【お知らせ】Apple Musicの埋め込み試聴音源がiOS13.4.1ではうまく作動しないことがあります。iOS側の対応を待つしかないようです。

歌声解説 男性シンガー

MASAKI(山田雅樹)の声や歌い方についての分析

更新日:

今回はMASAKI(山田雅樹)さんの歌声について書いていきたいと思います。

MASAKIさんと言えば、長く日本の音楽界で活躍する男性ヴォーカリストですね。元E・Z・Oのボーカルで、時期によってはLOUDNESSのボーカルの時もありますね。

何と言ってもその素晴らしいハイトーンボイス、そして歌唱力は圧巻ですね。心掴まれている方も多いのではないでしょうか。

どういう声質・声の出し方か

地声・話し声はやや低めの音域で、声帯の鳴りが強い鳴り系の声質

地声・話し声の音域はやや低めの音域ですね。

音域的にやや低めくらいの音域帯の声帯を持っているように感じます。

声質は声帯の鳴りが強い鳴り系の声質です。息の流れよりも声帯の鳴りが主体の鳴り系の話し声です。特殊な鳴り方は特になく、一般的な普通の声帯の鳴りを持っているように思えます。歌声はすごい鳴り方なんですけどね。

共鳴は咽頭共鳴(下方向への響き)寄りの話し声です。

持っている声帯

やや低めくらいの音域・鳴り系の声質

歌声は圧倒的なメタルハイトーンが特徴

歌声は2種類の声区を使っています。

主な声区

  • 地声(チェスト)
  • ミックスボイス(ミドル)

の2種類です。

地声

低中音域は地声系の発声です。

声帯の鳴り吐息の流れのバランスがいい声質を使っています。

ミックスボイスと比較すると息が綺麗に流れるような印象を受ける声質ですね(それだけハイトーン系の発声が鋭い)

共鳴の空間もしっかりと作っており、綺麗な発声の地声域です。

地声



ミックスボイス

中高音域はミックスボイスを使っています。

声帯閉鎖系の高音ミックスボイスです。普通の音色のミックスボイスも当然使いこなしますが、特徴的なミックスボイスはザラザラ・ゴロゴロしたような鳴りを使っています。

これは仮声帯という部分を使っているのでゴロゴロしたようなうなりのニュアンスが出るのですね。

声帯閉鎖はもちろんのこと喉全体をやや閉鎖的に作り、唸るようなニュアンスから超ハイトーンまで自在にコントロールしています。

当然、あれだけ強い発声なので息の圧力もすごくかかっています。そしてそれを支える声帯閉鎖のコントロールがすごいのですね。

共鳴はもちろん上方向へ響かせているのですが、やや下方向への響きを保ったまま高音のメタルボイスで歌うなど、かなりすごい声帯コントロールを持っています。

普通のミックスボイス

強い閉鎖とガラッとした鳴りを含むミックスボイス↓

歌声

やや息系のバランスのいい地声域・強い鳴りの閉鎖系ミックスボイス

どういう歌い方か

共鳴や音色

基本的にはハイトーン系の発声が多いので鼻腔や軟口蓋などの上方向主体の響きで歌っています。がフレーズ次第では咽頭共鳴(下方向への響き)も綺麗に撮ったりと共鳴の上下コントロールが非常に綺麗です。

ビブラート

ビブラートは綺麗にかけています。

フレージング・歌い回し・歌唱力

MASAKIさんはメタル系の強い高音発声を自在にコントロールしています。

フレージング自体は綺麗に滑らかです。ピッチ感も非常によく、それでいてあの強い発声で歌っているというのがすごいですね。

どういう練習をすればMASAKIさんのように歌えるか

MASAKIさんのように歌うには多くの音楽的要素が必要です。そのぶん、多くの練習や訓練が必要となります。しかし、要点やポイントを絞ることで近づく近道になります。

MASAKIさんのように歌うポイント

ポイント

メタル系のハイトーンボイスを身につける

これが重要ですね。では練習方法を書いていきたいと思います。

メタル系のハイトーンボイスを身につける

MASAKIさんのようなメタル系のハイトーンボイスはかなりの練習を必要とするでしょう。

まずは声帯閉鎖系のミックスボイスを身につけることが重要です。

強い声帯閉鎖の高音を余計な力を脱力しながらのトレーニングが重要です。

少し閉鎖的な音色でも「ネイ」「ヤイ」トレーニングで強く鳴らせるようにしましょう。

また、声帯閉鎖のコントロールを身につけるのはエッジボイスのトレーニングがオススメです。

エッジボイスのような強い声帯閉鎖の状態を維持したまま、そこに強い息の圧力をかけて音にする練習が必要ですね。ベルティングボイスの練習のようなイメージです。

MASAKIさんの場合強い息の圧力で声帯を若干割り気味に作用させているのですね。また、仮声帯部分を利用して唸るようなニュアンスを追加しています。

喉に負担がかかりそうな発声なので気をつけて練習しましょう!

その他シンガーの歌声解説はこちら

歌声解説一覧

 

オススメ記事

1

今回はボイストレーニングの効果を高めるグッズや声を鍛えるのに欠かせないグッズについてです。 この記事は 効率よくボイトレする 普段かけられない負荷をかける 楽にトレーニングする など歌が上手くなるため ...

2

今回はボイストレーニングにオススメの本についてです。 ボイトレ本は『初心者・中級者・上級者』という段階に応じた読みやすさと、『何を重点的に紹介しているのか』が本によってそれぞれ違います。 それによって ...

3

今回は「声の音域を広げる方法」について書いていきたいと思います。歌において音域を広げるということは大きな課題の一つですね。おそらく多くの人が音域を広げたいと思ったことはあるでしょう。 それくらい歌にお ...

4

今回は”歌が上手くなるための方法や取り組み”についてです。 この記事は 自分の歌声を録音して練習する 音源をなぞって練習する たくさん歌う・実践する ボイストレーニングする たくさんの音楽を聴く 音楽 ...

5

今回は声量を上げるトレーニング方法についてです。 この記事は 声量を上げるポイントは→『共鳴・声帯・息』 3つのうち一番重要で鍛えやすいのは→『息』 声量アップのトレーニング方法について という内容で ...

6

「note」にて歌や声について『さらに深く探究した記事(有料)』か『普通の記事(無料・でも結構面白いとは思う)』を書いています。 有料マガジン ▪️歌が最高に上手い人にある ...

-歌声解説 男性シンガー
-

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2020 All Rights Reserved.