【9/13】まとめページは都合上削除いたします。引き続きカテゴリーページ等でお楽しみください。

歌声解説 女性シンガー

原田知世の声や歌い方についての分析

投稿日:2019年5月18日 更新日:

今回は原田知世さんの歌声について書いていきたいと思います。

原田知世さんと言えば、女優としても歌手としても国民的人気を誇るほどの方ですね。女優として素晴らしいのはもちろんですが、歌手としても素晴らしいですね。

何と言ってもその歌声。とても綺麗で美しい歌声ですよね。音楽的技術もとても高く素晴らしいシンガーですね。心掴まれている方も多いのではないでしょうか。

今回はそんな原田知世さんの歌声について書いていきたいと思います。

どういう声質・声の出し方か

地声・話し声はやや高めの音域で、息の先行する綺麗な声質

地声の音域はやや高めの音域ですね。音域的にやや高めくらいの声帯を持っているように思えます。

 

声質は声帯の鳴りよりも息が先行するタイプの声質です。声帯が鳴らないタイプの声(ハスキー系など)ではないので、声帯も自然に鳴っているのですが、息が先行します。息が非常に綺麗に流れる声で澄んだ音色の倍音が生まれていますね。なので、非常に綺麗な声という印象を作り出しています。

話し声の共鳴はフラットな感じの印象を受けます。

歌声は地声を活かした息の倍音の多い声

歌声は主に2種類の歌声を使っています。

地声・ファルセットの2種類です。ファルセットもそこまで多く使うタイプではなく、地声系の発声がメインですね。

 

低中音域は地声を使っています。話し声同様に非常に綺麗に息が流れる声質です。息を綺麗に流し先行させることで、息の倍音の多い歌声を作り出しています。話し声から息が流れる声質を持っているとは言え、ブレスコントロールや息と声との連動がないと生み出せない歌声ですね。

この息の倍音が綺麗な澄んだ音色の印象を作り出します

 

ミックスボイス的な発声はほとんど使ってないですが、時にファルセットまで以降せずにそれに近い音色でミックスボイス的な発声をしている時もありますね。

 

高音域はファルセットを使うこともあります。そこまで頻繁に使用するタイプでもないですが、使わないわけでもないというくらいの頻度ですね。地声の声質同様に澄んだ音色の綺麗な息が流れるファルセットです。

 

原田知世さんの歌声は『低音域しろ高音域にしろ声帯の鳴りの成分より息の成分を主体とした声質を使うこと』が鍵ですね。

どういう歌い方か

強く押さずに綺麗に流す

原田知世さんの歌声は基本的には『強く押さない・綺麗に流す』というような歌い方をしていますね。

強く鳴らさずに息のある声質のまま低音域も高音域もさらりと歌っています。綺麗な鳴りの声質のまま押さずに歌うのですね。しっとりと語るようなニュアンスで誇大な表現はしないのですが、かといって小さくもないというような印象を受けますね。

口の開きは大きくはないのですが、綺麗な上方向(鼻腔や軟口蓋)への共鳴で澄んだ明るい音色を作り出しています。

 

ビブラートは自然にかかり、ピッチ感も非常にいいですね。

実際の歌声で確認

声の種類

地声:黒字

ミックスボイス:黄色マーカー

ファルセット:赤字

 

「シンシア」で歌声を確認

フレーズ

愛は〜空に浮かんだ 雲のように〜 風に流れかたちを変えていく

非常に綺麗な澄んだ音色の声ですね。息の倍音が非常に多く綺麗な声ですね。

全て地声を使って使っています。空気感のあるフレージングもとても美しく感じます。

 

「色彩都市」で歌声を確認

フレーズ

暇をもてあそばしてるあなた レースのパラソル そっと閉じて 頬に

この黄色マーカー部分はファルセットにいかないくらいのニュアンスでミックスボイス的な音色のある声質です。

柔らかい鳴りのある感じですね。

「木綿のハンカチーフ」で歌声を確認

フレーズ

いいえ あなた 私は欲しいものはないもの ただ都会の絵の具に 染まらないで帰って 染まないで帰って

赤字の部分がファルセットです。綺麗にするりと抜けるファルセットで心地よいですね。

息の流れが非常に綺麗な倍音を生んでいます。

どういう練習をすれば原田知世さんのように歌えるか

原田知世さんのように歌うには多くの音楽的要素が必要です。

そのぶん、多くの練習や訓練が必要となります。

しかし、要点やポイントを絞ることで近づく近道になります。

原田知世さんのように歌うポイント

ポイント

息が綺麗に流れる発声を身につける

これが重要ですね。

では練習方法を書いていきたいと思います。

息が綺麗に流れる発声を身につけるには

原田知世さんのように息の流れを身につけるには息系の声のトレーニングが重要です。

ドッグブレス「スー」「ズー」トレーニングなどで息と声のトレーニングをしっかりとしていきましょう。息をしっかりと流すような発声は息と声との連動が重要です。もちろん息だけのトレーニングもいいのですが、声と一緒にトレーニングしましょう。

 

声帯を鳴らさないような意識をすることも重要ですが、ただ鳴らさないようにするだけだと慣れてない人はやはり苦しいのですね。なので息と声との連動トレーニングが重要です。

また、声の響きは上方向主体の響きなのでそれを意識することも澄んだ音色へと近づく近道です。

まとめ


原田知世さんのように歌うポイントは

原田知世さんのように歌うポイント

ポイント

息が綺麗に流れる発声を身につける

これが重要ですね。まずはここから練習していきましょう。

とは言え、ピッチ感などその他の音楽的技術も非常に高いので頑張りましょう!

オススメ記事

1

今回はボイストレーニングの効果を高めるグッズや声を鍛えるのに欠かせないグッズについて書いていきたいと思います。グッズがなくてもボイストレーニングはできるのですが、あれば便利です。 グッズを使うメリット ...

2

今回はボイストレーニングにオススメの本について書いていきたいと思います。ボイストレーニングというものは、なかなか独学でやっていくというのは難しいですよね。「何からやればいいのか、何が正しいのか、何が一 ...

3

今回は「声の音域を広げる方法」について書いていきたいと思います。歌において音域を広げるということは大きな課題の一つですね。おそらく多くの人が音域を広げたいと思ったことはあるでしょう。 それくらい歌にお ...

4

今回は「歌が上手くなる方法」について徹底考察していきたいと思います。歌というものは誰もが身近に聞いたり歌ったりすることができるものですね。 そんな身近なものだからこそ歌が上手くなりたいと思ったことがあ ...

5

今回はミックスボイス(ミドルボイス)について書いていきたいと思います。『ミックスボイス』というものについて疑問を持っている人は多いと思います。そもそもなんなの?何がミックスボイスなの?自分の声はどうな ...

-歌声解説 女性シンガー
-

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2019 All Rights Reserved.