声や歌について

歌が上手くなるために必要な”2つの能力”と”6つのポイント”

投稿日:2018年5月25日 更新日:

今回は「歌が上手くなる」ということについて徹底考察していきたいと思います。

内容的には歌が上手くなる方法論というよりも「歌が上手いとは?」というのがテーマです。

歌が上手いとは何が優れているから歌が上手いのか、何がどういう状態だから歌が上手いのかというポイントについての内容です。結果的のそこを抑えれば上手くなるものでもありますが。

今回はそんな「歌が上手くなる」ということについて研究考察していきたいと思います。

「歌が上手い」とは

「歌が上手い」とは一体どういうことでしょうか?

実はこれは結構難しい問題ですね。

何が基準で歌が上手いのか?何を指標に上手さを測るのか?そんなことを深く考えていくと一つの結論にたどり着きます。

『歌の上手さを測る指標は人それぞれ違う』

この結論にたどり着きます。

なぜかというと音楽は芸術であり表現だからですね。

スポーツのように決められたルールにおける得点や数値で優劣・勝敗をつけるものではないからですね。歌にはこれがあれば絶対的に「優」というルールや指標は一切ありません

音程やリズムも「音程が外れている方がいい」「リズムが合ってない方がいい」と言われればそこまでです。つまり突き詰めると歌が表現である限りその優劣などは存在しないのですね。

音楽における誰かと誰かを比較するなんて、赤色と青色のどちらがいいかを決めるようなものです。

赤色が好きな人に「青色の方がいい」といくら言ったところで、、、という話ですね。まぁこのように最終的(極論)には個人個人で歌の上手さの基準は変化するということです。

しかし

実際には多くの人が共通して「歌が上手い」と感じる歌はあるでしょうし、共通して「歌が下手だ」と感じる歌もあるでしょう。

人それぞれ違うと先ほどは言いましたが上手さを感じるポイントは多くの人が同じでしょう。

つまりこのポイントは何なのかを考え、その点を改善していくことが「歌が上手くなる」ということですね。

まず大きな2つの柱を理解し、その中に細分化された歌が上手いと感じるポイントを考えていきます。

歌が上手くなるために必要な2つの能力

歌が上手くなるには大きな二つの柱(能力)を理解する必要があります。その二つのポイントが

①声をコントロールする能力

②音楽的感性・感覚という能力

この二つですね。*以降省略のために①、②と表現するところもあります。

基本的に歌唱力はこの二つの能力が大きな核となっています。

声をコントロールする能力

「声をコントロールする能力」というのは、その通り声の高い低いをコントロールしたり、声質をコントロールしたり、喉周りをコントロールしたりというものです。

単純に声帯の運動能力と言えます。

音楽的感性・感覚という能力

「音楽的感性・感覚という能力」というのはリズム感や音感(ピッチ感)などの音楽的感覚のことです。

曲や音を聴き取る力、コード感を感じる力などもそうですね。

歌の上手さというのはこの二つの能力の掛け算のような考え方で決まると考えるとしっくりきます。

なぜなら、片方の能力が特化している場合、もう片方がそうでもない場合でもある程度上手いことが多いので掛け算的に考えたほうがしっくりくるからです。

例えば、極端なパターンとして以下のようなパターンが考えられます。

①の能力が低く②の能力が高い人

つまり、声のコントロールは苦手だけど音楽的感覚は優れているという人ですね。

例えば楽器をやっている人・熟練者などが考えられますね。楽器が弾けるような人は歌が下手な人は少ないような気がします。

もちろん例外はあるでしょう。よほど声帯のコントロール能力が足を引っ張っているということですね。基本的には②の能力が歌の上手さを引き上げてくれるので、歌が上手い人(少なくとも下手ではない人)が多いですね。

