歌唱力アップ

耳の良さと歌唱力の関係性【耳をよくする方法】

更新日:

今回は『耳の良さと歌唱力の関係性』についてです。

この記事は

  • 耳の良さは歌唱力に影響する
  • 歌唱力に必要な二つの「耳の良さ」
  • 耳をよくする方法

という内容です。

耳の良さと歌唱力の関係性

当たり前と言えば、当たり前でしょうが、

  • 耳がいい人は歌が上手くなる可能性が高い

です。

もちろん一概には言えないのは大前提ですが、「耳の良さ」は「歌の上手さ」に大きな影響があると考えられます。

 

また、「耳の良さ」にも色々なジャンルがあると思いますが、歌の上手さに必要な「耳の良さ」は

  1. 音程が合っているかどうかが分かる耳の良さ
  2. 発声の質(音の性質)を理解できる耳の良さ

という2つでしょう。

両方とも大事なのはもちろんですが、特に右側の能力が歌の上手さにおいては重要かと考えられます。

①音程が合っているかどうかが分かる耳の良さ

これは音程以外にも「リズム」など様々な面があるのですが、いわゆる『音楽的感性・感覚』に関連する耳の良さ

その中でも最もダイレクトに歌唱力につながるのが「音程」でしょうからわかりやすく音程に絞ってお話しします。

 

簡単に言えば、

  • 自分が発している歌声の音程が合っているか合っていないかが分かる

という耳の良さですね。

 

まぁ、単純に『音程が合っている』とは言っても、

  • どちらかと言えば合っている
  • 普通に合っている
  • かなり合っている
  • 超絶合っている

みたいな感じで細かい度合い・レベルがあるので、実はかなり奥が深いものでもあります。

 

ただ、歌の上手さにおいてこの耳がものすごくいいからと言って、歌が上手くなるとは限らないのが面白いところ。

なぜなら、

  • 『歌唱力=発声能力×音楽的感性』

だからです。

そして今回の耳の良さは右側の能力に深く関わっていますが、左側の能力には関わっていないので片側しか埋められない耳というわけですね。

 

例えば、一流ピアニストなどの音楽家はこういう耳はトップクラスに長けていると考えられますが、歌はそこまで上手くないというか普通くらいだと思います。

もちろん、そもそも歌わないので上手さがわかりませんが、「歌は下手です」と発言する音楽家は多いですよね。

 

とは言え半分を埋める要素ではあるので、重要と言えば重要なんです。

こういう耳の良さは楽器を練習することで飛躍的に高められると考えられます。

楽器が弾けると歌が上手い?|歌が上手くなりたい人が始めるべき楽器

続きを見る

 

②発声の質を理解する耳の良さ

これは

  • 「どんな発声をしているのか、どんな音色なのか」などを聴き分ける耳の良さ

です。

この耳が歌の上手さに非常に重要だと思いますし、歌が上手い人はこういう耳がいいのだと考えられます。

 

発声を聴き分ける耳がいいということは

  • 目標のシンガーの発声の質や状態がわかる

ということです。

また、

  • 自分の発声の質や状態もわかる』

ということでもあります。

 

そしてそれが正確に理解できていれば、

  • 『目標の発声と自分の発声の誤差を埋める能力がある

と言えます。

 

「自分の発声」と「目標の発声」を正しく認識することができるのならば、目指すべき方向への修正や正しい道筋へ訓練することができますね。

 

例えば、

文字の練習であれば「あ」という文字のお手本が隣に書いてあって、それに合わせて自分の「あ」を練習することでその違いを認識して、修正しようと努力することでどんどん字が上手くなっていきますね。

 

歌においても同じで、お手本を”正しく認識”し、自分の歌声も正しく認識すればお手本に向かって何が必要かは自ずとわかります。

この耳の良さを持っている人は歌が上手い人、もしくは上手くなる人が多いと考えられます。

 

【お手本を認識する難しさ】

お手本(プロの歌声)を正確に認識するのはかなり難しいです。

なぜなら、大抵の歌手の歌声はCDなどの音源としてしか聴けないからです。ライブであっても基本的にマイクを通しています。

 

