大きな癖はないですが、ベーシックにうまいタイプですね。

 

どういう練習をすれば宮野真守さんのように歌えるか

宮野真守さんのように歌うには多くの音楽的要素が必要です。

そのぶん、多くの練習や訓練が必要となります。

しかし、要点やポイントを絞ることで近づく近道になります。

 

宮野真守さんのように歌うポイント

ポイント

バランスのいい軽やかな鳴りの発声を身につける

ファルセットを鍛える

 

これが重要ですね。

では練習方法を紹介していきます。

 

バランスのいい軽やかな鳴りの発声を身につける

バランスのいい発声は綺麗な息の流れと声帯の鳴りのバランスを取ることが重要です。

 

まずは息の上に声をしっかりと乗せられるように息と声との連動を意識しましょう。息と声との連動のトレーニングはドッグブレス「スー」「ズー」トレーニングが最適です。

息と連動できる声を身につけたらそこからは声帯の鳴りをバランス良く調整しましょう。

 

ファルセットを鍛える

宮野真守さんは高音域帯で綺麗にファルセットを鳴らします。

声の切り替えも自由にできているのでファルセットがとても魅力的ですね。

 

ファルセットを自由自在に使いこなせる喉だからこそ、声優としても柔軟で魅力的な声が出せるのかもしれません。

ファルセットを鍛えるにはまずはしっかりとした正しいファルセットを発声する事が重要です。正しいファルセットをひたすらに練習していくと、ファルセットを自由に使いこなせるようになるはずです。

 

地声と裏声の交互発声のトレーニングがオススメです。

 

その他シンガーの歌声解説はこちら

歌声解説一覧

-歌声解説 男性シンガー
-

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2020 All Rights Reserved.