声や歌について

瞬間的に”高い声を出す方法”11選

投稿日:

今回は「瞬間的・一時的に高い声を出す方法」というものについて書いていきたいと思います。

なぜ『瞬間的に』という言葉がついているのかというと、現状高音が出せない・苦手な喉を持っている人がいきなり高音を出せる方法なんて存在しないからです。

しかし、瞬間的に高音を出す方法は存在します。

今回はそんなドーピング的に高い声を出す方法論についてです。

高い声を出す方法について

現状高い声が苦手な人・高音が出ない人が高い声を出す『方法』などありません。あるのは高い声を出す『練習』だけです。

50メートル8秒で走る人がいきなり50メートル6秒で走る方法がないのと同じです。

何もしてないのに高い声が出せる人は最初から50メートル6秒で走れる人なだけです。50メートル8秒で走るポテンシャルの人は訓練しないと6秒にはなれませんね。

つまり高い声は本来訓練すべきものです。

『”簡単”に高い声を出す方法はない』ということについて

今回は「"簡単に"高い声を出す方法」というものは存在しないということについてがテーマです。 「練習を頑張って高い声を出す」なら理解できるんですけど、この『簡単に』というワードが非常に良くないワードです ...

続きを見る

ただ、瞬間的にもしくは一定時間だけ高い声を出しやすくする方法などはあります。

これはボイストレーニングで言う『掴み』です。瞬間的に感覚的なものやコツ的なものを掴ませるためのものです。ただ、いつもできるものではなかったり、持続的に出せるような能力がつくものではないです。

なぜなら

結果的に声帯コントロール能力が成長しているわけではないからです。ただ、今から紹介する練習やコツで感覚を掴み結果的に声帯コントロールを鍛えることになる場合ももちろんあるでしょう。

個人的にはあくまで感覚をつかむための補助輪みたいなもので直接的に声帯の運動能力を向上させるわけではないと考えています。

では紹介していきます。

『お腹』を使う

これはお腹や下腹部に力を入れたり、意識を集中させたりして高音を出す方法です。

よく言われますね。「お腹を使え!」と。

お腹に意識を集中させることで「呼吸を最大限に使えるようにすること」や「意識を喉からお腹に遠ざけて余計な力を抜く」みたいな効果が考えられます。

なのでいつもは出せない高音が一時的に出せることもあるかもしれません。

ただ、

普段出せない高音が出せるほどのお腹への意識や力の集中というものは、かなりしんどいものではないでしょうか。

つまり持続させるのは苦しいですし、とてもじゃないけど楽しく歌が歌えませんね。そもそもプロのシンガーってそこまでお腹を使っているようには見えないです。

それで「まだまだお腹が使えてないから、高音が出ないんだ」と言われても困りますって話ですね。

お腹が使えてないから高音が出ないのではなく、『お腹の力を借りないと高音が出ない喉』なだけです。

まぁともあれ一時的に高音を出す方法の中でもかなり効果の高い方法だと考えられます。

感覚や意識を集中する

感覚や意識を集中することで普段出せない高音が出せるというものです。

例えば

「頭の上に声が抜けるように・・・」「喉は下へ広げる、声は上へ広げる・・・」などなど感覚的なものに集中して高音を出すということです。

人間ものすごく集中すれば、普段出せない力が出せたりすることもあります。実力以上ものが出るということはどんな世界でも考えられるものではないでしょうか。

歌も同じようにものすごく集中すれば、実力以上の発声ができることはあります。が、いつもそれだけ集中していることは難しいでしょう。

「次の高音はあの音だから、頭の上から抜けるように、かつ上あごに響くように、喉全体の力は極力抜きつつ、声帯はある程度しっかりと息を支える、イメージは遠く天井を突き抜けるイメージで!!」みたいなことを常に考えながら歌うのは難しいですね。

あくまでポテンシャル的なものを確認する感じのものだと考えています。

リップロールなどの圧力系のトレーニング

リップロールのような圧力を支える系のトレーニングは15分くらい続けた後に歌うと普段出せない高音が楽に出せるようになります。

これは重り付きのバッドを振った後、普通のバッドを振ると軽く感じるようなものです。負荷をかけた状態に体を慣らして、その状態を解くと普段はきつい高音が楽に感じるというようなものです。

実際高音が楽に出るようになるのですが、その効果は案外すぐに解けてしまい、すぐにいつも通りの自分になってしまいます。

もちろんリップロールはトレーニングとしても活用できるのですが、それは継続した先に得られるものです。

ただ、瞬間的にもすぐに効果が出るのでドーピング的な高音発声にも役立ちます。

リップロールの最大の効果は「声帯にかかる呼気圧を軽減させること」

今回はリップロールについて書いていきたいと思います。ボイストレーニング界では有名なもので、歌が上手くなるための近道とも言えるくらい多くの効果が考えられるトレーニングです。 リップロールの効果 息と声の ...

