歌声解説 女性洋楽

ホールジーの歌声や歌い方についての分析

投稿日:2019年7月14日 更新日:

今回はホールジーさんの歌声について書いていきたいと思います。

ホールジーさんと言えば、近年大人気の洋楽シンガーソングライターですね。

 

何と言ってもその楽曲・歌声・歌唱力は素晴らしいですね。

心掴まれている方も多いのではないでしょうか。

どういう声質・声の出し方か

地声・話し声は普通〜やや高めくらいの音域で、エッジ感のある鳴り系の声質

地声・話し声の音域は普通〜やや高めくらいの音域ですね。

音域的に普通〜やや高めくらいの音域帯の声帯を持っているように思います。

 

声質は声帯がしっかりと鳴る鳴り系の声質です。

エッジボイスの延長線上のようなジリッとした閉鎖感がある声質です。英語はエッジボイスの延長線上で話すことが多いですね。

 

共鳴は鼻腔な軟口蓋などの上方向への共鳴を主体としています。

明るい横方向の開きのある話し声です。

 

歌声はエッジ感と息のコントロールが上手い発声

地声

低中音域は地声

エッジ感のある声から息の多い発声までを使いこなしています。

 

エッジボイスのようなニュアンスからの発声はかなり使っており、カラッとした鳴りの倍音を含む声質です。

また、息系の声は声帯をあまり鳴らさずに息を綺麗に流しています鳴り系の倍音と息系の倍音を綺麗に使いこなしています。

 

地声(後半一部ミドル域)

 

ミドルレンジ

中高音域(≒ミックスボイス

声帯に強い息の圧力をかけて、強く鳴らすような発声です。

 

声帯をしっかりと閉鎖させてそこに強い息の圧力をかけることで高音を発声しています。

声帯がやや割れ気味なるくらいに強い息を圧力をかけています。

 

また、強い高音系の発声の時は咽頭共鳴(下方向への響き)を作り太い鳴りの中高音を発声しています。

 

ミックスボイス

 

ファルセット

高音域はファルセット

地声域以上の高音をさらりと歌うときに使っています。

息の倍音の多いファルセットです。

 

ファルセット

 

どういう歌い方か

共鳴や音色

ホールジーさんは基本的には上方向主体の響きで澄んだ音色系の音色を作っています。

口や口の中の空間も横方向への開きのニュアンスが強いです。

 

浅めで明るい音色の響きにエッジ感のある声を通すことで独特のニュアンスをを作り出します。英語圏では多いのですが、日本人女性シンガーには少ない表現方法です。

 

また、高音域は逆に下方向への響きを作りパワフルな太さのある発声を作り出しています。このダイナミクスのある表現もホールジーさんの魅力ですね。

 

ビブラート

ビブラートはあまり使うタイプではないです。

 

フレージング・歌い回し・歌唱力

大きな癖はなく、ベーシックに上手いタイプです。

ピッチ感は非常に良く綺麗な歌声を生み出しています。

 

どういう練習をすればホールジーさんのように歌えるか

ホールジーさんのように歌うには多くの音楽的要素が必要です。そのぶん、多くの練習や訓練が必要となります。しかし、要点やポイントを絞ることで近づく近道になります。

ホールジーさんのように歌うポイント

ポイント

エッジボイスを操り、息系の発声も操る

これが重要ですね。では練習方法を書いていきたいと思います。

エッジボイスを操り、息系の発声も操る

まずはエッジボイスのトレーニングをしましょう。

エッジボイスのトレーニングをすることで声帯閉鎖のトレーニングにもなりますし、単純な技術としてのエッジボイスを使いこなせるようになります

 

色々なフレーズでエッジボイスから入るようなトレーニングをするといいでしょう。

息系の発声は息と声のトレーニングが最適です。息と声を連動させるようなトレーニングですね。ドッグブレスのトレーニングが最適です。

息系のトレーニングは継続が大切です。

また、鼻腔共鳴や軟口蓋などの上方向への共鳴を身につけるのも重要です。

 

この二つはハミング練習のトレーニングが最適です。

声の当てる方向性を上方向へ意識するだけでも変わってきます。

 

パワフルな高音域帯では逆に下方向への共鳴を身につけましょう。

その他シンガーの歌声解説はこちら

歌声解説一覧

-歌声解説 女性洋楽
-

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2020 All Rights Reserved.