【お知らせ】Apple Musicの埋め込み試聴音源がiOS13.4.1ではうまく作動しないことがあります。iOS側の対応を待つしかないようです。

ボイトレ用音源

『ビブラート』トレーニング音源ページ

投稿日:

ビブラートの練習用音源

ビブラートの練習用音源ページです。

ビブラートとは何か?

ビブラートについての考察【どこを使って生み出すのか】

今回はビブラートについての内容です。 この記事の内容 ビブラートとはなにか→「1秒間に5〜6回程度半音くらい揺らすテクニック」 ビブラートの種類とは→「厳密には種類はない、あるのは個性」 ビブラートは ...

続きを見る

ビブラートの練習方法

ビブラートの出し方や練習方法について

今回はビブラートの練習方法についての内容です。 この記事は ビブラートができない ビブラートのコツを掴みたい ビブラートの出し方や練習方法が知りたい という方への内容です。 はじめに ビブラートとはな ...

続きを見る

の記事をある程度読んでからトレーニングするとより一層いいと思います。

ビブラートのコツを掴むための練習用音源

ビブラートのコツを掴むための音源です。

ピアノに合わせて半音を交互に連続で動かす動きに慣れましょう。発音はなんでもいいです。

ちなみに音階は「mid1C,mid2C,mid1G,mid2G」と「mid1B,mid2B,mid1F#,mid2F#」を交互に弾いているので男性でも女性でも声が低い人でも高い人でもできると思います。

60BPM 最初の一小節が8分音譜、その次からは32分音符での交互発声です。

60BPMとは1分間に60回数えるリズムなので、そのまま一拍が1秒なります。一拍あたり8音で半音づつ交互に弾いているので音を揺らす回数は4回になります。

つまり1秒間に4回音を揺らすビブラートになります。適性は5〜6回なのでこれは初級編です。

80BPM。

1秒間に5回音を揺らすビブラートです。5〜6回が適正なので、これができればほぼビブラートはかけられるでしょう。

90BPM

1秒間に6回音を揺らすビブラートです。ビート的に速く感じますが、ビブラート自体はだいたい適正でしょう。これ以上いくと細かすぎるでしょうからこの辺で。

これでビブラートのコツを掴みましょう。

ビブラートの練習用音源

1秒間に5回揺れるビブラート音源と6回揺れるビブラート音源です。

なるべく音源に合わせてビブラートをかけるようにして発声してみてください。

まずは5回揺れるビブラート。

音源に合わせてビブラートをかけようと意識することが重要です。難しい人はもう一度コツを掴む音源で練習しましょう。

オススメ記事

1

今回はボイストレーニングの効果を高めるグッズや声を鍛えるのに欠かせないグッズについてです。 この記事は 効率よくボイトレする 普段かけられない負荷をかける 楽にトレーニングする など歌が上手くなるため ...

2

今回はボイストレーニングにオススメの本についてです。 ボイトレ本は『初心者・中級者・上級者』という段階に応じた読みやすさと、『何を重点的に紹介しているのか』が本によってそれぞれ違います。 それによって ...

3

今回は「声の音域を広げる方法」について書いていきたいと思います。歌において音域を広げるということは大きな課題の一つですね。おそらく多くの人が音域を広げたいと思ったことはあるでしょう。 それくらい歌にお ...

4

今回は”歌が上手くなるための方法や取り組み”についてです。 この記事は 自分の歌声を録音して練習する 音源をなぞって練習する たくさん歌う・実践する ボイストレーニングする たくさんの音楽を聴く 音楽 ...

5

今回は声量を上げるトレーニング方法についてです。 この記事は 声量を上げるポイントは→『共鳴・声帯・息』 3つのうち一番重要で鍛えやすいのは→『息』 声量アップのトレーニング方法について という内容で ...

6

「note」にて歌や声について『さらに深く探究した記事(有料)』か『普通の記事(無料・でも結構面白いとは思う)』を書いています。 有料マガジン ▪️歌が最高に上手い人にある ...

-ボイトレ用音源

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2020 All Rights Reserved.