歌唱力アップ

高い声を出すには【高音発声の攻略】

更新日:

今回は「高い声を出すには何が必要か・何を鍛えればいいのか」についての研究です。

この記事の結論を先にまとめておくと、声の音程をあげるためには4つの動作があり↓

これらを鍛えることで高音発声ができると考えることができる。

また、高い声をトレーニングする際「声変わり」と「声帯の魅力的限界」に注意してトレーニングすべきだと考えられます。

高い声が出る仕組み

「声」は声帯が振動することで生まれる音です。

そして音程とは1秒間あたりの空気の振動回数(Hz・ヘルツ)によって決まります。

例えば、

440Hz(ラの音=A4)は1秒間に440回の空気振動をしている音ということ。

 

つまり、理屈の上では『声帯の時間あたりの振動回数を増やすと高い声が出る』と考えることができます。

声帯を高速で振動させれば高い声が出る」とも言い換えられます。

 

そして、声帯の振動回数を増やすための動きは

  1. 声帯を伸ばす
  2. 息を強く吐く
  3. 声帯を薄く使う(声区の移行→ 裏声)
  4. 喉を締める(*歌唱上正解ではないことも多いが、必ずしも不正解とも言えない。)

という4つの動作があると考えられます。

基本的には①と②が中心、③は表現やニーズに合わせて、④はハードロックやメタル系など個々のニーズに合わせてという感じでしょう。

①声帯を伸ばす

声帯の振動回数を増やすためにメインの動きとも言えるのが声帯が伸びる動き(声帯伸展)です。

例えば、

緩い状態の輪ゴムを弾いた時と、ピンと張った時の輪ゴムを弾いた時では後者の方が1秒あたりの振動回数が増えて高音になるようなイメージです。

 

この声帯が伸びている動きそのものは認識しにくいものではあるでしょう。

例えば、

  • 自分が楽に出せる声を出す「あーー」
  • その後、少し音程を上げてみる「あーーアーー」

この時、声帯は「伸びる」という動きをしています。

 

声帯を伸ばす能力を鍛える

声帯の伸ばす能力を鍛えるには文字通り「声帯を伸ばそうとする」ことで鍛えられると考えられます。

声帯を伸ばそうとするとは「音程を上げようとする動作」です。

 

これは厳密には「”輪状甲状筋”という筋肉が働くことにより声帯が引き伸ばされる」という動作です。

輪状甲状筋↓

しかし、この”輪状甲状筋”の動きを認識するのはほぼ不可能でしょう。「輪状甲状筋が動いてるなぁ」とか感じられる人はいないはず。

これは音程を上げようとしたときに勝手に働いているものなので、シンプルに「音程を上げようとする動作」と考えておいていいと思います(*「喉を締める」という動作にならないように注意する必要があります)。

 

筋トレやストレッチみたいなもので、少しづつ負荷をかけて成長させていくイメージです。

ここで重要なのはコツコツとゆっくり開発していくことでしょう。

いきなりすごい高い声を無理に出そうとするのではなく、現状の能力で少しきつい音程を楽に出せるように変えていくような少しづつ進んでいく練習方法がいいと考えられます。

声帯も股関節みたいなもので、急には柔らかくならないですから。

②息を強く吐く

声帯の振動回数を増やすには『息の力を強める』ことも関係しています。

試しに、音程は意識せずに

  1. ため息をつくように「はぁ」と声を出す
  2. 空手家のように全力で息の勢いをつけて「はっ!」と声を出す

すると後者の方が音程が高い声が出るはずです。

例えば、多くの人が「くしゃみ」をするとき音程が高音になることがほとんどでしょう。これは「”くしゃみ”という動作が息を強い勢いで吐き出す動作だから」ですね。

 

つまり、『息を強めると高音になる』。

もちろん声帯は機械のように固定できるものではないので、厳密には「息の力を声帯が上手く変換するため」に自然と声帯が伸びる動きをした結果高音になるということでもあるのですが、この「息があっての声帯の動きがある」ということを意識しておくことが大事だと考えられる。

 

例えば、

自分が出せる範囲での高めな高音を”できる限り最小の息で出そうとする”と、喉が締まる動き・感覚がすると思います。同じ音で”先ほどの空手家のイメージで息の勢いをつけて声を出そうとする”と、喉が開く動き・感覚がすると思います。

 

このようにある高音に対しての声帯の動きは息の力の度合いによって同じ音であっても全く違う動きをします。

息の力に合わせて声帯は自然動きを変えるのですね。

 

つまり、

”息の力”と”声帯の動き”という二つの要素によって声の音程は決まっている』とも言えます。

 

息の能力を鍛える

これは「息を吐く力」「息を吸う力」「横隔膜の柔軟性」を鍛えること。

がおすすめです。

 