続きを見る

手を使う・ジェスチャー

手の動きのイメージに合わせて音程をコントロールします。

例えば

高い音の時に喉が上がりすぎて苦しくなる時は手を下げる動作を行う、もしくは普通に高い音の場合に手を上にあげるような動作をとるなどです。

プロのシンガーでも手で音程を取っている人はいますね。

不思議といつもより少しだけ高い音が出たり出なかったりするかもしれません。

踊りながら歌う・首を動かしながら歌う

逆に出ないのでは?と思いがちですが、逆に出ることも多いです。

体を柔軟に動かしているぶん余計な力が入りにくいなどのメリットがあると考えられます。

特に首を動かしながら歌うことで余計な硬直をさせないようにできます。その結果普段でない音が出しやすくなったりします。

前屈で歌う

立った状態から前屈をします。その状態で発声します。

これにより上半身に力が入りにくい状態になると考えられます。

上半身に力が入りにくい状態であれば、喉周りの余計な力へが薄れます。

また、横隔膜がせり上がった状態になるので息を押し出しやすくなるなども考えられます。

スクワット・中腰で歌う

スクワットで膝を落としている姿勢・中腰状態で歌います。

これも下半身に力がどっしりと入り上半身に余計な力が入りにくくなることが考えられます。

また、お腹に力が入りやすくなるなども考えられます。

壁に体の背面をつけて歌う

身長を測る時のように壁に体をつけます。

姿勢を無理やり矯正することで、姿勢が発声に悪影響を及ぼしている場合は発声が良くなる可能性があります。

結果として高音が出る場合もあります。

歌声と姿勢の関係性について

今回は発声と姿勢の関係性についての内容です。 歌においては「歌うときは綺麗な姿勢を保つことが重要」「猫背はダメだ」などと言われたりしますが、実際には「そこまで大事なのか?」と疑問に思うこともあるでしょ ...

続きを見る

高音部分で壁を押す

壁に向かって対面に立ち、高音発声時に手で壁を押します。

これにより喉にかかる力を分散。余計な力の脱力高音発声時の勢いをつけることで高音が出しやすくなったりする場合があります。

高音部分で膝をカクンと落とす

高音を発声するフレーズのタイミングで膝をカクンと落とします。

これにより余計な力の脱力を体全体で促します。高音が出るときもある。

高音部分でジャンプする

高音を発声するタイミングで、ジャンプします。まぁ普通に歌うことは難しいでしょうが、高音が出やすくなることもあります。

こちらも余計な力を体全体で抜くためです。

まとめ

このように瞬間的に高音を出す方法は結構あります。ただ、基本的に感覚をつかむためのものですね。常にできるようなことはほとんどないでしょう。

あくまで高音は鍛えなければ、自由自在に使えないものです。

なのでこの瞬間的な方法論をたくさん練習しても、なかなか高音発声ができるようにはならない可能性があります。あくまでコツや感覚をつかむための方法として役立ててください。

もしくはカラオケ・ライブなどでどうしても瞬間的に高音が必要なときは「お腹をしっかりと使って・意識を集中させて・手を使い・下半身にも力を入れる」など集中すればその時を乗り越えられるかもしれません。

高い声が出ない人は『二つの力』を理解すべき

今回は高い声が出ない人が理解すべき「二つの力」について考察していきます。 その二つの力とは『声帯伸展』と『声帯閉鎖(収縮・緊張)』という二つの声帯をコントロールする動きです。 この二つの動きのどちらも ...

続きを見る

オススメ記事

1

今回はボイストレーニングの効果を高めるグッズや声を鍛えるのに欠かせないグッズについて書いていきたいと思います。グッズがなくてもボイストレーニングはできるのですが、あれば便利です。 グッズを使うメリット ...

2

今回はボイストレーニングにオススメの本について書いていきたいと思います。 ボイストレーニングというものは、なかなか独学でやっていくというのは難しいですよね。「何からやればいいのか、何が正しいのか、何が ...

3

今回は「声の音域を広げる方法」について書いていきたいと思います。歌において音域を広げるということは大きな課題の一つですね。おそらく多くの人が音域を広げたいと思ったことはあるでしょう。 それくらい歌にお ...

4

今回は”歌が上手くなるための方法や取り組み”についてです。 当サイトでは歌唱力アップのための様々なトレーニングや研究考察などを紹介しています。 例えば「〇〇のためには〇〇トレーニングがいい」みたいな感 ...

5

今回はオススメの音楽配信サービスアプリについての紹介です。 音楽配信アプリは当然音楽を聴くもので、単純に考えると娯楽の範囲でしょう。ですが、「音楽的感覚・感性」という部分の成長は音楽をたくさん聴くこと ...

-声や歌について

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2020 All Rights Reserved.