【お知らせ】Apple Musicの埋め込み試聴音源がiOS13.4.1ではうまく作動しないことがあります。iOS側の対応を待つしかないようです。

声や歌について

歌うときの姿勢について【音楽のジャンルで姿勢の重要性は変化する】

更新日:

今回は発声と姿勢の関係性についてです。

この記事は

  • 歌うときの姿勢について
  • 歌う姿勢を正しく保つことでプラスになること
  • 歌うときの正しい姿勢とは
  • クラシックとポップスにおける姿勢について

という内容です。

歌うときの姿勢について

歌においては「歌うときは綺麗な姿勢を保つことが重要」「猫背はダメだ」などと言われたりします。

小学生や中学生の頃のなどの合唱の授業でも「正しい姿勢を!」と注意されたりしますよね。

実際には「そこまで大事なのか?」と疑問に思うこともあると思いますし、「歌うときの姿勢は何が正しいのか?」と思うこともあるでしょう。

歌うときの姿勢は個人的な結論としては

  • クラシック系の発声であれば『姿勢は重要
  • ポップス系の発声であれば『姿勢は良いに越したことはないが、悪くても人によっては大きな影響はない

と考えています。

つまり

  • マイクなしを前提とした発声をするのか(クラシック)
  • マイクありでの発声をするのか(ポップス)

姿勢を保つことの重要性が変化すると考えられます。

歌う姿勢を正しく保つことでプラスになること

発声において姿勢を保つことで何が良くなるのかを考えることが重要ですね。

背中を丸めたような猫背と比較した場合ですが、

  1. 横隔膜の上下運動の質が良くなる
  2. 首をまっすぐに保つことで喉頭・喉仏の上下運動の質(共鳴に大きく関わる部分)が良くなる

この二つが大きなメリットであると考えられます。

もちろん他にも背中が使える・腰やお尻が使える・体全体を使いやすくなるなど非常に深い感覚論もありますが、大きくはこの横隔膜や喉頭部分に繋がってくるものだと思います。

横隔膜の上下運動の質が良くなる

横隔膜は肺の空気の出し入れを行う器官・筋肉ですね。

この横隔膜の上下が息を『吸う・吐く』に直結しています。

なので横隔膜の上下の動きがしっかりと動くほどの息を出し入れしやすいということになります。

ここで極端に猫背だったりした場合は、お腹が凹み気味になります。そうなると当然横隔膜の動きは制限されます。

このようなことから姿勢がいい方が良いと言われるのですね。

ただ、横隔膜の動きを阻害するほどの姿勢の悪さって逆に難しかったりします。相当猫背にならなければいけません。

ちなみに

『姿勢を良くすると高音が出しやすくなる』みたいなことも言われていたりしますが、それも結局は横隔膜の動きに起因していると思います。

  • 横隔膜の動きの質が良くなる=呼吸のコントロールの質が良くなる=高音が出しやすくなる

みたいな理屈だとは思いますが、まぁ高音に対してもそこまで重要ではないというか、姿勢を良くしたからって急に高音出るわけではないでしょう。

カラオケなどで姿勢良く歌ってもそんなに劇的に変化しませんよね?

あくまで呼吸のコントロールの面をベースに少し出しやすくなるだけだと考えられます。

首をまっすぐに保つことで喉頭の上下運動の質が良くなる

これも先ほどの横隔膜のお話と同じようなものなのですが、喉頭・喉仏を柔軟に動かしやすくします。

特に下方向へ喉仏を下げるような動きをする時に、顎を引いたりして首や姿勢を正しく保つことでより深く下げやすくなります。

喉仏を下方向へ下げることはつまり咽頭共鳴(下方向への響き)を強くするものです。

つまり深い響きや太い響きを生み出す共鳴のための動きです。

咽頭共鳴のコツやトレーニング方法について【深い声・太い声を身につける】

今回は咽頭共鳴(咽頭腔共鳴・胸腔共鳴)についてです。 この記事は 咽頭共鳴とは 咽頭共鳴の原理 咽頭共鳴の効果 咽頭共鳴のトレーニング方法 という内容です。 『咽頭共鳴』とは 咽頭共鳴(咽頭腔共鳴)と ...

続きを見る

つまりこの動きの質のためには姿勢をしっかり保つことは重要なのですね。

あとは姿勢を綺麗に保つことで先ほどの横隔膜を整え肺を大きく膨らますことで少しでも体の容積を膨らまして共鳴空間を広げようとすることも考えられます。

歌うときの正しい姿勢とは

上記のようなことから、

歌うときの正しい姿勢というものは

  1. 横隔膜の動きを柔軟に動かせる姿勢
  2. 咽頭・喉仏を柔軟に動かせる姿勢

という二つのポイントを抑えたものであると考えられます。

『よくわかるようで実はあまり解決されていない』と思うかもしれませんが、これが正解だと思います。

つまりそれ以上は『人による』んです。

例えば

  • 顎の位置が〜
  • 顔の向きが〜
  • 背中は〜

などは本来人によって最適な姿勢が違うはずです。

当然ですよね。

体型も骨格も喉の作りも人それぞれなんですから。

これを型にハメてしまうと、自分には合わないのにそれを正しいと思い込んで無駄な頑張りになってしまう可能性があります。

なので、正しい姿勢とは

  1. 横隔膜の動きを柔軟に動かせる(呼吸の質)
  2. 咽頭・喉仏を柔軟に動かせる(共鳴の質)

