歌声解説 男性シンガー

清貴の歌い方・歌唱力【歌声解説】

投稿日:

今回は清貴さんの歌声について書いていきたいと思います。

清貴さんと言えば、圧倒的な歌声を持つ人気シンガーですね。

何と言ってその歌声ですね。伸びやかな歌声から真似できないような圧倒的なハイトーンボイスまで使いこなす歌声に魅了されている方も多いのではないでしょうか。

今回はそんな清貴さんの歌声について書いていきたいと思います。

どういう声質・声の出し方か

地声・話し声は普通の音域で、柔らかでふくよかな鳴りの声質

地声の音域は普通の音域ですね。音域的には普通〜やや高めのくらいの音域帯の声帯を持っているように感じます。

 

声質は声帯の鳴りがしっかりとある声質ですね。息の流れよりも声帯の鳴りが先行するような声質ですね。声帯の鳴りはしっかりと鳴りつつ、柔らかで綺麗な共鳴のある声質です。

咽頭共鳴もしっかりとありつつ、鼻腔の空間にも響く膨よかな印象を受けます。喉の空間にしっかりと共鳴して非常によく通る聴き取りやすい声質の話し声ですね。

 

歌声は綺麗で伸びやかな歌声

歌声は主に3種類の歌声を使っています。

地声・ミックスボイス・ファルセットの3種類ですね。

 

低中音域は地声を使っています。息が綺麗に流れつつ声帯を柔らかく鳴らすような声質の発声がメインですね。フレーズにもよるのですが、声帯を柔らかく鳴らすような声を使うことが多いです。これが滑らかでマイルドな歌声を生み出していますね。

この地声系の発声からミックスボイスまで非常に綺麗につながるのも清貴さんの歌声の美しさを際立たせていますね。

 

中高音域はミックスボイスを使っています。地声と比較すると声帯をしっかりと鳴らして強い高音域帯の発声を作り出しています。ただ、このミックスボイスも綺麗な柔らかい声帯の鳴りとバランス良く喉の空間を保っているので、非常に聴き心地の良い歌声を作り出しています。

地声域からの声区の境目がほとんどわからないような綺麗な声区移動が特徴です。

 

高音域はファルセットを使っています。そのファルセットも2種類に分類されますね。普通のファルセットと芯の強い超高音ファルセットです。普通のファルセットはさらりと息が流れる綺麗なファルセットです。澄んだ音色で高音系の抜くようなフレーズで使われます。

この通常のファルセットからファルセットで使う声帯部分のみを綺麗に閉鎖させて、超高音のヘッドボイスを使いこなします。この超高音のヘッドボイス(芯の強いファルセット)がホイッスルボイスと呼ばれたりしますが、個人的にはホイッスルボイスと呼びたくないですね。別物だと思っています。個人的にはですよ。それについては記事の後半で。

 

どういう歌い方か

滑らかなフレージングと細かいピッチ感が特徴的

清貴さんは柔らかい鳴り系の声で流れるようなフレージングが特徴的です。音と音のつなぎがとても綺麗でかつピッチ感が細かいので滑らかさが生まれるのですね。また声区の移行もスムーズだからこそですね。

R&Bシンガーに多い階段的な細かいピッチの取り方を歌の随所で使っています。フェイクと呼ばれたりもしますね(厳密な意味は違うのですが、そういう風に使われる)。「こぶし」とかの方が意味的には近いですね。

 

ビブラートはフレーズによって綺麗に使い分けています。ビブラートよりも細かいこぶし的なピッチの取り方で魅せてくれるタイプです。ビブラートをかけるとこぶしは使えない(生まれない)ですからね。

実際の歌声で確認

声の種類

地声:黒字

ミックスボイス:黄色マーカー

ファルセット:赤字

 

「The Omly One」で歌声を確認

 

フレーズ

〜〜い〜〜 不安は続くけど その手をずっと 離したりしな〜い And I will be right there 何もかも壊したいのなら〜

 

このフレーズは全て地声系の発声ですね。柔らかい綺麗な声帯の鳴りと息の流れで歌声を作っていますね。灰色マーカーは細かいピッチ感のある箇所です。短い時間で綺麗にピッチ変化せるのは非常に難しい技術ですね。

 

ヘッドボイス部分にも焦点を当てたかったのですが、いい視聴音源がないので、泣く泣く省略します。この曲のヘッドボイス的な発声が清貴さん歌声の凄さを世に知らしめたと言っても過言ではないと思うのですが。。。

ぜひYOUTUBEでこの曲を検索してみてください。ファンの方は当然理解していますよね。

 

