声や歌について

歌が上手くなるために必要な”2大要素”について

投稿日:2018年5月25日 更新日:

今回は『歌が上手くなるために必要な2大要素』というテーマです。

この記事は

  • 「歌が上手いとは」について
  • 歌が上手くなるために必要な2つの能力について
  • 2つの能力の優劣
  • 2つの能力の鍛え方

という内容です。

「歌が上手い」とは

「歌が上手い」とは一体どういうことでしょうか?

実はこれはかなり難しい問題です。

何が基準で歌が上手いのか?何を指標に上手さを測るのか?そんなことを深く考えていくと一つの結論にたどり着きます。

『歌の上手さを測る指標は人それぞれ違う』

この結論にたどり着きます。

なぜか?

『音楽は芸術であり表現だから』ですね。

スポーツのように決められたルールにおける得点や数値で優劣・勝敗をつけるものではないからです。

歌にはこれがあれば絶対的に「優」というルールや指標は一切ありません

音程やリズムも

  • 音程が外れている方がいい
  • リズムが合ってない方がいい

と言われればそこまでです。

つまり突き詰めると歌が表現である限りその優劣などは存在しないのですね。

音楽における誰かと誰かを比較するなんて、赤色と青色のどちらがいいかを決めるようなものです。

赤色が好きな人に「青色の方がいい」といくら言ったところで、、、という話ですね。

まぁこのように最終的(極論)には個人個人で歌の上手さの基準は変化するということです。

しかし

実際には多くの人が共通して「歌が上手い」と感じる歌はあるでしょうし、共通して「歌が下手だ」と感じる歌もあるでしょう。

人それぞれ違うと先ほどは言いましたが、多くの人がある程度共通して上手いと感じるポイントのようなものはあると思います。

つまり『このポイントを捉えるには何が必要なのか?』を考え鍛えることが『歌が上手くなる』ということだと考えられます。

歌が上手くなるために必要な2つの能力

歌が上手くなるためには大きく二つの能力が必要だと考えられます。

その二つの大きな柱は

  1. 声(声帯)をコントロールする能力
  2. 音楽的感性・感覚

です。

この二つの能力が歌の上手さを決めている二大要素だと考えられます。

そして、

  • 『歌の上手さ』=『声帯コントロール』×『音楽的感性』

という方程式が作れると思っています。

基本的に歌唱力はこの二つの能力が大きな核となっています。

声をコントロールする能力

「声をコントロールする能力」というのは、その通り声の高い低いをコントロールしたり、声質をコントロールしたり、喉周りをコントロールしたりというものです。

単純に『声帯の運動能力』と言えます。

音楽的感性・感覚

「音楽的感性・感覚という能力」というのはリズム感や音感(ピッチ感)などの音楽的感覚のことです。

曲や音を聴き取る力、コード感を感じる力などもそうですね。

なぜこの二つの能力が重要なのか

『歌』というものを構成している要素は

  • 音程
  • リズム
  • 言葉

の3つです。

この3つが揃えば歌になるという大事な3つの要素です。ということはこの3つの中に歌の上手さを決める要因があると考えられますね。

それが

  • 音程
  • リズム

の二つです。

もっと言うと最後に残る最重要項目は『音程』だと個人的には考えています(冒頭でも述べたように、個人次第ではある)。

これは何の要素を失うと最も下手に聞こえるかというものを考えると自然と音程になりますね。

つまり音程こそ最も重要

そして先ほどの『声帯コントロール』『音楽的感性』の両方が音程の調整」に深く密接に関わりのあるものです。

なのでこの二つの能力が歌の上手さを決めている2大要素だと考えることができるのです。

  • 声帯コントロールは『音程を調整する能力』
  • 音楽的感性は『音程を調整する感覚』

歌の上手さは二つの能力の掛け算で決まる

  • 『歌の上手さ』=『声帯コントロール』×『音楽的感性』

なぜ掛け算にように考えられるのかというと、片方の能力が高いと歌が下手になることが少ないからです。

例えば、極端なパターンとして以下のようなパターンが考えられます。

声帯能力『低』・音楽的感性『高』

つまり、声のコントロールは苦手だけど音楽的感覚は優れているという人ですね。

例えば楽器をやっている人・熟練者などが考えられますね。

楽器が弾けるような人は歌が下手な人は少ないような気がします。

もちろん例外はあるでしょうが、基本的には音楽的感性の能力が歌の上手さを引き上げてくれるので、歌が上手い人(少なくとも下手ではない人)が多いですね。

声帯能力『高』・音楽的感性『低』

声のコントロール能力が高く、音楽的感覚があまりない人ですね。

例えば、生まれつき、もしくは環境により声の柔軟性が圧倒的にあるような人ですね。

