声や歌について

声量を大きくするための3つのポイント|声量アップしたい方へ

投稿日:2018年12月16日 更新日:

今回は声量を大きくする3つのポイントというものについて書いていきたいと思います。

 

声量というものは歌にしても話すにしても大きくて損をすることはほとんどないですが、小さいことで出てくる悩みは多くありますね。

 

つまり

つまり「声量を大きくする」ということを課題に持っている人は多いということです。

  • 話しているとよく聞き返される
  • 声が小さくてマイクに乗らない
  • 迫力ある声を出したい

など声量が小さくて出てくる悩みは多くあります。

 

今回はそれ解消するための声量を大きくする3つのポイントについて書いていきたいと思います。

声量を大きくする3つポイント(トレーニング)

  • 呼吸・横隔膜のトレーニング
  • 声帯の閉鎖のトレーニング
  • 共鳴のトレーニング

「声量がある」のと「声が通る」は似ているようで若干違うことだけ理解しておこう

声量をつけたい目的が声量不足によるものである場合は、声量をつけるトレーニングをしたほうがいいでしょう。

 

ココがポイント

例えば、「声が通らない」のは「声量がないから」と言い切れない場合があるということです。

声が通らないのは、声質や発音などの様々な問題があるので、声量に問題が起因する場合のみ声量をトレーニングした方がいいのですね。

もちろん、問題が別のところにあったとしても声量をつけることで解決することもあるでしょうが。

 

声量とは単純に声の音量です。ここでは声のボリュームをあげる方法について書いていきます。

 

呼吸・横隔膜のトレーニング

息というのは声の源です。 息無しでは声を作ることはできません。息という風が声帯を鳴らすのです。

その風の強さは主に声量を司っており、声量をほぼコントロールしていると言っても過言ではありません。

 

であれば、その風の発射台を鍛えることが声量をアップするために必要なことだと考えることができます。

その風の発射台は主に横隔膜が担っています。つまり横隔膜を潤滑に動かす能力を鍛えることが声量をアップさせることにつながるということです。

 

ココがポイント

横隔膜を直接鍛えるトレーニング

ドッグブレス

「スッ」トレーニング

があります。

 

各リンク先で練習方法は詳しく書いているので、ぜひ読んでみてください。

 

声帯の閉鎖のトレーニング

声帯の閉鎖のトレーニングをすることは「音量」をあげることになります。(これはもしかしたら、声質によっては声の通り方にはマイナスになるかもしれない)

 

声帯は横隔膜の力により発射された息を音に変える部分です。つまり「音」として音量を大きくする場合は声帯はしっかりと閉じている状態の方が大きく鳴るのです。

 

ココがポイント

「は~~~」とため息をつくように声を出すのと、「あ”~~~」としっかりと声帯を閉鎖させて鳴らしたのとでは後者の方が断然「音量は大きい」ですよね。

例えば、赤ちゃんの泣き声が大きく響き渡るのは声帯の鳴りが強いからと言えます。赤ちゃんの小さな体では横隔膜の活躍により多くの息を送り出しているとは到底考えられないですよね。

あれは声帯閉鎖の強さによりよく声帯が鳴っているから大きい音になるのです。

つまり声帯閉鎖が声量に大きく関係しているのですね。

息と声帯閉鎖の関係|声の個性を作る重要な要素

今回は「息と声帯閉鎖」の関係について書いていきたいと思います。 「息」と「声帯閉鎖」というのは声に大きく関係しているものです。   声質を作り出している大きな要素の一つです。 今回はそんな「 ...

続きを見る

 

ということは声帯閉鎖を強めるトレーニングをすることが声量をアップさせることにつながるのです。

 

ちなみに

ちなみに、声の通りにはマイナスになるかもしれないというのは、声帯をしっかりと鳴らすことで発音の輪郭がぼやける場合があるのです。つまり、音はしっかり聴こえるけどなんて言っているかわからない状態ですね。これは低音域で起こりやすいです。

例えば、お坊さんのお経は「音」としてはしっかりと聴こえるけど、「言葉として」はなんて言ってるのかわかりにくいですよね。あれは声帯の鳴りの倍音(母音)が強すぎて、言葉の輪郭(子音)がボケているのですね。

そういう意味で「通り」という点ではもしかしたら悪くなるかもということです。

 

共鳴のトレーニング

もし、息の発射台や声帯の鳴りの条件が同じなら、最終的にはその音が響く空間が音の大きさを決めます。

そして外部の要因を除けば、内部の要因つまり共鳴が声量を決めるのです。

ということは声の共鳴がしっかりと響くようにすることが声量アップにつながると言えますね。

 

ココがポイント

共鳴は大きく分けると上方向(鼻腔や軟口蓋)と下方向(咽頭・胸腔)への共鳴があります。

この共鳴をしっかりとトレーニングすることが重要です。

この共鳴についてはこちらの記事に詳しく書いているので、参考にしてみてください。

歌に欠かせない共鳴について|鼻腔・軟口蓋・咽頭

今回は共鳴について書いていきたいと思います。 共鳴は歌を歌う上でとても重要な要素ですね。   重要ですが、人間は喋るだけである程度は共鳴しています。ただ自然な共鳴というのはその人の性格や話し ...

続きを見る

 

各共鳴のトレーニング方法はこちらです。

【鼻歌・ハミング練習法】のやり方・効果・練習方法について

深い響きのある声を身につけて、通る声を身につけるトレーニング 喉仏の位置が重要

 

その他シンガーの歌声解説はこちら

アーティスト歌声解説一覧

※タグの集合ページです

オススメ記事

1

今回は少し変わった視点からボイストレーニング・歌や声の成長の方法を書いていきたいと思います。 変わったと言うより、少しずるい方法ですが。。  効果は抜群です。   ボイストレーニングは独学で ...

2

今回はボイストレーニングにオススメの本を書いていきたいと思います。ボイストレーニングというものは、なかなか独学で独りでやっていくというのは難しいですよね。 「何からやればいいのか、何が正しいのか、何が ...

3

今回はボイストレーニングの効果を高めるグッズや声を鍛えるのに欠かせないグッズについて書いていきたいと思います。 グッズがなくてもボイストレーニングはできるのですが、あれば便利です。 グッズを使うメリッ ...

4

今回はボイストレーニング教室の選び方について書いて行きたいと思います。 ボイストレーニング教室に通ってみたいと思ったことがある人も少なくはないはずです。 いい声で話したいですよね。カラオケでうまく歌い ...

5

今回はミックスボイスについて書いていきたいと思います。 ミックスボイスというものについて多くの疑問を持っている人は多いと思います。   そもそもなんなの?何がミックスボイスなの?自分の声はど ...

-声や歌について

Copyright© 音楽技術向上のためのブログ【ミュートレグ】 , 2019 All Rights Reserved.