ボイストレーニング 声や歌について

歌に欠かせない共鳴について|鼻腔・軟口蓋・咽頭

投稿日:2018年8月9日 更新日:

MUSIC PLANETボーカルオーディション2018

今回は共鳴について書いていきたいと思います。

共鳴は歌を歌う上でとても重要な要素ですね。

 

重要ですが、人間は喋るだけである程度は共鳴しています。ただ自然な共鳴というのはその人の性格や話し方や言語やテンションなど様々な要因で変化します。

それを歌においては意図的にコントロールしなければいけないのですね。

 

今回はそんな共鳴について書いていきたいと思います。

歌に使う共鳴は大きくは3種類

共鳴というのは大きいところで言うと3つしかないと考えています。

 

共鳴の種類

  • 鼻腔
  • 軟口蓋
  • 咽頭

この3つですね。

 

もちろんそれ以外にも胸に響くとか、頭に響くとかいろいろな言い方をしますが、それも結局この3つが鍵を握っているのでほとんどの響きはこの3つに集約されます。

 

ココがポイント

もっと言うと鼻腔・軟口蓋を合わせてしまって

上方向(鼻腔・軟口蓋)

下方向(咽頭)

で分けることができます。

 

鼻腔共鳴

鼻の奥にある空間に響かせる共鳴ですね。

感覚的には目頭の間くらいに声を当てるような感覚ですね。

ハミングの「N」の発音をするとわかりやすいですね。

 

鼻腔共鳴の特徴

  • 高音域で共鳴しやすい
  • 高い性質に聞こえる
  • 綺麗な印象を作る
  • 軽い印象を作る
  • 英語を話す人に多い

 

鼻腔共鳴についてのトレーニングはこちらの記事に書いているので、参考にしてみてください。

鼻歌・ハミング練習法は2種類ある〜響きを身につけよう〜

今回はハミングというボイストレーニングについて書いていきたいと思います。 ハミングといえば鼻歌ですね。でも鼻歌って口を閉じて歌うこと全てが鼻歌でしょうか?   それは人によっては「YES」 ...

続きを見る

 

軟口蓋への共鳴

これは実質鼻腔との繋がりがある共鳴なのですが、同じとする人もいるのですが、あえて切り離して考えます。

 

軟口蓋は上アゴの喉の奥から鼻の方向へ向かう部分のことですね。意識としては上アゴをあげる意識をすること軟口蓋が上がりやすいです。

 

要は上アゴに声が当たる感覚で口の中で共鳴している感覚を持つと鼻腔共鳴と分けて考えられます。

鼻腔は鼻の中、軟口蓋は口の中みたいな意識です。

特徴は鼻腔と同じようなものです。

 

軟口蓋へ声を通すには「ヒ」トレーニングが最適です。詳しくはこちらの記事を参考にしてみてください。

通る声・いい声を身につけるには「ヒ」トレーニング

今回はボイストレーニングの中でも軟口蓋・口腔に響きを持っていくトレーニングについて書いていきたいと思います。 歌を歌うには、いや、声を出すのには響きが必要不可欠です。 いい声を出そうとすればするほどに ...

続きを見る

 

咽頭共鳴

これは下方向へ響く共鳴ですね。

よく言う胸に響かせる共鳴ですね。胸腔共鳴と呼ばれたりもします。

 

胸に響かせる意識を持つとこの響きができる人も多いので、胸腔共鳴でもいいのですが実質その胸への響きを作っているのは咽頭の空間なので、僕は咽頭共鳴と呼んでいます。

別にどっちでもいいでしょうが。

 

咽頭共鳴の特徴

  • 低音域で共鳴しやすい
  • 低い性質に聞こえる
  • 太い印象を作る
  • 重たい印象を作る
  • 日本語を話す人に多い

 

咽頭共鳴を鍛えるトレーニングについてはこちらの記事に書いています。興味のある方はぜひ読んでみてください。

深い響きのある声を身につけて、通る声を身につけるトレーニング 喉仏の位置が重要

今回は咽頭共鳴や胸腔共鳴と呼ばれるような低い位置での響きについて書いていきたいと思います。 鼻腔での共鳴は歌の中では特に重要ですが、低い位置での響きも重要です。   特に歌声の中に深みを作る ...

続きを見る

 

共鳴こそ個性が出る

共鳴にはベストな共鳴というものはあるようであまりないです。

もちろん低音域は咽頭に響きやすいですし。高音域は鼻腔に響きやすいですが、低音域で鼻腔に響かせて、高音域で咽頭に響かせてもいいのです。

 

人によって響かせやすい共鳴も様々ですからね。

そこに個性が出るのです。

 

共鳴は共存させることもできる

これも良く勘違いされるのですが、上と下どちらかしか取れないと思いがちですが、どちらに響かせることもできます。

 

もちろんどうしても音域帯などによって割合の変化は起こりますが。

それが個性です。

 

日本人は鼻腔共鳴が足りない

英語圏の人と圧倒的に違うのが鼻腔共鳴の差ですね。もちろん骨格の影響も少しはあるのかもしれませんが、大きくは言語の差ですね。英語は鼻腔に響かせる言語です。しかも咽頭にも響きます。

 

対して日本語は咽頭共鳴が主体です。しかもそこまで響かせるわけでもないです。喉声というやつですね。

これが英語の言語の心地よさに勝てない一つの要因ですね。

 

なぜ英語が心地よいかについてはこちらの記事にも書いているので、興味のある方は参考にしてみてください。

英語はなぜ心地よく聞こえる? 子音と母音どちらを重視するかが重要

今回はなぜ英語圏の歌が上手く聞こえるのかについて書いていきたいと思います。 英語圏のシンガーは歌がうまいですよね。実力的に上手いのも当然ですし、上手く聞こえるというのも事実です。   なぜそ ...

続きを見る






-ボイストレーニング, 声や歌について

Copyright© 音楽技術向上のためのブログ【ミュートレグ】 , 2018 All Rights Reserved.