ボイストレーニング

【エッジボイス】のやり方・効果・練習方法について

投稿日:2017年10月16日 更新日:

今回は「エッジボイス」について書いていきたいと思います。

エッジボイスというのは聴き慣れない方もいると思いますが、声の出し方の名称であり、ボイストレーニングにもなります。

エッジボイスはこんな方におすすめ

  • 声帯のコントロール能力を上げたい
  • 声帯閉鎖を強化したい
  • 歌の表現力をつけたい

こんな方にオススメのボイストレーニングです。

今回はそんなエッジボイスについて書いていきたいと思います。

エッジボイスとは?

エッジボイスというのは別名ボーカルフライとも呼ばれているもので、主にボイスとレーニングで使われることが多いものです。(ここでのフライはfly(飛ぶ)でなはく、fry(揚げ物)の方ですね。エビフライのフライです。)

 

また、歌の中の技法として使われることもあり、これを得意とする人はかなり多用したりします。日本人では平井堅さんが多用することで有名ですね。

 

エッジボイスはどんな音?

言葉で表すならば

 

エッジボイス

「あ"あ"あ"あ"あ"あ"」

 

といった感じでしょうか。

声にならない声と言いましょうか、声の素だけを鳴らしていると言いましょうか。

 

声帯を綺麗に閉じてしまってその隙間から出す音なのです。カラカラとした声帯の鳴りがある音です。

声帯だけが鳴っているような音ですね。ほとんど息を必要とせずに、どちらかと言えば息を止めている感覚の方が強いです。

 

よく言われるのが映画「呪怨」のに出てくる声という風に言われています。

 

ポイント

息が声帯閉鎖によりせき止められて(息はほとんど使わない)、そこから声帯の鳴りだけがカラカラと鳴るのがエッジボイスです。

 

エッジボイスの出し方

エッジボイスのやり方

まずは普通に「あーーーーー」と発声してみてください。口はしっかりと開けた状態がいいでしょう。その「あーーー」という状態から声量を絞っていきます。

声の音量を落としていき、吐く息の量を弱めていくと声にできなくなる点(音にならない点)が出てくると思います。その声にならなくなりそうなギリギリの点はおそらく「あ"あ"あ"あ"あ"あ"あ"」という状態になっていると思います。

 

ココに注意

この時重要なのが喉に力を入れてはいけないという点です。喉に全く力を入れずにできるのが正しいエッジボイスなので力がはいってるなとか、無理してるなって感じた方は一度リラックスしてもう一度やり直してみてください。できるだけ力を入れないことで余計な力を使わずに声帯をコントロールする力を身につけます。

 

喉に力を入れずに声帯だけがしまっている状態を感じることができれば成功です。

できている方は喉がカラカラ・パチパチ鳴っているような感覚になるはずです。天ぷらを揚げているような感覚です。

 

エッジボイスには種類がある

単純にエッジボイスと言っても、やり方次第では様々なエッジボイスを作り出すことができます。

閉鎖させる部分が違ったり、閉鎖させる具合を変えたりと様々なエッジボイスがあります。

 

大きく分けると、3種類のエッジボイスがあると考えています。

 

エッジボイスの種類

  • 低音エッジ
  • 高音エッジ
  • 裏声エッジ

 

低音エッジボイス(普通のエッジボイス)とは

低音エッジボイスとはいわゆる普通のエッジボイスです。

 

のどを完全に脱力させた状態で出すエッジボイスですね。持っている声帯の完全に脱力した状態で出すので、持っている音域の中でもかなり低い音域のエッジボイスになるはずです。

 

ポイント

低音エッジボイスとは普通のエッジボイス(声帯などは完全脱力状態)で一番自然な状態で出すエッジボイス

 

高音エッジボイス(ミックスボイスのエッジボイス)とは

これはミックスボイスの形を作って閉鎖させるもので、高音のエッジボイスが鳴ります。

普通のエッジボイスから音の音域を高音に上げようとすればできるはずです。

 

高音エッジボイスのやり方

  • 通常のエッジボイスを出す
  • そこから音を上げていきます
  • このとき脱力は当然意識するのですが、多少締めてもいいので音を上げることに重きを置きましょう
  • このとき、響きが下方向から上方向へとシフトしていきます
  • できるだけ高音になるまでエッジボイスで音を上げていきます

 

