歌声解説 女性シンガー

藤圭子の声や歌唱力についての分析

更新日:

藤圭子さんと言えば、昭和に活躍した伝説の天才シンガーであり、宇多田ヒカルさんのお母様ですね。

何と言ってもその圧倒的な歌唱力はまさに伝説。

そのズバ抜けた圧倒的な歌唱力・表現力から演歌ではなく「怨歌」と称されたほど。個人的には邦楽シンガーの中でも最高峰のうちの一人。

今回はそんな藤圭子さんの歌声について。

どういう声質・声の出し方か

地声・話し声は普通〜やや高めくらいの音域、ほんのりとハスキーな成分がある息系の声質

地声・話し声の音域は普通〜やや高めくらいの音域

もちろん、年代で話し声の音域も変化していましたが、相対的に普通〜やや高めくらいの声帯を持っていたと言えそうです。

 

声質の基本のベースは『息系』の声質。

声帯の鳴りよりも息がさらりと流れやすい透明感のある声を持っています。

特徴的なのが、そこにほんのりとハスキーっぽいノイズ成分が含まれています。少し掠れているようなノイズの成分が話し声でほんのりと垣間見えるのですが、これが歌声になるとグッと表に出て来るのですね。

 

話し声の共鳴はフラットな印象で、上方向へも下方向へも響きやすそうな感じです。どちらかと言えばですが、上方向寄り。

歌声は美しい発声とドスの効いたハスキーボイスを操る

チェストボイス

低中音域は地声

基本的に息が綺麗に流れる発声主体。

抜群の息の流動性とそれが生み出す倍音成分により美しい音色を作り上げています。

 

また、低中音域からハスキーな成分がちょこちょこと顔を見せるのも特徴ですね。このハスキーなノイズ成分も藤圭子さんの最大の特徴の一つですし、息が流れやすい原因にもなっていることでしょう。

 

藤圭子さんの歌声の上手さの最も中心に位置するのが

  • 発声の質の素晴らしさ
  • 息の倍音成分が圧倒的
  • 美しい息の流動性のある声

という部分ですね。

息の倍音成分を非常に多く含んだ発声は、圧倒的な音色の心地よさを生みだす最高級の楽器と化しています。

 

ハスキーさも相待って、とにかく倍音が圧倒的。

僕はこの息の流動性による倍音の美しさ・発声の音色の美しさオタクなのですが、僕の中では邦楽女性NO1。(*あくまで個人的な好みです。ちなみに男性NO1は藤圭子さんと出身中学校が同じあの天才シンガー。その地域に”息を操る秘伝の書”的なものが?)

 

それくらい美しい倍音・心地よい発声・マイクに乗りすぎる(愛される)発声。

 

ミドルレンジ

中高音域(≒ミックスボイス

低中音域からそのまま息の圧力をあげて、強めに鳴らすようなミドル域です。

声帯の鳴りもグッと強まり、伸びやかな力強い鳴りを生み出しています。

 

また、鳴りが強くなると、ハスキーな成分も全面に出てくることが多く、”掠れた成分”がより多く付加された特徴的な中高音発声となります。

 

この中高音の美しさは

  • 息の倍音+声帯の鳴りの倍音+特殊なハスキー成分

という盛りだくさんの倍音成分があり、美しくも力強い、それでいて個性的な音色を生み出しています。

この掠れた倍音の乗った力強い音色に心掴まれている方も多いでしょう。

 

ただ、これはもともとほんのりとハスキーな成分の声を持っている藤圭子さんだからこそできる発声でしょう。もともと似たような声質を持っていない限りは真似できないと思います。

 

また演歌でよく使われる”唸り”のニュアンス(仮声帯発声も見事に使いこなします。

 

ファルセット

高音域はファルセット

時代的にもジャンル的にもそこまで頻繁に使う発声ではなく、聴ける機会も少ないのですが、非常に美しいファルセットを持っています。

 

歌い方

共鳴や音色

上下共鳴の使い分けは演歌の基本ですが、藤圭子さんはこの音色の使い分けも非常に美しいですね。

基本的には

  • 上方向寄り(鼻腔や軟口蓋)で透明感や静けさ
  • 下方向より(咽頭共鳴)で太さや迫力を

を表現しています。

 

この上下の使い分けも非常に表現豊かで、下方向へ深みのあるドスに効いた音色をベースに、上方向へ明るい音色をところどころ織り交ぜています。時々急に明るい爽やかな表現がおり混ざるのがおしゃれです。

 

また、下方向へ声を当てた、深みのあるドスの効いた発声表現は非常にかっこいい。すごく綺麗に声が下に当たります。こういう深みのある音色を使いこなすのも藤圭子さんの特徴の一つでしょう。

 

この上下の声の当て方・美しさはは宇多田ヒカルさんへも受け継がれていますね(他にも似ている要素がたくさん)。

 

また、口の開け方と音色作りは

  • 縦方向で暗めの音色

です。

これもまた怨歌と呼ばれた一つの理由でしょう。

*口の開け方は縦(=暗い・かっこいい)、横(=明るい・可愛い)のような音色のイメージになります。

 

藤圭子さんはそこまで口が開かないのに音色だけがものすごくマイクに乗ります。これは息の流動性・発声の質そのものが良すぎるからですね。

多分口を閉じても乗ると思います。

 

ビブラート

演歌なので、基本的にバランスよく綺麗にかけるタイプ。

ビブラートを自在に使いこなしています。

 

フレージング・歌い回し

基本的には演歌スタイル。

フレージングも滑らかで、かつブレーキも巧みで圧倒的な音の表現力を持っています。

歌への表情のつけ方も凄まじく、演劇のような表現力。

 

またピッチ感やリズム感にも非常に優れています。

特にピッチ。特にアタック(音の出だし)の瞬発力、正確性、美しさが最高ですね。

この細かいアタック部分の美しさは「歌が上手い人」と「歌が超絶上手い人」を分ける一つの鍵だと思っています。

 

ピッチやリズムが群を抜いて圧倒的なのも藤圭子さんの素晴らしさの一つなのですが、ピッチやリズムや表現力などの全ての要素は結局『発声の質が美しいから』という部分からきているように思いますし、「なぜ発声の質が美しいのか」というのは息の流動性のある美しい発声を生み出せるほどの声帯の柔軟性を持っているから』でしょう。

つまり、歌の天才。

もはや語りつくせませんので、ここら辺で。

宇多田ヒカルの声や歌い方についての分析

続きを見る

その他シンガーの歌声解説はこちら

歌声解説一覧

-歌声解説 女性シンガー

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2021 All Rights Reserved.