【9/13】まとめページは都合上削除いたします。引き続きカテゴリーページ等でお楽しみください。

声や歌について

洋楽を聴く人は歌が上手くなる?【洋楽を聴くべき理由について】

投稿日:2019年11月26日 更新日:

今回は「歌が上手くなりたい人が洋楽を聴くべき理由について」です。

当然ながら、洋楽を聴かなくたって歌が上手くなることは可能です。邦楽だけ聴いて歌が上手い人もいることでしょう。

しかし、日本のプロのシンガーがインタビューなどで「どんな音楽を聴いてきたのですか?尊敬するシンガーは?」と問われると海外のシンガーを答えていることが多くないですか?心当たりがある方も多いかと思われます。

実際、歌が上手いシンガーは洋楽を聴いている人が非常に多いと感じますし、「歌が上手くなりたいなら洋楽を聴け」とはよく言いますよね。なぜそうなのか?を考えるのも大事ですが、何も考えずにとにかくたくさん洋楽聴いたらいいのです。と中高生の頃の自分にも言いたいですね。笑

今回はそんな洋楽を聴くべき理由についてです。

歌が上手くなりたい人が洋楽を聴くべき理由

歌唱力のレベルの差

こんなことを言うと批判を受けそうな内容ですが、日本人シンガーを悪く言っているわけではないことだけご理解ください。

日本人シンガーにも偉大な素晴らしいシンガーは多くいます。日本に生まれなければ(言語的に)世界に通用するであろうシンガーも当然ながらいると感じています。

ただ、やはり洋楽のシンガーは総合的にレベルが高いのです。どうレベルが高いのかと言われるとあらゆる面でレベルが高いです。発声や演奏やリズムなどあらゆる面です。

ただ、このレベルの違いがわからない方もいるかと思います。

差がわからないという問題

僕も中高生くらいの頃は洋楽の良さがこれっぽっちもわからずに「日本の歌と何も変わらないじゃん」と感じていました。なんなら「歌詞の意味がわからないから、日本語の歌の方がいい」と思い洋楽はあまり聴いてこなかったので、洋楽を聴きたくない気持ちは非常にわかります。

わかりますが、これは僕が洋楽と邦楽の差を感じ取れない耳であったと言えます。

この差がわからない耳の人とわかる耳の人ではどちらが歌が上手くなるでしょう? 答えは簡単ですね。

発声原理が理にかなっていることが多い

実は日本のポップスと洋楽では明らかに違うところがあると感じています。

簡単に言うと洋楽シンガーは「発声的に無理をしない」ことが多いと感じています。それともう一つは洋楽は「低音域も売れる、つまりは邦楽ほど楽曲の音域が高くない」という点です(もちろん統計を取ったわけでもないので、立証できるものはありませんが)。

まぁこれは「低音域でも売れるから発声的に無理をしない」とも言えるのかもしれませんし、「理にかなった美しい音色の発声をするために無理のない音域(低音域)になる」と言えるのかもしれません。僕は後者だと思っていますが。

例えば

世界的に有名な低音使いのマイケル・ブーブレさん、もちろんご存知の方もいるでしょう。

グラミー賞を何度も受賞する世界トップクラスと言える歌唱力(上手過ぎて笑うレベル)を持っているシンガーですが、世界と比較すればなぜか日本ではあまり人気がないのでご本人が「日本でもスターになりたい」と冗談半分に言っていました。また、「アメリカで全く有名じゃないアーティストが、日本で有名なこともある。僕は逆なんだ。」とも語っていました。

当時世界のセールスはレディーガガさんやビヨンセさんよりは上だった気がしますし、世界的な知名度も同等でしょう。

ところが、日本では売れない(少なくとも世界ほど)し、「誰?」という人も多いでしょう。

低音シンガーは日本では売れないのでしょうね(日本で低音が売れない理由はいくつかあると考察しますが、ここでは置いておきます)。そろそろYOUTUBEなどのメディアの進化などで世界に追いつくような時代が来てもおかしくないとは思うのですが。