そして、一番重要なのが『声帯との連動性』を意識しておくことです。

先ほども述べましたが、「息が声帯を活かしており、声帯が息を活かしている」ので両方を連動させることが高音発声はもちろんそれ以外においても重要だと考えられます。

③声帯を薄く使う(声区の移行・裏声)

声帯とは上から見て伸びたり縮んだりという動きをしますが、断面で見ると『厚くなったり、薄くなったり』という動きをします。

基本的には伸びるほど薄くなり縮むほどに厚くなる。

あくまでも”基本的な動き”です。

 

ここで重要なのが『声帯には二つの厚みのモードがある』ということ。

それが『地声』と『裏声』です。

  1. 地声は「声帯筋」という部分が振動する。
  2. 裏声は「声帯筋」という部分が活動を停止して、それを覆う靭帯や上皮部分のみが振動する。

断面の動き↓

裏声(ファルセット)は地声と比較して薄い皮のようなものが振動していると考えることができます。

その他の条件が同じで「分厚い肉を振動させる(地声)」のと「薄い皮を振動させる(裏声)」のではどちらが振動回数が多くなるかを考えると、当然後者ですよね。

裏声が音が高くなる原理はこれです。

つまり、高音を出すには『声帯の使い方のモード(声区)を切り替える』というのも一つの手です。

 

裏声を鍛える

高音発声の選択肢は裏声(声帯を薄く使う)もありますので、裏声を使いこなせるようにするということですね。

低音域から高音域まで裏声を使いこなせるようになると表現の幅が広がるはずです。

④喉を締める

この動きは基本的には非推奨ですが、歌において使えるかどうかは一旦置いておいて「喉を締める」ということも高い声を出す方法の一つになり得る。

もし、これまでの3つの項目「声帯を伸ばす」「息を強める」「声区を移行する」が動かせないものであるという条件であれば、『声帯が硬直する』ことで音程を上げることができます。

 

例えば、

出しやすい音程で「あーー」と発し、その声を出しながら喉を締めていくと自然と音程が上がるはず。

 

喉を締めると声帯が硬く固定され振動数が速くなるので音程が高くなります。

高い声が苦手な人は高い声を出そうとすると自然とこうなってしまう(喉締め発声)という人も多いでしょう。

もちろん、どんな熟練者でも限界を超える高音になればなるほど喉は締まっていくでしょう。

 

喉締め発声は『声帯を伸ばせる限界を超えた高音を出そうとすると、高音にするために喉が締まって声帯を硬直させてでも高音を出そうとするもの』とも言えるのでしょう。

無題1530

悪い発声として「喉締め発声」というものが語られるように、喉を締めるという動作は基本的にはあまりいいものではないはず。

しかし、必ずしも悪いものとも限らない場合も普通にありますし、ハードロックやメタル系のジャンルではある程度こういう動きの力を借りる発声が必要になってくるのかもしれません。

高音を鍛える時に考えるべきことについての考察

①声変わりの時期は注意

変声期を終えた方にはあまり関係ないのですが、

  • 『声変わり中は無理をしない』
  • 『声変わりをまず綺麗に無事に終わらせる』

ということが実は非常に重要だと考えられます。

 

そもそも声変わり中は声帯が大きく変化している最中なので、そもそも高い声が出しづらい時期です。にも関わらず(だからこそ?)高い声に一番憧れる時期でもあるでしょうが、これが厄介。

 

声変わりは基本的には男性の方が変化が大きいですが、女性でもある程度基本の音程は下がります(*個人差がある)。

ココがポイント

”音程が下がる”という声帯の成長をしている最中に高い声を出すトレーニングをしても思ったような効果は出ないでしょうし、効果が出たとしても変な発声のクセを身につけてしまう可能性も高くなりますし、さらに成長中の声帯についたクセはなかなか抜けないかもしれません。

声変わり中に無理をするくらいなら、何もしない方が結果的に高音が出せるようになる』なんてこともあるのかもしれません(*一概には言えないでしょうが)。

 

なので、変声期中の場合は『無理をしない』ということを大前提により慎重に高音のトレーニングをしたり、息のトレーニングなどを中心に取り組むなどの工夫が必要でしょう。

②高音発声の限界は人それぞれ決まっている

よく「高い声は鍛えれば出る」と言われますが、これはかなり言葉足らずな表現だと考えられます。

正確には

人それぞれ「機能的限界の高音域」と「魅力的限界の高音域」が持っている声帯(体)によって決まっており、その範囲までなら鍛えられる

というのが正しいでしょう。

声帯の『機能的限界』とは

音の質などは一切気にせず、声帯という楽器によって生み出すことができる限界の高音です。

 

