声や歌について

『カラオケで歌の練習をする』メリットや効果

投稿日:

今回は「カラオケで歌の練習をする」という内容について書いていきたいと思います。

カラオケは娯楽でもありますが、歌が好きな人にとってはとてもいい練習場所でもありますね。

やはり実際に歌うという行動こそ、歌が上手くなる道の一つですね。

今回はそんなカラオケでの練習の効果やメリットについての内容です。

「カラオケで歌う」ことも歌のトレーニングになる

「カラオケで歌う」ということは歌の上達や練習に大きな効果があります。

ここでの練習としてのカラオケは基本的に『一人カラオケ』を想定して書いています。

気の合う友人とならまだ練習としてのカラオケもできるでしょうが、大勢だと練習にはなりませんね。

別に支払う金額も変わらないので、一人がベストです。同じ曲を何回も歌えますし。

一人カラオケがなんとなく嫌な人も一回行ってしまえば慣れるはずです。

『歌が上手くなるための練習としてのカラオケ』は一人がベストです。

カラオケで歌の練習をするメリット・効果

カラオケで歌の練習をすることはいくつかのメリットが考えられます。

カラオケ練習のメリット

  • 一曲まるまるしっかり歌う
  • 一人の力で歌う
  • 音源に引っ張られる
  • 思いっきり歌うことができる

というようなメリットが考えられます。

一つづつ考察していきます。

一曲まるまるしっかり歌う

当たり前と言えば当たり前ですが、カラオケは一曲フルコーラスで歌い切りることができますし、歌い切りやすいです。

それを連続して何曲も歌うことになります。

例えば

家で歌っているときに一曲まるまるフルコーラス歌い切る・それを何曲も行う、なんてなかなかないのではないでしょうか?

もちろん歌いまくっている人もいるでしょうが、楽曲に合わせてフルコーラスを歌う機会はやはりカラオケならではですね。

一曲しっかりと歌い切ること自体が歌う体力を鍛えますし、その分発声のトレーニングになっています。

1時間も一人で歌い続けると相当きついはずですし、相当鍛えられると思います。

一人の力で歌う

当然ですが、カラオケは自分の声だけで歌います。その楽曲を歌っているボーカルの声は入ってないですね。

普段聴いているそのボーカルが実際にしている発声を自分で体感することができます。

自分一人で歌うとそのボーカルとの誤差を感じやすいです。

自分の声もマイクを通して聞こえやすいので自分がイメージする目標の声と自分の現在の声を確認しやすいという点でいい練習になります。

音源に引っ張られる

これはカラオケならではという感じもありますが、カラオケは部屋の中を爆音が鳴っています。ライブ会場のように音楽に包まれています。

普通家だと鳴らせないような音量に包まれた状態で歌います

大きな音量に包まれている状態だと普段以上に大きな発声ができますし、音も取りやすいなどもあるはずです。

いい意味で音源に引っ張られて普段の能力以上の力が出たりします。

何よりその音源のボーカルの声に自分の声を近づけようとするイメージが働きやすく、これが成長に繋がります。

思いっきり歌うことができる

これはカラオケの大きなメリットですね。

家では普段出せないような音量の声をどれだけ出してもいいのですから。

家でできないような強いパワフルな高音発声やシャウトの練習などをするにはもってこいです。

音源を流しながらあえてマイクなしで歌ってみるなどの練習方法もありますね。

当然ながら

何も歌わずに思いっきりボイストレーニングをしてもいいのです。

普段できないような音量でボイストレーニングをすることもまたいいトレーニングになりますね。

カラオケで練習するときの注意点

カラオケでの練習をいいものにするにはいくつかの点に気をつけたほうがいいでしょう。

もちろん何も意識しないで楽しんでもいいのですが、やはり練習意識を持つと歌は成長するはずです。

注意点は以下のポイントです。

注意点

  • 飲み物に気をつける
  • 基本的に採点はしない
  • エコーをかけすぎない
  • 音量バランスに気をつける

という4点です。

飲み物に気をつける

一人カラオケは一人で連続して歌を歌いまくるわけなのでおそらく普段より喉を消費します。そのぶんだけ喉はダメージを受けることにもなりますので、飲み物に気をつけて声帯を大切にしましょう。

