【9/13】まとめページは都合上削除いたします。引き続きカテゴリーページ等でお楽しみください。

ボイストレーニング

『正しい裏声』の出し方や練習方法についての徹底考察

投稿日:2018年8月3日 更新日:

今回はファルセットについての詳しい考察を書いていきたいと思います。

ファルセットとは裏声のことですね。ファルセットが出せる人にとってはファルセットなんて簡単なのですが、出せない人にとってはこうも難しいのかというくらいに難しいのがファルセットですね。

歌にとっては非常に重要なものですし、現代ポップスにおいてはその傾向がどんどん強まっており、歌の中で使われる頻度も増加傾向にあります。

もちろん使わなくても歌は歌えるのですが、歌が上手い人というのは必ずと言っていいほどにファルセットが綺麗です(あまり使わない人でも)。それだけ重要だということです。

ただ、ファルセットは正しいファルセットが出せることがすごく重要です。僕は正しいファルセットを『ファルセット』悪いファルセットを『ファルセット』と名付けています。

正しいファルセットが出せると

  • 綺麗な高音が出せる
  • 喉の柔軟性が向上する
  • 表現の幅が広がる
  • 歌が上手くなる

今回はそんなファルセットについてです。

裏声(ファルセット)とは?

裏声もしくはファルセットという呼び方をします。裏声というのは地声に対して薄く高い音です。声帯の一部を使って発する声なので地声に対して弱い声質になります。

音としてはフクロウの鳴き声狼の遠吠えのような音です。

【例】

  • 狼の鳴き声のマネ
  • フクロウの声
  • ミッキーの声
  • ヨーデルの裏返った部分

【具体例】

「きみは〜笑って

「何にもいらない〜〜〜」「あなたに触れたい〜〜〜

声としてあまり使う頻度が少なく、特に男性は普段生活してる分にはほとんど使う機会がないでしょう。女性であれば地声との音程の乖離が小さいので実は結構使っていたりします。

ファルセット・裏声自体はそこまで特殊な用語でもなく、日常で使うような言葉なのでこのような説明はいらないかもしれませんね。

ファルセットの声帯の形

地声の声帯の形は以下のようになっています。(図はわかりやすく簡略化していますのでご了承ください。わかりにくかったらすみません。)

このように声帯全体の振動を鳴らすことで「地声」になります。これがファルセットの状態になると

このようになります。実際には声帯の「一部」ではなく、「薄く」が表現としては正解ではあります。つまり一部分を使っていると言うよりは全体を薄く使っている状態です。つまり上の図を横から見て

このような動きを見せているのですが、上からみると一部が鳴っているようにも見えるので考え方はどちらでもいいと思います(どうせ目視で確認できないので)。

「声帯伸展」つまり『縦に伸びる力』を使って声帯を引き伸ばすことで高音を出します。その際ある一定のライン(地声の限界)を超えると声帯が薄く引き伸ばされるので、声帯を薄く使うことになり裏声になるのですね。

これがファルセットの理屈です。

ただ、ファルセットが出せているつもりでも正しいファルセットが実は出せていないという方は結構います。男性でも女性でも。

プロのシンガーでも普通にいます(ただ海外のシンガーは極端に少ない。つまり海外のシンガーは基本的に正しいファルセットを使っている)。

この正しいファルセットを悪いファルセットは音色と理屈が違うのですね。

ただこれを聴き分けるのは慣れないうちはとても難しいですし、一緒にしてしまっている人も非常に多いです。

僕が勝手に名付けているのですが、正しいファルセットは『犬ファルセット正しくないファルセットは『猫ファルセットと呼んでいます。

僕が勝手につけているだけで、世の中では通用しないので注意してください。

まずは『正しいファルセット』を認識しよう

まずは正しいファルセットを認識することが重要です。つまり犬ファルセットであることが重要です。猫ファルセットはダメです。

これから身につけるのは犬ファルセット(正しいファルセット)