話が脱線してしまいました。

つまり売れ線が高音域にないのならば発声的に無理をしなくていいのです。無理をしなくていいということはそれだけ余裕ができるということです。余裕ができるということはそこに技術を詰め込めるということです。つまり無理のない理にかなった美しい発声を自在に使いこなしやすいのですね。

というか音域がどうこうというより、無理のない美しい発声こそが売れ線なのでしょう。

リスナーのレベルの差

これまた反感を買いそうな内容で恐れ多いのですが。別に「日本人が耳が悪い」と批判しているわけではないことだけご理解ください。

また、海外の人が日本人より耳がいいことを証明することは極めて難しいです。個人差があるのは当然ですし、基準を設けることもできません。

ただ、求められるものの基準が高ければ音楽的に高度なものが増えていくことになるのではないかという考えです。

求められるものの差

皆さんはオートチューン(Auto Tune)というものはご存知でしょうか? ピッチ補正ソフトのことなのですが、これが結構近年の歌においては問題になっていますね。というのも使い方次第では誰でもある一定水準にまで歌唱力を高められる素晴らしい(人によっては恐ろしい)ものです。

そして、海の向こうではすでにオートチューン(Auto Tune)という言葉は一般化しているのではなかろうかと予想します。少なくとも日本よりは。

というのもグラミー賞の受賞スピーチでオートチューンに抗議スピーチが行われる、オートチューンを批判する歌がある、など日本に比べるとその言葉の露出度が高いです。そんなこともあり、どんどん一般的にも広まったりもしているのでしょう。

また、向こうのYOUTUBEのタイトルではよく「Without Auto Tune」と書かれていることが多いです。つまり「オートチューンなしで歌っている」ということを強調したタイトル付けで凄さを強調しているのですね。最近そういうタイトルを非常によく見ますし、どこのコメント欄にも「この人にはオートーチューンはいらないね」みたいなコメントがあります。

海外はかなり進んでいますね。日本ではまだそのようなタイトル付けされた動画は見たことがないです(あるのかもしれませんが)。

YOUTUBEのタイトルに多くつけられるほど「オートチューン」は向こうでは一般化された言葉になっているのではないか、そしてそれを聞き分けられる耳を持った人が多いのではないかと想像します。コメント欄を見ても「what’s Auto Tune?」なんて書かれてないです。現状の日本だとまずそうなるでしょう。日本は何かの圧力で情報規制されてるんですかね?笑

また、「あなたの歌はオートチューンを使っているように聴こえる」みたいな一種の批判のようなものも向こうでは多いみたいですね。

アリアナ・グランデさんがツイッターか何かでそう言われて反論していましたね。まぁアリアナさんの場合はオートチューンを使っているかのごとく上手いのである意味褒め言葉ですが。

こういうお話は数多くあるので、紹介していくとキリがないのでこの辺で。

話が少し逸れましたが、オートチューンがYOUTUBEでタイトル付けされるほど向こうのリスナーは耳が良い、もしくはそういう人が多いのではないかと予想されますし、それに抗議運動が起こるほど音楽的な技術追求がされていると言えるのではないでしょうか?

耳が良くなる

これは先ほどの発声面の技術の高さを聴き取れるようになるという点で耳が良くなるということです。

さらに言語的な特性で耳が良くなるというとこもあります。日本語は基本的に1母音に対して1子音です。ところが英語は1母音に対して複数子音を入れることもありますし、母音のない子音だけの発声も多いです。

例えば

「Just」という英単語、日本語にすると「ジャスト」ですね。必ず日本語は1母音1子音なので、あえて日本人らしく発音すればこのジャストのすべての母音「アウオ」をしっかり発音するはずです。ところが英語の発音の場合、母音は「ジャ」の部分の「a」だけで「スト」部分は子音だけで発音するはずです。

