声や歌について

肺活量と歌の関係|肺活量の鍛え方

更新日:




今回は肺活量と歌の関係について書いていきたいと思います。

歌において「肺活量がすごい」とかいう表現で人を褒めたりしますね。

 

実際肺活量=声量ではないことははっきりと言えるのですが、肺活量は少ないよりも多いほうがいいということもはっきり言えます。

今回はそんな肺活量と歌の関係について書いていきたいと思います。

肺活量とは

単純に肺が出すことのできる空気の量ですね。

つまりいかに空気を吐くことができるかという量のことですね。

 

肺活量と声量の関係

肺活量と声量の関係は確かにあります。息が多いほうが声量は大きくなるに決まっています。

肺活量が多い方が息をコントロールしやすいのも当然です。

 

しかし、一般にいう「声量がすごい」と感じるものが肺活量の影響を受けているかというとそうでもありません。

鳴りの強い迫力ある高音を聞いて「すごい肺活量!」と言ったりしますが、迫力ある高音ほど息を使いません(外に漏れる量が少ないという意味での)ので、肺活量とは関係が薄くなります。強い迫力ある声は声帯のコントロールが関係しています。

息の圧力を声帯でせきとめるので息の量は少なくても済むのです。

 

赤ちゃんの声の声量が大きいのと同じですね。しっかり鳴らしているから大きく聞こえるのです。

赤ちゃん肺小さいですもん。肺活量があるとは言えませんよね。

 

どちらかと言えば肺活量の影響を受けるのは低音域とか優しく歌うようなフレーズです。

 

歌における肺活量は鍛えられる

肺活量というものは鍛えられます。

限界はあるでしょうが、ある程度まで吸う力・吐く力は鍛えることができます。

 

限界があるのは肺の大きさ自体は大きくならないからです。空気をためこめる器は変わらないのです。

ですが、その器を最大限使えているかというとおそらく使えていない人がほとんどでしょう。

 

普通の呼吸では最大量の10分の1くらいしか空気を入れ替えていないそうですから。

つまり肺を最大限使えるようになるという意味で肺活量を鍛えることができると言えるのです。

 

肺活量を鍛えるには

肺活量は横隔膜の動きに影響を受けます。

ということは横隔膜の動きを鍛えることで、吸う力・吐く力を鍛えられると言えるでしょう。

 

ドッグブレス

 

これは横隔膜の柔軟性を高めるのでいいですね。

歌における肺活量を鍛えるトレーニングはこれが一番いいでしょう。

 

あとはグッズを使ったトレーニングは効果絶大ですね。普段とは一味違う負荷が得られます。

 

肺活量グッズ

負荷がかなりかかる、まさに肺活量を鍛えるためのグッズです。

超重負荷はかなりの負荷があり、慣れるまでが大変です。が、慣れればこれほど鍛えられるというものはないでしょう。↓

 

 

 

あとはこういうのとか↓

 

 

こういうのとか↓

 

 

まあ単純に呼吸に負荷を与えるものが横隔膜に負荷を与えるので、肺活量が鍛えられるというわけですね。

 

 

おすすめ記事

-声や歌について

Copyright© 音楽技術向上のためのブログ【ミュートレグ】 , 2018 All Rights Reserved.