ボイストレーニング 声や歌について

裏声・ファルセットの出し方について

投稿日:2018年8月3日 更新日:

MUSIC PLANETボーカルオーディション2018

今回はファルセットの出し方について重点的に書いていきたいと思います。

 

ファルセットが出せる人にとってはファルセットなんて簡単なのですが、出せない人にとってはこうも難しいのかというくらいに難しいのがファルセットですね。

歌にとっては非常に重要なものでもあります。

今回はそんなファルセットの出し方について書いていきたいと思います。

まずは正しいファルセットを認識しよう

まずは正しいファルセットを認識することが重要です。

つまり犬ファルセットであることが重要です。猫ファルセットはダメです。

これから身につけるのは犬ファルセット(正しいファルセット)です。

 

まずはこれを認識することが一番重要であるとも言えます。

 

犬ファルセット猫ファルセットに関しては、僕の造語なのですが、認識しやすいのでそう呼んでいます。

この二つのファルセットの違いについては別記事にまとめています。興味のある方はぜひ呼んでみてください。

ファルセットが出せない喉について|犬ファルセットと猫ファルセット

今回はファルセットが出せないということについて書いていきたいと思います。 ファルセットというものは歌においては非常に重要です。   ですが、ファルセットが苦手な人は多いですね。特に日本人は多 ...

続きを見る

 

ファルセットの出し方

基本的なアプローチ編

やり方

  • 狼の遠吠えのように叫んでみましょう「アオーーーーン」
  • フクロウの鳴き声のように「ホー ホー ホー」
  • マイケルジャクソンのように「フォオオウ!」
  • ハミングした状態で全く力を入れずに「フン」と高い音を出してみる

 

どうでしょうか?できましたか?部屋中に響く感じですか?息っぽい感じですか?

猫っぽくなくて犬っぽいなら大丈夫です。

 

まぁこれでできた人はもともとできる人でこんなの読まなくてもできる人です。

「できなかったけどできた」という人は限りなく少ないでしょう。

 

「じゃあ、書くなよ!」って話ですが、こういう説明以外でファルセットを説明するのはなかなか難しいのです。

自転車乗れない人に乗り方を説明するような難しさ。乗れる人は乗れるし、乗れない人は乗る練習をするしかない。と。

 

まずは「ほんの少しファルセットができた方」へ

綺麗ではなかったけど、狼っぽかった。汚い声だけどマイケルだった。ちゃんと響く感じがしたし、裏返っているし、力もあまりいらずに高い音が出たという人はOKです。

 

おそらくまだ使えないファルセットで、ガラッとしたり綺麗に鳴らなかったりするかもしれないですが、おそらくちゃんとしたファルセットでしょう。

 

この場合はその声をたくさん出していくしかないのです。1音しか出せないのならその音をしっかり鳴るようにたくさん出す。

 

そこから低音・高音に少しづつ押し広げていきます

 

ファルセットの低音域・高音域を広げる練習方法について詳しくはこちらの記事に書いているので、興味のある方は読んでみてください。

ファルセット・裏声|高音域・低音域の練習法

今回はファルセットの高音域・低音域について書いていきたいと思います。 ファルセットは基本的には高音域で使う声ですが、その音程や使い方は様々です。   ファルセットの低音域と高音域をどう鍛えて ...

続きを見る

 

ファルセットの声質を鍛える練習方法について詳しくはこちらの記事に書いているので、興味のある方は読んでみてください。

息の多いファルセット・芯のあるファルセットの練習方法

今回は息の多いファルセット・芯のあるファルセットの練習方法について書いていきたいと思います。   ファルセットは本来の性質として息が多くなる性質を持っているとは言え、綺麗に息が吐けているファ ...

続きを見る

 

「全くできなかった方」へ

これが非常に難しく険しい道のりですね。

 

おそらくあなたは猫ファルセット猫ファルセット予備軍です

ファルセットを使う神経が衰退している状態ですね。

 

この場合結構練習しないといけないので、めげずに頑張りましょう。

 

練習方法・開発方法

  • 一切の力を入れずに「あー」と声を出す
  • 低めの地声になったでしょう
  • ここから一切の力を入れずに音をあげていきます
  • 一切の力が入ってなければほとんど音階上げることはできないはずです
  • それでも音を上げていきます
  • すぐに地声の限界点にきます
  • その上の音を絶対に脱力状態を維持したまま上げます
  • (ここでファルセットが出せる人だと「スポッ」て空気が抜けるようにすぐにファルセットに切り替わります。)
  • ここでになった方はその先に綺麗なファルセットはないのでやり直し
  • ここで「ひっくり返るという感覚=今まで使っていた部分を使わなくなる感覚」を感じる
  • おそらくデスボイスのような、ガラガラと鳴る・もしくはカサカサと鳴る、声じゃないような声。でもなんか息は出てるな。という声になると思います。

 

これが正しいファルセットのです。

猫喉の人が犬ファルセットを見つけるためのです。

この種ファルセットを出し続けることが重要です。

 

それはもう聞けたもんじゃない声ですし、出している自分が不愉快になるような声ですが、これを出し続けないとファルセットが身につきません。

神経を1から開拓するようなものです。足の小指だけを動かせるようになる練習のようです。

 

最初は全くファルセットになる気がしないと思いますが、続けていくうちに少しづつファルセットが出るようになってきます。

ただ、根気よく練習しないと全然育ちませんし、これでいいのかと自問自答するような道のりになるかと思われます。

 

ファルセットを身につけることは非常に重要です。

ファルセットの重要性についてはこちらの記事に書いているので、興味のある方は参考にしてみてください。

 

 






-ボイストレーニング, 声や歌について

Copyright© 音楽技術向上のためのブログ【ミュートレグ】 , 2018 All Rights Reserved.