こういう点で日本語と比較して音として多彩な表現ができるのですね。

それを聞き取れるようになるということはつまり耳が良くなるということです。

リズム感が良くなる

日本と比較すると洋楽は裏拍にアクセントがくる楽曲も多いです。また、リズムの重点を置いたような楽曲も非常に多いです。

洋楽シンガーのライブなどを見ていると観客の動きが日本とは随分違いますよね。音楽に合わせて体を揺らすような人や踊っているような人も多くいますね。そういうグルーヴ感を重視したような音楽文化に触れることもリズム感を成長させます。

さらに先ほどの言語の話と関連するのですが、英語は日本語に比べて子音だらけです。日本語耳では細かな子音のリズム感を聞きとれません。子音を聞き取ることが結果的にリズム感も成長させるはずです。

歌が上手くなりたいなら洋楽を聴くべき

以上のような理由で洋楽を聞くべきだと考えます。もちろんこれ以外にも多くの理由が挙げられそうですが。

「洋楽が邦楽より優れているのかもしれないけど、それでも日本の歌が好きだし、日本のシンガーが好き」という方もいるはずです。もちろんそれはそれでいいと思います。

ただそれでも洋楽を聴くべきだと思います。

例えば

もしあなたがこれから3ヶ月『洋楽だけをひたすら聴き続ける』のと『邦楽だけをひたすら聴き続ける』未来があるとします。3ヶ月後、どちらの方が歌が上手くなっているかというとほぼ間違いなく洋楽を聴き続けたあなたの方が上手くなっている事でしょう。

だって洋楽はこんなレベルです↓

最高ですね。

このYOUTUBEチャンネルの動画は全部こんな感じでなので、洋楽のレベルの高さを痛感しますし、非常に勉強になりますし、最高に楽しめますよ。僕のお気に入りチャンネルです。

話が少し逸れましたが、つまり嫌いでも苦手でも歌が上手くなりたいのなら洋楽を聴くべきなんです。

邦楽が好きなら邦楽も聴きつつ洋楽も同じくらい聴けばいいのです。そのうち洋楽の素晴らしさに気付くでしょう。耳が良くなれば歌も変わります。「音楽的感覚」の成長ですね。

洋楽を聴くトレーニングは『聴き放題のアプリを活用する』のがオススメです。邦楽好きはわざわざ洋楽にお金までかけたくはないでしょう。でも、無料体験期間を利用すれば1年間くらいは無料で楽しみながら洋楽トレーニングができるはずです。当然邦楽も楽しめます。

”音楽聴き放題”のおすすめ配信サービス

今回はオススメの音楽配信サービスアプリについての紹介です。 音楽配信アプリは当然音楽を聴くもので、単純に考えると娯楽の範囲でしょう。ですが、「音楽的感覚・感性」という部分の成長は音楽をたくさん聴くこと ...

続きを見る

オススメ記事

1

今回はボイストレーニングの効果を高めるグッズや声を鍛えるのに欠かせないグッズについて書いていきたいと思います。グッズがなくてもボイストレーニングはできるのですが、あれば便利です。 グッズを使うメリット ...

2

今回はボイストレーニングにオススメの本について書いていきたいと思います。 ボイストレーニングというものは、なかなか独学でやっていくというのは難しいですよね。「何からやればいいのか、何が正しいのか、何が ...

3

今回は「声の音域を広げる方法」について書いていきたいと思います。歌において音域を広げるということは大きな課題の一つですね。おそらく多くの人が音域を広げたいと思ったことはあるでしょう。 それくらい歌にお ...

4

今回は「歌が上手くなる」ということについて徹底考察していきたいと思います。 内容的には歌が上手くなる方法論というよりも「歌が上手いとは?」というのがテーマです。 歌が上手いとは何が優れているから歌が上 ...

5

今回はミックスボイス(ミドルボイス)について書いていきたいと思います。『ミックスボイス』というものについて疑問を持っている人は多いと思います。そもそもなんなの?何がミックスボイスなの?自分の声はどうな ...

-声や歌について

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2019 All Rights Reserved.