よく通る声を持っていたり、いい声と言われるような声を持っている人に多いかもしれません。

こういう人は声帯のコントロールが楽にできるので音楽的感性の能力をあまり持っていなくても、声帯を柔軟に動かしてある程度上手く歌えるのですね。

こういう人もよほど音楽的感覚が欠如していない限りは歌が上手い人(少なくとも下手ではない人)が多いですね。

このような極端なパターンでも歌が上手い(少なくとも下手ではない)ことはよくあるのですね。

なので掛け算にように(あくまで『ように』)考えたらいいのではないかと思います。

二つの能力の優劣

上の段落では

  • 『声をコントロールする能力』
  • 『音楽的感性・感覚』

完全に同列のような扱いをしましたが、実は「歌が上手い」ということに関しては『声をコントロールする能力の方が圧倒的に重要なように感じます。

つまり

どちらの能力があった方がいいかと問われれば『声をコントロールする能力』が高い方が歌が上手い可能性が高いし、上手くなりやすいと考えられます。

声優やモノマネ芸人などの人に歌が上手い人が多いのもこの能力が高いからですね。

音楽的なことは何も習っていない友達の歌が上手いのもこのためです。

もちろんケースバイケースですし、人によるという極論はありますが。

理由はもちろんあります。

その理由は

『声をコントロールする能力』の方が鍛えるのが大変

だからです。

いや、『超大変』かも。笑

音楽的感性は鍛えやすい

この能力も突き詰めれば『絶対音感』など幼少から身につけなければいけないような高度な能力も存在するのですが、ある程度歌を上手く歌うための感性であればそこまでの能力は必要ないですね。

さらにこれは経験的な要素が強いのでたくさん音楽を聞くだけでもそれなりに成長させることができます。

ココがポイント

感覚や感性ですからはっきりしたことは言えませんが、脳と大きく関係しているような部分ではないでしょうか?

脳の成長は比較的経験や量に比例しやすいです。

やればやるだけ積み上がっていくような印象を受けます。勉強などでもそうですね。

つまりこの経験値は音を聴いたり・奏でたりすることが最大の成長なのです。

日常に音楽はあふれていますし、毎日聴くことも簡単にできますよね。

この能力は伸ばしやすいですし、知らず知らずに成長する能力でもあります。

(*もちろんピアニストなどのような音楽家におけるこの能力は一般レベルとかけ離れていますので、毎日音楽を聴くだけでは到底届かないようなレベルです。ああいう方々はピアノの鍵盤を一通り弾いたら、「ここの調律がほんの少しズレてる」とかいうレベルの感覚・感性です。)

声帯コントロールは鍛えにくい

逆に『声をコントロールする能力』は音楽的感覚を鍛えるより圧倒的に難しいものだと感じます。

頭ではわかっていても体(喉や声帯)は自由に動いてくれませんし、鍛えようにも腹筋や背筋のように目に見えるものでもないために成長を実感するのも難しいのです。

さらに

成長にも時間がかかります。

今日の練習が明日の結果に繋がらないのですね。筋トレのようにコツコツと積み上げていくようなものです。

声帯の場合、筋トレよりも効果や成果が実感できないでしょうね。筋肉痛もほぼないですから。

この能力は鍛えるのが大変なぶん、重要性が高いですし、最初から持っている人はすぐに歌が上手くなりますね。

つまり

  1. 音楽的感覚は抜群だが声帯がガチガチな人
  2. 音楽的感覚は全く無いが声帯が柔軟な人

この二人がヨーイドンで歌の練習を初めてどちらが上手くなるのが早いかというと後者である確率が圧倒的に高いということです。

そういう点で「歌の才能」というのはこの『声帯の柔軟性』部分のことを指すとも言えるかもしれませんね。

  • 『ピアノやヴァイオリンの一流音楽家』
  • 『モノマネ芸人』

どちらの方が歌が上手い可能性が高いのかを考えると理解できますね。

統計などとったわけではないですし、音楽家の歌なんてほとんど聞けないですからあくまで予想でしかないですが。

まぁこれは成長スピードや努力や苦労の問題突き詰めていけば辿り着く場所は変わらないはずです。

そして最終的には

  • 『声をコントロールする能力』
  • 『音楽的感性・感覚』

の二つの能力はどちらも欠けてはならないものであり、両方があってこその歌の上手さではあると言えるでしょう。

『声をコントロールする能力』の鍛え方

単純ですが、

  • 声を使う
  • 歌を歌う
  • ボイストレーニング

という練習方法になってくるでしょう。

ただ、「具体的に何をすればいいのか?」というのは、極論を言ってしまうと「人それぞれ違う」と言えるでしょう。

重要

様々なボイストレーニング方法がありますが、持っている声帯は人それぞれなので全ての人に当てはまるトレーニングなんてないですし、 全ての人に同じような効果があるトレーニングもないです。