①の能力が高く②の能力が低い人

声のコントロール能力が高く、音楽的感覚があまりない人ですね。

例えば、生まれつき、もしくは環境により声の柔軟性が非常にあるような人ですね。

よく通る声を持っていたり、抑揚もしっかりとあるような声を持っている人に多いですね。それでいて音楽的なことに何も興味がなかったり、楽器なども弾けないのに歌が上手いことがあります。

こういう人は声帯のコントロールが楽にできるので②の能力をあまり持っていなくても、声帯を柔軟に動かしてある程度上手く歌えるのですね。

こういう人もよほど音楽的感覚が欠如していない限りは歌が上手い人(少なくとも下手ではない人)が多いですね。

このような極端なパターンでも歌が上手い(少なくとも下手ではない)ことはよくあるのですね。なので掛け算的に考えたらいいのではないかという考えです。

ではなぜそう考えられるのでしょうか。それを説明したいと思います。

歌の上手さを感じる重要な要素は?

歌を構成しているものは「音程・リズム・言葉」の3つです(*もっとわかりやすく言うと2つで、メロディー(音程+リズム)・言葉です)。

この3つが揃えば歌になるという大事な3つの要素です。

もちろん細分化すればたくさんあるでしょうが『歌を構成する柱』はこの3つですね。

特に『音程』と『リズム』は上手さというものに直結します。

もっと言うと最後に残るのは音程だと個人的には考えています。

これは何の要素を失うと最も下手に聞こえるかと言うものを考えると音程になりますね。

つまり最も重要な要素は音程ということが考えられます(冒頭でも述べたように、個人次第ではある)。

そして①の能力も②の能力も「音程の調整」に深く密接に関わりのあるものです。なのでこの二つの能力が歌の上手さを決めている2大要素だと考えることができるのです。

先ほどの極端な例の前者と後者の違い

  • 前者は音楽的感性や感覚の能力が高いので『音程やリズムを合わせる感覚が秀でている』ので上手いのです。
  • 後者は声をコントロールする能力が高いので『音程やリズムを合わせるのが楽にできる』ので上手いのです。

もちろんよほどもう片方が欠落している場合は、上手くないこともあるでしょう。しかし、基本的にこの二つの能力が歌の上手さの鍵です。

そしてこの二つの能力を向上させることが「歌が上手くなると言い換えることができますね。

二つの能力の優位性

ココがポイント

上の段落では歌が上手くなるために重要な二つの能力『声をコントロールする能力』『音楽的感性・感覚という能力』は数値面など完全に同列のような扱いをしましたが、実は「歌が上手い」ということに関しては声をコントロールする能力』の方が重要なように感じます。

つまりどちらの能力があった方がいいかと問われれば『声をコントロールする能力』が高い方が歌が上手い可能性が高いし、上手くなりやすいと思っています。声優やモノマネ芸人などの人に歌が上手い人が多いのもこの能力が高いからですね。

もちろんケースバイケースですし、人によるという極論はありますが。

理由はもちろんあります。

その理由は

『声をコントロールする能力』の方が鍛えるのが大変

だからです。

音楽的能力は鍛えやすい

『音楽的感性・感覚という能力』も当然ピッチやリズムなど突き詰めていくと大変ですし難しいものなのですが、これは経験的な要素が強いのでたくさん音楽を聞くだけでもそれなりに成長させることができます。

感覚や感性ですからはっきりしたことは言えませんが、脳と大きく関係しているような部分ではないでしょうか(脳の成長は比較的量に比例しやすいです。やればやるだけ積み上がっていくような印象を受けます。勉強などでもそうですね)。

つまりこの経験値は音を聴いたり・奏でたりすることが最大の成長なのです。日常に音楽はあふれていますし、毎日聴くことも簡単にできますよね。

この能力は伸ばしやすいですし、知らず知らずに成長する能力でもあります。(*もちろんピアニストなどの音楽家におけるこの能力は一般レベルとかけ離れていますので、毎日音楽を聴くだけでは到底届かないようなレベルです。)

