歌声解説 男性洋楽

ディープ・パープル イアン・ギランの歌声や歌い方についての分析

投稿日:2019年7月3日 更新日:

今回はディープ・パープルのボーカル イアン・ギランさんの歌声について書いていきたいと思います。

ディープ・パープルと言えば、世界中で人気のあるハードロックバンドですね。ロックの殿堂入りを果たしている偉大なバンドです。

 

何と言ってもその楽曲、その演奏、そしてその歌声は素晴らしいですね。

心掴まれている方も多いのではないでしょうか。

どういう声質・声の出し方か

地声・話し声は普通の音域で、息が流れやすい温かみのある声質

地声・話し声の音域は普通の音域ですね。

音域的に高くも低くもない普通くらいの音域帯の声帯を持っているように感じます。

 

声質は声帯のカラッとした鳴りがあり息が綺麗に流れる軽やかな声質です。

声の中に含まれる息の成分が多く、声帯の鳴りはそこまで強くないので、どちらかと言えば息先行の声質です。ところどころエッジボイス的なカラッとした声帯の鳴りがあります。

 

共鳴は咽頭共鳴寄りなので深みのある話し声です。

 

歌声はバランスのいい発声とハイトーンミックスボイスを使いこなす

地声

低中音域は地声系の発声です。

声帯の鳴りと息の流れのバランスのいい発声です。

 

しっかりとロックに声帯を鳴らすように発声することを土台にしているような印象ですが、綺麗に息も流れるため心地よく軽やかな地声域を作り上げています。

 

ミドルレンジ

中高音域(≒ミックスボイス

このミックスボイスは自然に鳴らすような綺麗な鳴りのミックスボイスから声帯を割るような鳴りをしたミックスボイスまで幅広い表現の声を作り出しています。

 

また、メタル系のハイトーンのような高い音域の発声まで出してしまいます。

声帯のが非常に柔軟に動くのでしょう。

基本的には声帯を強く鳴らすような強い鳴りのミックスボイスを使っています。

 

喉の空間もしっかりと開いており、太い音色のミックスボイスです。

そこから息の圧力や声帯をコントロールして、声帯を割るようなシャウト系の発声にしたり、超ハイトーンにしたりとコントロールしています。

 

どういう歌い方か

共鳴や音色

イアン・ギランさんは声の表現や響きの表現が非常に豊かです。

音色の作り方が楽曲によって様々なのが特徴ですね。もちろん似た声の出し方の楽曲はあるのですが。

 

かなり幅広い音色、声質、声の出し方が楽曲の表情を変えています

喉の開き方や共鳴のさせ方、声を当てる位置などがあまり偏りなく、自在に動かしているので表現豊かなのかもしれません。

 

ビブラート

ビブラートは楽曲次第でコントロールしています。

 

フレージング・歌い回し・歌唱力

ロックな曲は比較的まっすぐに、静かな曲はかけたりという感じが多いですね。

もちろんフレーズによっても違います。

ピッチ感やリズム感も非常にいいです。

 

どういう練習をすればイアン・ギランさんのように歌えるか

イアン・ギランさんのように歌うには多くの音楽的要素が必要です。

そのぶん、多くの練習や訓練が必要となります。

しかし、要点やポイントを絞ることで近づく近道になります。

イアン・ギランさんのように歌うポイント

ポイント

ミックスボイスを自在にコントロールする

これが重要ですね。

では練習方法を紹介。

ミックスボイスを自在にコントロールする

イアン・ギランさんは地声系の発声もしっかりと使っているのですが、ミックスボイス系の発声もしっかりと使っています。

 

それだけミックスボイス、つまり高音発声を使いこなす必要があるのですね。

まずはミックスボイスを習得するということを練習しましょう。

あまりミックスボイスという名前にこだわらずに強い中高音域を出すことを目標に。

 

ミックスボイスは声帯は必ず声帯は閉鎖的に働くので、それに対して喉の空間を広く取るには声帯のみをしっかりとコントロールする必要があります。

声帯閉鎖のコントロールの練習はエッジボイスのトレーニングがいいでしょう。

 

また太いミックスボイスのトレーニンググッグトレーニングがオススメです。

このトレーニングは高音域を太く歌うような練習に最適です。

 

また、シャウト系の発声に関しても声帯閉鎖のコントロールを鍛えることである程度まではできてくるはずです。

ただ、強い息の圧力をかけることはそれだけ喉に負担をかけることにもなるので気をつけて練習しましょう。

その他シンガーの歌声解説はこちら

歌声解説一覧

-歌声解説 男性洋楽
-

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2020 All Rights Reserved.