ボイストレーニングは「比較的こうなりやすい」という範囲でしかないので、最終的には人によるということになるはずです。

なので「声帯をコントロールする能力を鍛えるにはこれ」という明確な方法を提示することはできないのです。

当サイトには色々なボイストレーニングを紹介するページもあるので、興味のある方は活用してみてください。

『音楽的感性・感覚』の鍛え方

先ほども書きましたが、これは経験によって得られる能力であることが大半です。

  • 楽器を弾く
  • とにかくたくさん音楽を聴く

というのが歌にとっては一番いいと思います。

楽器を弾く

楽器が弾けるようになることでこの能力を飛躍的に高めることができます。

プロのシンガーは大抵の人が楽器を弾けますね。

例外もあるでしょうが、つまりそういうことです。

単純に音に触れる機会が増える・自分で演奏することでコード感やリズム感がつくなどの多くのメリットが考えられます。

音楽理論にも少なからず触れることになりますし。

そういう点で楽器をするということはこの能力を飛躍的に高める一つの方法だと考えられます。

楽器が弾けると歌が上手い?|歌が上手くなりたい人が始めるべき楽器

今回は楽器と歌の上手さの関係性・歌が上手くなりたい人が始めるべき楽器についての内容です。 この記事は 楽器が弾けることと歌の上手さの関係性→『すごく関係ある』 歌が上手くなるために始めるべき楽器→『ピ ...

続きを見る

音楽をたくさん聴く

単純に音楽を聴くだけでも成長させることができます。

とにかくたくさん聴くことが重要です。

音楽をたくさん聴くことで聴き取れなかった音が聴き取れるようになったり、様々な音楽のパターンに触れるなど多くのメリットが考えられます。

特に洋楽を聴くことをお勧めします(もちろん邦楽でもいい)。

洋楽を聴く人は歌が上手くなる?【洋楽を聴くべき理由について】

今回は「歌が上手くなりたい人が洋楽を聴くべき理由について」です。 当然ながら、洋楽を聴かなくたって歌が上手くなることは可能です。邦楽だけ聴いて歌が上手い人もいることでしょう。 しかし、日本のプロのシン ...

続きを見る

結論

歌が上手くなるために必要な2大要素

  1. 声帯コントロール
  2. 音楽的感性・感覚

です。

まずはここを理解することが最初のステップだと思います。

この大きな柱の中から何が必要なのかをより細かく考える記事はこちら。

歌が上手いと感じる”7つのポイント”について

今回は『歌が上手いと感じる7つのポイント』というテーマです。 この記事は 歌が上手くなるために必要なもの 歌が上手いと感じる7つのポイント についてです。 歌が上手くなるために必要なもの 歌が上手くな ...

続きを見る

オススメ記事

1

今回はボイストレーニングの効果を高めるグッズや声を鍛えるのに欠かせないグッズについて書いていきたいと思います。グッズがなくてもボイストレーニングはできるのですが、あれば便利です。 グッズを使うメリット ...

2

今回はボイストレーニングにオススメの本についてです。 ボイトレ本は『初心者・中級者・上級者』という段階に応じた読みやすさと、『何を重点的に紹介しているのか』が本によってそれぞれ違います。 それによって ...

3

今回は「声の音域を広げる方法」について書いていきたいと思います。歌において音域を広げるということは大きな課題の一つですね。おそらく多くの人が音域を広げたいと思ったことはあるでしょう。 それくらい歌にお ...

4

今回は”歌が上手くなるための方法や取り組み”についてです。 この記事は 自分の歌声を録音して練習する 音源をなぞって練習する たくさん歌う・実践する ボイストレーニングする たくさんの音楽を聴く 音楽 ...

5

今回は声量を上げるトレーニング方法についてです。 この記事は 声量を上げるポイントは→『共鳴・声帯・息』 3つのうち一番重要で鍛えやすいのは→『息』 声量アップのトレーニング方法について という内容で ...

6

「note」にて歌や声について『さらに深く探究した記事(有料)』か『しょうもない記事(無料・でも結構面白いとは思う)』を書いています。 有料マガジン ▪️歌が最高に上手い人 ...

-声や歌について

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2020 All Rights Reserved.