声や歌について

『歌が上手くなるための』二つの重要なポイント

投稿日:2018年5月25日 更新日:

今回は歌が上手くなるポイントについて書いていきたいと思います。

歌が上手くなりたい人は多いと思います。下手であってもいいことはほとんどないですし、仲間とカラオケにいくのが苦しいですよね。何より上手く歌ったら気持ちよかったり、もし周りの人から「上手い」と言われたら嬉しいですよね。

今回は歌が上手くなる方法というよりも、上手くなるポイント=必要な能力や要素について書いていきたいと思います。漠然と歌が上手くなりたいとは思っていても、何をどうすればいいのか?ということをしっかり理解しているのといないのでは成長が違いますね。

そこを理解して道筋を立てることで上手くなるのです。今回はそんな歌が上手くなるポイントについて書いていきたいと思います。

歌が上手くなるポイントは『2つ』

歌が上手くなるポイント・能力は大きく分けると二つしかないです。もちろんその中には細分化された様々な要素があります。理屈では測れないような上手さというものもあるのかもしれません。ただ、『歌が上手くなる』というためのポイントは大きな括りでは二つしかないと考えています。

必要な能力

①声や喉をコントロールする能力

②ピッチやリズムなどの様々な音楽的感覚の能力

ココがポイント

この2つの能力の掛け算で歌のうまさというものは決まると考えています。

かなり大きなくくりですが、この視点を忘れると練習の道筋を見失いますし成長の薄い練習や間違った練習をしてしまうかもしれません。

なので、しっかりとこの2つの大きな要素が歌の上手くなるポイントと認識しましょう。

歌や能力は数値ではないのはもちろんなのですが、あえて数値化して考えてみましょう。

まぁ足し算でもいいのですが、僕はなんとなく掛け算のような考え方がしっくりきますね。

  • ①が10で②が2なら  10×2=20       歌の上手さ総合力20
  • ①が2で②が10なら  2×10=20       歌の上手さ総合力20

みたいな感じです。

  • ①が5で②が5なら  5×5=25       歌の上手さ総合力25
  • ①が10で②が9なら  10×9=90     歌の上手さ総合力90
  • ①が10で②が1なら  10×1=10       歌の上手さ総合力10

やはりどちらか一方が欠けていては成立しないので、掛け算のような考え方の方がしっくりきます。

例えば

①の能力があまりなくても②の能力が高い場合はそれなりに歌えてしまうことが多いですね。

これはピアノやギターをやっている人だとかその他楽器をやっている人に多いですね。

②の能力が引っ張ってくれるので、楽器をやっている人で歌が下手な人って少ない気がします。(もちろん例外はあるでしょう。よほど喉がコントロール苦手なのですね。)

逆に

①の能力がものすごく高くて、②の能力が低い人もいます。

こういう人は音楽的なことは何も習ったりしてないのに、歌がうまい人に多いですね。別に何してるわけでもないけど歌がうまい人っていますよね。

そういう人は大抵声のコントロールがものすごくできるのです。②の能力はそこまでなくても、①の能力で持っていけちゃうんです。

歌というものは音程リズム言葉によってできています。

特に音程とリズムは上手さというものに直結します。もっと言うと最後に残る重要なものは音程かなと考えています。喉のコントロール能力音楽的感覚も両方が音程の調整に深く深く関わっています。

ココがポイント

先ほどの例の前者と後者の違いは、

  • 前者はピッチやリズムなど様々な音楽的感覚の能力から音程やリズムを合わせにいっているのでうまいのです。
  • 後者は声や喉をコントロールする能力が高いので音程やリズムを合わせるのが楽にできるからうまいのです。

もしも同じ数値の歌の上手さであれば、どちらの能力が多い方がいいでしょうか?

