発声方法

芯のある声を作るのは「声門閉鎖」

投稿日:2019年10月26日 更新日:

今回は芯のある声を作るために必要な「声門閉鎖」についてです。

この記事は

  • 声門閉鎖とは
  • 声門閉鎖の感覚
  • 声門閉鎖のトレーニング
  • 声帯閉鎖とは

という内容です。

声門閉鎖とは

声門閉鎖とは

『声帯という2枚のひだが閉じること』

です。

 

そしてこの開閉具合が声の芯を作っています。

 

声の芯とは?

ちなみに、『声の芯』とはなんでしょうか?

個人的に声の芯とは声帯の鳴りそのもの、つまり

  • 鳴りの倍音

だと考えています。

ただ、声の芯とは個人個人の感覚なので実は結構難しい問題なのですが、『声帯の鳴りの倍音』と考えて進めます。

 

この2枚のひだが非常に厄介で複雑な構造で閉じるために声門閉鎖は非常に難しいものなのですが、普通に声を出すだけで働いている力でもあります

 

つまり声を出すだけで(声になった時点で)声門閉鎖は行われているのですね。

つまり単純に声門が閉じるという動きは「声を出す状態を作る」とも言えます。

 

ただ、この力は先ほど言ったように非常に複雑なので、声を出すだけでも働いていますし、喉を締めるようにしても働いているのですね。

ある程度大きくは解明されているようですが、まだ確信には至っていないような領域でもあるようです。

このような力や

このような力や

このように様々な力が複合的に働いて声門閉鎖しているのです。

そしてこのそれぞれの力を単体で働かせるなどは無理でしょうし、動いているそれぞれの感覚を感じることもまず不可能でしょう。

 

声門閉鎖の感覚

声門閉鎖の感覚

まずは息だけを吐きます「はーーー」

その息の吐く意識はそのままに息を喉でせき止めてください

今閉じた場所が声門閉鎖に関わる部分です。

何かが閉じた感覚ですね(それ以上を感じるのは難しい)。

その息を止めた状態を維持して息を通せば声になるはずです

 

これが声門閉鎖=声帯が閉じて声が鳴る状態=息がせき止められている状態ということです。

息だけを吐いている時は声門は開いている。息をせき止めているときは声門はがっちり閉じています。

 

先ほど書いたように声門を閉じる感覚は認識できないのです。

 

意識を集中すれば息を止めた際に何かが閉じたような感覚にはなったでしょうが、それ以上の感覚をつかむのはとても難しいです。

「披裂軟骨が動いてるなぁ」とかの感覚はまず感じられないです。

 

しかし、声門の開き具合やとじ具合というのは息の量で測ることができます

この息の量というのは『実質的に口から出る息の量』であり声帯にかかる息の圧力ではないです。

この息の量が多ければ声門は開き気味ですし、息の量が少なければ声門は閉じ気味です。これが声の芯というものを作り上げている要素の大きな部分です。

 

つまり息の量が多ければ声の芯はあまりないですし、息の量が少ないと声の芯はしっかりとあると言えます。

 

『声の芯』とは言い換えると『声帯の鳴りの倍音』ですね。

芯がある声は鳴りの倍音が強い声ですし、芯のない声は息の倍音が強い声という風に言えます。

どちらがいいとか悪いとかはないですね。音楽は表現ですから。

 

 

声門閉鎖のトレーニング

この息の量を利用して声門閉鎖のトレーニングをすることができます。

息を利用して声門閉鎖のトレーニング

単純に手のひらを口の前に持ってきてくるか、両手を使って口を覆うようにしてください。声を出しながらこの手で実質的に口から出る息の量を図ります。ただし、音量自体は変えてはいけません。

口から出ている息の量が多い時は声の芯がない発声で、息の量が少なくなればなるほどに芯のある声になるはずです。

つまり声門を閉鎖する感覚というよりも息の量で声門のコントロールを覚えていくようなトレーニングです。

 

これはどちらかと言えば、具体的なトレーニングというよりは感覚をつかむようなトレーニングですが、案外いいトレーニングだと考えられます。

というのも声門閉鎖は意識して動かせるようなものでもないため、声門を締めるとかいう意識は喉を締めるような意識につながります。

息の量などに意識を集中させたほうが結果的に声の芯に直結していくようなトレーニングになるかと。

 

例えばエッジボイスなどは本来この声門閉鎖よりも声帯閉鎖に重点を置いているトレーニングだと考えられます。

 

 

『声帯閉鎖』とは

声帯閉鎖とは声門閉鎖と同じ言葉の意味です。

本来はそうなのですが、違った使われ方をする場合が結構あるのです。

 

特に

ミックスボイスなどのお話で、「声帯を閉鎖する」などという表現をすることがあります。

感覚的には「締める」という感覚から「閉鎖する」と表現しているのだと思います。

 

こういう声帯を締めるような力は本来『声帯収縮』や『声帯緊張』と呼ぶべきなんです。

でも収縮によって閉鎖もある程度起こってはいるはずなので、完全に間違っているとも言えないと思います。

 

なので、まぁどっちでもいいとも思います。笑

 

正しい認識としては

  • 声帯閉鎖・声門閉鎖は『声帯を閉じる』
  • 声帯収縮・声帯緊張は『声帯を縮める・固める』

だと思います。

声の音程を調節する仕組みについて【声帯伸展と声帯収縮】

続きを見る

 

-発声方法

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2020 All Rights Reserved.