声帯コントロールは鍛えにくい

逆に『声をコントロールする能力』は音楽的感覚を鍛えるより難しいものだと感じます。頭ではわかっていても体(喉や声帯)は自由に動いてくれませんし、鍛えようにも腹筋や背筋のように目に見えるものでもないために成長を実感するのも難しいのです。

さらに成長にも時間がかかります(今日の練習が明日の結果に繋がらないのですね。筋トレのようにコツコツと積み上げていくようなものです。声帯の場合普通の筋トレより成果が実感できないです)。この能力は鍛えるのが大変なぶん、重要性が高いですし、最初から持っている人はすぐに歌が上手くなりますね。

つまり

「音楽的感覚は抜群だが声帯がガチガチな人」と、「音楽的感覚は全く無いが声帯が柔軟な人」がヨーイドンで歌の練習を初めてどちらが上手くなるのが早いかというと後者である確率が圧倒的に高いということです。

「自分は歌が下手だ」と言うプロの楽器奏者などがいるのもこのためですね。声帯がよほどガチガチなのでしょう(おそらく実際に歌ってみるとそこまで下手ではないことがほとんどでしょうが、音楽家は耳がいいので自分の歌がプロのシンガーと比べると下手に感じやすいということもあると思います)。

まぁこれは成長スピードや努力や苦労の問題突き詰めていけば辿り着く場所は変わらないはずです。

そして『声をコントロールする能力』『音楽的感性・感覚という能力』の二つの能力はどちらも欠けてはならないものであり、両方があってこその歌の上手さです。

『声をコントロールする能力』の鍛え方

単純ですが、「声を使う」「ボイストレーニング」「歌を歌う」という練習方法になってくるでしょう。

歌を歌うというのは野球などのスポーツに例えると試合に出るようなものです。そこで得られる経験値ももちろんあるのですが、素振りや走り込みや守備練習という基礎練習も重要ですよね。ボイストレーニングがそういう基礎練習の部分に当たると考えています。

また、ほとんどの人が日頃声を使って話しているでしょう。それも声をコントロールする力を鍛えていると言えば鍛えているのですが、毎日ウォーキング(話す)しているようなものです。走る力(歌の上手さ)を鍛えるには物足りないですね。

どちらが大事とかではなく、両方大事です。

声のコントロール能力を鍛えるために具体的に何をすればいいのか

これは極論を言ってしまうと「人それぞれ違う」と言えますね。

重要

様々なボイストレーニング方法がありますが、持っている声帯は人それぞれなので全ての人に当てはまるトレーニングなんてないですし、 全ての人に同じような効果があるトレーニングもないですからね。

ボイストレーニングは「比較的こうなりやすい」という範囲でしかないので、最終的には人によるということになるはずです。

なので「声帯をコントロールする能力を鍛えるにはこれ」という明確な方法を提示することはできないのです。

あえて一番最適な声帯コントロールの鍛え方を提示するとしたら、それは「再現性の力に頼ること」です。

要はモノマネ力を鍛えるということです。

『声帯コントロール』の鍛え方についての考察

今回は歌において非常に重要な「声帯コントロール」についてです。 「声帯コントロール」とは単純に声帯をいかに自由に動かせるかというものです。 この声帯コントロールは非常に複雑で、厳密にはまだ解明されてい ...

続きを見る

また、声帯コントロールの大きな鍵を握っている筋肉は「輪状甲状筋」や「甲状披裂筋」などです。

つまり声帯伸展能力声帯閉鎖(収縮)能力が鍵を握っています。

大きくはこの二つの能力を鍛えることとなるでしょう。

詳しくはこちら

高い声が出ない人は『二つの力』を理解すべき

今回は高い声が出ない人が理解すべき「二つの力」について考察していきます。 その二つの力とは『声帯伸展』と『声帯閉鎖(収縮)』という二つの声帯をコントロールする動きです。 この二つの動きのどちらもが音程 ...

