ボイストレーニング

エッジボイスの効果や出し方について

投稿日:2017年10月16日 更新日:

この記事は

  • トレーニングとしての「エッジボイス」は目的に応じて2種類使い分けなければいけない
  • エッジボイスの効果の有無は現状の能力で変わる
  • エッジボイスには「声帯閉鎖を鍛える(地声の鳴り・声の芯)」「ハードロック系の高音発声に役立つ」「歌の表現の幅が広がる」という効果が考えられる。

という内容です。

『エッジボイス』とは?

『エッジボイス』とは

声帯を少ない振動回数で振動させることで、カラカラ・カリカリした鳴りを生み出す発声方法のこと

です。

英語「edge(エッジ)」「鋭い・尖った」という意味合いからエッジボイスと呼ばれる。

海外では『ボーカルフライ』と呼ばれることが一般的です。

 

主にカラカラ・ジジジジ・ビビビビなどのような音で、「声」というよりは「声の素」だけを鳴らしているような音です。

『エッジボイス』の出し方・練習方法

エッジボイスの出し方

まずは普通に「あーー」と発声します。

その「あーー」という状態から声量だけを絞っていきます。

声の音量を落としていき、吐く息の量を弱めていくと声にできなくなる点(音にならない点)が出てくると思います。

その声にならなくなりそうなギリギリの点はおそらく「あ"あ"あ"あ"あ"あ"あ"」という状態になっていると思います。

このようにエッジボイスは声帯を最小振動数で鳴らす(最小の力で鳴らす)とできると思います。

 

これでできない人は声帯部分で息を止めている感覚を作り、そこに声帯がカラカラと鳴るくらいの少量の息を通すとできると思います。

2種類のエッジボイスのトレーニング

エッジボイスのトレーニングは

  1. 声帯の内側の力メインのエッジボイス
  2. 声帯の外側の力メインのエッジボイス

があると考えられます。

目的によってこの二つは意識をしっかりと分けておかないとトレーニングとして機能しないかもしれません。

 

*コレはあくまで『力を使う割合』の話で完全に違う部分を使っているというわけではないのでそこは気をつけてください。

図は簡単に捉えやすいように簡略化しています。

①外側の力中心のエッジボイス【強いエッジ】

難しいことは抜きにして外側の力を中心としたエッジボイスです。おそらく強めのジリジリとした硬いエッジ感がある鳴りだと思います。

 

外側の力中心のエッジボイスの感覚

一番わかりやすい感覚は喉や喉周りを締めている感覚や息を止めているような感覚でしょう。

喉の空間がやや狭まってエッジボイスを出しているのならそれは外側の力を中心にした閉鎖です。

 

これらは声帯周辺の筋肉などを使って喉を締めるようにして生み出す尖ったエッジボイスです。

「声帯を柔軟にしている」というよりかは「喉周りの固定感を鍛えている」というようなイメージです。

 

一般的にはあまり必要ないかもしれませんが、ハードロックなどの超ハイトーンボイスは少なからずこういう外側の力を必要としていることでしょう。

 

②内側の力中心のエッジボイス【軽めのエッジ】

内側の力を中心としたエッジボイスです。

特に喉に力を入れずに声帯をゆっくり「カラカラ」と鳴らす。おそらくカラカラ・カサカサとした軽いエッジ感になるかと思います。

 

これは特に何も力を入れないことが大事で、

  • 『外側の力を排除したエッジボイス=内側の力中心のエッジボイス』

「声帯の鳴り」や「声の芯」を整えるなど声帯コントロールの部分のトレーニングになるでしょう。

 

簡単に言えば『話し声で使われるくらいの軽いエッジボイス』とも言えます。

 

日本人(日本語)の声帯の使い方では少ないですが、英語圏の声帯の使い方だと普通に話し声で使っていることも多いです↓

日常レベルでこういう声帯の使い方をする分、英語圏の人は声帯が柔軟になりやすいと考えられます。

「エッジボイスは効果があるのか」問題

『エッジボイスにはどんなボイトレ効果があるのか』に入る前に、よく議論になる

  • エッジボイスは効果がある・効果がない問題

について触れておかなければいけないと思います。

*ここでの「効果」とは『何かの能力を”成長させる・改善させる”などトレーニングになるかどうか』という意味。

 

