【お知らせ】Apple Musicの埋め込み試聴音源がiOS13.4.1ではうまく作動しないことがあります。iOS側の対応を待つしかないようです。

歌声解説 男性シンガー

ハナレグミ 永積タカシの声や歌い方についての分析

更新日:

今回はハナレグミのボーカル 永積タカシさんの歌声について書いていきたいと思います。

ハナレグミと言えば、個性的な歌声で大人気の永積タカシさんによるソロユニットですね。

何と言っても唯一無二の歌声、歌唱力は多くの人を魅了しています。心掴まれている方も多いのではないでしょうか。

どういう声質・声の出し方か

地声・話し声は普通〜やや高めの音域で、息が多いハスキー系の声質

地声・話し声の音域は普通〜やや高めの音域ですね。

音域的には普通〜やや高めの音域帯の声帯を持っているように思います。

声質は息の倍音が多い声質です。

少しサラッと・ザラッとしたようなほんの少しハスキーな倍音のある声質です。

典型的なハスキーボイスという感じでもないのですが、ほんの若干ハスキー感があります。声帯の鳴りよりも息の倍音の方が多く感じる声です。

共鳴はあまり下方向へ響かせることなく、上方向主体の共鳴が強い話し声です。

持っている声帯

普通〜やや高めくらいの音域・息の倍音成分の多い声質

歌声は独特の声質を活かした息の倍音の多い声

歌声は3種類の声区を使っています。

主な声区

  • 地声(チェスト)
  • ミックスボイス(ミドル)
  • ファルセット(ヘッド)

の3種類です。

地声

低中音域は地声系の発声を使っています。

声質は話し声同様に息主体の発声です。

息が綺麗に流れ行きの倍音が非常に多い声質となっています。

声帯は話し声同様にあまり鳴らない(閉鎖しない)タイプですね。共鳴は軟口蓋や鼻腔方向主体です。ですが、ところどころ咽頭共鳴(下方向への響き)を作ったりもしています。

その声の響かせ方と言葉の発音の独特なニュアンスが個性的な歌声を作り出しています。

地声

ミックスボイス

中高音域はミックスボイスを使っています。

声帯をやや閉鎖的に働かせているように感じるミックスボイスですが、もともと持っている声帯が鳴りにくいので独特の空気感のある鳴りの倍音を生み出しています。ハスキーボイスの一歩手前くらいのニュアンスがありますね。

声帯を閉鎖気味に働かせても息の倍音を含みやすい声帯を持っているのですね。強い鳴りですが、息の倍音を含む空気感のある声質のミックスボイスです。

ミックスボイス

ファルセット

高音域はファルセットを使っています。

綺麗な息の倍音のある澄んだ音色のファルセットです。高音域を綺麗に強く歌わないような綺麗なフレーズで使うことが多いですね。

ファルセット

歌声

息の成分のある特殊な鳴りの地声域・独特な鳴りのミックスボイス・ファルセット

どういう歌い方か

共鳴や音色

基本的には鼻腔や軟口蓋などの上方向主体の響きを作っています。

特に鼻腔方向へ綺麗に声が抜けています。意識としては声の響きだけでなく、実際に鼻からも息を抜くようにして声を出すと真似しやすいかもしれません。それくらい上方向に綺麗に丸く響いています。

また、基本的には口や口の中の空間の開きも横方向主体です。

この「上方向と横方向」がフレーズ次第で「下方向と縦方向」になる時が結構な頻度であります。

「上方向と横方向」をメインにして随所に「下方向と縦方向」を織り交ぜるような独特な音色の作り方をしています。

ビブラート

ビブラートはかけるタイプではないです。自然にかかっているフレーズもありますが、比較的まっすぐに歌うタイプです。

フレージング・歌い回し・歌唱力

音をすぐに収束させる(切る)ようなフレージングをよく使っています。あまり音を伸ばさずにそっと置くように音を切るのですね。

この話すような語るような歌い方も永積タカシさんの個性を生み出しているものですね。

どういう練習をすれば永積タカシさんのように歌えるか

永積タカシさんのように歌うには多くの音楽的要素が必要です。そのぶん、多くの練習や訓練が必要となります。しかし、要点やポイントを絞ることで近づく近道になります。

永積タカシさんのように歌うポイント

ポイント

息主体の発声を身につける

これが重要ですね。では練習方法を紹介。

息主体の発声を身につける

永積タカシさんはもともと持っている声帯が鳴りにくく息が流れやすい声質を持っています。

天性の息系の発声ですね。なので中高音域も少し特殊な鳴り方です。

とは言え、息系の発声はトレーニング次第で十分鍛えることができます。

特に地声域であれば、トレーニング効果は大きく出るはずです。ミックスボイス域は持っている声帯の要因を受けやすいかもしれません。

息系のトレーニングはドッグブレス「スー」「ズー」トレーニングが最適です。

息と声とを連動させることで、息の倍音の多い声を身につけるトレーニングです。

また、鼻腔共鳴を身につけることも重要です。鼻腔共鳴を身につけるにはハミング練習が最適です。

また、ハミング練習のページの中にある「フン」トレーニングなどは息を鼻に通すので、永積タカシさんのようなニュアンスを掴みやすいかもしれません。

その他シンガーの歌声解説はこちら

歌声解説一覧

 

オススメ記事

1

今回はボイストレーニングの効果を高めるグッズや声を鍛えるのに欠かせないグッズについてです。 この記事は 効率よくボイトレする 普段かけられない負荷をかける 楽にトレーニングする など歌が上手くなるため ...

2

今回はボイストレーニングにオススメの本についてです。 ボイトレ本は『初心者・中級者・上級者』という段階に応じた読みやすさと、『何を重点的に紹介しているのか』が本によってそれぞれ違います。 それによって ...

3

今回は「声の音域を広げる方法」について書いていきたいと思います。歌において音域を広げるということは大きな課題の一つですね。おそらく多くの人が音域を広げたいと思ったことはあるでしょう。 それくらい歌にお ...

4

今回は”歌が上手くなるための方法や取り組み”についてです。 この記事は 自分の歌声を録音して練習する 音源をなぞって練習する たくさん歌う・実践する ボイストレーニングする たくさんの音楽を聴く 音楽 ...

5

今回は声量を上げるトレーニング方法についてです。 この記事は 声量を上げるポイントは→『共鳴・声帯・息』 3つのうち一番重要で鍛えやすいのは→『息』 声量アップのトレーニング方法について という内容で ...

6

「note」にて歌や声について『さらに深く探究した記事(有料)』か『普通の記事(無料・でも結構面白いとは思う)』を書いています。 有料マガジン ▪️歌が最高に上手い人にある ...

-歌声解説 男性シンガー
-

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2020 All Rights Reserved.