続きを見る

『音楽的感性・感覚という能力』の鍛え方

先ほども書きましたが、これは経験によって得られる能力であることが大半です。

楽器を弾く

一番効果的な方法は『楽器を演奏する・演奏できるように練習する』ということです。楽器が弾けるようになることでこの能力を飛躍的に高めることができます。

プロのシンガーは大抵の人が楽器を弾けますね。例外はあるでしょうが、つまりそういうことです。

単純に音に触れる機会が増える・自分で演奏することでコード感やリズム感がつくなどのメリットが考えられます。音楽理論にも少なからず触れることになりますし。

そういう点で楽器をするということはこの能力を飛躍的に高める一つの方法だと考えられます。

楽器が弾けると歌が上手い?|歌が上手くなりたい人が始めるべき楽器

今回は楽器と歌の上手さの関係性・歌が上手くなりたい人が始めるべき楽器について書いていきたいと思います。 やはり歌が上手い人というのは楽器が弾ける人がほとんどですね。となると、当然「楽器が弾けるようにな ...

続きを見る

音楽をたくさん聴く

また、単純に音楽を聴くだけでも成長させることができます。とにかくたくさん聴くことが重要です。音楽をたくさん聴くことで聴き取れなかった音が聴き取れるようになったり、様々な音楽のパターンに触れるなど多くのメリットが考えられます。特に洋楽を聴くことをお勧めします。

洋楽を聴くメリット

理由は長くなるので端的に語りますが、『音楽的な耳が良くなります』。日本人のプロのシンガーが「尊敬するシンガーは?」と問われると大抵の人が海外のシンガーの名前を挙げますね(もちろんそうじゃないこともあるでしょう)。プロの人に限ってそうであることが非常に多いですね。「なんで海外の人の名前ばっかり言うんだろう?名前も知らないよ。」って思ったことありませんか?僕も中高生の頃思っていました。理由はよく考えればなんとなくわかりますね。

例えばプロの柔道家に「尊敬する柔道家は?」と尋ねるとほとんどの柔道家が日本人の名前を挙げるでしょう。まぁそういうことです。日本人が劣っていると言いたいわけではありません。日本人にも偉大なシンガーがたくさんいます。ただ、世界は広いということですね。言語的な特性なども大きく影響していることでしょう。

洋楽を聴く人は歌が上手くなる?【洋楽を聴くべき理由について】

今回は「歌が上手くなりたい人が洋楽を聴くべき理由について」です。 当然ながら、洋楽を聴かなくたって歌が上手くなることは可能です。邦楽だけ聴いて歌が上手い人もいることでしょう。 しかし、日本のプロのシン ...

続きを見る

とにかくたくさん音楽を聴くなら

「音楽的感覚や感性の能力」を高めるには多くの音楽を聴くべきですが、多くの音楽を聴くのにもお金がかかりますね。そんな方におすすめなのは聴き放題の音楽配信サービスです。

無料体験を利用すれば、無料で多くの楽曲に触れることができるのでトレーニングに最適です。

”音楽聴き放題”のおすすめ配信サービス

今回はオススメの音楽配信サービスアプリについての紹介です。 音楽配信アプリは当然音楽を聴くもので、単純に考えると娯楽の範囲でしょう。ですが、「音楽的感覚・感性」という部分の成長は音楽をたくさん聴くこと ...

続きを見る

『歌が上手い』と感じるポイント

先程までの章は歌が上手くなるための大きなポイントについて説明しました。

ここからは少し細かく踏み込んで、歌が上手いと感じるポイントについて述べていきます。

これは人が何を持って歌が上手いと判断しているのか?ということですね。もちろん冒頭で述べたように最終的には人それぞれなのですが、いくつかのポイントがあると考えられます。