おそらく目の前で歌手の生歌を聴くことができれば、誰もがその質を正確に認識できるはず。

ところが、マイクを通した音声データと化したものでは、その質を聴き分ける難易度がぐんと上がります。

最低でもこれくらいは通っているでしょう。特に厄介なのは『コンプレッサー』だと思います。こいつのせいで発声の解釈が人によってずれたりします。

ここでは長くなるのでやめておきますが、とにかく「生歌」の部分の理解がとても重要なのですね。

 

プロのシンガーの子供が歌が上手くなるのも、バンドのボーカルではない楽器陣が意外と歌が上手い人が多いのもこのためですね。本物の発声の質を正確に理解しやすい環境にいるから自然と上手くなるという理屈でしょう。

 

最近はインスタライブなどで生歌が聴けたりします(*厳密にはスマホの録音音声ですが、音源よりは圧倒的にわかりやすい)。

ああいうのはすごくいい勉強になると思います。

こういうの↓

 

【自分の声を正しく認識する】

これの解決方法は比較的簡単かもしれません。

  • 自分の声を録音する

がベストです。

歌声の録音トレーニングは”最も重要で効果的な練習”の一つ

続きを見る

録音すると変に感じるという人もいるでしょうが、つまりそれは自分の声が正しく認識できてない可能性が高いということですよね。

そういう意味でもこの耳の良さは重要なんです。

耳を良くする方法

大枠耳を良くする方法として、

  1. 洋楽を聴く
  2. いいイヤホン・スピーカーを使う

というものが考えられます。

洋楽を聴く

発声を聴き分ける耳をよくするにはどうすればいいか、一つは『洋楽を聴く』ということをオススメします。

 

「言葉の意味がわからないから嫌だ」という人もいるかもしれませんが、言葉の意味が理解できないからこそ、『歌声を音として捉える耳が鍛えられる』と思います。

 

洋楽は音楽的にあらゆるレベルのクオリティがすごいです。

また、洋楽はボーカルの位置が近い(近年は特に)ので、発声の質そのものがわかりやすいです。

何より、ミックス・マスタリングが綺麗(まぁ日本の有名ミュージシャン達も向こうに依頼したりしていますが)。

 

別に日本の音楽が悪いわけでもないですし、個人的には日本の音楽も好きですが、やっぱり上手くなりたいのなら洋楽を聴いた方がいいと思います。

 

 

いいイヤホン・スピーカーを使う

音の違いがわからないのであれば、わかるくらいにいい音楽機器を使えばいいのです。

 

実はこれもかなり重要。

違いがわかる環境を作って違いがわかる耳にするということです。

 

聴く音楽機器を変えると、好みの音楽が変わったりするくらい『聴く環境』は大事です。

いい音楽機器で音楽を聴いている人がだいたいマニアックなミュージシャンを聴いているのもこういうことでしょう。

 

いい音楽機器で音楽を聴くと嫌でも音の違いがわかります。

当然それだけ質を明確に捉えやすいです。

 

イヤホンなら最低1万円以上、コンポなら2万円以上くらいは出したいところですね。

まぁ今は機器としては大体イヤホンで聴くのが主流でしょう。

やはり高価なものはそれ相応の音を表現します。

 

「1万円以上のイヤホン!?高すぎ!」ですよねぇ。

でも高いほどに世界が変わります。だから、高い。笑

 

昔の僕がそうだったからものすごく気持ちはわかるのですが、「安いイヤホンと高いイヤホンあんまり変わらないよ!」って思っている人ほど危険です。

結局それって『違いがわかってない』から耳が悪いんです。

 

個人的なおすすめは『AirPods Pro』

AirPods Proって音質が非常に良いのはもちろんですが、個人的に思う最大の特徴は”音が横に広い”こと(アップルのイヤホンはスピーカーが2箇所あるので、かなり横に広い)。

 

広ければ良いというものでもないのですが、音が左右に分離しやすいということなので、ボーカルを鮮明に聴きたい人にとってはこの分離が非常に好都合

他の楽器と音像が重なりにくくなるので、よりボーカルがはっきりとクリアに聴こえます。

歌が上手くなるために役立つイヤホンNO1だと思います。

 

 

-歌唱力アップ

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2021 All Rights Reserved.