【お知らせ】Apple Musicの埋め込み試聴音源がiOS13.4.1ではうまく作動しないことがあります。iOS側の対応を待つしかないようです。

歌声解説 男性シンガー

福山芳樹の声や歌い方についての分析

更新日:

今回は福山芳樹さんの歌声について書いていきたいと思います。

福山芳樹さんと言えば、大人気の男性シンガーですね。

何と言ってもその歌声の素晴らしさ・歌唱力は圧巻ですね。あの圧倒的で綺麗なパワーボーカルに心掴まれている方も多いのではないでしょうか。

どういう声質・声の出し方か

地声・話し声はやや高めの音域で、若干のハスキー感がある息主体の声質

地声・話し声の音域はやや高めの音域ですね。

音域的にやや高めくらいの音域帯の声帯を持っているように感じます。

声質は声帯の鳴りもありかつ息が多い声質です。

声帯の鳴りもありますが、息が先行するような息主体の軽やかな声質の話し声です。声帯の鳴りも少し特殊な鳴り方で若干ザラッとしたようなハスキー系の倍音が含まれていますね。

共鳴はどちらかといえば上方向へ響きやすい喉を持っていますね。

持っている声帯

やや高めくらいの音域・ハスキー感のある声質

歌声はハスキー系の倍音を持った強いミックスボイスが特徴的

歌声は2種類の声区を使っています。

主な声区

  • 地声(チェスト)
  • ミックスボイス(ミドル)

の2種類です。

地声

低中音域は地声系の発声です。

息が綺麗に流れつつ声帯の鳴りもバランスよく鳴る声質を使うことが多いです。

低中音域帯の地声系の発声での声帯の鳴りは比較的普通の鳴り方をしています。

普通の鳴り方というのは、ハスキーな鳴り方に対して普通ということです。バランスのとれた綺麗な鳴りの地声域です。もともと持っている声帯の音域がやや高めなのもあり、それなりの高さの音域帯まで地声を使っています。

地声

ミックスボイス

中高音域はミックスボイスを使っています。

声帯を閉鎖気味に作用して、強い息の圧力をかけることで高音を発声しています。

このミックスボイスの鳴り方が非常に特殊ですね。

ここで地声の時に聞き取れるようなハスキーなザラザラした倍音が非常に強く鳴ります。

声帯を鳴らす強さに比例するようにハスキー系の倍音も強くなっています。

この特殊な鳴り方のミックスボイスをかなりの高音域まで発声することができ、シャウト系の発声まで使いこなします。

声帯のコントロールに非常に長けていますし、特殊な鳴り方の倍音が心地良さや個性を生み出しているように思えます。

ミックスボイス


歌声

バランスのいい地声域・ハスキー感のあるミックスボイス

どういう歌い方か

共鳴や音色

福山芳樹さんは上方向への響きがとても綺麗で開放的な音色の声を持っています。

特に軟口蓋などの上アゴに関わるような音色の響きをとても綺麗に作っています。

これにより広がりのある発声を作り上げています。閉鎖的な音色の強いミックスボイス帯でも綺麗に閉鎖をコントロールしているので、開放的な響きを作れるのですね。

ビブラート

ビブラートは綺麗にかけるタイプです。

もちろんフレーズによるのですが、綺麗に高音域帯までかけています。

強い鳴りの高音発声を駆使するようなアニソン系のシンガーやメタル系のシンガーには心地よく綺麗に聴かせるためにもビブラートは必須テクニックのように思えます。

フレージング・歌い回し・歌唱力

ピッチ感やリズム感も非常によく圧倒的な歌唱力を持っているように思えます。

どういう練習をすれば福山芳樹さんのように歌えるか

福山芳樹さんのように歌うには多くの音楽的要素が必要です。そのぶん、多くの練習や訓練が必要となります。しかし、要点やポイントを絞ることで近づく近道になります。

福山芳樹さんのように歌うポイント

ポイント

ハイトーンの強いミックスボイスを身につける

これが重要ですね。では練習方法を書いていきたいと思います。

ハイトーンの強いミックスボイスを身につける

福山芳樹さんは強い閉鎖系のミックスボイスを綺麗にコントロールしています。

ただ、特有のハスキー系の鳴り方や倍音というのは、もともと持っている声帯の要因が大きいはずです。なのでハスキー系の声帯を持っていない人にとってはむずかしいかもしれません。

閉鎖系の強い高音域を操るには無駄な力の脱力が鍵です。

鳴りの強い高音域での脱力は「ネイ」「ヤイ」トレーニングがオススメです。

また、エッジボイスのトレーニングも声帯閉鎖のトレーニングになります。声帯の閉鎖を上手くコントロールできるようになってくるとハイトーンも出せるようになってくるはずです。

ベルティングボイスの練習方法なんかも役立つかもしれません。

声の音色の作り方は上アゴを意識して軟口蓋などの綺麗に響かせるようにしましょう。

高音がコントロールできないうちは難しいかもしれませんが。できるようになればあとは上あごを上に上げる意識を持つことで綺麗に音が広がります。

また、ビブラートを身につけることも重要です。

特に高音域帯でのビブラートなどは強い高音域を美しく聴かせるための必須テクニックですね。

その他シンガーの歌声解説はこちら

歌声解説一覧

 

オススメ記事

1

今回はボイストレーニングの効果を高めるグッズや声を鍛えるのに欠かせないグッズについてです。 この記事は 効率よくボイトレする 普段かけられない負荷をかける 楽にトレーニングする など歌が上手くなるため ...

2

今回はボイストレーニングにオススメの本についてです。 ボイトレ本は『初心者・中級者・上級者』という段階に応じた読みやすさと、『何を重点的に紹介しているのか』が本によってそれぞれ違います。 それによって ...

3

今回は「声の音域を広げる方法」について書いていきたいと思います。歌において音域を広げるということは大きな課題の一つですね。おそらく多くの人が音域を広げたいと思ったことはあるでしょう。 それくらい歌にお ...

4

今回は”歌が上手くなるための方法や取り組み”についてです。 この記事は 自分の歌声を録音して練習する 音源をなぞって練習する たくさん歌う・実践する ボイストレーニングする たくさんの音楽を聴く 音楽 ...

5

今回は声量を上げるトレーニング方法についてです。 この記事は 声量を上げるポイントは→『共鳴・声帯・息』 3つのうち一番重要で鍛えやすいのは→『息』 声量アップのトレーニング方法について という内容で ...

6

「note」にて歌や声について『さらに深く探究した記事(有料)』か『普通の記事(無料・でも結構面白いとは思う)』を書いています。 有料マガジン ▪️歌が最高に上手い人にある ...

-歌声解説 男性シンガー
-

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2020 All Rights Reserved.