歌の雑学・研究・考察

息の流動性の追究【美しい発声のために】

投稿日:2020年12月27日 更新日:

『美しい発声とは息の流動性のある発声である』という内容はこちらの記事にも書いているのですが、

美しい発声についての研究【地声編*ポップス向け】

続きを見る

今回はその簡単な追究です。

「歌が上手い人は息が多く流れる発声をしている」

簡単に言ってしまえば、こう言えます。

そして、多くの人が思っている以上に息は流れているはず。

 

これは普段聴いているCD音源、ライブ音源などマイクを通すとそれがわかりにくい。

スクリーンショット 2020-11-02 19.59.46

音源の方もわかりにくいだけでわかる人は普通にわかるのですが、結構人によって耳の良さって差が大きいので。

しかも、聴く音楽機器などの影響もあります(質が良いほどわかりやすい)。

 

一体どれほど息が流れているのか?

息の流れに着目して聴いてみてください(*イヤホンだとよりわかるかも)↓

話している時と歌っている時の息の流れの差が非常に大きいですね。

 

実は歌声と話し声の最大の差って”そこ”でしょう。

 

息の流れは心地よい倍音を多く含む発声を生み出します↓

 

これはかなりわかりやすいかと↓

息の流れが非常に多く、発声の性質も『息系』。

この息の流れが透明感を作ります。

 

やや鳴り系の発声であってもすごく息が流れているのがわかると思います↓

このように発声の質や個性はどうあれ、美しい発声や人を惹きつける発声(=倍音が多い発声)は息が綺麗にたくさん流れるのが特徴です。

 

つまり、

  • 息をたくさん流せば美しい発声になる、魅力的な歌声になる

、、、、のですが、、、。

 

「全然ならない!」

という人もいるはずです。

 

これがいつも言っているように『息と声帯の連動の問題』。

スクリーンショット 2020-11-02 20.09.36

スクリーンショット 2020-11-02 20.10.33

このように声帯が息に対して柔軟に鳴るのかが違うので、それによって音色に大きな差が生まれます。

 

なぜこの問題が起こるのか?

これは、声帯は人それぞれなので、一概には言えないのは大前提。

 

おそらく、声帯(声帯筋・甲状披裂筋)の動きの質や柔軟性が全然違うはず。

 

例えば、

口笛を綺麗に鳴らせる人と鳴らせない人の差は『口の形』の部分ですよね。

この口の形の部分を「声帯」に置き換えると、息を綺麗に音色に変換できるかという点で差があるんです。

 

もちろん、誰もが声を発しているので、みんな『声帯は普通に機能している』のですが、上手い人は『息の流れに合わせて柔軟に音を鳴らせるくらい”高度に”機能している』のですね。

 

上手く説明できないですし、個人的な捉え方でしかないのですが、

声帯が柔軟な人ほど、

  • 『調節が細かい』
  • 『息に対して、1・2・3・4・5・6みたいな調節ができる』

声帯が柔軟でない人ほど

  • 『調節が粗い』
  • 『息に対して、1か6か、ONかOFFか』

みたいな感じでしょう。

 

あと、結構大事なのが、

  • 柔軟な人たちって『調節しているつもり・感覚があまりない』

んです。

全くないことはないでしょうが、ほぼ自動的・無意識に調節されるんです。

 

『だから柔軟』なんです。

 

そして柔軟ではない人は連動させようと意識しても、急には連動できない。

だって、『声帯が柔軟ではないから』

スクリーンショット 2020-11-02 21.41.32

これが連動の問題の核。

どうすれば息と連動できるのか?

一つは他のページに詳細を書いていますが、

  • とにかく息と一緒に声を出す
  • 最初は息が優位になってしまうが、繰り返すうちに声帯側も連動してくる

ということです。

なので、とにかく息のトレーニングは重要。

息に声を乗せる【”息の重要性”とその連動ついて】

続きを見る

-歌の雑学・研究・考察

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2021 All Rights Reserved.