【9/13】まとめページは都合上削除いたします。引き続きカテゴリーページ等でお楽しみください。

歌声解説 女性洋楽

デミ・ロヴァートの声や歌い方についての分析

投稿日:2019年6月19日 更新日:

今回はデミ・ロヴァート(Demi Lovato)さんの歌声について書いていきたいと思います。デミ・ロヴァートさんと言えば、米国で活躍するシンガーであり女優ですね。

何と言ってもその歌声・歌唱力は圧巻ですね。素晴らしいボーカルワークに心掴まれます。魅了されている方も多いのではないでしょうか。

今回はそんなデミ・ロヴァートさんの歌声について書いていきたいと思います。

どういう声質・声の出し方か

地声・話し声は普通の音域で、エッジ感のある声質

地声の音域は普通の音域ですね。音域的には高くも低くもない普通くらいの音域帯の声帯を持っているように思います。

声質は声帯の鳴りが強い鳴り系の声質です。エッジボイスの延長線上で話しているような鳴らし方の声質です。英語圏の人はこういう声帯の鳴らし方が多いですね。声帯のコントロールが上手くなる要因かもしれませんね。若干のハスキー感もあり、カラッとした倍音と特有のジリジリ感があります。

また共鳴は鼻腔方向へ強く響いています。

歌声は特有のエッジ感を随所に感じられるオールラウンドボイス

歌声は主に3種類の歌声を使いこなしています。地声・ミックスボイス・ファルセットの3種類の歌声です。

低中音域は地声系の発声を使っています。オールラウンドに息系の声質から鳴り系の声質まで使っています。どちらかと言えば息の成分が多く声帯の鳴りを弱めた綺麗な発声を使うことが多いです。息が多く綺麗な倍音の乗った声質です。ただ、そういう息系の声質でもスタートは柔らかいエッジボイスから入ることが多く、全般的にエッジボイスを起点とした発声を使うことが多いです。エッジボイスが随所に感じられる歌声です。

中高音域はミックスボイスを使っています。ミックスボイスは強い鳴りやパワフルな歌声を使うことが多いです。声帯をしっかりと鳴らして、鼻腔にしっかりと響く強い明るい発声や深めの咽頭共鳴(下方向への響き)を作り太いパワフルな発声を作るなど自在に中高音域をコントロールしています。若干のハスキー感のある倍音やザラついた倍音、ガラッとした倍音などを含んでいるので特徴的な音色のミックスボイスです。

高音域はファルセットを使うこともあります。非常に綺麗な息の流れとくっきりと芯もあるファルセットを綺麗に使いこなします。

地声域・ミックスボイス域・ファルセット域と3つの声区を自在に使いこなすことが圧倒的歌唱力を生み出しているのですね。

どういう歌い方か

基本的には鼻腔や軟口蓋など上方向主体の響き

フレーズ次第では深い響きを作ることもあるのですが、基本的には上方向の響きを主体に歌っているので澄んだ明る音色を作っています。

全てのフレーズがそうであるわけではないのですが、エッジボイスから発声するような歌い方が非常に多く随所にエッジボイスが感じられます。フレーズのスタートの声帯の鳴りが特有の情感を生み出しています。

音楽技術

ビブラートは自在にコントロールしているような印象を受けます。まっすぐ歌うところはまっすぐに、ビブラートをかけるところはしっかりとかける、という感じで綺麗にコントロールされたビブラートです。ピッチ感・リズム感も非常によく圧倒的な歌唱力を持っていると言えそうです。

どういう練習をすればデミ・ロヴァートさんのように歌えるか

デミ・ロヴァートさんのように歌うには多くの音楽的要素が必要です。そのぶん、多くの練習や訓練が必要となります。しかし、要点やポイントを絞ることで近づく近道になります。

デミ・ロヴァートさんのように歌うポイント

ポイント

エッジボイスを身につけ3つの声区を綺麗にコントロールする

これが重要ですね。では練習方法を書いていきたいと思います。

エッジボイスを身につけ3つの声区を綺麗にコントロールする

デミ・ロヴァートさんのように歌うにはまずエッジボイスをしっかりと身につける必要があります。エッジボイスは歌の中で情感を作り出したり、声帯コントロールのトレーニングにもなります。エッジボイスの延長線上のような話し声は英語圏に多く見られます。こういう日々の積み重ねが日本人に比べて声のコントロール能力に長けている要因のひとつかもしれません。

また、強い中高音域であるミックスボイスや澄んだ高音域のファルセットをしっかりと使いこなす必要があります。女性の場合ミックスボイスというのは男性ほどくっきりと変化するものではないのでわかりにくいかもしれませんが、難しいことは考えずに強い高音域が出せればいいのですね。強い高音域は強い鳴りと脱力が必要です。ベルティング発声の練習など閉鎖と脱力のバランスのとれた練習が重要ですね。

またファルセットのトレーニングもしっかりとする必要があります。ファルセットは高音を出すのに力がいらないですが、バランス感覚と言いましょうか、そのファルセット状態の声帯の形をいかにキープして使いこなすかみたいなトレーニングになってきます。ファルセットのトレーニングはこちら

またピッチ感のトレーニングリズム感のトレーニングも欠かせないので、大変です。

まとめ

デミ・ロヴァートさんのように歌うポイントは

デミ・ロヴァートさんのように歌うポイント

ポイント

エッジボイスを身につけ3つの声区を綺麗にコントロールする

これが重要ですね。まずはここから練習していきましょう。もちろんこれ以外の要素も圧倒的なので、、、頑張りましょう。

オススメ記事

1

今回はボイストレーニングの効果を高めるグッズや声を鍛えるのに欠かせないグッズについて書いていきたいと思います。グッズがなくてもボイストレーニングはできるのですが、あれば便利です。 グッズを使うメリット ...

2

今回はボイストレーニングにオススメの本について書いていきたいと思います。 ボイストレーニングというものは、なかなか独学でやっていくというのは難しいですよね。「何からやればいいのか、何が正しいのか、何が ...

3

今回は「声の音域を広げる方法」について書いていきたいと思います。歌において音域を広げるということは大きな課題の一つですね。おそらく多くの人が音域を広げたいと思ったことはあるでしょう。 それくらい歌にお ...

4

今回は「歌が上手くなる方法」について徹底考察していきたいと思います。 歌というものは誰もが身近に聞いたり歌ったりすることができるものですね。 そんな身近なものだからこそ歌が上手くなりたいと思ったことが ...

5

今回はミックスボイス(ミドルボイス)について書いていきたいと思います。『ミックスボイス』というものについて疑問を持っている人は多いと思います。そもそもなんなの?何がミックスボイスなの?自分の声はどうな ...

-歌声解説 女性洋楽
-

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2019 All Rights Reserved.