【お知らせ】Apple Musicの埋め込み試聴音源がiOS13.4.1ではうまく作動しないことがあります。iOS側の対応を待つしかないようです。

ボイストレーニング

再現しよう、モノマネしようとするトレーニング【忘れがちだけど重要な練習】

更新日:

今回は『再現しよう、モノマネしようとするトレーニング』についてです。

この記事は

  • 声を再現する力、モノマネする力の重要性
  • ボイストレーニング好きが陥る道
  • トレーニング方法
  • トレーニングに必要な能力

という内容です。

声を再現する力、モノマネする力の重要性

ボイストレーニングは様々な手法ややり方など多く語られており、そのバリエーションは無限ですね。

そんな多くのボイストレーニングの方法があり、結局何をすればいいのかと迷うことも多いはずです。

でも迷えば迷うほどに実は遠回りしている可能性があるというか、一番大事なことを見逃してしまう可能性があります。

それは人間には『声を再現する力、モノマネする力がある』ということです。

人間は他の動物と違い、聞いた音をある程度忠実に再現する能力があります

脳の違いは当然ですが、何より声帯の運動能力に関して他の動物とは雲泥の差があります自由自在に声帯を動かせるので複雑な言語や歌唱が可能になるのですね。

例えば

ミッキーやマリオなどのキャラクターのモノマネなど誰でも一度くらいはやったことあるのではないでしょうか。あれは聴いた音をただただ再現しようとしてモノマネするはずです。

「輪状甲状筋がこうで、、甲状披裂筋はこうで、、響きの位置は鼻腔に寄せて、、」みたいな感じで理屈を立てて真似する人はいないと思います。

このモノマネするときのアプローチとして

音を聴く→音を理解する→その音を再現してみる→自分の耳に入る→聴いた音に近づける

という経過を無意識のうちにたどっているはずです。

この結果モノマネができるのですね。

これはキャラクターに限らず、何かの音でも効果音でも同じですね。

この何かの音をモノマネする力、再現しようとする力は歌が上手くなる上で結構重要だと思うのですが、情報が溢れているばかりにこの力を軽んじてボイストレーニングばかりやってしまう人もいることでしょう。

ボイストレーニングにとらわれる人が陥る道

ボイストレーニングにとらわれる人

ボイストレーニングにとらわれる人はボイストレーニングで成長しようとします。

「あの声が出したいな」→「なかなか出せないな、どうやって出すんだろう?」→「検索」→「なるほどボイトレ!リップロール!よしたくさんリップロールだ!」

みたいな感じですね(勘違いして欲しくないのですが、別にこれが間違い・ダメだとは言ってないです。)

ボイストレーニングにとらわれない人

ただ、ボイストレーニングにこだわらない人は声を再現しようとする力で成長します。

「あの声が出したいな」→「なかなか出せないな、どうやって出すんだろう?」→「こうか?いや、違うな。こうか?うーん」→「とにかくできるまでやろう!」

というような道を辿ると思うのです。

どちらの方が成長するでしょう? どちらもある人には正解・ある人には不正解だと思いますので、判断はお任せします。

ただ一つ言えるのは、

「世に出ている偉大なシンガーたちの中にはボイストレーニングらしいボイストレーニングをしていない人もいるはず」ということです。

偉大なシンガーたちはリップロールをしてきたのでしょうか?

まぁリップロールに限らず、何か特定のボイストレーニングらしいボイストレーニングようなものをしてきたのでしょうか?

おそらくしていない人も多くいるでしょう。そもそもボイストレーニングが歌の成長に100%プラスに作用するのなら世の中のボイストレーナーこそ最強・偉大なシンガーになる可能性が高いですね

ほぼ毎日やっているでしょうから。しかし、実際はどうなのでしょう?(ボイストレーナーを悪く言っているわけではないです。)

どこまでをボイストレーニングとするかは線引きが難しいですが、「ただただたくさん歌う」とか「ワンフレーズをたくさん練習する」とか、そういう実践や再現性を意識したトレーニングだけで圧倒的な歌唱力を身につけた人も多いと思うのです。

偉大なシンガー、例えばフレディ・マーキュリーやマライア・キャリーがリップロールしてるとかはあんまり見たくないですね。笑 実際にしてるかしてないかは知りませんが。まぁしてないでしょうし、してこなかったでしょう。

  • 「あの声を出したい」から「ボイストレーニングであの声を出すために必要なものを鍛える」
  • 「あの声を出したい」から「あの声を出してみる練習することで必要なものを鍛える」

どっちが近道でしょう?