歌が上手いと感じるポイント

  1. 音程
  2. 高音
  3. 声量
  4. リズム
  5. ビブラート
  6. フェイクやアドリブ

というポイントです。一つづつ詳しく説明していきます。

『音程』

「音程がいかに合っているか」ということです。

これは先ほどの段落でもその重要性を述べましたが、一番歌の上手さを感じるポイントではないかと考えられます。音程が外れているだけで下手に聞こえますし、逆に音程が合っているだけで上手に聞こえます。

例えば

ピッチがかなり外れている歌をピッチ補正するだけで上手く聞こえたりします(これがある種の問題にもなっているのですが、ここでは置いておきます。気になる人は「オートチューン」でググってみてください)。「音さえ合っていればいい」とまで言い切っていいのかは難しいところですが、それくらい音程が合っているというのは重要なことなのです。

そしてその『音程を合わせる』というものが実に奥が深く、歌に入り込めば入り込むほど・極めようとすればするほどピッチ(音程)というものと向き合うことになる(=人間の限界を知る)のですね。

音程の尺度は難しい

どれくらい音程が合っていれば上手く聞こえて、どれくらい音程が合ってなければ下手く聞こえるのか、それは個人個人の感性によるところが大きいです。

例えば、音楽に何も興味がない人は音が合っているのか外れているのかもわからないでしょうし、逆に例えばピアニストのような音楽に精通している人であればほんの些細な音程の変化も気になって仕方がないでしょうね。

歌のピッチを鍛える方法について

今回は音楽におけるピッチの重要性やピッチの分類、ピッチを良くしていく方法を書いていきたいと思います。 ピッチやリズムというのは歌にかかわらず音楽に深く関われば関わるほどにどんどんつきまとってくる課題で ...

続きを見る

『高音』

「いかに高い声を出せるか」ということですね。

これに関しては個人的な考えでは、これだけでは歌の上手さを測る要素にはあまりならないというか、一つの条件下でのみ上手さを測るものだと思っています。

しかし、一般的には高い声で歌えるというだけでかなり大きな要素ですし、そう思う気持ちもわかります。僕もそうでした。

個人的には

先に個人的な考えを述べます。なぜ上手さを決める要素にならないかというと、「高いだけ」では魅力的ではないのですね。

つまり高い声を出すために音程や音色や響きを犠牲にしてまで出しているのであれば、「高音を歌えている」だけで「歌っている」のではないのですね。それなら低い声で質のいい発声の方が断然魅力的に感じます。

つまり僕の感性では「質がいい」という条件下でのみ高音は魅了的に感じますし、その質が良ければ良いほどに魅力的です。ただ何度も言うように最終的には好みの問題ですね。

一般的には

しかし、一般的には高音は出しているだけで魅力的だと感じる人も多いでしょう。

僕も中高生くらいの頃はどっぷりとそれでした。『高音 is my life』みたいな思考を持っていました。

なぜそう感じるかですが、人はできないことに憧れを持つ生き物だからではないでしょうか。魅力的かどうかは別として低音域は誰もが出せる確率は非常に高いですが、高音域は誰もが最初から出せる確率は低いですね。

できないことは得体が知れないものなので「すごい!」という風に感じてしまいます。当然ですよね。

また、ポップスは基本的に音が高いことが多いです。普通の話し声では使わないような音域がガンガン出てきます。

その結果高音が苦手な人は苦しそうになったり、出せなくて音を外してしまったりして、「歌が下手という印象を生み出す」結果になることが多いです。この場合、実際は「下手」ではなく「キーが合ってない」が正確な表現ですね。

しかし、悲しいかな世間一般では「下手」と評価されてしまいます。

ということは

逆に高音域さえ楽に出すことができれば、下手と言われることが少なくなりますし、むしろ高音域が出せるだけで上手いと言われたりすることがあるでしょう。

あなたの周りでも、もともと声が高い人で歌が下手と言われている人って少ないのではないでしょうか?それは歌が上手いかどうかは別問題として「キーが合わせやすい」ことが多いのですね。つまり「下手に聞こえる確率が大幅に下がる」ということです。

