歌唱力アップ

歌が上手くなるためには”お手本選び”も重要?

投稿日:2021年1月8日 更新日:

今回は歌のお手本・目標・指針選びが歌唱力の向上に影響するだろうということについて。

この記事は

  • 歌が上手いシンガーは歌が上手いシンガーをお手本にしている
  • お手本選びにおいて考えるべきこと

という内容です。

歌が上手いシンガーは歌が上手いシンガーから影響を受けている

多くのシンガー達は影響を受けたシンガーやルーツになった音楽などをインタビューで答えることがありますね。

 

そういったものを多く研究すると、

  • 『歌が上手いシンガーは歌が上手いシンガーから影響を受けている』ことが非常に多い

ということが言えると考えられます。

 

言い換えると、「歌が上手いシンガーの歌をよく聴いていた人は歌が上手くなりやすい」とも言えるでしょう。

ある意味では当たり前とも言えるのかもしれませんが、これは歌において非常に重要なポイントなのだろうと考えられます。

 

例えば、アリアナ・グランデが影響を受けたシンガーに挙げているのが「ビヨンセ、ファーギー、インディア・アリー、ブランデー」などですね。

で、そこに挙げられているシンガーの歌声を聴くと「あぁ、なるほどなぁ。」となるわけです。

インディア・アリー↓

ブランデー↓

 

もちろん、人それぞれ個性があるので全く同じ声・同じ歌唱スタイルになることはないのですが、目標や指針が大きな影響を与えることは間違いないですね。

自分が目標に据えたものに自分の能力は吸い寄せられるので、歌が上手くなるためには『お手本設定が大事と言えるでしょう。

お手本の選び方

「じゃあ、とりあえずすごいシンガーを目標に設定すればいいのか」というものも間違ってないのですが、それも含めてお手本選びには重要な二つのポイントがあるだろうと考えられます。

 

お手本選びのポイントは

  1. すごいシンガー
  2. 自分の持っている声帯と似ているシンガー

という二つのポイントを考えればいいと思われます。

①すごいシンガーを目標にする

何を持って「すごい」とするかは個人の好みやジャンルなど様々な要因によって変わってくるでしょう。

 

これは

  • プロのシンガーが参考にしたと言っているシンガー
  • プロのシンガーがすごいと言っているシンガー

などを目標に設定するといいのではないかと考えられます。

 

多くのシンガーを調査すると結構同じ人の名前が出てきたりしますので、そういう人をお手本にすると間違いないだろうと考えられます。

 

ここで結構あると思うのが、「なんでこの人?何が良いのか全くわからない」みたいな、全然その凄さ・上手さが理解できないパターンですね。

中学生くらいの頃の僕のことです。笑

 

まぁ、歌に限らずどんなことでもこういう初心者と上級者の感覚の差みたいなものってありますよね。

 

こういう時、「理解できない!」と切り捨てるのはもったいないと思います。

そのシンガーが多くのプロシンガーから支持されているような人であった場合は『自分の音楽的感性・感覚』がそれを理解できるレベルに至ってない可能性が高いので、理解しようと嫌でもずっと聴いておいた方が後々必ず得するでしょうし、結局理解できるようにもなるはずです。

②自分の持っている声帯と似ているシンガー

実は「すごいシンガーだからこの人を目標にしよう」だけでは上手くいかないことも多いのではないかと考えられます。

 

その原因が『個体差・個人差』です。

要するに

  • 目標にしているシンガーの体(骨格・あご・のど・声帯などなど)と自分の体が全然違うタイプであった場合、お手本として成立しにくいだろう

ということです。

 

お手本にするということは多くの人が真似から入るはずです。

真似すること自体は何も問題ないですし練習としては正しいことでしょうが、声帯のタイプが違い過ぎると真似することが逆効果になることもあるはず。

 

例えば、

「すごく低い声帯を持っている人」が「すごく高い声帯を持っているシンガー」の歌声をいくら真似しようとしても、元々の特性が違いすぎるのでそのシンガーの歌声に近づくことはほぼ不可能でしょうし、特性が違いすぎるのに真似しようとした結果変な方向性に行ってしまう可能性も高いでしょう。

 

つまり、自分の体の特性(声の特性)と近い人を目標に設定しないと上手くいかない可能性が高まる

 

特に声帯の『音域のタイプ』と『声質のタイプ』の二つはなるべく自分と似たタイプを目標にした方がいいはず。

 

もちろん、この声帯の特性の違いを考慮して自分の声帯に上手く変換できるのであれば、この項目は無視してもいいと思います。

それができる人もいるでしょう(*この部分は「才能・センス」と呼べるのかもしれません)。

 

ただこれは結構難しいので、自分の声帯の特性と似た人を目標にした方が外れが少ないだろうと考えられるということです。

好きなシンガーが良いお手本になるとは限らないから厄介

上記二つの項目

  1. 『プロがすごいと言うシンガー』
  2. 『自分の声帯の特性と似たシンガー』

をお手本にすると歌が上手くなる可能性が飛躍的に高まると考えられるのですが、自分の好きなシンガーがこれに当てはまることってそうそうないのではないかと思われます。

 

特に二つ目の項目ですね。

自分が好きなシンガーが自分と似たような声帯の特性であることってそうあることではないでしょう。人は大抵自分にないものが好きだったりしますから。

 

これって非常に厄介な問題だと思います。

  • 『憧れ』と『適正』が同じになることはそう多くない

ということをしっかりと受け入れないといけないのかもしれませんね。

 

スポーツなどでもよくあることだと思います。例えば、野球でピッチャーに憧れていたけど野手になった。パワー系に憧れていたけど、スピード系になった。みたいな。

 

歌も自分の適正から逃れることはできないので、好きなシンガーがいいお手本になるとは限らない。自分の特性と似たシンガーの方が実はいいお手本になる確率は高いと考えられます。

-歌唱力アップ

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2021 All Rights Reserved.