歌唱力アップ

発声における3種類の共鳴について

更新日:

今回は共鳴について書いていきたいと思います。

この記事は

  • 3種類の共鳴について
  • 共鳴は共存している
  • 共鳴を鍛えるということについて

という内容です。

歌に使う共鳴は大きく3種類

 

歌に必要な共鳴というのは大きいところで言うと3つしかないと考えています。

 

共鳴の種類

  1. 鼻腔共鳴
  2. 軟口蓋共鳴(口腔共鳴)
  3. 咽頭共鳴(咽頭腔共鳴)

この3つです。

 

何がどうなっているか気になる人はどうぞ↓

 

もちろんそれ以外にも胸に響くとか、頭に響くとかいろいろな言い方をしますが、それも結局この3つがそういう響きの鍵を握っているのでほとんどの響きはこの3つに集約されると考えられます。

 

もっと言うと、鼻腔・軟口蓋を合わせてしまって

  1. 上方向(鼻腔・軟口蓋)
  2. 下方向(咽頭)

で考えられます。

考え方は『上方向』か『下方向』かで考えていいと思います。

この方向を意識するだけでも共鳴をコントロールすることに繋がります。

 

ではそれぞれの共鳴について掘り下げます。

 

鼻腔共鳴について

鼻の奥にある空間に響かせる共鳴のことです。

感覚的には目頭の間くらいから後頭部までの間(斜め上前から斜め上後ろ)に声を当てるような感覚です。人によってそれぞれ違いはあるでしょう。

 

性質は

  • 高音域で共鳴しやすい
  • 高い性質に聞こえる
  • 綺麗な印象を作る
  • 明るい印象を作る
  • 丸みのある印象を作る
  • 奥まった抜け感を作る

などなどです。

 

赤字の部分は次に説明する軟口蓋との違いですが、鼻腔共鳴のウェイトが強いと丸みのある声質や奥まった声質を作ります。

この空間へ強く声を通すようなシンガーは丸みを帯びた抜け感が生まれます。

軟口蓋への共鳴(口腔共鳴)について

これは実質鼻腔との繋がりがある(軟口蓋を共有する)共鳴なので、軟口蓋の共鳴とはっきり言えるのかどうかは微妙で、正確には『口腔共鳴』や『軟口蓋〜硬口蓋、舌、アゴで作る空間の共鳴』という方が正しいかもしれません。

 

鼻腔は鼻の中、軟口蓋は口の中みたいな意識です。上アゴの共鳴と考えてもいいと思います。

 

特徴は鼻腔と同じようなものです。

  • 高音域で共鳴しやすい
  • 高い性質に聞こえる
  • 綺麗な印象を作る
  • 軽い印象を作る
  • 広がりのある印象を作る
  • 爽やかな印象を作る

赤字の部分は鼻腔共鳴との違いです。

口腔の意識は上アゴに声を当てるニュアンス(斜め前)なので声が前に飛びます。

 

軟口蓋が上がるとそこに共鳴させる部分ができ音が膨らみそれが前に飛ぶので広がりのある印象を受けます。当然それは明るく素直に飛んでくる音なので爽やかに感じられます。

声が斜め前に飛ぶような印象を作ります。

咽頭共鳴(咽頭腔共鳴)について

これは下方向へ響く共鳴ですね。

よく言う胸に響かせる共鳴なので胸腔共鳴と呼ばれたりもします。

 

胸に響かせる意識を持つとこの響きができる人も多いので、胸腔共鳴でもいいとは思うのですが実質その胸への響きを作っているのは咽頭の空間(咽頭腔)なので、僕は咽頭共鳴と呼んでいます。

別に名称どっちでもいいでしょうが。

要は下方向への響きということです。

 

特徴は

  • 低音域で共鳴しやすい
  • 低い性質に聞こえる
  • 太い印象を作る
  • 重たい印象を作る

などなど。

咽頭共鳴は下方向への響きなのですが、実際は『喉頭位置を下げることで声が口から出るまでの空間を長くして音色の太さや深みを持たせる共鳴』です。

 

なので、確かに胸に響きやすくなるのですが、実質的に響くのはあくまで喉の空間です。

「共鳴を鍛える」ということについて

共鳴は鍛えることができるのですが、この「鍛える」という意味は「強くなっていく」という意味ではなく、「最適化される」もしくは「音色の印象作り」という意味合いの方が強いはずです。

