ボイストレーニング

『上を向いてボイストレーニング』のやり方・効果・考察

投稿日:

今回は「上を向いてボイストレーニング」というものについて書いていきたいと思います。特別な考え方ややり方はなく、そのままの意味なのですが、上を向いて発声練習をするということですね。このボイストレーニングには以下のような人にオススメです。

こんな方におすすめ

  • ボイストレーニングの効果を高めたい
  • 余計な力を脱力したい
  • 正しい発声を身に付けたい

ですね。このトレーニングはボイストレーニングのやり方を工夫する(上を向く)ことで効果を高めたり正しいフォームに修正する練習方法です。ではそんな「上を向いてボイストレーニング」について書いていきたいと思います。

どういうトレーニング方法か

その名前の通り「上を向いた状態」で発声練習をするトレーニングです。ここで勘違いしてはいけないのが、「上を向いた状態」が重要なのではなく、上を向いた状態が結果的に「どういう状態を作り出すのか、何に作用するのか」というのが重要です。

試しに直立状態でまっすぐ向いている状態で声を出してみましょう。次に上を向いて声を出してみましょう。どちらが声を出しやすかったでしょうか?ほとんどの方はまっすぐ向いている状態の方が出しやすかったはずです。

例えば思い切り後ろに反り返ったりするような(えび反り)状態の時声が変になりますよね。これらは首の状態が声に影響を与えているのですね。

このように首の状態、特に首の前面が伸びている状態というのは声に大きく影響を与えます。逆に下を向くような動作も少しは影響を与えますが、上を向くほどに大きな影響はありません。これは首の前面が縮んでいる状態だからです。

首の前面が伸びている状態だと、声帯や声帯周りを動かす部分が伸びた状態になり喉や声帯全体が開くような状態となります。この状態から声を出そうとするから声が出しにくくなるのですね。声帯を鳴らし(閉鎖)にくくなっているのです。ちょっしたゾンビ感のある声になると思います。

つまり上を向くことにより声帯や声帯周りの動きに制限をつけている状態にするということです。これを利用してトレーニングします。

このトレーニングの効果

ボイストレーニングの効果を高める

これは制限をつけた状態(首の全面を伸ばした状態)で発声練習をすることで負荷を大きくして効果を高めるという考え方です。動きに制限をつけた状態とつけない状態で同じ音を出そうとした場合、必要になる力は制限がある方が大きいですよね。その分だけ負荷がかかり結果的に鍛えられるということです。特に声帯コントロールなどの声帯を閉鎖させる能力の向上などには普段より大きく負荷を与えられるためトレーニング効果を高めやすいと考えられます。

ただし、トレーニングによっては向き不向きがあるでしょうからそこ臨機応変にやりましょう。

余計な力を脱力できる

先ほど書いたように上を向いた状態というのは、喉や声帯などが開くような作用があります。

例えばどんな音でもいいので自分が出しやすい音を出してみましょう。そのまま上を向いてみましょう。当然出しにくくはなるでしょうが、そこまで大きな変化はないでしょう。

次に自分にとって苦しい高音域などを発声してみましょう。そのまま上を向くとほとんどその発声を維持できなかったのではないでしょうか。これは余計な力に頼って発声している要素が強いためにこういうことが起こります。上を向くことで余計な力を使えない状態になってしまうのですね。

上記のようなことから上を向くことで、無理やり一定の脱力状態を作り上げてしまうのですね。このことから脱力に効果があるということも言えますね。

正しい発声を身につける

上記「脱力」の面から、正しい発声を身につけるのに役立つと言えます。余計な力なしで発声でいる発声こそ正しい発声に近いはずです(100%そうだとは言えませんが)

柔軟な発声や声帯上手くコントロールしているような発声で上を向く場合、もちろんある程度の影響は受けるでしょうが、発声が出来なくなるほどの影響はないはずです。そういう点で正しい発声が身につきやすいということです。つまり上を向いてもある程度出せるような発声を練習することで正しい発声に近づいているかもしれないと考えることができるのです。

トレーニング方法

トレーニング方法はいたってシンプルです。結果的に上を向くことは重要ですが、なるべく首の全面を伸ばすような意識が重要です。

普通の上を向いて好きな発声をする

リップロールなどの特殊なトレーニングで上を向く

上を向いたまま一曲歌ってみる

ハミングのまま上を向いてトレーニング

などなど様々なトレーニング方法が考えられます。その中でも「ハミングで上を向いてトレーニング」はオススメです。ハミングの状態だと発音やあごの動きなどの力を借りることもできないので、ハミングの脱力効果と相まって純粋に声帯をコントロールする部分にかかる作用が大きくなります(ハミングの脱力効果についてはこちら)。

もちろんそれ以外のトレーニングも上を向くだけで効果が高まるかもしれません。

まとめ

上を向いてトレーニングの効果

  • ボイストレーニングの効果を高める
  • 余計な力を脱力できる
  • 正しい発声を身に付けられる

上を向く=首の全面を伸ばすという制限を与えるだけで、ボイストレーニングの効果が高まるかもしれないというお話でした。以前、高音ミックスボイスの使い手であるゆずの岩沢厚治さん「特別なボイストレーニングはしていないけど、うがいはたくさんしている」というお話をテレビか何かでされていました。もしかしたら日々のうがいも理屈的には同じような効果が考えられるかもしれませんね。

『ボイトレに役立つグッズ』はこちら

ボイトレグッズ紹介ページ

※当サイトのページです

オススメ記事

1

今回はボイストレーニングの効果を高めるグッズや声を鍛えるのに欠かせないグッズについて書いていきたいと思います。グッズがなくてもボイストレーニングはできるのですが、あれば便利です。 グッズを使うメリット ...

2

今回はボイストレーニングにオススメの本について書いていきたいと思います。ボイストレーニングというものは、なかなか独学でやっていくというのは難しいですよね。「何からやればいいのか、何が正しいのか、何が一 ...

3

今回は少し変わった視点からボイストレーニング・歌や声の成長の方法を書いていきたいと思います。変わったと言うより、少しずるい方法ですが。効果は抜群です。ボイストレーニングは独学でする人も多いでしょうが、 ...

4

今回はボイストレーニング教室の選び方について書いていきたいと思います。ボイトレ教室って興味が湧きますよね?ボイストレーニング教室に通ってみたいと思ったことがある人も少なくはないはずです。歌も人から習う ...

5

今回はミックスボイス(ミドルボイス)について書いていきたいと思います。『ミックスボイス』というものについて疑問を持っている人は多いと思います。そもそもなんなの?何がミックスボイスなの?自分の声はどうな ...

-ボイストレーニング

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2019 All Rights Reserved.