ボイストレーニング

自分の声をよく聴きながら歌うトレーニング方法【外耳の情報を増やすのが大切】

投稿日:

今回は『自分の声をよく聴きながら歌うトレーニング方法』についてです。

この記事は

  • 自分の歌声をよく聴く重要性について
  • このトレーニングの目的は「外耳の情報量を増やして音程を合わせる力を向上させる」こと
  • 自分の声をよく聴きながら歌うトレーニング方法

という内容です。

自分の歌声をよく聴く重要性

歌を上手く歌うことにおいて自分の歌声をよく聴く(よく認識する)ことはかなり重要です。

自分が発している音を認識することは結果的に音程をコントロールしています。

例えば

最近はほとんどのプロのシンガーがイヤモニをつけていますよね。

あれは大きな会場のどんな場所にいても自分の歌声をよく聴くためにつけているものです。

イヤモニがない場合はステージの足元にあるモニター(返し)がその役割を果たしています。

観客側から見ると謎の物質ですが、ステージから見ればちゃんとスピーカーになっているのですね。

このようにプロのシンガーでさえ自分の歌声をしっかりと聴こえる状況でないと上手く歌えないのです。

逆にレコーディングなどヘッドホンから自分の歌声直接流れてくるような環境だといつもより音程が聴き取りやすくなり、上手く歌えたりしやすいです。

つまり

自分がどんな音を発しているのかを認識できないと、それを修正したりすることもできないということです。

自分が出している音程が外れているのか、合っているのか。

それを正確に認識すればするほどに音程が合うようになりますし、音程が合うということは歌が上手くなるということにもなりますね。

「自分の出している音を認識する=自分の歌声をよく聴きながら歌う」ことが重要だと言えるでしょう。

内耳と外耳の差

内耳共鳴と外耳共鳴の差をしっかりと理解しておくことも重要です。

ここではそこまで多く触れませんが、単純に

  • 自分の声=内耳+外耳
  • それ以外の音=外耳のみ

で聴こえる音なので、誤差が生じます。

この誤差を理解しておくことは大事でしょう。

歌が上手い人は内耳共鳴と外耳共鳴の誤差が少ない!?

今回は内耳共鳴と外耳共鳴による聞こえ方の誤差と歌唱力の関係性のお話です。 この記事は 内耳と外耳による声の聞こえ方について 内耳・外耳と歌唱力の関係性について という内容です。 内耳と外耳による聞こえ ...

続きを見る

この外耳に聴こえる音こそ、自分の本来の声(周りに聴こえている声)です。

つまり重要なのは外耳から取り入れる情報の割合です。

なので、

この『自分の歌声をよく聴きながら歌うトレーニング』は外耳からの情報量を増やすことが目的です。

  1. 外耳から取り入れる自分の声の割合を増やす
  2. 自分の出している音程を認識しやすくなる
  3. 音程を修正する力・合わせる力が身につく
  4. 歌唱力アップ

という効果の流れが考えられます。

つまり、自分の声が普通よりよく聴こえる環境や状態で歌う方が成長しやすいと考えられます。

では目的や重要性はこの辺にしてトレーニング方法を紹介します。

自分の声をよく聴きながらトレーニング

お風呂で歌う

これは有名なトレーニング方法、というか場所ですね。

お風呂はよく反響する空間になっているので、自分の声がよく聴こえます。よく聴こえるということは当然ながら音程を取りやすく歌の成長のためにはいい環境です。

弱点は若干エコー気味になることや、あまり大きな声は出せないことでしょう。

壁の目の前で歌う

単純ですが、壁の目の前に立って歌うという方法です。

当然ながら声がすぐに跳ね返ってくるので、いつもより自分の声がよく聴こえるでしょう。

もっとも簡単にできるトレーニング法の工夫だと思います。

「そんなに変わる?」と疑問に思うでしょうが、意外と効果があると思います。

弱点は目の前が壁なので気分がよくないことと、その壁の向こう側は防音面で大丈夫なのかということくらいです。

バケツや段ボールをかぶる

これも比較的簡単にできる方法だと思います。

バケツや段ボールをかぶることで顔の周りだけに響く空間を作れるので、周りへの防音も多少できますし、自分の声がよく聴こえます。

弱点は周りが見えなくなることと、バケツやダンボールを被るという情けない気持ちになることくらいです。

ウタエット

こちらのグッズは自分の歌声を自分の耳で直接聴く事ができるボイトレグッズです。

ダイレクトに自分の耳に声を通すので、まさに自分の声を聴く練習に最適なものです。

  • 消音機能
  • 呼吸負荷機能

もついているので歌唱力アップに一役買うグッズです。効率よく自分の声を聞きながらトレーニングしたい人におすすめです。

自分の歌声を録音するトレーニング方法【かなり重要で効果的な練習かも】

今回は「自分の歌声を録音するトレーニング方法」についてです。 この記事は 自分の声を録音するトレーニング方法について このトレーニングのいいところ このトレーニングの弱点 という内容です。 自分の歌声 ...

続きを見る

オススメ記事

1

今回はボイストレーニングの効果を高めるグッズや声を鍛えるのに欠かせないグッズについて書いていきたいと思います。グッズがなくてもボイストレーニングはできるのですが、あれば便利です。 グッズを使うメリット ...

2

今回はボイストレーニングにオススメの本についてです。 ボイトレ本は『初心者・中級者・上級者』という段階に応じた読みやすさと、『何を重点的に紹介しているのか』が本によってそれぞれ違います。 それによって ...

3

今回は「声の音域を広げる方法」について書いていきたいと思います。歌において音域を広げるということは大きな課題の一つですね。おそらく多くの人が音域を広げたいと思ったことはあるでしょう。 それくらい歌にお ...

4

今回は”歌が上手くなるための方法や取り組み”についてです。 この記事は 自分の歌声を録音して練習する 音源をなぞって練習する たくさん歌う・実践する ボイストレーニングする たくさんの音楽を聴く 音楽 ...

5

今回は声量を上げるトレーニング方法についてです。 この記事は 声量を上げるポイントは→『共鳴・声帯・息』 3つのうち一番重要で鍛えやすいのは→『息』 声量アップのトレーニング方法について という内容で ...

6

「note」にて歌や声について『さらに深く探究した記事(有料)』か『しょうもない記事(無料・でも結構面白いとは思う)』を書いています。 有料マガジン ▪️歌が最高に上手い人 ...

-ボイストレーニング

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2020 All Rights Reserved.