声や歌について

声量を上げる方法について【おすすめトレーニング5選】

投稿日:2018年12月16日 更新日:

今回は声量を上げるトレーニング方法についてです。

この記事は

  • 声量を上げるポイントは→『共鳴・声帯・息』
  • 3つのうち一番重要で鍛えやすいのは→『息』
  • 声量アップのトレーニング方法について

という内容です。

声量アップのポイントは3つ

声量アップのために意識するべきポイントは大きく分けて

  1. 共鳴
  2. 声帯

の3つです。

この3つの点が声量を決めている核の部分だと考えられます。

つまり声量をアップさせるにはこの3つの点を改善すべきと考えられます。

「共鳴」について

もし、発する音の条件が同じならその音が響く空間の広さが音の大きさを決めます。

その空間に響く度合いが「共鳴」です。

例えば

ウクレレとアコギを同じ力で弾いてもアコギの方が大きな音が鳴るのは音が共鳴する空間(ボディー)が大きいからですね。

声も同じように共鳴する空間があり、その「大きさ」「どこに共鳴させるか」で音量が変化します。

つまり体の共鳴が声量を決めるのです。

ということは声の共鳴がしっかりと響くようにすることが声量アップにつながると言えますね。

ココがポイント

共鳴は大きく分けると上方向(鼻腔や軟口蓋)と下方向(咽頭・胸腔)への共鳴があります。

しっかりと響かせることができれば音量を大きくアップさせることができるかもしれません。

しかし、共鳴は元々持っている骨格などの体の作りや大きさに左右される部分でもありますつまりトレーニングをいくら積んだからといって頭蓋骨の形は変えられないですし、喉の空間の形も変えられないのです。

よって『持っている体や骨格でいかに上手く響かせるか』という方が重要になってくると思います。

人によってどちらに響かせたほうがいいのか・どちらが響きやすいなども変わってくる部分なので自分で試行錯誤して最適なものを見つけるのが一番です。

まずは共鳴をしっかりと理解してトレーニングしていくことがオススメです。

発声における3種類の共鳴について

今回は共鳴について書いていきたいと思います。 この記事は 3種類の共鳴について 共鳴は共存している 共鳴を鍛えるということについて という内容です。 歌に使う共鳴は大きく3種類 歌に必要な共鳴というの ...

続きを見る

「声帯」について

声帯をしっかりと鳴らすことで声量をアップさせることにつながります。

声帯は横隔膜の力により発射された息を音に変える部分です。つまり「音」として音量を大きくする場合は声帯はしっかりと閉じている状態の方が大きく鳴るのです。

ポイント

「は~~~」とため息をつくように声を出すのと、「あ”~~~」としっかりと声帯を閉鎖させて鳴らしたのとでは後者の方が断然「音量は大きい」ですよね。

例えば、赤ちゃんの泣き声が大きく響き渡るのは声帯の鳴りが強いからと言えるでしょう。赤ちゃんの小さな体では横隔膜の活躍により多くの息を送り出しているとは到底考えられないですよね。

赤ちゃんの泣き声は声帯が強く閉鎖しているので、ジリジリした鳴りの大きい音になるのです。

つまり声帯の閉鎖度合いが声量に大きく関係しているのですね。

ということは声帯をしっかりと鳴らすように発声することで声量をアップさせることができるということです。

歌の声量であれば、力強い声を出そうとしたり、ベルティングボイスのように声帯が強い息の圧力を支える発声をトレーニングすることで爆発的な声量を生み出せるようになります。

「ベルティング発声・唱法」のやり方・解説|ベルティングはミックスボイス?

今回はベルティング発声・ベルティングボイスというものについて書いていきたいと思います。『強い地声のように聴こえる高音域』をベルティングボイスと言います。日本ではあまり聞きなれない言葉ですが、海外では音 ...