 

つまり、共鳴は鍛えれば鍛えるだけ成長するようなものではなく、自分の持っているものを最大限活かすものということです。

 

人は

持って生まれた骨格や喉の大きさは変えることができないです。

つまり共鳴空間そのものが大きくなる・成長するというようなことは基本的にあり得ないはず。

 

共鳴のトレーニングは”持っているものをどう活かすか”というトレーニングになるでしょう。

 

鼻腔共鳴は劇的にはコントロールできない

実は考え方として”鼻腔共鳴そのもの”はそこまでコントロールできないと考えた方がいいと思います。

鼻腔を膨らますことなんてできませんし。

無題1577

つまり、持って生まれた鼻腔の空間を変化させたり鍛えたりすることはできない。

先ほどの動画でも変化していませんよね。

 

鼻腔への声の通りは軟口蓋の動きが関わっています。

無題1576 2

この部分がピコピコと高速で動いていて、それが大事ではあるのは間違いないです(後ほど説明します)。

 

しかし、もっと大事なもの、鼻腔共鳴をコントロールしている鍵は

  • 『咽頭共鳴』『喉頭(≒喉仏)の位置』

と考えてもいいと思います(喉頭位置は劇的にコントロールできる。)

簡単に言えば、

  • 咽頭共鳴を作らないほどに鼻腔共鳴を作りやすい

と言える。

 

なぜそうなのか?

 

それは

  • 喉頭位置が下がる(咽頭共鳴が強くなる)と声帯という音源が下に下がるので鼻腔から遠ざかる
  • 咽頭共鳴の成分が大きくなることで、鼻腔の成分が減ったように聴こえるため

だと考えます。

 

【喉頭位置が下がる】

無題1578

やはり音源から遠ざかるほどに共鳴は弱まるのは当然です。

 

逆に近ければ強い。

無題1579

 

【鼻腔共鳴が減ったように感じる】

実質的に鼻腔にも響いているのですが、咽頭共鳴の成分が大きくなるとそちらが強く聴こえる。

無題1580 2

こういう理由でしょう。

つまり、咽頭共鳴(喉頭位置)が実は鼻腔共鳴を握っていると考えてもいいわけです。

 

ということは、

  • 咽頭共鳴を作らないようにする=鼻腔共鳴を強くする

と考えてしまってもいい。

 

軟口蓋の動き

軟口蓋は鼻腔方向への蓋のようにパカパカと開いたり閉じたりしています。

 

当然塞がれば鼻腔への音の通り道が塞がります。

ただし塞がるからって響かないわけではないですが、塞がったままでは声の抜けは悪いでしょう。

無題1581

 

軟口蓋は基本的に何かを飲み込む時必ず塞がるような仕組みになっています。

鼻に飲み物や食べ物が入らないようにするためですね(これが本来の役割)。

 

逆に軟口蓋が開いている(鼻腔への蓋がされていない)状態は、ハミングで鼻から「フン!」と息を出すことができれば軟口蓋が開いている状態と言えるでしょう。

  • 息が通る=開いている

です。

 

ハミングの状態で鼻から息を吐いている状態から鼻で息を止めるようにすれば、軟口蓋が閉じる瞬間(鼻の奥が閉じる感覚)を実感できるでしょう。

つまり、これが開けば開くほどに鼻腔に声は通るということになります。

無題1582

この状態だと軟口蓋は下がっているので、上アゴへの声の当たり具合は減り、声が前に飛ぶというよりも奥まった丸みを帯びることになります。

このように全ての共鳴は連動しています。

 

最後に練習ページを紹介しておきます。

上方向の共鳴

鼻腔や軟口蓋などの上方向への共鳴のトレーニングは「ハミング練習」がオススメです。

ハミング練習は声の通り自体を良くするのでとてもいいトレーニングです。

やり方次第で、斜め前や奥まった音色も対応できます。

 

鼻歌・ハミング練習のやり方や効果について【2種類のハミングがある】

続きを見る

 

下方向への共鳴

下方向への共鳴のトレーニングは「咽頭の位置」のコントロールが重要になってきます。

トレーニング方法はいくつかあるので、下記ページにて。

 

咽頭共鳴のコツは?深い響きのある声を身につけるトレーニング

続きを見る

 

-歌唱力アップ

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2021 All Rights Reserved.