歌声解説 男性洋楽

Ne-Yoの声や歌い方についての分析

投稿日:2019年6月24日 更新日:

今回はNe-Yoさんの歌声について書いていきたいと思います。Ne-Yoさんと言えば、世界的に有名なシンガーですね。

何と言ってもその歌声、その歌唱力は聴く人を魅了します。心掴まれている方も多いのではないでしょうか。

今回はそんなNe-Yoさんの歌声について書いていきたいと思います。

どういう声質・声の出し方か

地声・話し声は普通〜やや高めの音域で、軽やかで柔らかい鳴りの声質

地声・話し声の音域は普通〜やや高めの音域ですね。音域的に普通〜やや高めのくらいの音域帯の声帯を持っているように思えます。話し声のトーンが非常に豊かで声帯の柔軟性を感じますね。

声質は柔らかな声帯の鳴りがある声質です。息の流れよりも声帯の鳴りが先行するような声質ですが、柔らかで柔軟な声帯の鳴りを持つ軽やかな声質です。共鳴はフラットな感じの共鳴ですが、鼻腔方向の共鳴空間が広いような印象を受ける声です。

持っている声帯

普通〜やや高めくらいの音域・柔らかな鳴り系の声質

歌声は柔らかで滑らかな鳴りの発声

歌声は2種類の声区を使っています。

主な声区

  • 地声
  • ミックスボイス

地声・ミックスボイスの2種類です。ファルセットも使っていますが、そこまで使うタイプではないです。また、ミックスボイスもあまり使用頻度は少ないです。

地声

低中音域は地声系の発声を使っています。

低中音域とは言いつつも結構な高音域以外はほとんどの発声がこの地声系の発声です。柔らかい声帯の鳴りと息の綺麗な流れのある発声です。音色的にはミックスボイスらしく感じる音色でしょうが、もともと持っている声帯の音域・声質を考えると地声での発声と考えられます。声区をほとんど変化させずに滑らかな柔軟性のある歌声でほとんどのフレーズを歌っています。

ミックスボイス

高音域はミックスボイス系の発声を使うこともあるのですが、息の圧力を高めた地声の延長線上のような綺麗な発声です。そこまで高い高音域帯(Ne-Yoさんの音域的に)に登ることもなく、ミックスボイスに入る手前くらいの音域帯の楽曲が多いように思います。

また、ファルセットも同様に使っているときあるのですが、そこまで使用頻度は多くないです。

Ne-Yoさんは柔軟性のある地声系の柔らかい発声を自在に使いこなしているというのが特徴です。

歌声

柔らかな鳴りの地声域・ミックスボイス

どういう歌い方か

共鳴や音色

Ne-Yoさんは基本的に上方向主体の共鳴(鼻腔や軟口蓋)で歌っています。

逆に下方向への響きはあまり強くないです。上方向の共鳴、特に鼻腔共鳴がとても綺麗に共鳴しています。鼻腔方向への共鳴空間が広いのでそこに柔らかに鳴りの声を通すことで丸みのある音色を作っています。柔らかい声がさらに柔らかに響くのですね。

ビブラート

ビブラートは基本あまりかけるタイプではないです。もちろんナチュラルにかかっているフレーズもあります。

フレージング・歌い回し・歌唱力

非常に細かいピッチ感が特徴です。細かい階段状のピッチ変化などR&B特有の細かいピッチ変動を使います。ピッチ感に優れていて、かつ声帯の柔軟性がないとできない技ですね。

どういう練習をすればNe-Yoさんのように歌えるか

Ne-Yoさんのように歌うには多くの音楽的要素が必要です。そのぶん、多くの練習や訓練が必要となります。しかし、要点やポイントを絞ることで近づく近道になります。

Ne-Yoさんのように歌うポイント

ポイント

柔軟性のある発声と鼻腔共鳴を身につける

これが重要ですね。では練習方法を書いていきたいと思います。

柔軟性のある発声と鼻腔共鳴を身につける

Ne-Yoさんは持っている声帯から考えると地声系の発声なのですが、場合によってはミックスボイスを身につける必要がある人もいると思います。

どちらにしても柔らかい声帯の鳴りとバランスのとれた息の流れを身につけるのにリップロールの練習は最適です。それがミックスボイスだろうが地声であろうが同じです。リップロールでしっかりと声帯の柔軟性と柔らかい発声を身につけましょう。地声での高音域を鍛えたい場合は「ブッ」トレーニングがオススメです。このトレーニングは声の支えをしっかりと身につけることができます。

まら、柔らかな鳴りを綺麗に聴かせるためにも、鼻腔共鳴を身につける必要があります。鼻腔共鳴を鍛えるにはハミング練習が最適です。

また、細かいピッチトレーニングもしっかりと練習していきましょう。

まとめ

持っている声帯

普通〜やや高めくらいの音域・柔らかな鳴り系の声質

歌声

柔らかな鳴りの地声域・ミックスボイス

Ne-Yoさんのように歌うポイント

ポイント

柔軟性のある発声と鼻腔共鳴を身につける

これが重要ですね。まずはここから練習していきましょう。もちろんこれ以外の要素も鍛える必要はあります。頑張りましょう!

その他シンガーの歌声解説はこちら

歌声解説一覧

オススメ記事

1

今回はボイストレーニングの効果を高めるグッズや声を鍛えるのに欠かせないグッズについて書いていきたいと思います。グッズがなくてもボイストレーニングはできるのですが、あれば便利です。 グッズを使うメリット ...

2

今回はボイストレーニングにオススメの本について書いていきたいと思います。 ボイストレーニングというものは、なかなか独学でやっていくというのは難しいですよね。「何からやればいいのか、何が正しいのか、何が ...

3

今回は「声の音域を広げる方法」について書いていきたいと思います。歌において音域を広げるということは大きな課題の一つですね。おそらく多くの人が音域を広げたいと思ったことはあるでしょう。 それくらい歌にお ...

4

今回は”歌が上手くなるための方法や取り組み”についてです。 当サイトでは歌唱力アップのための様々なトレーニングや研究考察などを紹介しています。 例えば「〇〇のためには〇〇トレーニングがいい」みたいな感 ...

5

今回はオススメの音楽配信サービスアプリについての紹介です。 音楽配信アプリは当然音楽を聴くもので、単純に考えると娯楽の範囲でしょう。ですが、「音楽的感覚・感性」という部分の成長は音楽をたくさん聴くこと ...

-歌声解説 男性洋楽
-

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2020 All Rights Reserved.