まずはこれを認識することが一番重要であるとも言えます。

もしもこれを認識できていない状態で間違った猫ファルセットの状態ではいくら練習しても最後の方で壁にぶち当たることになります。

なので正しいファルセット認識することが重要なのです。もちろん普通に正しい「犬ファルセット」を出せる人も大勢います。ただ「猫ファルセット」も結構多いのです。

ではこの2種類のファルセットについて順を追って説明していきます。少し長くなるのでお付き合いください。「絶対正しいファルセットは出せてるよ。練習法は?」という方は読み飛ばして記事の後半へお進みください。

実は『ファルセット出せない人』は結構いる

ファルセット出せない人って結構いますね。実は、プロのシンガーでもこれファルセット出ないんだろうなっていう人や猫ファルセットの人、昔は出てたけど出せなくなっている人は普通にいますね。

ココがポイント

ただ抜群の歌唱力を持っているシンガーに限定すると猫ファルセットの人はほとんどいないですし、海外シンガーにもほとんどいません。つまり一流の人はみんな正しいファルセットを使っているのですね。

もちろん何もしていない一般の方でも出せる人は出せるし、出せない人は出せないですね。でも本来子供の頃とかは出せたはずなんですよね。そういう人が多いはず。それがだんだん使わないなどのなんらかの理由で出せなくなってしまうのですね。

性別の差でいうと、男性の人の方が出せない人は多いでしょうが、女性の方でも普通にいます。

このような人たちがどのような状態になっているのかというと、高音は出せても「裏返らない」のです。もっと正確に言うと「綺麗に裏返らない」のです。これが「猫ファルセット・猫喉」という状態です。

『猫ファルセット』とは

ファルセットが出せない人でも誰でも一応、ファルセット的な高音は出せます(魅力的かどうかは別ですし、これを聞き分けられないのが大きな問題)。でも綺麗なファルセットにならないんですね。

綺麗に裏返らないという現象が起こるのです。むしろ声帯の動きはミックスボイスに近いです。

「猫ファルセット」はどんな声?

ファルセットは声帯の使い方が地声とは完全に違うので別の音色になるのが普通ですが、この裏返らない音色は薄い地声もしくは薄いミックスボイスに近いような音色になってしまいます。

地声と完全に違う声帯の使い方ではなく、限りなくファルセットに近づけた地声・ミックスボイスの一種になってしまうのです。

ファルセットは解放的な音がするのに対し、このファルセットもどきはどこか締まったような閉鎖的な音色、もしくは地声から「薄皮一枚剥いだような薄い芯のある声」になります。このファルセットもどきが『猫ファルセット』です。

つまり本当のファルセットは楽に綺麗に澄んだ音色で、「すぽっ」と抜けるように響くのに対し、猫ファルセットは締めたようなどこか閉塞感のあるやや芯のある音色で響かないのです。

感覚的には

「犬ファルセット」は全く力がいらないです。『全く』です。むしろバランスを取っている感覚の方が強いです。

息の圧力の応じて音色がどんどん大きくなるのも特徴です。息の圧力をかければ周りに響き渡る音色になります。

「猫ファルセット」はかすかに締まったような感覚です。力自体はいらないのですが、若干ほんのりと喉が締まるのです。この『ほんのり』のせいで気付きにくい。

息の圧力をかけてもある一定の位置で音量に限界がきて、周りに響き渡らせるのは難しい。息の圧力をかければかけるほどに音色に芯を持ったりする。

裏返らないのが羨ましく思える人もいるかもしれませんが、決していいものではありません。

「裏返すことができる上で裏返さない高音」「裏返すことができないで出す高音」は全く違います。後者はおそらく使い物にならないか、鍛えても魅力的ないい物にはならないでしょう。

こういう裏返らない人たちはライブ会場とかで「フォオオーーー!!」とかフウゥゥーー!!」とか叫ぶのができないはずです。

あの声って響きますよね。会場に響き渡りますね。ファルセットですもん。開放的に響くのです。裏返すことができないファルセットもどきみたいな声帯の状態になってしまう人がそんな感じで叫んでも、声量のない閉塞感のある音色になってしまうのです。むしろそんな声すら出せない状態かもしれません。