それは圧倒的に①の能力つまり、「声や喉をコントロールする能力」が高い人の方がいいです。なぜなら、その能力の方が鍛えるのが大変だからです。ピッチやリズムなど様々な音楽的感覚の能力もちろん深く学べば学ぶほど大変だし難しいものなのですが、これは経験的な要素も強いのでたくさん音楽を聴くだけでもそれなりに成長させることもできます。

幼い子ですごい歌が上手い人ってほとんどいないですよね(まぁ歌に限らずですが)。それはの経験値が足りていないからです。当然です。生きてきた年数が少ないのですから。

この経験値は音を聴くことや奏でることこそが最大の成長なのです。逆に音楽的な能力は高いけど、喉のコントロールが未熟な方はそこを鍛えていかなければいけません。声や喉のコントロールは音楽経験よりも鍛えるのが大変ですね。

頭でわかっていても体はなかなか動かないものです。特に喉のような目に見えない部分を鍛えていくのは大変です。こっちの能力の方が伸びるのが遅いので、その分だけ大変ということですね。大変というだけで、ダメだということは全くないです。鍛えていけばたどり着く場所は同じです。

「声や喉をコントロールする能力」はどう鍛える?

単純ですが、『ボイストレーニング』が一番です。もしくは歌を歌う

ココがポイント

歌を歌うというのは野球で言えば、試合に出るようなものです。そこで得られる経験値ももちろんあるのですが、素振りや走り込みや守備練習という基礎が結果を生みますよね。ボイストレーニングがその基礎部分に当たると思っています。

歌うのも大事ですが、声や喉をコントロールするという点に関してはボイストレーニングで練習するのもいいですね。

どちらが良いというのは人によるでしょうが、方法にとらわれずに声を自由にコントロールするという目的に向かって進んで行けば良いのですね。

「ピッチやリズムなど様々な音楽的感覚の能力」はどう鍛える?

これは経験によって鍛えられるものです。音楽を聞くだけでも成長できる能力ですね。まぁ「聞く」より「聴く」ですね。たくさん聴くことが重要です。音楽を聴くことで、色々な音を聴き分けられるようになってきますし、様々なパターンの音楽に触れることもできますし、単純に楽しむこともできます。良いことづくしです。音楽的経験値は聴いた数だけ成長しますね。

もっと効果的に音楽的感覚の能力を鍛える方法があります。それは楽器を練習するということです。この楽器を練習するということがかなりこの能力が高めますこれが一番この能力を成長させる方法だと思われます。単純に音に触れる機会が増えますし、自分で演奏することでコード感やピッチ感やリズム感も付きます。

楽器をすると歌が上手くなるという点について別記事にも詳しくまとめていますので、興味のある方は参考にしてみてください。

楽器と歌の上手さの関係性|歌が上手くなりたい人が始めるべき楽器

今回は楽器と歌の上手さの関係性・歌が上手くなりたい人が始めるべき楽器について書いていきたいと思います。 やはり歌が上手い人というのは楽器が弾ける人がほとんどですね。となると、当然「楽器が弾けるようにな ...

続きを見る

また、音楽理論を勉強するというのもまた間接的にこの能力を高める重要なファクターです。

まとめると

歌が上手くなるには

必要な能力

①声や喉をコントロールする能力

②ピッチやリズムなどの様々な音楽的感覚の能力

を鍛えていけばいいということになります。ポイントを確認することで自分に何が足りないのかを見極めることが大切というお話でした。読んでいただきありがとうございます。

その他シンガーの歌声解説はこちら

アーティスト歌声解説一覧

※タグの集合ページです

オススメ記事

1

今回はボイストレーニングの効果を高めるグッズや声を鍛えるのに欠かせないグッズについて書いていきたいと思います。グッズがなくてもボイストレーニングはできるのですが、あれば便利です。 グッズを使うメリット ...

2

今回はボイストレーニングにオススメの本について書いていきたいと思います。ボイストレーニングというものは、なかなか独学でやっていくというのは難しいですよね。「何からやればいいのか、何が正しいのか、何が一 ...

3

今回は少し変わった視点からボイストレーニング・歌や声の成長の方法を書いていきたいと思います。変わったと言うより、少しずるい方法ですが。効果は抜群です。ボイストレーニングは独学でする人も多いでしょうが、 ...

4

今回はボイストレーニング教室の選び方について書いていきたいと思います。ボイトレ教室って興味が湧きますよね?ボイストレーニング教室に通ってみたいと思ったことがある人も少なくはないはずです。歌も人から習う ...

5

今回はミックスボイス(ミドルボイス)について書いていきたいと思います。『ミックスボイス』というものについて疑問を持っている人は多いと思います。そもそもなんなの?何がミックスボイスなの?自分の声はどうな ...

-声や歌について

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2019 All Rights Reserved.