ボイストレーニング

深い響きのある声を身につけて、通る声を身につけるトレーニング 喉仏の位置が重要

更新日:




今回は咽頭共鳴や胸腔共鳴と呼ばれるような低い位置での響きについて書いていきたいと思います。

鼻腔での共鳴は歌の中では特に重要ですが、低い位置での響きも重要です。

特に歌声の中に深みを作るのに一役買います。いい声というのは大体この共鳴も持っています。

今回はそんな咽頭共鳴を身につけるという点について買いていきたいと思います。

 

低い位置での共鳴とは

その名の通り、咽頭付近や胸の方へに響きです。

オペラや演劇・ミュージカルなどではこの傾向が強いですね。そう、ああいう声がお手本ですね。

喉の状態としては開いていることの方が多いですね。

男性であれば、ものすごい低い位置で響かせることもできます。

この響きを身につけると

この響きを身につけると、声に深みが出ます。また低音域での声の鳴りが非常によくなります。

当然声の通りはよくなりますし、男性であれ女性であれかっこいい声というふうに言われることが多くなるでしょう。

ジャズのシンガーはこの共鳴もバリバリです。

どういう練習をすれば身につくか

 重要なのはあくび喉

よく歌うときはあくびするような喉の状態で歌えというふうに言われますが、その通りです。笑

あくびのどの状態になれば、自然と深い響きの声が出ますよね。でもこれって不自然に感じませんか?だからみなさん、この練習やめてしまうんですよね。

響きはすぐに身につくのに、なんか違和感あって歌えないという感じで辞めてしまうのはもったいないです。

そういう練習だと思って長いこと続けることで、自然と自分が無意識に出す声の中にその要素が含まれていきます。

あくびのどの状態で声を出す練習を継続的にしていきましょう。

もう一つ喉仏の位置が重要

あくび喉の状態の時って自然と喉仏が下に下がるのです。

つまり、喉仏を下げることが重要とも言えます。

喉仏を下げることがあくびのどを作ります。

つまり喉仏を下げる練習が、深い響きを作る練習にもなるというわけです。

喉仏を下げる練習は「手で触る」

喉仏を下げる練習は手で喉仏を触りながら発声するということです。

手で触るだけでいいの?と思うかもしれませんが、まぁそれだけでいいんです。笑

もちろん、喉仏が上がらないようにする意識は持っておかなくてはいけませんよ!

「触る」ということはそこに「意識」を持つことができるというわけです。意識を持つことは非常に重要なのです。

 

特に喉仏は普段目では見れませんし、まして動いているなと自覚している人も少ないでしょう。

そこに意識を向けるためもまずは「触る」ことが重要というわけです。

当然急にはできないでしょうが、触って練習することを続けていくとコントロールできるようになってきます。

これもすぐにやめてしまわず、長く続けることで習得できるようになってきます。

 

喉仏と声の深さの関係性についての関連記事

喉仏の上下と発声の関係性|高音で喉仏を下げろは正しくない?

今回は喉仏の上下について書いていきたいと思います。 色々な本や、ボイストレーニングの教えで「喉仏は上げてはいけない」という教えがあります。   この教えは別に間違っているわけではないのですが ...

 

 

まとめ

深い響きは喉の開き方・喉仏の位置が重要です。

即効性がなくてもすぐには諦めずに、コツコツ練習すれば必ずできるようになりますので、しっかりコツコツ練習しましょう。

 

こちらのトレーニングも深い響きの声が身につきます

魅力的な低音域を鍛える「ボイ」トレーニング

今回は低音域を魅力的な声に鍛えるトレーニング「ボイ」トレーニングについて書いていきたいと思います。 「ボイトレ」ではありません。「ボイ」トレーニングです。いや、ボイトレなんですけど。笑 「ボイ」と発音 ...