つまり

わかりやすく言うと『猫の声(喉)なのです。犬の声(喉)のように響かない』のです。

鳴き声を想像するとわかるでしょう。つまりこの裏返すことができないファルセットは『ニャー』の音色なのです。

こんなファルセットじゃないファルセットをもつ猫の喉になってしまうと、なかなかそこから真のファルセットを身につけるのは容易ではありません。綺麗にひっくり返らない声帯の使い方になってしまっているのですね。

こういう喉の人は少なからずいます。普通にいます。というか、かなりいるのではないかとも思っています。日本人は特にです(英語圏の人は少ないと予想します)。まぁこれに関しては調査したわけでもないので正確なことは言えませんが。

「猫ファルセットを極めると」

実は猫ファルセットを極めることでもある程度の歌唱は可能だと考えられますし、普通に歌う分にはあまり害もないのかもしれません。

なんなら、ミックスボイスに近い音色なので地声からの切り替えが非常にスムーズ(薄皮一枚剥いだような感じ)になりますし、声自体のコントロールはしやすいかもしれません。偽りの上手さは手に入るかもしれませんね。

つまりカラオケで歌う、趣味で歌うにはこれでも十分でしょうし、ある程度は楽しめるかもしれませんね。

しかし、プロレベルだとそうはいかないですね。

声の質・発声の質について犬ファルセットとの差は明らか(主に魅力的な倍音成分の差が大きい)ですし、猫ファルセットの人の発声は使えば使うほどに成長せず、気づかないくらいゆっくりと確実に衰退していきます。

高音ミックスボイスの使い手の歌唱力が衰える原因についての考察

近年、ミックスボイスを自在に使いこなすようなシンガー、特に高音ミックスボイスをベースに歌うシンガーは世界的に見ても減少傾向にあると個人的には感じています。 統計を取ったわけでもなく、あくまで感覚的にで ...

続きを見る

実はボイストレーナーにも多い

実はボイストレーナーにも多いです。「なんてこった!」ですね。まぁ全てのボイストレーナーがそうだと言っているわけではないのでご理解ください。優秀な方もたくさんいます。

ただ、犬ファルセットと猫ファルセットをひっくるめてファルセットと言ってしまったり、猫ファルセットを極めたような音色をファルセットのお手本にしている人も多いです。

おそらくこの猫ファルセットは声区変化があまりなくコントロールしやすいので、人に教えるのには非常に向いています。また、芯を持ちやすいのでヘッドボイス気味に鳴らせば普通の人だとなかなか識別できないでしょう。

これ、しっかりと区別できるようになった方がいいですが、耳が良くないと結構難しいです。

僕も以前はだまされて(悪気はないでしょうが)いましたが、ある日ふと気がつきました。「誰もが言っているファルセットには明らかに音色が違う2種類があるぞ」と。

『芯を持った犬ファルセット』と『猫ファルセット』は似ているようで全く別物です。「かにかま」「かに」くらい違います。

鳴り方や倍音成分に差が出ます。そしてこれが魅力度に大きく関わります。

やっぱり歌うのなら「最高級のかに」のような美味しいファルセットがいいですよね。

『輪状甲状関節の亜脱臼』?

詳しいことははっきりと言えないのですが、これは「輪状甲状関節の亜脱臼」というものも原因として考えられる様ですね。

「輪状甲状関節!?脱臼!?なんだそれは!?」という感じでしょう。

これまで「高い声が出ない」「高音が出しづらい」「高音が金属音的になる」などは、ボイストレーナーからはテクニックの未習得、耳鼻咽喉科医師からは前筋麻痺(輪状甲状筋の動きが緩慢な状態を指す)と言明されてきたが、輪状甲状関節の亜脱臼の有無を含めた動き具合を調べることも大切

