声や歌について

音楽を聴く耳の良さと歌唱力の関係性

投稿日:2019年12月11日 更新日:

今回は『耳の良さ』が歌唱力に大きく影響するものであるという内容です。

実は「耳の良さ」は歌唱力や歌の上手さにおいて重要なものの一つだと思います。

それが全ての要因ではないことは大前提ですが、耳が良ければ歌が上手くなりやすいでしょうし、耳が悪ければ上手さから遠ざかることもあるかもしれません。

今回はそんな「耳と歌唱力の関係性について」です。

歌唱力に必要な「耳の良さ」

音楽における「耳の良さ」というものは結構漠然としていますね。正確に定義するのは難しいものであったりもします。

絶対音感・相対音感・コード進行・リズム・楽器の音・定位・ミックスのバランス、などなどあげていくとキリがないです。

ココがポイント

歌唱力において必要な「耳の良さ」は「発声を聴き分ける耳」が重要です。

どんな発声をしているのか、どんな音色を生み出しているのかなどを聴き分ける耳ですね。

まぁ大抵の場合これだけを聴き分ける耳を持っている人は少なく、発声を聴き分けることができる人はそれ相応に他の音も聴き分けることができる耳を持っているでしょうから、結局耳の良さは総合力ですね。

例えば

アコースティックギターの音色とか特に個性が出ますが、初心者には何が何だかわからないものですね。

あなたはギターの音色の良し悪しはわかるでしょうか?

YOUTUBEとかでよく聴き比べの動画とかありますが、僕も昔はその良し悪しが全くわからなかったです。今でこそ、「このギターは高音の抜けが~」とか「鳴りの質が~」とかわかりますが、当時は「何言ってんだ?」と思っていましたね。

まぁ僕の耳が悪かったんです。

このように音楽的な音色の質などを聴き分ける能力はわからない人には全くわからないですし、わかる人にはものすごくわかるのです。

そしてその耳は成長させることができます。

なぜ発声を聴き分ける耳がいいと歌が上手くなる?

ココがポイント

発声を聴き分ける耳がいいということは

『そのシンガーの発声の質や状態がわかる』ということです。

それはつまり、『自分の発声の質や状態がわかる』ということでもあります。

そしてそれがわかれば『目標の発声と自分の発声の誤差を埋める能力がある』と言えます。

自分のやっていることの質を正しく認識することができるのならば、目指すべき方向への修正や正しい道筋へ訓練することができますね。

例えば、

文字の練習であれば「あ」という文字のお手本が隣に書いてあって、それに合わせて自分の「あ」を練習することでその違いを認識して、修正しようと努力することでどんどん字が上手くなっていきますね。

歌においても同じで、お手本を正しく認識し、自分の歌声を正しく認識すればお手本に向かって何が必要かは自ずとわかります。

ただ、

このお手本と自分の歌声を正しく認識するのが難しい。なぜなら、大抵の歌手の歌声はCDなどの音源としてしか聴けないからです。これがおそらく目の前で生歌を聞くことができれば、誰もがその質を認識しやすいはずなのです。

ところが、マイクを通した音声データと化したものでは、その質を聴き分ける難易度が上がります。

基本的にはCDやライブ音源しか音楽を聴くことはないでしょう。だからこれを聴き分ける耳が必要なのですね。

こういう聴き分ける耳をもっている人は結果的に「再現性のあるトレーニング」が成功しやすいので歌が上手くなりやすいと考えることができます。

最も効果のあるボイストレーニングとは『”再現性”のある実践』

ボイストレーニングは様々な手法ややり方など多く語られており、そのバリエーションは無限ですね。 そんな多くのボイストレーニングの方法があり、結局何をすればいいのかと迷うことも多いはずです。 でも迷えば迷 ...

続きを見る

耳を良くするには

洋楽を聴く

発声を聴き分ける耳をよくするにはどうすればいいか、一つは『洋楽を聴く』ということをオススメします。

洋楽は発声の質が高いだけでなく、音楽的にあらゆるレベルのクオリティがすごいです。また、洋楽はボーカルの位置が近い(近年は特に)なので、発声の質がわかりやすいです。

洋楽を聴く人は歌が上手くなる?【洋楽を聴くべき理由について】

今回は「歌が上手くなりたい人が洋楽を聴くべき理由について」です。 当然ながら、洋楽を聴かなくたって歌が上手くなることは可能です。邦楽だけ聴いて歌が上手い人もいることでしょう。 しかし、日本のプロのシン ...

続きを見る

いいイヤホン・スピーカーを使う

音の違いがわからないのであれば、わかるくらいにいい音楽機器を使えばいいのです。

実はこれも結構重要だと考えられます。違いがわかる環境を作って違いがわかる耳にするということです。

音楽を鳴らしている機器自体があまりいいものではない場合、その音色のクオリティを引き出せていない可能性があります。

いい音楽機器で音楽を聴くと嫌でも違いがわかります。いい音楽機器はより鮮明で綺麗な音色を鳴らしてくれます。当然それだけ質を捉えやすいです。

イヤホンなら最低1万円以上、コンポなら2万円以上くらいは出したいところですね。

まぁ今は機器としては大体イヤホンで聴くのが主流ですかね。

日本人のiPhone普及率は7割らしいので、音楽を聴くものもiPhoneのスピーカや付属のイヤホンが多いと仮定すれば、値段に対する音の質は時代とともにどんどん進化していると言えるのでしょうが、やはり高価なものはそれ相応の音を表現します。

「1万円以上のイヤホン!?高すぎ!」ですよねぇ。でも1万円以上は世界が変わります。

昔の僕がそうだったからものすごく気持ちがわかるのですが、「安いイヤホンと高いイヤホンあんまり変わらないよ!」って思っている人ほど危険です。結局それって『違いがわかってない』から耳が悪いんです。

結果的に

『いいイヤホンを使うことで耳が良くなる』と言えますね。そして『耳が良くなれば歌が上手くなる』のでしたね。

ということは結果的に『いいイヤホンを使うことは耳が良くなる』と言っても過言ではない?

最近のオススメはこれ一択ですね。

オススメ記事

1

今回はボイストレーニングの効果を高めるグッズや声を鍛えるのに欠かせないグッズについて書いていきたいと思います。グッズがなくてもボイストレーニングはできるのですが、あれば便利です。 グッズを使うメリット ...

2

今回はボイストレーニングにオススメの本について書いていきたいと思います。 ボイストレーニングというものは、なかなか独学でやっていくというのは難しいですよね。「何からやればいいのか、何が正しいのか、何が ...

3

今回は「声の音域を広げる方法」について書いていきたいと思います。歌において音域を広げるということは大きな課題の一つですね。おそらく多くの人が音域を広げたいと思ったことはあるでしょう。 それくらい歌にお ...

4

今回は”歌が上手くなるための方法や取り組み”についてです。 当サイトでは歌唱力アップのための様々なトレーニングや研究考察などを紹介しています。 例えば「〇〇のためには〇〇トレーニングがいい」みたいな感 ...

5

今回はオススメの音楽配信サービスアプリについての紹介です。 音楽配信アプリは当然音楽を聴くもので、単純に考えると娯楽の範囲でしょう。ですが、「音楽的感覚・感性」という部分の成長は音楽をたくさん聴くこと ...

-声や歌について

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2020 All Rights Reserved.