おそらく時代が時代ならこうはならなかったでしょうが、高音至上主義はなかなか衰えないですね。60年代・70年代・80年代くらいまではそこまで高音至上主義ではなかったと思います(統計をとったわけではないです。個人的な感覚です。例外なシンガーはいくらでもいますが全体感としてのお話です)。

90年代・00年代・10年代と高音至上主義感がありますね(特に90年代・00年代は強い高音域が顕著)。

おそらくこれから平均音は下がっていく時代に入る(もう入っている?)のではないかと予想しますがそこまで極端に下がらないとも思います。

話が脱線しましたが、高音を出せるというのが歌の上手さを感じる要因になり得るということです。

『音域を広げる方法』の徹底考察【声帯と息の重要性】

今回は「声の音域を広げる方法」について書いていきたいと思います。歌において音域を広げるということは大きな課題の一つですね。おそらく多くの人が音域を広げたいと思ったことはあるでしょう。 それくらい歌にお ...

続きを見る

『声量・声質・音色』

これは「いかに質の良い声を出せるか」ということです。

例えば、話している声でさえ「あの人はいい声だ」と感じることはありますよね。

これは様々な要素があり、結果的にいい声と感じたりするのですね。よく響くとか、よく通るとか、心地よい鳴りとかそういうものですね。

当然歌も同じで、そういう声を持っている・発声することが歌が上手いと感じるポイントになります。

例えば

音程やリズムはバッチリ合っているけど黒板を爪でひっかくような音のような声(不愉快な音)だった場合や蚊の鳴くような声量だった場合、歌が上手いと感じないでしょう

極端な例ですが、そう考えると音色も重要な要素の一つということです。

『リズム』

そのままですが、「いかにリズムが合っているか」ですね。

このリズムに関しては突き詰めると非常に奥深いもので、音程のような永遠のテーマ感があります。リズムにとことんこだわりのある人もいるでしょう。

ただ、これは一般的な感覚で考えるとそこまで重要ではないと考える人も多いのかもしれません。

おそらくリズムがある程度の範囲で合っていればそこまでリズムを気にして「下手だ」と感じる人もいないのではないでしょうか。

逆にリズムがすごく良くて「上手い」と感じる人も一般的には少ないのではないかと考えられます。これは日本の音楽がリズム文化よりもメロディ文化の方が強いからではないかと考えます。

ただ、リズムが全く合ってなかったりすると「下手」と言われてしまうので、歌の上手さに関係している項目ですし、気になる人はとことん気になります。

歌のリズム感の鍛え方について

今回は歌の中でのリズムについて書いていきたいと思います。歌のリズムというのは実はとても重要です。リズム感が悪いと歌が下手に聞こえてしまうことも多いですね。 あまり音楽に詳しくないレベルの人だとそこまで ...

続きを見る

『ビブラート』

「ビブラートをかけることができるか・できないか」ということです。

別にビブラートをかけた方が上手い・かけないのが下手だと言っているわけではありません。あくまで表現技法であり、近年どんどんビブラートは減少傾向にあると感じています。

ただ、かける方が上手いと感じるポイントになります。少なくともかけて下手に感じることはほぼないはずです。つまりビブラートをかけた方が上手いと感じる要素になるということですね。

理由の一つはこれも高音と似たようなものです。

やはり音楽に詳しくない人や歌が苦手な人はビブラートをかけることができない人がほとんどでしょう。カラオケに行ったときに周りにビブラートをかけられる人が何人いるでしょうか?もちろん何人かいるでしょうが、そんなに多くないでしょう。

高音同様にできないことには憧れを持つもので、上手いと感じるポイントになり得るということです。

また、ここが一番大きいのですがピッチの安定感がつきます。

ココがポイント

ビブラートの正体は音程の揺れの波ですが、これが聴いている人にとって非常に心地よく安定感を感じるのですね。つまり音程の部分とリンクしてくるのでビブラートができる・できない、もしくはビブラートの質というものも歌の上手さを感じるポイントになるということです。

ビブラートの出し方や練習方法について

今回はビブラートについての考察や、やり方・練習方法について書いていきたいと思います。 歌の技法として誰もが知っているであろうビブラート。やはりビブラートがかかっている歌声って上手く聴こえますし、かっこ ...