★症状
①声の特徴:高音が出ない、高音が出にくい、声帯ヒダの伸長が叶わないので声帯筋を過緊張させた金属音的高音発声となる、かすれるほどではないが声が張れない
②その他の特徴:会話も歌唱も可能、目視では確認できない、痛みはまったくない、自覚症状がない、日常生活に支障はない、放置しても問題ない

引用元:輪状甲状関節の亜脱臼-『喉ニュース』より

もちろんこれだけが原因ということでもないでしょうが、猫ファルセットの人ってこういう理屈なのかもと納得してしまいます。

つまり声帯進展が働かずに、声帯閉鎖が強く働きすぎて(声帯筋の過緊張)しまうのでしょう。

特に「その他の特徴」が恐ろしいですね。要するに「自分ではわからない」みたいなものですよね。

プロのシンガーがだんだんファルセットが出せなくなったりすることがあるのもこれではなかろうかと思うのです。無理な高音域による亜脱臼。(ちなみに僕個人も変声期の無理な練習でこれだったのかもです。わかりませんが。でもなんとか取り戻しました。その体験についてはこちらの記事に書いています。

例えば

リラックスしながらあくびをして「ふぁあぁー」と高い声で言いますよね?普段言わない人でも一度くらい言ったことあるはずです。これすら裏返る人はファルセットになるし、裏返らない人はファルセットもどきになるのです。そういう声帯になっているのです。

あなたはどうでしょう?本当に裏返っていますか?楽に響く裏声が出せるでしょうか?綺麗に出せなくても「フォオオーーー」って響く感じで叫べるのなら大丈夫です。っぽいのなら大丈夫です!

街中や公園で「フォーーーー」って叫ぶと周りに響きますか?(実際したら迷惑なので気をつけて。)猫っぽくないですか? 犬っぽいなら大丈夫です。「あれ?そう言えばそういう声出せないかも」という方は猫ファルセットの喉(ファルセットもどき)かもしれません。

この猫ファルセットの喉になってしまっている人は

この真のファルセットと呼べない猫ファルセットになってしまっている人は基本的に魅力的な高音を出せないことが多いですね。『声帯伸展させる力がない』のですね。自由に歌えなかったり、気持ちよく歌えなかったり、声量が全然出なかったり。

まぁ基本的にはあまり歌が上手くないと言える人が多い気がします。そのせいで喉が硬いというか、大事な部分が使えなくなっているのか、、。もしくは逆に、金属的な高音を出せるというパターンもあります。これは必死で練習したタイプですね。猫ファルセット猫ミックスボイスを極めたような感じです。

「裏返らないんならいいんじゃね?」と思いますか?もちろんどう考えるかは個人の自由ですが、人を魅了する声にはなかなかならないのではないかと考えられます。

高音を出せるのと歌えるのは違いますからね。

猫ファルセットすら出せない人は

「そもそも裏返らないし、高音すら全く出せないよ!」という方はある意味ラッキーですね。変な癖はつけずにすみます。が、すでに裏返らない時点で猫ファルセット予備軍です。

本当のファルセットを身につけない限りは同じです。出せる人はもうなんの苦労もなく出せるのです。「高音で叫んでみて」と言えば、簡単に「フォーーーー」「フゥーーーー」と出せるのです。「ミッキーだよ、ハハ!」って出せるのです。

そういう喉なのです。生まれながらの犬ファルセットなのです。そしてそれを持ち続けているのですね。

ファルセットの出し方・練習方法

では具体的にファルセットの出し方や練習方法を書いていきます。もちろん猫ファルセットの人向けの練習方法もあるのですが、険しい道のりとなるでしょう。

基本的なアプローチ編

やり方

  • 狼の遠吠えのように叫んでみましょう「アオーーーーン」
  • フクロウの鳴き声のように「ホー ホー ホー」
  • マイケルジャクソンのように「フォオオウ!」
  • ハミングした状態で全く力を入れずに「フン」と高い音を出してみる