「INSPIRE」で歌声を確認

 

フレーズ

体の血を感じていたい It's a fire that I inspireれた太陽呼び起せ Take me higher 譲れない〜自分だけの場所〜まで〜〜〜YEAH

 

黄色のアンダーラインは境目の微妙な部分です。地声やミックスボイスは綺麗に線引きできるものではないですから。正直全体的に判別しにくいです。それくらい綺麗につながっているということで。

ミックスボイスはしっかりと声帯を鳴らし、強く膨よかに共鳴しているのがわかります。伸びやかな鳴りはミックスボイスを自在に使いこなしている証拠ですね。

どういう練習をすれば清貴さんのように歌えるか

清貴さんのように歌うには多くの音楽的要素が必要です。

そのぶん、多くの練習や訓練が必要となります。

しかし、要点やポイントを絞ることで近づく近道になります。

清貴さんのように歌うポイント

ポイント

ミックスボイスを身につける

ヘッドボイスを身につける

これが重要ですね。

では練習方法を書いていきたいと思います。

 

ミックスボイスを身につける

清貴さんのように綺麗に伸びやかに高音域まで歌うにはミックスボイスを身につけなければいけません。

喉周りはしっかりと空間を作りつつ、バランス良く声帯を鳴らせるようなミックスボイスですね。非常に難しく、個人個人が持っている声帯によってアプローチ方法は様々でしょう。

 

ミックスボイスを一番身につけやすいトレーニングリップロールですね。

このトレーニングで高音域をトレーニングすることで脱力しつつ高音を鳴らすトレーニングになります。低音域から高音域まで素早く移行させるようにリップロールでトレーニングをすることで清貴さんのように声区を滑らかに移行するトレーニングにもなります。

 

ヘッドボイスを身につける

清貴さんの出す超高音ヘッドボイスはホイッスルボイスと呼ばれるようなこともあります。声の種類の言葉の定義は曖昧なことが多いので正確なことは言えませんが、個人的には清貴さんの超高音はホイッスルボイスではなく、ヘッドボイスだと思われます。ホイッスルボイスはもう声というより音という表現に近いような気がします。(リンク先を参照してみてください。)

声は特にこういう定義問題がつきまとうのでですが、個人個人の考えるものでいいと思います。言葉の意味は使う人によって変化しますから。

 

ヘッドボイスはファルセットの声帯の状態から声帯閉鎖を強めていくもので、芯のある高音のファルセットです。当然ながらファルセットを鍛えていくしか道はないですね。ファルセットの高音域をひたすらに開発していくことが重要ですね。音をあげようとすると自然とファルセットでも閉鎖的に作用するような体の仕組みになっています。あとはそれをコントロールできるかどうかです。

ファルセットのままリップロールなどで高音域までトレーニングしていきましょう。

まとめ

清貴さんのように歌うポイントは

清貴さんのように歌うポイント

ポイント

ミックスボイスを身につける

ヘッドボイスを身につける

これが重要ですね。まずはここから練習していきましょう。とは言えミックスボイスの質は非常に素晴らしく、また使える音域帯も非常に高いところまで使えるので多くの訓練が必要でしょう。



その他シンガーの歌声解説はこちら

アーティスト歌声解説一覧

※タグの集合ページです

オススメ記事

1

今回は少し変わった視点からボイストレーニング・歌や声の成長の方法を書いていきたいと思います。変わったと言うより、少しずるい方法ですが。効果は抜群です。ボイストレーニングは独学でする人も多いでしょうが、 ...

2

今回はボイストレーニングにオススメの本について書いていきたいと思います。ボイストレーニングというものは、なかなか独学でやっていくというのは難しいですよね。「何からやればいいのか、何が正しいのか、何が一 ...

3

今回はボイストレーニングの効果を高めるグッズや声を鍛えるのに欠かせないグッズについて書いていきたいと思います。グッズがなくてもボイストレーニングはできるのですが、あれば便利です。 グッズを使うメリット ...

4

今回はボイストレーニング教室の選び方について書いていきたいと思います。ボイトレ教室って興味が湧きますよね?ボイストレーニング教室に通ってみたいと思ったことがある人も少なくはないはずです。歌も人から習う ...

5

今回はミックスボイス(ミドルボイス)について書いていきたいと思います。『ミックスボイス』というものについて疑問を持っている人は多いと思います。そもそもなんなの?何がミックスボイスなの?自分の声はどうな ...

-歌声解説 男性シンガー
-

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2019 All Rights Reserved.