歌声解説 男性洋楽

ヴィタスの歌声や歌い方についての分析

投稿日:2019年4月22日 更新日:

今回はヴィタス(Vitas)さんの歌声について書いていきたいと思います。

ヴィタスさんと言えば、ロシア出身のシンガーで主にロシアで活躍している方ですね。

 

何と言ってもその圧倒的高音と歌唱力。

世界中の人が驚くような歌声で、衝撃を受けたことがある方もいるのではないでしょうか。

どういう声質・声の出し方か

地声・話し声は普通の音域で、柔らかな鳴りの声質

音域

地声の音域は普通の音域ですね。

音域的には普通くらいの音域帯の声帯を持っているように感じます。

 

声質

声質は柔らかな鳴りのある声質ですね。どちらかと言えば、声帯の鳴りが先行する声質ですが声帯の鳴り自体は柔らかな鳴りです。

ロシア語が言語的に母音系の言語なのか子音系の言語なのかわかりませんが(聴く感じ母音系、かつ舌の回転が滑らか)、ヴィタスさんは割と声帯の鳴り主体で話していますね。

 

共鳴

共鳴は深くはないのですが、咽頭共鳴寄りの話し声です。ただ、共鳴自体は下方向よりも上方向に響きそうな印象を受ける話し声です。(あまり下に響かない)

 

歌声は圧倒的なハイトーンボイス

チェストボイス

低中音域は地声

 

声質は柔らかな声帯の鳴りのある声質です。

息はあまり流れないですが、声帯の閉鎖は強くない(やや薄く使っている)ので柔らかな鳴りの声質を作り出しています。

 

地声

 

ミドルレンジ

中高音域(≒ミックスボイス

柔らかな鳴りと薄い声帯閉鎖感が特徴のミックスボイスを使うことが多いです。薄い声帯閉鎖で柔らかな高音域を生み出しています。ファルセットの近い音色のミックスボイスを使うことも多いです。

 

この音域帯のミックスボイスはヴィタスさんの歌声の中でつなぎのような役割をすることが多いです。

普通のシンガーはミックスボイスを聴かせどころにすることが多いですが、ヴィタスさんはその上があるのであまり強い声をこの音域帯で使うことは少ないです。

 

ミックスボイス


 

ファルセット

高音域はファルセット(裏声)

綺麗に息が流れるファルセットで、中高音域帯のミックスボイスと声質の大差はないことが多いですが、ファルセットは息が綺麗に流れているので息の倍音が強めです。ミックスボイスの方が薄い柔らかな芯があります。

 

このファルセットも超高音域帯の声へのつなぎになることがあります。普通はファルセットが高音の抜けの頂上になるのですが、ヴィタスさんの場合は違いますね。

 

ホイッスルボイス

超高音域はホイッスルボイス

ヴィタスさんのような超高音域の声の出し方は名称が議論されることが多いですが、名前なんてなんでもいいでしょうからここでは置いておきます。

 

この超高音域帯の声は声帯の強い強い閉鎖によって出していますね。かなり声帯はもちろん喉の空間も閉鎖気味に作用して超高音の芯のある発声を実現させています。

つまりものすごく強い声帯閉鎖により超高音を実現させているのですね。ただ、普通の人はあそこまで閉鎖させることはできないでしょうね。できたとしても出せるのは一瞬でしょう。ヴィタスさんの凄いところはあの強い声帯閉鎖を維持した状態で息の圧力をかけ続け声として鳴らし続けることがでいることですね。

 

どれだけ小さい部分の声帯を鳴らしているんだと唸ってしまうほどの発声です。

世界中が驚くのも無理はないですね。

 

ファルセットやハイトーンについてはいい試聴音源がなかったのでYOUTUBEを貼っておきます。下で述べている内容は後半の高音サビの部分です。よく見ると口パクですが。もちろんそれでも素晴らしい歌声に変わりないのですが。

どういう歌い方か

共鳴や音色

低音部は咽頭共鳴で低音域の深い響きを作って、高音部は鼻腔に強く響かせるような共鳴の綺麗な歌い方です。ポップスの歌い方ではないですね。

 

ビブラート

ビブラートはフレーズにもよりますが、綺麗にかけています。

 

フレージング・歌い回し・歌唱力

何を持ってロシアっぽいとするかは言葉では説明しにくいのですが、ロシアっぽさがある歌い方ですね。

共鳴腔をしっかりと保ってオペラ調・ミュージカル調のような歌い方ですね。

 

どういう練習をすればヴィタスさんのように歌えるか

ヴィタスさんのように歌うには多くの音楽的要素が必要です。

そのぶん、多くの練習や訓練が必要となります。

しかし、要点やポイントを絞ることで近づく近道になります。

 

ヴィタスさんのように歌うポイント

ポイント

超高音域の発声を身につける

 

これが重要ですね。

では練習方法を紹介していきます。

 

超高音域の発声を身につけるには

ヴィタスさんレベルの高音域を誰でも身につけられれば苦労はしません。が、「為せば成る。」でしょうか?

ファルセットを超高音にするにしてもミックスボイスを超高音にするにしてもホイッスルボイスを習得するのが相当の訓練が必要になるでしょう。

ホイッスルボイスの出し方について【ホイッスルは2種類ある】

続きを見る

その他シンガーの歌声解説はこちら

歌声解説一覧

-歌声解説 男性洋楽

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2020 All Rights Reserved.