ココがポイント

難しい人はミックスボイスが苦手な人に多いかもしれません。が、ミックスボイスが苦手な人でもある程度できると思います。

普通のエッジボイスは深い響きで咽頭に響きますが、高音エッジボイスは鼻腔の方へ響きやすいです。

明るい音色の高めのカラカラとしたエッジボイスになるはずです。

 

高音エッジボイスの声帯の形の延長線上にはミックスボイスがあります。つまりミックスボイスの声帯コントロールの練習になるということです。

 

ポイント

高音エッジボイスは、高音域の声帯閉鎖のコントロール練習に役立つ。また、ミックスボイスの声帯コントロール練習になる

 

裏声エッジボイス(ファルセットのエッジボイス)とは

その名の通りですが、裏声の状態・声帯の使い方ででエッジボイスを出すことです。

 

ココがポイント

高音エッジボイスとは音域は同じくらいかもしれませんが、音色が全然違います。こちらは息漏れが多く、かすかにカラカラとしか鳴らないはずです。カラカラとは言っても、普通のカラカラとしたエッジボイスとは違って、どちらかと言えば「カサカサ」の方が近い音になるはずです。

 

この裏声エッジボイスについては結構定義が曖昧で、意見が別れるところであります。

 

ポイント

  • ミックスボイスの声帯で出すエッジボイスが高音エッジ。
  • 裏声の状態からのエッジボイスは裏声エッジ。

 

個人的にはこのように考えています。

 

特にこの裏声エッジはシャウト系の発声には欠かせないものでしょう。この裏声エッジから呼気圧を上げてたりしたものがシャウトになりやすいです。

 

それぞれ閉鎖させる部分の範囲が異なるので音色の違いを生みます

閉鎖させる部分が違うということは当然ながらコントロールの訓練ができる範囲も違うというわけです。

 

 

ポイント

エッジボイスにも種類があり、大きくは3種類に分けられる

 

地声・ミックスボイス・裏声を出している時の声帯の形

それぞれの声区の声帯の状態

地声というのは声帯全体を使って出す声

裏声というのは声帯の一部を使って出す声

ミックスボイスというのは地声と裏声で使う割合のちょうど真ん中

 

と考えましょう。当然個人差はありますし、この説が正しいとは限りません。なんとなく世に出回っている説です。

 

ただ、確定的なことは声帯というのは2枚のひだです。ひだが重なってそれに息を通すことで音が鳴ります。

このひだ(弁)が2つ喉の中にあります。

 

 

ココがポイント

これを声帯とします→( | | )

(    )が喉です。

| | が2つのひだと考えてください。

そうすると

  • 地声は (  I       )←このように左右のひだがピッタリ重なって出す
  • 裏声は (  V      )←このように声帯の一部がくっついて出す
  • ミックスボイスは (  Y       )←このようにちょうど中間くらいの使い方をしています。

 

 

実際にカメラで声帯見たわけではないので、確定的なことは言えませんが大体はこうだと言われています。(個人差はある)

 

この声帯が重なった部分を声帯のみ鳴らすことがエッジボイスです。

そしてそれぞれの閉鎖の範囲や場所が違うのでエッジボイスも細分化することができるというわけですね。

よって声帯コントロールの練習もそれぞれに合わせてできるというわけです。

 

ちなみにですが、エッジボイスの声帯閉鎖を極めるとホイッスルボイスが出せるようになるかもしれません。(保証はできませんが)

ホイッスルボイスについて詳しい内容は別記事にまとめているので、興味のある方はぜひ読んでみてください。

ホイッスルボイスについての考察|出し方・練習方法

今回は「ホイッスルボイス」というものについて書いていきたいと思います。 ホイッスルボイスとは超高音の声の出し方で、笛のような音が鳴ることからホイッスルボイスと呼ばれます。   有名なホイッス ...

続きを見る

 

 

エッジボイスはどういう効果があるのか

エッジボイスの効果

声帯閉鎖をコントロールする力を身につける

声帯を閉じる筋肉を鍛える

歌の表現力が向上する

 

という効果があります。一つずつ解説していきます。

 

声帯をコントロールする力を身につける

エッジボイスの効果はまず声帯を閉じる感覚をつかめるということ。

声帯を閉じるというのは単純に声帯をコントロールしているということです。脱力した状態で声帯にのみアプローチをかけるので、余計な筋肉にアプローチをかけずにダイレクトに声帯周りのコントロールに作用するということです。

 

また、高音域のトレーニングにもなりますね。

これは特に高音=ミックスボイスを出す感覚を非常に掴みやすくなるということです。

 