というのも『エッジボイスというトレーニングが必要ない人もいる』と考えられるから。

要するに、この問題は

  • 『その人の現状の能力』によって効果の有無が変わる
  • エッジボイスはハードなトレーニングではないので特にそれがわかりやすく出る

と考えればいいのではないかと思います。

 

そして、

  • 声帯のコントロール能力が未熟な場合は効果がある(能力を向上させる)
  • 声帯のコントロール能力が高い場合は効果がない(調整程度にしかならない)

と考えれば、「効果がある」「効果がない」と議論が分かれるつじつまが合うと思われます。

 

トレーニングとしての効果はこんなイメージ↓

なので、「効果をしっかりと感じられる」という人もいれば、「ほぼ何も効果を感じない」という人もいるのでしょう。

 

つまり、『何かの能力をずっと向上させるようなタイプのトレーニングではなく、ある一定のラインまでの能力向上に役立つトレーニング』だと考えておけば、無駄な時間を過ごすことはなくなると思います。

あくまで目安ですが『エッジボイスを単発で「あ”っ」と鳴らせる』くらいになったら、”トレーニングとしては”それ以上はあまり恩恵が受けられないかもしれません(*やって損もないとは思いますし、声の調整にはなると思います)。

 

では、トレーニング効果について掘り下げます。

エッジボイスの効果

エッジボイスの効果は

  1. 声帯閉鎖を鍛える(地声の鳴り・芯を鍛える)→『主に内側
  2. 高音発声(主にハードロック・メタル系)を鍛えるのに役立つ→『主に外側
  3. 歌の表現の幅が広がる

というものが考えられます。

①声帯閉鎖を鍛える(地声の鳴り・芯を鍛える)

エッジボイスは声帯閉鎖(声門閉鎖)を鍛える効果があると考えられます。

エッジボイスはこの閉じた状態を作って、カラカラと声帯を最小振動数で鳴らさなければいけないので、力まず声帯を閉じるコントロール能力を鍛えるトレーニングになると考えられます。

 

このトレーニングは先ほどの2種類で言えば『内側』を意識するといいと考えられます。

また『筋トレのように筋肉が盛り上がっていくような感じの鍛える』ではなく、

  • 『神経を開発するような意味合いでの鍛える』

というニュアンスが強いと考えられます。

 

エッジボイスとは細かな声帯の最小の動きなので、そういう動きを繰り返すことで神経が開発されて声帯のコントロールが上手くなってくる。

結果的に「鳴り・声の芯」を上手くコントロールできるようになると考えられます。

関連記事
芯のある声を作るのは「声門閉鎖」

続きを見る

②高音発声に役立つ

エッジボイスは高音発声のトレーニングにも役立つと考えられます。

ただし、普通の高音発声ではなくハードロックやメタル系のジャンルで使われるような「尖った高音発声」「締めるような高音発声」において有効と考えられます。

ハードロックで使われるような強く尖った高音発声は一定の「固定・締め・緊張」が必要になります。

そしてこの固定感を身につけるためにエッジボイスのトレーニングは役立つと考えられます。

 

このトレーニングは先ほどの2種類で言えば『外側』を意識するといいと考えられます。

 

関連記事
ハイトーンボイスの出し方について

続きを見る

③歌の表現力が向上する

エッジボイスの効果は『歌の表現力が向上する』ということもあります。

表現力が上がると言い切るのは少し語弊がありますが、要は『表現の幅(テクニック)が増える』ということです。

 

特に歌いだし、つまり言葉の最初をエッジボイスではじめることで歌に哀愁や深み・心地よさを生み出すなどはよく使われるテクニックですね。

 

また全体的にエッジボイスの延長線上のような声の出し方で、かつハイラリ気味に声を出すと近年洋楽シンガーっぽい発声ができます。

関連記事
気だるい歌い方・エッジボイスっぽい発声方法についての研究

続きを見る

-ボイストレーニング

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2021 All Rights Reserved.