続きを見る

話し声の声量に関しては、あまり普段の声を変化させると「どうしたの?」と言われてしまうので難しいところですね。そういう点では次の息は自然と声量をアップさせられるポイントです。

『息』について

息というのは声の源です。

息無しでは声を作ることはできません。息という風が声帯を鳴らすのですね。

例えば

くしゃみや咳などって周りに響き渡りますよね。言い換えるとすごい声量が出ると言えるでしょう。

くしゃみや咳はかなり『息の勢い・息の力』が強いですよね。なので大きな音が出るのです。

逆に小声で話すときは息をほとんど使わないと思います。

くしゃみや咳をする時と小声で話す時の息の量を口の前に手を当てて確かめてみるとわかると思います。

つまり息の強さと声量は基本的に比例関係にあり、声量を調節しているものと言っても過言ではないと思います。

であれば、その『息の発射台』を鍛えることが声量をアップするために必要なことだと考えることができます。

息の発射台は主にが担っていて、その肺を動かすのは横隔膜と胸郭が担っています。

この二つの力を鍛えれば息の力はアップするはずです。

このうち『横隔膜』は鍛えやすい部分・動かしやすい部分なので、大きな声を出す時など「お腹から声を出せ」とよく言ったり「腹式呼吸をしなさい」みたいに言われたりするのですね。

腹式呼吸のやり方や練習方法についての考察【2種類の腹式呼吸】

今回は『腹式呼吸』についてです。 この記事は 腹式呼吸とは 腹式呼吸のメリット 2種類の腹式呼吸について 歌における呼吸法の重要性について という内容です。 腹式呼吸とは 腹式呼吸(ふくしきこきゅう) ...

続きを見る

声に大きさに限らず「声そのもの」にとって、『息』というのは非常に重要な要素だと考えられます。

「共鳴」「声帯」「息」の中で一番重要なのは?

声量に関して「共鳴」「声帯」「息」3つとも重要な要素ではあるのですが、一番トレーニングをしてハズレが少ないのが「だと考えられます。

共鳴について

「共鳴」に関しては持って生まれた骨格や喉の作りの影響を大きく受けるので、「鍛えれば鍛えるほどに声量が大きくなる」みたいなものではなく『最適な声の方向性を見つける・その方向へ声を通しやすくする』みたいな考え方になるはずです。

声帯の動きについて

「声帯の動き」は持っている体や喉がそれぞれ違うので一概に「こうトレーニングすれば声量が大きくなる」と言い難いものでもあります。人によってアプローチが違うということです。

声質や声の高低・声区など様々な要因を考慮しなければいけません。

なので裏声の声量ミックスボイスの声量などによって考え方が変化しますし、話し声の声量であれば声帯の動き(声質)はそこまで変えることはできないでしょう。

息について

「息」に関しては鍛えれば鍛えるだけいいですし、損がないです。

息を鍛えることが声量においては基本的にほぼプラスに働くと考えられます。

息と声の連動の記事にも書いているのですが、息を鍛えて最初のうちは効果が出なくても結果的に声帯の動きが息の力についてきます。つまり声帯の動きも息に合わせて成長するはずなのです。

ココがポイント

何より息のトレーニングのいいところは、歌においても普段の話し声においても、無意識下でその恩恵を受けやすいということです。

あまり意識しなくても、鍛えた成果が出やすいものであるということですね。

常に何かを強く意識しなければ大きな声量が出せないのって結構疲れますよね。

「共鳴」や「声帯」は持っているものの使い方で声量を上げます。

つまり『技術や体の使い方の向上』のような度合いが強いので意識は必要です。

でも、「息」は技術どうこうではなく、その『体の能力そのものを向上させる』ような度合いが強いです。なので無意識下でも力を発揮します。

なので息のトレーニングが声量アップにおいて一番重要なものであり、実用的なものであると考えます。

ということで、声量アップのためのトレーニングは息のトレーニングを紹介します。

声量を上げるトレーニング方法5選

ドッグブレス

『ドッグブレス』。

『ドッグブレス』で横隔膜の柔軟性を鍛えて息と声を連動させる

今回はボイストレーニングの「ドッグブレス」についての内容です。 この記事は 息と声を連動させたい 肺活量を鍛えたい 声量を上げたい・通る声になりたい という方にオススメです。 『ドッグブレス』とは ド ...

