歌唱力アップ

歌唱力に必要な”2つの能力”とその『優位性』について

更新日:

今回は『歌が上手くなるために必要な2つの能力』である、

  1. 発声能力
  2. 音楽的感性

についての内容です。

歌が上手くなるために必要な2つの能力

歌が上手くなるためには大きくこの二つの能力が必要だと考えられます。

この二つの能力が歌の上手さを決めている二大要素

 

発声能力

「発声能力・声をコントロールする能力」というのは、その通り声の高い低いをコントロールしたり、声質をコントロールしたり、喉周りをコントロールしたりというものです。

単純に『声帯の運動能力』と言えます。

 

音楽的感性・感覚

「音楽的感性・感覚という能力」というのはリズム感や音感(ピッチ感)などの音楽的感覚のことです。

曲や音を聴き取る力、コード感を感じる力などもそうですね。

主に『脳や耳の能力』とも言えそうです。

なぜこの二つの能力が重要なのか

『歌』というものを構成している要素は

  1. 音程
  2. リズム
  3. 言葉

の3つです。

ということはこの3つの中に歌の上手さを決める要因があると考えられますね。

 

特に重要なのが

  1. 音程
  2. リズム

の二つ。

で、この『音程とリズム』を決めているのが二つの能力だと考えることができるのです。

  • ”発声能力”は『音程とリズムを調整するための能力
  • ”音楽的感性”は『音程とリズムを調整するための感覚

なので、重要ということです。

 

スポーツに例えるのなら「運動神経」と「頭の良さ」みたいな感じですね。

 

そうすると、

  • 『歌の上手さ』=『発声能力』×『音楽的感性』

というような公式が作れるのかもしれません。

二つの能力の優劣

上の段落では

  • 『発声能力』
  • 『音楽的感性・感覚』

完全に同列のような扱いをしましたが、実は「歌が上手い」ということに関しては『発声能力・声をコントロールする能力の方が圧倒的に重要なように感じます。

 

つまり、どちらの能力があった方がいいかと問われれば『発声能力・声をコントロールする能力』が高い方が歌が上手い可能性が高いし、上手くなりやすいと考えられます。

 

その理由は

『声をコントロールする能力』の方が鍛えるのが大変

だからです。

音楽的感性は鍛えやすい

この能力も突き詰めれば『絶対音感』など幼少から身につけなければいけないような高度な能力も存在するのですが、ある程度歌を上手く歌うための感性であればそこまでの高度な能力は必要ないですね。

 

さらにこれは経験的な要素が強いのでたくさん音楽を聞くだけでもそれなりに成長させることができますし、自然と成長するものでもあります。

 

つまりこの経験値は音を聴いたり・奏でたりすることが最大の成長

日常に音楽はあふれていますし、毎日聴くことも簡単にできますよね。

(*もちろんピアニストなどのような音楽家におけるこの能力は一般レベルとかけ離れていますので、毎日音楽を聴くだけでは到底届かないようなレベルです。ああいう方々はピアノの鍵盤を一通り弾いたら、「ここの調律がほんの少しズレてる」とかいうレベルの感覚・感性です。)

歌唱力の50%を構成する『音楽的感性・感覚』について

続きを見る

発声能力は鍛えにくい

逆に『声をコントロールする能力』は音楽的感覚を鍛えるより圧倒的に難しいものだと感じます。

頭ではわかっていても体(喉や声帯)は自由に動いてくれませんし、鍛えようにも腹筋や背筋のように目に見えるものでもないために成長を実感するのも難しい。

 

さらに、成長にも時間がかかります。

今日の練習が明日の結果に繋がらないのですね。筋トレのようにコツコツと積み上げていくようなものです。

声帯の場合、筋トレよりも効果や成果が実感できないでしょうね。筋肉痛などもほとんどないですから。

 

この能力は鍛えるのが大変なぶん、重要性が高いです。

  1. 音楽的感覚は抜群だが声帯がガチガチな人
  2. 音楽的感覚は全く無いが声帯が柔軟な人

この両極端な二人がヨーイドンで歌の練習を初めてどちらが上手くなるのが早いかというと後者である確率が圧倒的に高いということです。

 

そういう点で「歌の才能」というのはある意味この『声帯の柔軟性』部分のことを指すとも言えるかもしれませんね。

  • 『ピアノやヴァイオリンの一流音楽家』
  • 『モノマネ芸人や声優』

どちらの方が歌が上手い可能性が高いのかを考えると理解できますね。

統計などとったわけではないですし、音楽家の歌なんてほとんど聞けないですからあくまで予想でしかないですが、やはり声を仕事にしている人に軍配が上がるでしょう。

 

まぁこれは成長スピードや努力や苦労の問題突き詰めていけば辿り着く場所は変わらないとも言えるはずです。

ただ、とにかく『発声能力』というものは鍛えるのが大変で、ポテンシャルが出やすくて、厄介なものなんです。

『発声能力』を徹底的に分解する【歌唱力において優位性が高い要素】

続きを見る

-歌唱力アップ

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2021 All Rights Reserved.