このように『再現する力・モノマネする力』を信じたトレーニング、というか『モノマネできるまで実践すること』は非常に効果の高いボイストレーニングだと思うのです。

理にかなっている

『ある発声ができるために必要なものはある発声をひたすら実践してみることで手に入れる』

合理的ですね。

再現するためにとにかく実践するトレーニング方法

トレーニング方法はいたってシンプルです。

『その再現したい音をよく聴く、やってみる、振り返る、再度やってみる、振り返る』

の繰り返しです。ざっくり言ってしまえば『とにかく歌う』。

そうやって試行錯誤してある音を出せるようになるまでやることです。

再現・モノマネするために必要な能力

この再現トレーニング・モノマネトレーニングには一つ必要な能力があります。それは『耳の良さ』です。

ココがポイント

再現するためにはその音の情報を正確に読み取らなければいけません。「どんな音なのか、どんな感じで発声しているのか、どんな質なのか」などを聴き取れる耳が必要です。

特に歌はCDであれ、ライブであれ、基本的にマイクを通しているので言わば『音のデータ』に変換されています。当然、加工・編集は可能ですから、発声を正確に読み取るのは難しいです。

ある発声を再現するために得た情報自体が間違った解釈をしていては、その再現しようとする方向を間違えてしまいます。

再現するためにはそれを『理解』することが重要で、理解できるだけの『耳』が必要なのです。

「よく聴いて」それを「正しく理解」して「再現しようとする」というのが再現する力を利用したボイストレーニング(実践?)です。そしてそのトレーニングを良いものにするためには『正しく聞き取る能力』が重要ということです。

実は世の偉大なシンガー達はこういう点が長けているのではないか?とも想像します。

音楽を聴く耳の良さと歌唱力の関係性【耳をよくする方法】

今回は『音楽を聴く耳の良さと歌唱力の関係性』についてです。 この記事は 耳の良さは歌唱力に影響する なぜ影響する? 耳をよくする方法 という内容です。 耳の良さと歌唱力の関係性 歌唱力に必要な「耳の良 ...

続きを見る

オススメ記事

1

今回はボイストレーニングの効果を高めるグッズや声を鍛えるのに欠かせないグッズについてです。 この記事は 効率よくボイトレする 普段かけられない負荷をかける 楽にトレーニングする など歌が上手くなるため ...

2

今回はボイストレーニングにオススメの本についてです。 ボイトレ本は『初心者・中級者・上級者』という段階に応じた読みやすさと、『何を重点的に紹介しているのか』が本によってそれぞれ違います。 それによって ...

3

今回は「声の音域を広げる方法」について書いていきたいと思います。歌において音域を広げるということは大きな課題の一つですね。おそらく多くの人が音域を広げたいと思ったことはあるでしょう。 それくらい歌にお ...

4

今回は”歌が上手くなるための方法や取り組み”についてです。 この記事は 自分の歌声を録音して練習する 音源をなぞって練習する たくさん歌う・実践する ボイストレーニングする たくさんの音楽を聴く 音楽 ...

5

今回は声量を上げるトレーニング方法についてです。 この記事は 声量を上げるポイントは→『共鳴・声帯・息』 3つのうち一番重要で鍛えやすいのは→『息』 声量アップのトレーニング方法について という内容で ...

6

「note」にて歌や声について『さらに深く探究した記事(有料)』か『普通の記事(無料・でも結構面白いとは思う)』を書いています。 有料マガジン ▪️歌が最高に上手い人にある ...

-ボイストレーニング

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2020 All Rights Reserved.