歌唱力アップ

歌の練習をするときの「選曲」の重要性について

更新日:

今回は歌の練習の選曲の重要性についての内容です。

当たり前ですが、歌の練習は「歌うこと」で成長しますね。

その『成長速度』『成長の仕方』を決める一つの要因として、

  • 『誰のどんな曲を練習するのか』

が大事になってくると考えられます。

歌の練習は「選曲」が大事

まず本格派と娯楽派で「選曲」の重要度が違うのですが、娯楽派はそこまで気にしなくてもいいと思われるので、今回は本格派向けの内容と言えるのかもしれません。

 

歌の練習において「どの曲を練習するか」という部分が、『歌唱力の成長』に大きく関わってくると考えられます。もちろんそれが全てではなく他の要因もたくさんあるのですが、影響する要因の一つであることは間違い無いでしょう。

 

歌唱力向上のための「選曲」は

  1. どんな『キー(音域)』の曲か
  2. どのシンガーの曲か
  3. どんな要素を持つ曲なのか

というのが重要なポイントでしょう。

①「キー(音域)」の設定

歌の練習において「キー」の設定が大事とはよく言われることでしょうが、これの最大の目的は

  • 「音域」よりも「」を重視した練習になること

でしょう。

言い換えると、『音域以外の能力を先に取りに行くこと』が歌の練習において非常に重要となると考えられる。

 

これは「本格派向け」の理由にもなるのですが、

このように練習によって得られる成果が変わってくるのですね。

 

厄介なのは先に高音を取りに行った場合、かなりの確率で「変なクセ」となってそれ以外の質を得る邪魔をします

なので途中から「質」を取りに行っても、結局「限りなく最初からやり直すことになる」みたいなパターンになります(*もちろん一概には言えないが)↓

右側に行った人は「高音は出せるようになったけれど」「ミックスボイスっぽいのはできているけれど」のように何かしらの問題点があり、いつまでもそれが解決しないという道になる可能性があります。

ミックスボイスの『悩み・問題点』について

続きを見る

 

このように

  • 最初に何を取りに行くかが、後々の成長に大きな影響を及ぼす

ので「自分に合うキーの曲」もしくは「自分に合うキーへと変更する」ことが重要でしょう。

 

とにかく、まずは現状の自分が歌える音域の曲を極めるということに集中することがおすすめです。

そして音域を最後に取りに行くのがベストだと考えられます。

②お手本シンガー

どのシンガーをお手本にするのか』というのもまた歌の成長に大きな影響を与える部分。

 

まぁこれは「言われなくてもわかる」という人も多いでしょうが、

  • お手本のシンガーのスキル・テクニックが自然と体に入ってくる

などなどのメリットがあるからですね。

 

ただ、これの面白いところは『自分の好きなシンガーがいいお手本になるとは限らない』という部分ですね。

悲しいことにこういうことはよく起こることでしょう(*もちろんケースバイケース)。

『自分が好きなシンガーのように歌いたいからこそ歌を練習している』のに好きなシンガーは良いお手本にならないというジレンマ

 

これは

  • 人それぞれ『持っている体・喉・声帯』が違う

ということがこれを引き起こします。

基本的に本格派の人は『自分の持っている声帯を活かす道』なので、自分の持っている声帯に比較的近い人をお手本にすると効率的で良いと考えられます(*完全に同じ人はいないので”比較的”)。

 

そして、

  1. 大好きなシンガーが自分の持っている声帯と似ている確率
  2. 自分の持っている声帯と似ているシンガーが見つかる確率

だと圧倒的に「似ているシンガーが見つかる確率」の方が高くなるので、大好きなシンガーはいいお手本にならないことが多いと言えるのですね。

 

もちろん、大好きなシンガーが自分の声帯の特徴とかけ離れている場合でも上手く自分の声帯の特徴に合わせて解釈を変換できるのであれば問題ないでしょうが、これは結構難しいことだと思います。

歌唱力アップは”お手本選び”も重要【歌が上手いシンガーのファンは歌が上手い?】

続きを見る

③曲が持つ要素

例えば、これは

  • 地声と裏声の2声区が使われている
  • 鳴りの強い声と息っぽい声が使われている
  • ビブラートやこぶし、メリスマなどが使われている

などなど曲の中に色々な要素がある方がたくさんの項目の練習になるということです。

もちろんここで、先ほどの「音域・自分が出せない声」は除いておくという条件です。

 

つまり、課題曲は色々な要素を含む曲に設定しておくと、その曲が歌えるようになった時に自分が手に入れられるものが多いというメリットが考えられます。

発声方法や歌唱スキル・テクニックについてのまとめページ

続きを見る

-歌唱力アップ

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2021 All Rights Reserved.