歌声解説 男性洋楽

マーヴィン・ゲイの声や歌い方についての分析

投稿日:2019年6月28日 更新日:

今回はマーヴィン・ゲイさんの歌声について書いていきたいと思います。マーヴィン・ゲイさんと言えば、世界的に有名なシンガーですね。1984年に亡くなられていますが、その圧倒的な歌声は今もなお世界中で愛されていますね。ローリングストーン誌が選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガーでは6位の偉大なシンガーです。

何と言ってもその歌声・圧倒的な歌唱力は圧巻ですね。心掴まれている方も多いのではないでしょうか。

今回はそんなマーヴィン・ゲイさんの歌声について書いていきたいと思います。

どういう声質・声の出し方か

地声・話し声は普通の音域で、軽やかで柔らかい鳴りの声質

地声の・話し声の音域は普通くらいの音域ですね。音域的に高くも低くもなく普通くらいの音域帯の声帯を持っているように感じます。話し声から音程の起伏があり、声帯の柔軟性を感じさせるような声です。

声質は軽やかで柔らかい声帯の鳴りがある声質です。基本的には息の流れよりも声帯の鳴りが主体の鳴り先行の声質です。鳴り先行なのですが息の流れもあるので、声帯が柔らかく軽やかに鳴る声質を持っています。

共鳴は話し声から上下の変動があり、上や下へトーンによって綺麗に共鳴している印象を受けます。

持っている声帯

普通くらいの音域・柔らかい鳴りの声質

歌声は圧倒的柔軟性を誇る発声

歌声は3種類の声区を使っています。

主な声区

  • 地声
  • ミックスボイス
  • ファルセット

の3種類です。

地声

低中音域は地声系の発声です。

柔らかい声帯の鳴りと空気感のある軽やかな声質の発声が多いです。もちろんフレーズ次第で息の多い発声やしっかりと鳴らす発声もしています。話し声同様に声帯が柔らかく柔軟に鳴り、かつ綺麗にな息の流れのある発声です。息の流れと声帯の鳴りの綺麗な連動により心地よい温かみのある歌声を作り出しています。基本的には地声主体の発声です。共鳴は鼻腔共鳴主体の発声で、鼻腔方向へ綺麗に声を当てることで丸みのある音色を作り上げています。

地声

ミックスボイス

中高音域はミックスボイスを使っています。

非常に柔軟な喉なので声区の境目(換声点)はほとんどわからないですね。声帯をやや閉鎖気味にして強く鳴らしたり、ファルセットに近い音色の強く鳴らさないようなミックスボイスなど様々な音色を使い分けています。もともと持っている声帯の音域帯もそこまで低いものではないので、ミックスボイスをそこまでたくさん使っているわけではないのですが、非常に精度の高い綺麗で柔軟なミックスボイスを使いこなしています。

冒頭強い鳴りのミックスボイス

強く鳴らさないファルセット的な使い方のミックスボイス

ファルセット

高音域はファルセットを使っています。

非常に綺麗な芯のあるファルセットです。息の倍音もありますが、くっきりとした閉鎖のある柔らかい鳴りのあるファルセットを使いこなしています。高音域のファルセットまで丸みのある声質を作り上げています。

ファルセット

歌声

柔らかい空気感のある地声域・芯のある柔軟なミックスボイス・綺麗な芯のあるファルセット

どういう歌い方か

共鳴や音色

鼻腔共鳴を主体とした上方向中心の響きの作り方です。声を綺麗に鼻腔へ響かせることで丸みのある音色の声質を作り上げています。鼻腔の空間が広いような印象を受けますね。声を斜め後ろに当てるようなイメージでの発声が必要ですね。

ビブラート

ビブラートはフレーズの語尾を中心に自然に綺麗にかかります。

フレージング・歌い回し・歌唱力

リズム感やピッチ感は圧倒的です。グルーブのある歌い回しやフレージング、細かいピッチ感など非常に高い歌唱力を持っていると言えるでしょう。

どういう練習をすればマーヴィン・ゲイさんのように歌えるか

マーヴィン・ゲイさんのように歌うには多くの音楽的要素が必要です。そのぶん、多くの練習や訓練が必要となります。しかし、要点やポイントを絞ることで近づく近道になります。

マーヴィン・ゲイさんのように歌うポイント

ポイント

柔らかく柔軟な発声を身につける

これが重要ですね。では練習方法を書いていきたいと思います。

柔らかく柔軟な発声を身につける

マーヴィン・ゲイさんのような柔らかく柔軟な発声を身につけるには声帯のコントロールが重要です。

柔軟な声帯コントロールと綺麗な息の流れが重要となってきます。柔らかな声帯の鳴りと息の流れを身につけるにはリップロールの練習が最適です。リップロールで低音域から高音域までスムーズに移行させる練習も、声帯の柔軟性を向上させるトレーニングになります。また、息と声とを連動させるには「スー」「ズー」トレーニングなどのトレーニングも最適です。

また、しっかりとした鼻腔共鳴を身につけることも重要です。鼻腔共鳴のトレーニングはもちろんですが、声を斜め後ろに当てるようなイメージを持つだけでも変わってきます。鼻腔共鳴のトレーニングはハミング練習が最適です。

また、ピッチ感のトレーニングリズム感のトレーニングも欠かせないですね。

まとめ

持っている声帯

普通くらいの音域・柔らかい鳴りの声質

歌声

柔らかい空気感のある地声域・芯のある柔軟なミックスボイス・綺麗な芯のあるファルセット

マーヴィン・ゲイさんのように歌うポイント

ポイント

柔らかく柔軟な発声を身につける

これが重要ですね。まずはここから練習していきましょう。もちろんこれ以外も圧倒的なので、、、、頑張りましょう!

その他シンガーの歌声解説はこちら

歌声解説一覧

オススメ記事

1

今回はボイストレーニングの効果を高めるグッズや声を鍛えるのに欠かせないグッズについて書いていきたいと思います。グッズがなくてもボイストレーニングはできるのですが、あれば便利です。 グッズを使うメリット ...

2

今回はボイストレーニングにオススメの本についてです。 ボイトレ本は『初心者・中級者・上級者』という段階に応じた読みやすさと、『何を重点的に紹介しているのか』が本によってそれぞれ違います。 それによって ...

3

今回は「声の音域を広げる方法」について書いていきたいと思います。歌において音域を広げるということは大きな課題の一つですね。おそらく多くの人が音域を広げたいと思ったことはあるでしょう。 それくらい歌にお ...

4

今回は”歌が上手くなるための方法や取り組み”についてです。 この記事は 自分の歌声を録音して練習する 音源をなぞって練習する たくさん歌う・実践する ボイストレーニングする たくさんの音楽を聴く 音楽 ...

5

今回は声量を上げるトレーニング方法についてです。 この記事は 声量を上げるポイントは→『共鳴・声帯・息』 3つのうち一番重要で鍛えやすいのは→『息』 声量アップのトレーニング方法について という内容で ...

6

「note」にて歌や声について『さらに深く探究した記事(有料)』か『しょうもない記事(無料・でも結構面白いとは思う)』を書いています。 有料マガジン ▪️歌が最高に上手い人 ...

-歌声解説 男性洋楽
-

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2020 All Rights Reserved.