この二つが一番最適になる姿勢

のことです。

そしてそれは『人によって違う』と考えられます。

なので、自分に合う正しい姿勢を見つけることは試行錯誤が必要なのである程度の時間はかかると思います。

どちらもクラシック音楽の観点での大きなメリットがある

この

  1. 『呼吸の質』
  2. 『咽頭共鳴の質』

はどちらもクラシック音楽において重要なのものですね。

クラシック音楽における発声は基本的にマイクを使うことを前提としていません

なので劇場内に大きく響く発声法を鍛えていくことがメインになりますね。

つまり

シンプルに声量が必要になります。

しかも瞬間的・一時的な声量ではなく、持続的にずっと鳴り続ける大きな声量が必要なのです。

なので、呼吸面や共鳴の面は欠かすことができないものですし、そこを極めなければいけないものであると考えられます。

なので姿勢を綺麗に保つことで

  • 横隔膜を最大限まで使い
  • 下方向への共鳴も最大限にさせている

のですね。

ちなみに

上方向への共鳴(鼻腔や軟口蓋)ではダメなのかと考える人もいるでしょうが、それだけじゃ足りないのです。

上方向への共鳴は広げられる共鳴空間が限られており、マイクなしでは声量を劇場に響き渡る声量を生み出せません。

なのでクラシック音楽の人は咽頭共鳴をしっかりと保ち、喉を広げたような深い発声をするのです。

そしてそういう点から『姿勢を綺麗に保ちなさい』という教えがあるのですね。

どこまで必要かで姿勢の必要性は変わる

上記のようにクラシック音楽では姿勢を保つことで得られるメリットは大きいです。なので綺麗な姿勢を保つことは非常に重要と考えられます。

ではマイクを前提に歌うポップスはどうでしょうか?

もちろん歌う楽曲などにもよるでしょうし、やりたい表現にもよるのでしょうが、重要度は低いのではないでしょうか?(少なくともクラシックと比較して)

クラシック

クラシックはマイクなしで声量を得ることに非常に重きを置いているので、そこを極めるため・最大限の声量を得るために姿勢を正しく保っています。

直立不動でほとんどその場から動きません。

ポップス

ポップスは動き回ったりシンガーによっては座ったり寝転がったりする人もいますね。

基本の歌う姿勢も上を向いたり、下を向いたり、首がガンガン前に出ていたり。

マイクがあるので、よほど悪い状態を作らなければそこまで大きな悪影響は出ないからでしょう。

もちろん悪影響が出るのであれば、悪影響が出ないくらいの姿勢は保つべきです。

例えばブリッジのような反り返った姿勢であれば、流石に発声は難しいように。

つまり

姿勢を保つことは人によっては重要ですし、そうでもない場合もあるということ。

結論

  • クラシック系の発声であれば『姿勢は重要
  • ポップス系の発声であれば『姿勢は良いに越したことはないが、悪くても人によっては大きな影響はない

正しい姿勢とは

  1. 横隔膜の動きを柔軟に動かせる(呼吸の質)
  2. 咽頭・喉仏を柔軟に動かせる(共鳴の質)

この二つが一番最適になる姿勢

のことです。

そしてそれは『人によって違う』と考えられます。

そして姿勢を良くすることで得られるメリットが自分の歌に必要かどうかで姿勢の必要性が変わります。

なので、『姿勢が良いに越したことはないが、姿勢が悪くても人によっては大きな影響はない』と考えられます。

口の開け方なども同様に自分に最適なものを見つけることが重要です。

歌うときの口の開け方について【音色と音程への影響】

今回は「歌うときの口の開け方」についてです。 この記事は 歌うときの口の開け方について 口の開け方と音色の関係性 口の開け方と音程の関係性 という内容です。 歌うときの口の開け方について 歌うときの口 ...

続きを見る

オススメ記事

1

今回はボイストレーニングの効果を高めるグッズや声を鍛えるのに欠かせないグッズについてです。 この記事は 効率よくボイトレする 普段かけられない負荷をかける 楽にトレーニングする など歌が上手くなるため ...

2

今回はボイストレーニングにオススメの本についてです。 ボイトレ本は『初心者・中級者・上級者』という段階に応じた読みやすさと、『何を重点的に紹介しているのか』が本によってそれぞれ違います。 それによって ...

3

今回は「声の音域を広げる方法」について書いていきたいと思います。歌において音域を広げるということは大きな課題の一つですね。おそらく多くの人が音域を広げたいと思ったことはあるでしょう。 それくらい歌にお ...

4

今回は”歌が上手くなるための方法や取り組み”についてです。 この記事は 自分の歌声を録音して練習する 音源をなぞって練習する たくさん歌う・実践する ボイストレーニングする たくさんの音楽を聴く 音楽 ...

5

今回は声量を上げるトレーニング方法についてです。 この記事は 声量を上げるポイントは→『共鳴・声帯・息』 3つのうち一番重要で鍛えやすいのは→『息』 声量アップのトレーニング方法について という内容で ...

6

「note」にて歌や声について『さらに深く探究した記事(有料)』か『普通の記事(無料・でも結構面白いとは思う)』を書いています。 有料マガジン ▪️歌が最高に上手い人にある ...

-声や歌について

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2020 All Rights Reserved.