どうでしょうか?できましたか?部屋中に響く感じですか?息っぽい感じですか?猫っぽくなくて犬っぽいなら大丈夫です。まぁこれでできた人はもともとできる人でこんなの読まなくてもできる人です。

「今までできなかったけどできた」という人は限りなく少ないでしょう。

「じゃあ、書くなよ!」って話ですが、こういう説明以外でファルセットを説明するのはなかなか難しいのです。

自転車乗れない人に乗り方を言葉で説明するような難しさ。乗れる人は乗れるし、乗れない人は乗る練習をするしかないですよね。それと同じです。

まずは「ほんの少しファルセットができた方」へ

綺麗ではなかったけど、狼っぽかった。汚い声だけどマイケルだった。ちゃんと響く感じがしたし、裏返っているし、力もあまりいらずに高い音が出たという人はOKです。おそらくまだ使えないファルセットで、ガラッとしたり綺麗に鳴らなかったりするかもしれないですが、おそらくちゃんとしたファルセットでしょう。

この場合はその声をたくさん出していくしかないのです。1音しか出せないのならその音をしっかり鳴るようにたくさん出す。そこから低音・高音に少しづつ押し広げていきます

とにかくファルセットを出す段階で有効な練習方法がリップロールタングトリルです。脱力を促すようなトレーニングでかつ息の流れと連動しているので余計な力や変な癖をつけにくくできるので、開発段階では大いに有効だと考えられます。こういう脱力系トレーニングは比較的長い時間練習できるのもメリットです。

弱点は「ウ」の母音でしかできないことですね。

「全くできなかった方」へ

これが非常に難しく険しい道のりですね。おそらくあなたは猫ファルセット猫ファルセット予備軍です

ファルセットを使う神経が衰退している状態ですね。

この場合結構練習しないといけないので、諦めずに頑張りましょう。

練習方法・開発方法

  • 一切の力を入れずに「あー」と声を出す
  • 低めの地声になったでしょう
  • ここから一切の力を入れずに音をあげていきます
  • 一切の力が入ってなければほとんど音階上げることはできないはずです
  • それでも音を上げていきます
  • すぐに地声の限界点にきます
  • その上の音を絶対に脱力状態を維持したまま上げます
  • (ここでファルセットが出せる人だと「スポッ」て空気が抜けるようにすぐにファルセットに切り替わります。)
  • ここでになった方はその先に綺麗なファルセットはないのでやり直し
  • ここで「ひっくり返るという感覚=今まで使っていた部分を使わなくなる感覚」を感じる
  • おそらくデスボイスのようなもの・もしくはガラガラと鳴る・もしくはカサカサと鳴る、声じゃないような声。でもなんか息は出てるな。という声になると思います。

これが正しいファルセットの『です。猫喉の人が犬ファルセットを見つけるための『です。

この種ファルセットを出し続けることが重要です。それはもう聞けたもんじゃない声ですし、出している自分が不愉快になるような声ですが、これを出し続けないとファルセットが開拓されません。神経を1から開拓するようなものなのです。足の小指だけを動かせるようになる練習のようです。最初は全くできないでしょう。

最初のうちは全くファルセットになる気がしないと思いますが、続けていくうちに少しづつファルセットが出るようになってきます。ただ、根気よく練習しないと全然育ちませんし、これでいいのかと自問自答するような道のりになるかと思われます。

高音ファルセットの練習

高音ファルセットとは名前通りファルセットの高音域です。「どこからどこまでが?」と訊かれそうですが、それは個人個人が持っているファルセットの高音域としか言えません。

ファルセットの高音域を開発していくトレーニングを書いていきます。

高音ファルセットのお手本

高音域のファルセットが苦手な人はファルセットの声帯の使い方での閉鎖ができない人ですね。もしくはその閉鎖で呼気圧を支えられない状態です。

全ての声はそうなのですが、ファルセットも息をたくさん吐くだけでかなり高い音になります。それが支えられるようになればいいので、高音練習は強くファルセットを出す練習をすればいいのです。