高い声を出すためには声帯を上手くコントロールしないといけません。

しかし高い声を出そうと力を入れると首や喉の余計な筋肉にまで力を入れてしまい苦しい状態での発声になってしまいます。

 

そうならないためにエッジボイスで声帯だけをコントロールする感覚を身につけるのです。

 

また、声帯閉鎖は声質をつくる重要な要素です。

声質は息と声帯閉鎖が大きく関係しています。このことについては別記事にまとめているので、興味にある方はぜひ読んでみてください。

息と声帯閉鎖の関係|声の個性を作る重要な要素

今回は「息と声帯閉鎖」の関係について書いていきたいと思います。 「息」と「声帯閉鎖」というのは声に大きく関係しているものです。   声質を作り出している大きな要素の一つです。 今回はそんな「 ...

続きを見る

 

ポイント

エッジボイスは声帯をコントロールする力が身につく

 

声帯を閉じる筋肉を鍛える

声帯を閉じる筋肉を鍛える効果もあります。

先ほどの声帯のコントロールのところとも、当然ながら関係しているのですが、声帯をコントロールできるように鳴るということは声帯を締める力も向上するということです。

 

また単純な締める力だけでなく、締めた状態を維持する能力も身につきます声帯閉鎖系の鳴りが強い声はこの閉鎖を維持する力も大事になってきます。

 

ここで重要なのが、喉を締めれるようになるのではなく、声帯を締めれるようになるということです。

つまり内喉頭筋に作用すると言うことです。喉頭筋について詳しくは別記事にまとめているので、興味のある方ぜひ読んでみてください。

内喉頭筋を鍛える?外喉頭筋を鍛える?発声に作用する筋肉群の効果

今回は声帯や喉仏の周りをコントロールする喉頭筋について書いていきたいと思います。 そもそも声というものはこの喉頭筋群の働き無しでは成り立ちません。   つまりボイストレーニングで鍛えているの ...

続きを見る

 

ポイント

声帯を閉じる力が鍛えられる。そしてそれを維持する力が鍛えられる

 

歌の表現力が向上する

エッジボイスの効果は歌の表現力が向上するということもあります。

表現力が上がるというと、少し語弊があるように感じますが、言い換えると表現の幅が増えるということです。

 

エッジボイスは冒頭でも書きましたが歌の中での表現として使われます。特に洋楽なんかでは多用されることが多いです。(というか英語はエッジボイスの延長線上のような声の出し方です。)もちろん邦楽でも使われます。

 

特に歌いだし、つまり言葉の最初をエッジボイスではじめることで歌に哀愁や深み・心地よさを生み出すように思えます。乱用しすぎるのはもしかしたらよくないかもしれませんが、適度に上手く使用することが表現の幅を大きく広げます。

 

エッジボイスの声帯コントロールはシャウト系の発声でも大きな鍵です。

シャウト系の発声について詳しくはこちら

シャウト系の発声の仕方について

 

ポイント

エッジボイスを適度に歌の中に取り入れることで表現力を身につける

その他シンガーの歌声解説はこちら

アーティスト歌声解説一覧

※タグの集合ページです

オススメ記事

1

今回は少し変わった視点からボイストレーニング・歌や声の成長の方法を書いていきたいと思います。 変わったと言うより、少しずるい方法ですが。。  効果は抜群です。   ボイストレーニングは独学で ...

2

今回はボイストレーニングにオススメの本を書いていきたいと思います。ボイストレーニングというものは、なかなか独学で独りでやっていくというのは難しいですよね。 「何からやればいいのか、何が正しいのか、何が ...

3

今回はボイストレーニングの効果を高めるグッズや声を鍛えるのに欠かせないグッズについて書いていきたいと思います。 グッズがなくてもボイストレーニングはできるのですが、あれば便利です。 グッズを使うメリッ ...

4

今回はボイストレーニング教室の選び方について書いて行きたいと思います。 ボイストレーニング教室に通ってみたいと思ったことがある人も少なくはないはずです。 いい声で話したいですよね。カラオケでうまく歌い ...

5

今回はミックスボイスについて書いていきたいと思います。 ミックスボイスというものについて多くの疑問を持っている人は多いと思います。   そもそもなんなの?何がミックスボイスなの?自分の声はど ...

-ボイストレーニング

Copyright© 音楽技術向上のためのブログ【ミュートレグ】 , 2019 All Rights Reserved.