続きを見る

名前の通り犬の呼吸のように発声練習をするトレーニングです。「ハッハッハッハ」と。

横隔膜をしっかりと動かすので息の力を鍛えるトレーニングになりますし、息と声を同時に出すので連動感を鍛えます。

ココがポイント

どちらかと言えば息の瞬発力やアタック感を鍛えるので、瞬発的な面での声量アップに繋がります。

「スー」「ズー」トレーニング

「スー」「ズー」トレーニング。

『息の流れる声・通る声』を作る「スー」「ズー」トレーニング

今回は息の多い声、通る声を身につけるトレーニングの「スー」「ズー」トレーニングについてです。 この記事は 「スー」「ズー」トレーニングについて それぞれのトレーニング方法の紹介 歌における息と声が連動 ...

続きを見る

こちらも息と声の連動のトレーニングです。

歯で息をせき止めることで一定の負荷をかけながら発声する事で息の力と連動感を鍛えます。

ココがポイント

こちらはどちらかと言えば瞬発的な力よりも持続的な息の力をアップさせるようなトレーニングです。

風船トレーニング

普通の風船を膨らませるトレーニングです。

空気が入ってない状態→膨らます→空気を抜く→膨らます・・・・と連続的に繰り返す事で息を吐く力を鍛えます。

慣れてきたら声を出しながら膨らますなどで息との連動感を高めましょう。

どこにでも売っている風船でいいと思います。

ペットボトルトレーニング

ペットボトルを使ったトレーニングです。

ペットボトルに口をつけて息を思いっきり吸い込みペットボトルをベコベコと凹ませます

凹ませるために負荷がかかるので、これにより息を吸う力を鍛えます

ペットボトルはなるべく硬めの方がいいですし、なるべく大きめの方がいいです。ほんの小さな穴を開ける事で、凹ませるのがよりハードになります。

お手軽に息を吸う力を鍛えたい人にオススメのトレーニングです。

ココがポイント

吸う力を鍛えることは結果的に吐く力を鍛えることになります。

パワーブリーズ

息を鍛える最強グッズです。特に息を吸う力(呼吸筋)が効果的に鍛えられるグッズです。

声量アップ・肺活量アップに優れているので、グッズを使って効率よく鍛えたい場合には超おすすめのアイテムです。

『POWERbreathe』でボイストレーニング|息の力で声量アップ

今回は「POWERbreathe (パワーブリーズ)」についてです。 この記事は パワーブリーズ とは パワーブリーズ の全般的な効果 パワーブリーズ の歌における効果 パワーブリーズ の種類・比較・ ...

続きを見る

オススメ記事

1

今回はボイストレーニングの効果を高めるグッズや声を鍛えるのに欠かせないグッズについて書いていきたいと思います。グッズがなくてもボイストレーニングはできるのですが、あれば便利です。 グッズを使うメリット ...

2

今回はボイストレーニングにオススメの本についてです。 ボイトレ本は『初心者・中級者・上級者』という段階に応じた読みやすさと、『何を重点的に紹介しているのか』が本によってそれぞれ違います。 それによって ...

3

今回は「声の音域を広げる方法」について書いていきたいと思います。歌において音域を広げるということは大きな課題の一つですね。おそらく多くの人が音域を広げたいと思ったことはあるでしょう。 それくらい歌にお ...

4

今回は”歌が上手くなるための方法や取り組み”についてです。 この記事は 自分の歌声を録音して練習する 音源をなぞって練習する たくさん歌う・実践する ボイストレーニングする たくさんの音楽を聴く 音楽 ...

5

今回は声量を上げるトレーニング方法についてです。 この記事は 声量を上げるポイントは→『共鳴・声帯・息』 3つのうち一番重要で鍛えやすいのは→『息』 声量アップのトレーニング方法について という内容で ...

6

「note」にて歌や声について『さらに深く探究した記事(有料)』か『しょうもない記事(無料・でも結構面白いとは思う)』を書いています。 有料マガジン ▪️歌が最高に上手い人 ...

-声や歌について

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2020 All Rights Reserved.