サイト内検索

ボイストレーニング 音楽

【リップロールの効果】高音域やミックスボイス・歌唱力UPに欠かせないトレーニング

更新日:

みなさん、「リップロール」というものをご存知でしょうか?

ボイストレーニング界では有名なものなのですが、歌がうまくなるための近道とも言えるトレーニングなのです。

もちろん歌だけでなく、声を仕事にしている人にも役立つトレーニングです。もっと言うと声に関することならどんな人にでも役立つトレーニングですね。

 

今回はそんなリップロールについて書いていきたいと思います。

 

 「リップロール」とは?

簡単に言うと唇をブルブルと震わせることです。口を ウ の形にして「ぶるるるるるるる」と唇だけを震わせるものです。
よく小さい子がやったりしますね。

やり方

  • 口閉じたままを「ウ」と少し唇を尖らせます
  • そのまま唇に息を吐きます
  • このとき唇の「ウ」の意識はそのままです
  • 息を吐き続けていれば自然と「ブルルルルル」となるはずです

できない場合

  • 唇の両端を親指と人差し指でつまみます
  • 唇の口角を少しだけ押し上げるようにします
  • そのまま息を吐きます
  • 「ブルルルル」となるはずです

 

コツを掴めば手を使わないでできます。
その唇をブルブルさせた状態のまま声を発してみてください。
それがボイストレーニングの「リップロール」なのです。

 

なぜ「リップロール」がいい練習なのか?

理由はたくさんあります!

呼気を一定にしないとリップロールはできない

一つ目は

「呼気を一定にしないとリップロールができない」という点です。

これは言い換えると、

「呼気を一定にできれば、呼吸をコントロールできるようになる」ということです。

さらに言い換えると、

「リップロールができれば、呼吸のコントロールができるようになる」ということです。

 

リップロールというのは唇を震わせるために息を吐き続けないとできません。息を止めてしまうとできないし息が流れない発声をしていてもうまくできないのです。

 

つまりリップロールはリップロールができている状態を体に定着させる効果があるのです。

そうすることで息のコントロールができるようになるのです。

f:id:shoheihey:20171017050052j:plain

呼気圧を唇で支えることで余計な筋肉を使わないようにする

二つ目は

呼気圧を唇で支えることで余計な筋肉を使わないようにすると言う点です。

少し難しい表現となってしまいました。

 

詳しく解説すると、まず声帯が自由にコントロールできていない状態では首や喉の不必要な筋肉を使ってしまっています。

 

特に高音の発声になればなるほどそのような傾向になります。

そして無理をすればするほどたくさんの息を吐こうとします。

自分の音域のなかできついと感じる高音を出すには

 高音=大声=呼気を強める

と言う状態になりますよね。

 

声帯をうまくコントロールできない人ほどこのような傾向になり、肺活量限界の息を叫ぶようにして吐いて高音を出しているように感じます。

そもそも声とは息が声帯にぶつかって出ているのです。そして高音に行けば行くほどに声帯が息の量を支えられなくなるのです。

 

呼気だけが高まり声帯がその風を音にできなくなってしまうとでも言いましょうか。

そこでリップロールの出番です。

リップロールで唇を震わせる。
この「唇」が第二の声帯の役割を果たすのです。

要は唇がその呼気圧を支える第二の門になるわけです。

 

そうすると、声帯だけにかかる呼気圧が緩和され高い音でも出せるのです。リップロールが高音の練習としてよく利用されるのはこう言う理由があるのです。

こうすることで高音での声帯の使い方を余計な筋肉を使う癖を取り除きながらできるのです。

 

ウォーミングアップ・リラックス・マッサージ効果

三つ目はウォーミングアップ効果です。
このリップロールは練習であると同時にウォーミングアップとしてもかなり効果の高いものです。

 

唇を震わせることで表情筋や口のマッサージにもなりますし、先ほど言った呼気のお話で声帯に程よい負荷を与えることができます。

よく歌う前やボイストレーニングのレッスンの始めにすることが多いですね。

 

「リップロール」での練習法

リップロールでピアノに合わせて音階をたどる練習歌を一曲丸々リップロールで歌う練習がおすすめです。

リップロールを使った練習で声帯と息のコントロールを極めていきましょう。

 

 

 

ボイストレーニングに必要なおすすめグッズ

呼吸・横隔膜を鍛えるパワーブリーズ

こちらのグッズは呼吸、特に横隔膜にかなりの負荷を与えてくれます。

スポーツにも使われるグッズです。

普通のボイストレーニングでは実現できない負荷があるので、呼吸を鍛えるのにはぜひお勧めできる最強グッズです。

 

種類によって超重負荷・重負荷・標準負荷・中負荷・低負荷とありますのでお好みで選んでください。

歌は「息」で決まります。

 

 

ビューティーボイストレーナー

普通の発声練習ではできない負荷を与えてくれます。体だけを使っておこなうボイストレーニングがうまくできない、やり方が本当にあっているのかわからない、リップロールは飽きました、という方におすすめです。

声そのものの質向上に大きな効果を発揮するグッズです。

詳しくはこちら

ボイストレーニング本

ボイストレーニング本で声について詳しく学ぶことやトレーニング方法について詳しく学ぶことは歌がうまくなる近道です。

本に書いてあることを実行していけば、100%歌が上手くなるとは言い切れないですが、間違いなくプラスにはなるでしょう。

 

おすすめボイトレ本ランキングはこちら 

【おすすめ"ボイトレ本"5選】効果のあるボイストレーニング本ランキング

 

ウタエット

アマゾンでも人気商品の「ウタエット」

こちらのグッズのいいところは何と言っても、自分の声が聞けるということ 。

防音効果もありつつ、自分の声も聞けるのでトレーニンググッズとしてはかなりいいです。自分の声を直に聞ければ、歌の成長に繋がりますしね。

 

まぁ、全くの無音にはどんなものもならないので、それなりの消音でいいという方はこれですかね。

 

 

一人deカラオケDX 防音マイク」

こちらのグッズはカラオケ機能をつけてしまっているので、防音で一人カラオケが楽しめるというグッズですね。

こちらもそこそこの防音効果があるので、カラオケにせずに単純なボイトレにも使えます。

プラス、カラオケみたいにエコー付きで楽しめてしまうグッズです。

歌の練習だけがしたい!とりあえず防音!という人には不向きかもしれませんが、トレーニングしつつ楽しみたいという人にはオススメですね。

 

 

 

 

-ボイストレーニング, 音楽

Copyright© 音楽技術向上のためのブログ【ミュートレグ】 , 2018 All Rights Reserved.