 

ボイストレーニングに必要な【おすすめグッズ】

呼吸・横隔膜を鍛える『POWER breath パワーブリーズ』

こちらのグッズは呼吸、特に横隔膜にかなりの負荷を与えてくれます。

スポーツにも使われるグッズです。

普通のボイストレーニングでは実現できない負荷があるので、呼吸を鍛えるのにはぜひお勧めできる最強グッズです。

 

種類によって超重負荷・重負荷・標準負荷・中負荷・低負荷とありますのでお好みで選んでください。

歌は「息」で決まります。↓

 

Be−Vo[ビーボ]

発声練習を手助けしてくれるボイトレグッズです。よく割り箸をくわえてトレーニングするとか言いますが、商品だけあって割り箸より100倍いいです。割り箸は箸ですもんね。

 

使い方やトレーニング方法も記載されているので自分でトレーニングすることができます。

使い方も豊富で値段も安いので、『声を良くしたい・滑舌を良くしたい・表情筋を鍛えたい』という方にはピッタリのアイテムです。↓

同じような商品です。Be−Voとあまり変わりませんが、こちらはケース付きです。

個人的にはBe−Voがオススメですが、まぁお好みで。↓

 

肺活量グッズ

『パワーブリーズ』以外にも肺活量・呼吸を鍛えるグッズはあります。

パワーブリーズは最強グッズなのですが、お値段がそこそこしますので、「そこまで本気じゃないんだよなぁ」という方もいるはずです。

 

「でも声はよくしたいから、安くて鍛えられる商品が欲しい」という方にオススメです↓

 

 

BeQu 鼻筋セレブ ノーズアップピン

こちらはボイトレグッズではなく、本来は美容グッズです。

鼻筋を綺麗にするという『amazonベストセラーの大人気美容グッズ』なのですが、実はこれがボイストレーニングに使えます。

 

というのも装着中はほとんど鼻をつまんでいる状態になります。この状態で声を出したり、ボイストレーニングすることで「逆ハミング練習」ができるのです。歌には必須の鼻腔共鳴を鍛えることができます。

いいトレーニングだけに道具があると楽ですね。

『逆ハミング練習』についてはこちら

 

まぁ、自分の手で鼻をつまめばできるんですけどね。そんなこと言ってしまうと、パワーブリーズだって手でできますし、Be−Voだって指を噛めばできます。笑

便利ゆえに道具を使うのです。

 

とりあえず、鼻腔共鳴+鼻筋綺麗一石二鳥です。

本来は美容グッズですが、ボイトレにも活用できるのがいいんです。

ボイトレしながらイケメンや美女になりたい方にオススメです↓

 

もちろんただの鼻栓でもいいんですよ↓

でも、どうせなら少しでも『付加価値』があった方がいいじゃないですか。笑

 

ボイストレーニング本

ボイストレーニング本で声について詳しく学ぶことやトレーニング方法について詳しく学ぶことは歌がうまくなる近道です。

本に書いてあることを学び・実行していけば、100%歌が上手くなるとは言い切れないですが、間違いなくプラスになるでしょう↓

 

オススメのボイトレ本ランキングはこちら

 

BELTBOX

こちらはボーカリストのための防音グッズですね。

なかなか大きな声を出せない環境や近所に迷惑をかけられない環境にいる方も多いのではないでしょうか。

練習したくても声量が気になってできないという時にオススメのグッズです↓

 

自宅でカラオケ練習ができるグッズ

歌の練習に最適な自宅でできるカラオケグッズです。

かなりの高機能・高音質で一人で楽しみたい人からみんなで盛り上がりたい人まで楽しめるグッズです。

 

カラオケマイク・Bluetoothスピーカー・録音マイクの機能を持ち、ワイヤレスでも有線でも楽しめるAmazonベストセラーのグッズです。

カラーバリエーションも豊富です↓

類似商品。こちらは防音機能が特徴

おすすめ記事

-ボイストレーニング

Copyright© 音楽技術向上のためのブログ【ミュートレグ】 , 2018 All Rights Reserved.