練習

  • ファルセットでなるべく大声を出す
  • 「は」の発音で。「ほ」でもいい。まぁ割となんでもいいのですが。
  • しっかりと息を吐いて叫ぶ寸前くらいまで音量をつけてもいいです(周りの環境に注意)。
  • 必然的に限界点に近い高音を出している状態になる

とにかく高音域は呼気圧に耐えられる力(声帯コントロール)を身につけるのが大切です。ファルセットの高音は普段使わないだけで、出していると結構身につきます。最初は喉が痒いような痛いような感じですが、慣れていくはずです。

低音ファルセットの練習

ファルセットの低音域です。地声でも出せる範囲をあえてファルセットで歌うようなフレーズに活きます。特に洋楽シンガーは非常に高いレベルで使いこなしています。日本のシンガーはほとんど使いません。

低音ファルセットお手本

低音域のファルセットは結構難しいですね。

高音ファルセットのように力押しができないですからね。どちらかと言えば、バランスを取る感覚というか。地声に落っこちない範囲の裏声で低音域を出すのですから。低音ファルセットも基本的には押し広げていくしかないです。急には出ないでしょう。これも開発していくしかないです。

ファルセットの状態で喉仏が下げられるのならおそらくできるでしょう。

練習

  • ファルセットでなるべく低い音を出す
  • 喉仏を触りながら練習する

下方向への響きをつけやすくする「ボイ」トレーニングで音域を下げていくのが有効でしょう。こういう低音系のトレーニングとファルセットを掛け合わせることで、ファルセットの低音域を押し広げていくことができます。

しかし、ファルセットには限界もあるのでいくら頑張ろうと超えられない壁はあります。

ファルセットの声質について

ファルセットは本来息の成分が多くなる性質を持っています。これは当然と言えば当然ですね。

ファルセットは声帯の一部・もしくは声帯を薄く使って声を出す発声法です。地声に比べて息が漏れるポイントが多くなるので、結果的に息っぽい声質になります。

 

芯のあるファルセットは、その裏声声帯の使い方を前提に声帯を閉じる(声閉鎖)ことで芯のあるファルセットになるのですね。

芯のある声を作るのは「声門閉鎖」

今回は芯のある声を作るために必要な「声門閉鎖」についてです。 この声門閉鎖は声帯閉鎖と似た言葉ですし、同義語として使われることももちろんあるのですが、個人的には使い分けています。 声門閉鎖は『声帯の二 ...

続きを見る

もともと息が多い性質を持つ発声なら、息をしっかり吐けるようにするトレーニングは必要ないと思うでしょうが、そうではないですね。息が多いファルセットを使うなら、より一層息が多い方が綺麗な倍音で通るファルセットになります。であれば、鍛える必要がありますよね。

芯のあるファルセットは、ファルセットの状態で声帯閉鎖を強めないとできないので、これも鍛える必要があるのです。ファルセットをコントロールできる人の場合は比較的どちらもコントロールできるので、結局ファルセットを極めるにはどちらも練習が必要です。

『息の多いファルセット』の練習方法

ファルセットの練習方法も基本的には地声やミックスボイスと変わらないです。息が多く吐けるような声を作るトレーニング方法はどの声の種類も変わらないですね。

ドッグブレス「スー」「ズー」トレーニングなどをファルセットを使って練習するのです。特に「ha」や「ho」の発音での練習がいいでしょう。

これはさほど難しい練習ではないので、しっかりと続けることが重要ですね。

『芯のあるファルセット』の練習方法

芯のあるファルセットはファルセットの状態で声閉鎖を強めなければいけません。こちらも地声やミックスボイスの練習方法と変わらず声帯の鳴り自体を強めるトレーニングになります。

「ネイ」「ヤイ」トレーニングや裏声でのエッジボイスのトレーニングによって芯のあるファルセットを身につけられます。

ファルセットの状態で閉鎖を強めるので必然的にファルセットの中でも高音域の音色になります。ファルセットの高音域を芯のある音色で発声するような発声を『ヘッドボイス』と言ったります。強く高い高音域なので上方向へ響きやすく頭に響く感覚があるので「ヘッドボイス」です。