続きを見る

『フェイクやアドリブ』

これは「フェイクやアドリブができるかどうか」ということですね。

これも人が歌の上手さを感じるポイントですね。

これはなくてもいいのですが、それがあると「おぉ」となるようなものですね。上手さを感じる付加価値的な要素と言いますか、できなくても下手ではないけれどできると上手いと感じるものですね。

ココがポイント

なぜ上手いと感じるのかというとこれも一般的にはまずできないような技術だからですね。このようなハイレベルな技術は様々な能力(コード感・作曲能力・ピッチ感など)を必要とするので、音楽に疎い人にはまずできないものでしょう。なので当然上手さを感じるものということですね。

歌のフェイクやアドリブのやり方・練習方法|『コード感』を身につけよう

今回はフェイクやアドリブについて書いていきたいと思います。フェイクやアドリブというのができるようになると、音楽的に上級者という感じがしますよね。聴いている方は引き込まれますし、聴いていても観ていてもか ...

続きを見る

まとめ

このように歌が上手いと感じるポイントはいくつかあります。

もちろん上記以外にもあるでしょう。例えば、感情表現など。ただこういったものは個人個人の感覚が占める割合が多いので述べていません。

歌が上手いと感じるポイント

  1. 音程
  2. 高音
  3. 声量
  4. リズム
  5. ビブラート
  6. フェイクやアドリブ

上記6つのポイントを押さえることで歌が上手いと言われることも多くなるでしょうし、「下手」と言われている人はそう言われることも少なくなるかもしれないですね。

つまりこのポイントをトレーニングしていくことが「歌が上手くなる」ということにつながります。

そしてもっと大きなポイントとして『声をコントロールする能力』『音楽的感性・感覚という能力』の二つの能力を鍛えることが「歌が上手くなるための道」と言えるでしょう。

今回は歌が上手いとは?というところから必要な能力やスキル・技術のポイントを考えていきましたが、もっと大きな視点で考えて、歌唱力アップのために何をするべきかというところでの歌が上手くなる方法についてはこちらです。

『歌が上手くなる方法7選』〜ボイトレが全てではない〜

今回は”歌が上手くなるための方法や取り組み”についてです。 当サイトでは歌唱力アップのための様々なトレーニングや研究考察などを紹介しています。 例えば「〇〇のためには〇〇トレーニングがいい」みたいな感 ...

続きを見る

オススメ記事

1

今回はボイストレーニングの効果を高めるグッズや声を鍛えるのに欠かせないグッズについて書いていきたいと思います。グッズがなくてもボイストレーニングはできるのですが、あれば便利です。 グッズを使うメリット ...

2

今回はボイストレーニングにオススメの本について書いていきたいと思います。 ボイストレーニングというものは、なかなか独学でやっていくというのは難しいですよね。「何からやればいいのか、何が正しいのか、何が ...

3

今回は「声の音域を広げる方法」について書いていきたいと思います。歌において音域を広げるということは大きな課題の一つですね。おそらく多くの人が音域を広げたいと思ったことはあるでしょう。 それくらい歌にお ...

4

今回は”歌が上手くなるための方法や取り組み”についてです。 当サイトでは歌唱力アップのための様々なトレーニングや研究考察などを紹介しています。 例えば「〇〇のためには〇〇トレーニングがいい」みたいな感 ...

5

今回はオススメの音楽配信サービスアプリについての紹介です。 音楽配信アプリは当然音楽を聴くもので、単純に考えると娯楽の範囲でしょう。ですが、「音楽的感覚・感性」という部分の成長は音楽をたくさん聴くこと ...

-声や歌について

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2020 All Rights Reserved.