【9/13】まとめページは都合上削除いたします。引き続きカテゴリーページ等でお楽しみください。

声や歌について

「肺活量」と「声量ある強い高音発声」はあまり関係ない【肺活量の鍛え方】

投稿日:2018年8月7日 更新日:

今回は肺活量と歌の関係について書いていきたいと思います。歌において「肺活量がすごい」とかいう表現で人を褒めたりしますね。特にすごい声量やすごいロングトーンをしている人に対してそういう表現をすることがあるかと思います。

ただ実際には、肺活量=声量ではない(直結しない)ことははっきりと言えます。なのですごい声量の人に対して「肺活量がすごい」と一概に断定することはできないのですね。しかし、声に関して肺活量は少ないよりも多いほうがいいということもはっきり言えます。でもやはりものすごい重要か?と問われれば、そうでもないという感じがします。

今回はそんな肺活量と歌の関係について書いていきたいと思います。

『肺活量』とは

単純に肺が出すことのできる空気の量ですね。つまりいかに空気を吐くことができるかという量のことですね。

正しくはこういう意味なのですが、世間一般に使われる言葉としては吐く力だけでなく、吸う力も含めた言葉として使われているように感じます。

息を吸ったり吐いたりする能力に対して「肺活量が〇〇だ」というニュアンスですね。

『肺活量と声量』の関係

肺活量と声量の関係は確かにあります。息が多いほうが声量は大きくなるに決まっています。声帯を揺らす力が強くなるのですから。そして肺活量が多い方が息をコントロールしやすいのも当然です。息を吐ける量が多いのですから。

しかし、一般にいう「声量がすごい」と感じるものが肺活量の影響を受けているかというとそうでもないように感じます。

特に鳴りの強いパワフルな高音に対して、「すごい肺活量!!」というのは基本的には見当違いですね。

どういうことか

鳴りの強い迫力ある高音を聞いて「すごい肺活量!」と言ったりしますが、迫力ある高音ほど息を使いません口の外に漏れる量が少ないという意味で)ので、肺活量とは関係が薄くなります。もちろん声帯にかかる息の圧力(呼気圧)は強いですが、それに肺活量自体の優劣はあまり関係ないですね。

強い迫力ある声は声帯のコントロールが関係しています。息の圧力を声帯でせきとめるので肺活量より声帯コントロールが重要なのです。

赤ちゃんの泣き声の声量が大きいのと同じですね。しっかりと声帯を閉鎖して鳴らしているから大きく聞こえるのです。赤ちゃんの肺は小さいですよね。とうてい「肺活量がある」とは言えませんよね。そういう点からも肺活量はパワフルな発声に必須と言えるものではないのです。

こういう声帯閉鎖による迫力ある高音をベルティング発声と言ったりします。

つまり、肺活量と声量は関係なくはないがそれは声帯の鳴らし方(閉鎖の仕方」)の条件が同じ場合に限ると言えます。どちらかと言えば肺活量の影響を受けるのは『ウィスパーボイスのような優しく歌うフレーズ』です。

ポイント

肺活量と声量は関係なくはないが、密接な関係ではない、が「息を多く使う発声」では大きく関係する

肺活量を鍛える方法について

肺活量というものは鍛えられます。限界はあるでしょうが、ある程度まで吸う力・吐く力は鍛えることができます。

ある程度というのは肺の大きさ自体は大きくならないからです。空気をためこめる器は変わらないのです。ですが、その器を最大限使えているかというとおそらく使えていない人がほとんどでしょう。

普通の呼吸では最大量の10分の1くらいしか空気を入れ替えていないそうですから。つまり肺を最大限使えるようになるという意味で肺活量を鍛えることができると言えるのです。

肺活量は横隔膜の動きに影響を受けます。ということは横隔膜の動きを鍛えることで、『吸う力・吐く力』を鍛えられると言えるでしょう。

横隔膜トレーニング

これは横隔膜の柔軟性を高めるのでいいですね。歌における肺活量を鍛えるトレーニングはこれが一番いいでしょう。

呼吸に負荷を与えるトレーニング

これは息の出口を塞ぐことで息を吐く力に負荷を与えるトレーニングですね。息と声との連動にもなるトレーニングです。

肺活量最強グッズ「パワーブリーズ」

横隔膜に大きく負荷を与えて鍛えることで肺活量を鍛えるグッズです。超重負荷はかなりの負荷があり、慣れるまでが大変です。が、慣れればこれほど鍛えられるというものはないでしょう。B’zの稲葉浩志さんも愛用されています。

『POWERbreathe』でボイストレーニング|息の力で声量アップ

今回はボイストレーニンググッズとして有名な「POWERbreathe (パワーブリーズ)」を使った練習方法や比較・選び方について書いていきたいと思います。このパワーブリーズはボイストレーニング以外にも ...

続きを見る

まあ単純に『呼吸に負荷を与えるものが横隔膜に負荷を与えるので、肺活量が鍛えられる』というわけですね。

肺活量を鍛えることが声量などに直結するものではないと上記で書きましたが、あくまでそれは高音のパワフルな発声での話です。例えば低音域の静かな発声やウィスパーボイス、もちろん普段の話し声などは『流れる息の量』が影響を受けることも多いです。つまり肺活量を鍛えて損はないということです。

オススメ記事

1

今回はボイストレーニングの効果を高めるグッズや声を鍛えるのに欠かせないグッズについて書いていきたいと思います。グッズがなくてもボイストレーニングはできるのですが、あれば便利です。 グッズを使うメリット ...

2

今回はボイストレーニングにオススメの本について書いていきたいと思います。ボイストレーニングというものは、なかなか独学でやっていくというのは難しいですよね。「何からやればいいのか、何が正しいのか、何が一 ...

3

今回は「声の音域を広げる方法」について書いていきたいと思います。歌において音域を広げるということは大きな課題の一つですね。おそらく多くの人が音域を広げたいと思ったことはあるでしょう。 それくらい歌にお ...

4

今回は「歌が上手くなる方法」について徹底考察していきたいと思います。歌というものは誰もが身近に聞いたり歌ったりすることができるものですね。 そんな身近なものだからこそ歌が上手くなりたいと思ったことがあ ...

5

今回はミックスボイス(ミドルボイス)について書いていきたいと思います。『ミックスボイス』というものについて疑問を持っている人は多いと思います。そもそもなんなの?何がミックスボイスなの?自分の声はどうな ...

-声や歌について

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2019 All Rights Reserved.