裏声を鍛える効果『輪状甲状筋を鍛える』

『輪状甲状筋』とは

簡単に言うと喉仏に付随する筋肉で主に音程の調整を担っている筋肉です。特に高音へ引っ張り上げるような筋肉なのでここを鍛えると音程をコントロールしやすくなるわけです。

この筋肉が発達している人は歌がうまいと言われるほどに歌の中で重要な筋肉です。声の音程調整に直接関わる筋肉ですね。

この筋肉を鍛えるのに最適なのが裏声

正しい裏声はこの筋肉をメインで使って発声されています。

これにより『声帯伸展』能力を鍛えます(逆に他の部分をあまり使わない。特に『声帯閉鎖』を)。つまりこの筋肉を使うことで輪状甲状筋が鍛えられるわけです。そしてこの筋肉が発達していると綺麗な裏声が出せるとも言い換えられます。

当然この筋肉は裏声以外でも使われますから、この筋肉が発達している人ほど高音発声が得意ということになります。もちろんミックスボイスの上達にも大きく繋がります。

輪状甲状筋を鍛えるのには地声とファルセットの交互発声の練習もオススメです。

『声帯伸展』と『声帯閉鎖』の違いは認識しておくべきです。

高い声が出ない人は『二つの力』を理解すべき

今回は高い声が出ない人が理解すべき「二つの力」について考察していきます。 その二つの力とは『声帯伸展』と『声帯閉鎖(収縮)』という二つの声帯をコントロールする動きです。 この二つの動きのどちらもが音程 ...

続きを見る

裏声が上手い人は歌が上手い?

先ほども書きましたが、裏声に使う筋肉は歌の中で大きな役割を持っています。輪状甲状筋ですね。これが声帯を伸ばす役割を担っています。

声帯伸展の能力が高いということはそれだけ発声・声帯をコントロールする能力が高いということです。それだけで歌がうまいと言い切れるものではないのはもちろんですが、プロのシンガーの中でも一流の人は大抵最高級のファルセットを持っていることがほとんどです。

つまり声帯のコントロール能力を格段にあげるのが輪状甲状筋でそれをよく使う人が歌が上手くなるのは当然ということです。

ちなみにですが、歌の上手さは声帯のコントロール音楽的感覚によって決まります。この二つが重要でそのうちの一つを向上させるものが裏声なのですね。

歌が上手くなるために必要な”2つの能力”と”6つのポイント”

今回は「歌が上手くなる」ということについて徹底考察していきたいと思います。 内容的には歌が上手くなる方法論というよりも「歌が上手いとは?」というのがテーマです。 歌が上手いとは何が優れているから歌が上 ...

続きを見る

オススメ記事

1

今回はボイストレーニングの効果を高めるグッズや声を鍛えるのに欠かせないグッズについて書いていきたいと思います。グッズがなくてもボイストレーニングはできるのですが、あれば便利です。 グッズを使うメリット ...

2

今回はボイストレーニングにオススメの本について書いていきたいと思います。 ボイストレーニングというものは、なかなか独学でやっていくというのは難しいですよね。「何からやればいいのか、何が正しいのか、何が ...

3

今回は「声の音域を広げる方法」について書いていきたいと思います。歌において音域を広げるということは大きな課題の一つですね。おそらく多くの人が音域を広げたいと思ったことはあるでしょう。 それくらい歌にお ...

4

今回は「歌が上手くなる」ということについて徹底考察していきたいと思います。 内容的には歌が上手くなる方法論というよりも「歌が上手いとは?」というのがテーマです。 歌が上手いとは何が優れているから歌が上 ...

5

今回はミックスボイス(ミドルボイス)について書いていきたいと思います。『ミックスボイス』というものについて疑問を持っている人は多いと思います。そもそもなんなの?何がミックスボイスなの?自分の声はどうな ...

-ボイストレーニング

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2019 All Rights Reserved.