例えば、

現在ギネス記録に認定されている声における人類の最高音はE8(88鍵ピアノをはみ出す音)です↓

つまり、人類は今のところE8までが機能的限界の最高音ということになります。

もちろんこれはギネス記録なので、一般的には当てはまらないレベルの高音ですが、全ての人に『その声帯を使って生み出せる限界の最高音は決まっている』と言えます。

 

もちろん声帯は鍛えられるものではあるのです。

しかし例えば、筋トレで「胸筋が1cm厚くなる」は実現可能だが「胸筋が1m厚くなる」は基本実現不可能ですよね。

同じように声帯も鍛えられる範囲がある程度決まっているので機能的限界の最高音は存在すると考えることになります。

声帯の『魅力的限界』とは

『魅力的に鳴らせる範囲の最高音』のようなものです。

”機能的最高音”は「その声帯を使ってどこまでの高音を出せるのか」という、あくまで音色自体はどんな音でもいいという条件でのお話ですが、こちらは『音色の魅力』というものを考慮したものです。

 

歌においては音色の質(発声の質)が非常に重要で、単に高い音程の声を出せればいいというものではないですよね。

つまり、美しく聴こえる・心地よく聴こえる音階を考慮した限界があるということ。

 

そして、こちらの限界は人によって(持っている声帯によって)かなり差が出ると考えられる。

基本的に

  • 声が低い人・低い声帯を持つ人ほど魅力的最高音も低い
  • 声が高い人・高い声帯を持つ人ほど魅力的最高音も高い

なので、高音に関して言えば「声が低い人ほど魅力的な高い声は出しにくい」と言えますし、「声が高い人ほど魅力的な高い声は出しやすい」と言えるでしょう(*あくまで基本的に。例外はある)。

 

個人個人の「声帯・喉の作り」は『生まれ持った楽器の性能』のようなもので鍛えて魅力的になる範囲はある程度決まっていると考えられます。スポーツで言う「骨格」に近いかと。

 

「じゃあ、高い声の人が有利なのか」というと、本質的にはそうでもないでしょう。

それは歌は高い音が「優」で、低い音が「劣」ではないから。

 

確かに”高音に関して”は高い声帯が有利ですが、低い声帯を持つ人は低い音域に魅力的な範囲が広い。

つまり、魅力的な”範囲の広さ”は多くの人が大体同じくらいだが、声帯によってそれがズレている

なぜ長い歴史を持つクラシック声楽が音域のタイプを「バス・バリトン・テノール・アルト・メゾソプラノ・ソプラノ」という6つに分けたのかというと、

  • 鍛えればどうにかなるものでもないから
  • 声帯のタイプに従った方が魅力的だから

なのではないかと考えられます。

『魅力的限界は声帯によって決まっている』ということを考慮した上で高音を鍛えることが重要でしょう。

③高い声を出す感覚は人それぞれ

よく高い声の出し方で「鼻腔共鳴が~」「力が〜」「お腹が~」「背中が~」「喉が~」のようなものが語られますが、それらは全て人それぞれの感覚なのでそれが自分に当てはまるとは限らないでしょう。

そもそも人には

  1. 「意識している動作」
  2. 「無意識にできている動作」

があり、感覚や方法として語られるのは「意識している動作」だけです。

無意識にできている動作は本人が認識していないので、語りようがないわけです。しかし無意識にできている動作にも重要なポイントは隠れているでしょう。

そもそも

感覚を伝えたところで、発信者側と受け手側の感覚が一致することもなかなかないでしょうし、感覚が一致したところでそもそも体が違うのでその感覚が正解にはなるとも限らないでしょう。

なので、高い声を出す感覚というものは自分で見つけた感覚だけが正解と考えるのがベストかと。

 

もっと言えば、『感覚など何も考えないで、高い声を出そうとして高い声が出せる』というのが理想なのかもしれません。

多くのプロのシンガーはこれだと考えられます。「高い声?よくわからないけど出るんです」のようなことをインタビューで答えるシンガーは多いですね。

一般人で言えば「自転車に乗ろうとして自転車に乗る」「歩こうとして歩く」のと同じような感覚でしょう。そこに特別”技術的な意識や感覚”のようなものはいらないのですね。

 

例えるのなら

「一般人」と「バレリーナ」の開脚みたいなものかと。

バレリーナは足を開こうとするだけで180度開脚できますが、普通の人はどう工夫しようがバレリーナのようには開かない(*長い訓練が必要でしょう)。

これは股関節の柔軟性によるものですが、同じようなことが声にもあり、声帯が柔軟な人はただ高い声を出そうとすれば高い声が出るのですね。

高い声は技術的な意識や感覚の差ではなく『性能の差』なので、感覚を考えるよりもとにかくコツコツ鍛えるほうが手っ取り早いのかもしれません。

-歌唱力アップ

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2021 All Rights Reserved.