歌唱力アップ

『自分の歌唱スタイル』を確立させる手順

更新日:

今回は『自分の歌唱スタイルを確立させる』という内容です。

特に歌の本格派・ガチ勢の方は自分に適するスタイルを見つけることが必須となるでしょう。

また娯楽派・カラオケ勢の方はそこまで気にすることはない場合もあるのかもしれませんが、考えておいて損はないでしょう。

自分の歌唱スタイルの確立のための3つのポイント

自分に適する歌唱スタイルを確立させるためには

  1. 自分の声帯を理解する
  2. 目指すジャンルの特性を理解する
  3. お手本選びをしっかりと

という3つのポイントが重要になってくるでしょう。

①自分の声帯を理解する

  1. 音域
  2. 声質
  3. 共鳴

この3つは人によって違うので、自分がどんな声を持っているのかを理解しておくべきでしょう。

特に「音域」と「声質」はしっかりと理解しておくべきだと考えられます。

 

これらは基本的に歌声とは切っても切れない関係。人それぞれの持っている体が違うので、それぞれの最適な正解も違うと考えるのがベスト。

歌声と話し声の関係性についての考察

続きを見る

特に本格派は必ず自分の声帯の理解をしておくべきでしょう。

基本的に全てのプロシンガーは『自分の持っている声帯を最大限磨いているから魅力的』と考えられるので、それに逆らうことは魅力面を失う道と考えられます(*もちろん、一概に言えないこともある)。

娯楽派はがっつりこだわる必要はないとは思うのですが、ある程度理解しておいた方がいいでしょう。

ボイトレには大きく二つの方向性がある【取捨選択の重要性】

続きを見る

②目指す歌のジャンルを決める

まずは「マイクを使う音楽」なのか、「マイクを使わない音楽」なのかが大きな分かれ目です。

例えば、『ポップス』と『クラシック』としますが、この二つは全く別物です。

 

もちろん、同じ歌なので似ている点もありますが、常識や正解が違う点も多々あるので別物として考えることが重要でしょう。

意外と二つのトレーニングなどはごちゃ混ぜに出回っているので厄介です。

ポップスの発声とクラシックの発声の違い【完全に別物と考えるべき】

続きを見る

 

「マイクありの音楽」は、

これはあくまでごく一部の例ですが、このようにジャンルごとの傾向があるでしょう。

ジャンルはもっとたくさんあるので、自分なりにジャンルに必要なものを整理しておくといいと思います。

 

もちろん音楽に決まりはなく自由ではあるのですが、ジャンルに適する発声スタイルの『傾向』のようなものは確かに存在します

”歌唱力の方向性”は一つじゃない【ジャンル別歌唱スタイル・歌い方のまとめ】

続きを見る

③お手本選びも重要

どんな人にも「歌のお手本」が必要でしょう。

そして「どんなシンガーをよく聴くのか」「誰をお手本にするのか」が結果的にその人の歌に大きな影響を与えます。

 

つまり、お手本選びが重要

先ほどの

  1. 持っている声帯
  2. 目指すジャンル

を考慮したお手本選びが重要になるでしょう。

 

特に「好きなシンガー」がいいお手本にならないことがあるのが厄介なところです。

これは少し極端な例ですが、自分の大好きなシンガーがいいお手本になるとは限らないということはよく起こる。

もちろんこれも本格派と娯楽派で重要度は変わってくるのですが、自分のためのお手本選びが重要。

歌唱力アップは”お手本選び”も重要【歌が上手いシンガーのファンは歌が上手い?】

続きを見る

この3つを考慮しながら歌唱スタイルを考える

  1. 【声区】地声や裏声をどこからどこまでをどう使うか
  2. 【声質】どんな声質で音色を表現するのか
  3. 【歌い回し】どんな歌い方・スキル・テクニックなどを使うか

という部分を先ほどの3つのポイントから考えると、自分の歌唱スタイルが見えてくると思います。

ここは人それぞれ違うので、自分で決めていかなければいけない点。

 

声区や声質の表現についてはこちらにまとめています↓

発声方法や歌唱スキル・テクニックについてのまとめページ

続きを見る

歌い回しはこちら↓

歌い方の個性を決める『フレージング・歌い回し』について

続きを見る

-歌唱力アップ

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2021 All Rights Reserved.