とは言ってもそんなにダメな飲み物が多いわけではないです。

烏龍茶お酒くらいですかね。あまり良くないのは。

まぁ水が無難にベストですが、実はコーラなども良いですね。一人なのでゲップも気にしないでしょう。

声帯にいい飲み物と悪い飲み物について

今回は声や声帯にとっていい飲み物・悪い飲み物について考察していきます。歌などの発声面における声と飲み物との関係性についてのお話です。 なので「風邪などによる喉や声帯の炎症に効く」という健康面でのお話で ...

続きを見る

基本的に採点はしない

採点はしないほうがいいです。

ただし、『カラオケの採点で高得点を取る』のが上手くなりたい場合は採点してもいいと思います。

しかし基本的には歌の上手さを測る指標にはならないものです。

高得点を取るコツのようなものがあり、下手でも高得点を取れますし、上手くても低得点になることが多々あります。

ただカラオケの得点を競う大会のようなものもあるので、それはそれです。

「カラオケの得点が高い」のと「歌が上手い」のは別物です。

機械相手か人間相手かの差です。

エコーをかけすぎない

エコーはかけすぎない方がいいです。本当なほとんど切ってしまった方が練習にはなります。

ただ、それだと気持ち良さがないでしょうから気持ち良さを感じられる程度くらいでエコーを調節しましょう。

やはりエコーをかけすぎると自分の発声がぼやけてしまいますし、スピーカーから出る声は本来の歌声から遠ざかってしまいます。それでは練習になりにくいです。

音量バランスに気をつける

基本的にはマイク音源二つの音量バランスですね。

別にどちらをどうした方がいいというのはないのですが、偏っているとあまり練習にならないので程よいバランスで歌うように設定しましょう。

結論

カラオケにで歌の練習をするメリットや効果は

  • 一曲まるまるしっかり歌う
  • 一人の力で歌う
  • 音源に引っ張られる
  • 思いっきり歌うことができる

またその時の注意点として

  • 飲み物に気をつける
  • 基本的に採点はしない
  • エコーをかけすぎない
  • 音量バランスに気をつける

というところを意識して練習するとカラオケを有意義な練習にできるでしょう。

カラオケなどで歌を自分で歌う(実践する)というのは『歌が上手くなる方法や取り組み』の一つです。

『歌が上手くなる方法7選』〜ボイトレが全てではない〜

今回は”歌が上手くなるための方法や取り組み”についてです。 当サイトでは歌唱力アップのための様々なトレーニングや研究考察などを紹介しています。 例えば「〇〇のためには〇〇トレーニングがいい」みたいな感 ...

続きを見る

オススメ記事

1

今回はボイストレーニングの効果を高めるグッズや声を鍛えるのに欠かせないグッズについて書いていきたいと思います。グッズがなくてもボイストレーニングはできるのですが、あれば便利です。 グッズを使うメリット ...

2

今回はボイストレーニングにオススメの本について書いていきたいと思います。 ボイストレーニングというものは、なかなか独学でやっていくというのは難しいですよね。「何からやればいいのか、何が正しいのか、何が ...

3

今回は「声の音域を広げる方法」について書いていきたいと思います。歌において音域を広げるということは大きな課題の一つですね。おそらく多くの人が音域を広げたいと思ったことはあるでしょう。 それくらい歌にお ...

4

今回は”歌が上手くなるための方法や取り組み”についてです。 当サイトでは歌唱力アップのための様々なトレーニングや研究考察などを紹介しています。 例えば「〇〇のためには〇〇トレーニングがいい」みたいな感 ...

5

今回はオススメの音楽配信サービスアプリについての紹介です。 音楽配信アプリは当然音楽を聴くもので、単純に考えると娯楽の範囲でしょう。ですが、「音楽的感覚・感性」という部分の成長は音楽をたくさん聴くこと ...

-声や歌について

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2020 All Rights Reserved.