発声方法

裏声(ファルセット)とは?【裏声の出し方について】

投稿日:2018年8月3日 更新日:

この記事は

今回は裏声についての概要と裏声の出し方についての内容です。

裏声(ファルセット)とは

裏声(ファルセット)とは主に

  • 地声ではない声のこと
  • 地声から裏返った高い声のこと
  • 声帯筋(内側甲状披裂筋)が働かずに声帯靭帯・声帯粘膜のみで鳴らす声のこと

を指し、別名「頭声」とも呼ばれます。

 

「それは日本語か?」という内容もあったと思いますが、とにかく声がひっくり返った高い音が「裏声」ですね↓

 

裏声は地声と比較して、

  • 高い音
  • 薄い音
  • 息っぽい音
  • 澄んだ音

になるのが特徴です。

裏声はなぜ高い声になるのか?

簡単に言えば、

  • 声帯が分厚い状態(地声)から薄い状態(裏声)へと変化するので、声帯の振動数が高速になり高音となる
  • さらに、地声の時は「筋肉」が振動しているが、裏声の時はそれが活動をやめて「皮・粘膜」が振動するので高音になっている

ということです。

 

声帯を断面から見ると、このような差があります↓

 

地声は分厚い振動↓

 

裏声は薄い振動です↓

このように声帯のモードが違うので高音になっているというわけです。

こちらを見るとよりイメージしやすいかもしれません↓

 

この裏声の仕組みについて詳しくはこちらにまとめているので、ここでは省略します。

声が裏返る仕組みと原因について

続きを見る

裏声(ファルセット)の種類

その分類様式は一般的には、

  1. ファルセット(息が漏れる裏声)
  2. ヘッドボイス(芯のある裏声)
  3. ホイッスルボイス/フラジオレット(裏声の超高音)

の3種類に区分されることが多いです。

ただし、名称の意味はあまり深く考えない方がいいのかもしれません。

 

特に「ヘッドボイス」という言葉が色々な意味を生んでおり、

  • ファルセット=ヘッドボイス=裏声

と同じ意味を表すものとするパターンや、

  • ファルセット=裏声、ヘッドボイス=響きを頭に持っていった地声系の発声

を指す場合などがあります。

ファルセットとヘッドボイスの違いについて【日本と海外で考え方が違う?】

続きを見る

 

「一体何が正しいの?」と思うでしょうが、『考え方の流派が違う』という答えに行き着くことになるので、そこまで細かいことは気にせず「裏声は裏声」とざっくり考えるスタンスでいる方がお得だろうと思われます。

 

名称で分けるのではなく、裏声の音域で考え方を分けた方がいいでしょう。

 

ざっくり、

  1. 低中音の裏声(地声でも出せる音域の低い裏声)
  2. 高音の裏声(地声では厳しい音域の高い裏声)
  3. 超高音の裏声(ホイッスルボイス)

という3つくらいで考えるといいと思われます。

もちろん、これは人それぞれの声帯のタイプによって音域帯がズレるので、”その人にとっての”裏声の『低中音』『高音』『超高音』という意味です。

①低中音の裏声

地声でも出せるくらいの範囲の音域帯の裏声です。

こういう低い位置から裏声を使う発声方法は簡単そうに思えて、高い裏声のコントロール能力が必要になります。

②高音の裏声

地声で出すには厳しい音域帯の裏声です。

高音の裏声を発しようとすると必然的に「勢いのある裏声・強い鳴りの裏声」になります。

 

これを「ヘッドボイス」と認識しても特に問題ないと思いますが、先ほど言ったように特に名称にこだわる必要性もないでしょう。

とにかく「裏声の高音」。

裏声が出ない原因とかすれる原因について

続きを見る

③超高音の裏声(ホイッスルボイス)

さらに超高音の裏声はホイッスルボイスと呼ばれます。

”ホイッスルボイス”も結局のところ厳密な定義が決まっているものではなく、「笛のように聞こえる」という感覚的な言葉です。

 

しかも「特別な発声方法」というよりは実はシンプルに『とんでもなく高い裏声』という感じです。

もう一つイルカの鳴き声のように出す特別な出し方もあるのですが、そこまで実用的ではないでしょう。

ホイッスルボイスの出し方についての研究【ホイッスルは2種類ある】

続きを見る

裏声(ファルセット)の出し方・練習方法

具体的なファルセットの出し方を紹介します。

  1. 「正しい裏声」を理解する
  2. 基本的なアプローチ
  3. 全くできない人のアプローチ

の3つです。

①『正しい裏声』を理解する

裏声の練習をする前に「正しい裏声」をしっかりと理解しておきましょう。

このページで紹介したシンガー達の裏声をお手本にすれば特に問題はないとは思いますが。

 

というのも、実は多くの人が認識している

  • ”裏声”という発声状態そのものは2種類に分類できるのではないか

と考えています(*これは「ファルセット」とか「ヘッドボイス」とかそういう問題とは全く別の問題)。

 

つまり、「正しい裏声」を裏声と思っている人もいれば、「正しくない裏声」を裏声を思っている人もいるということです。正しい方は問題ないのですが、正しくない方だと問題が生まれるでしょう。

 

これは個人的には

  1. 「犬ファルセット(正しい裏声)」
  2. 「猫ファルセット(正しくない裏声)」

と呼んでいます(*僕の造語なので世間では通用しません。)

 

これについては別ページにて詳しく解説しています。

正しい裏声について【犬ファルセットと猫ファルセット】

続きを見る

 

とにかく、正しい音色を正確に理解することは綺麗な裏声を出す上で重要です。

②基本的なアプローチ

イメージだけで出せる人もいるので、まずはイメージしてみましょう。

  • 狼の遠吠えのように「アオーーーーン」
  • フクロウの鳴き声のように「ホー ホー ホー」
  • マイケルジャクソンのように「フォオオウ!」
  • ハミングした状態で全く力を入れずに「フン」と高い音を出してみる

まぁこんなイメージだけで出せたら誰も苦労はしませんが、練習の前にイメージを持つことは大事です。

 

大事なのは最初のヨーデルの動画のようにスポッと抜けるイメージ。

 

具体的なやり方

地声からほとんど力を入れずにだんだんと音域を上げていきます。

低音域ではほどよく声帯をしっかりと鳴らすようにしましょう。ある点で地声の限界地点(換声点)が来るはずです。

そこで力を入れずに楽な状態のままでそれ以上の音域を出そうとするとスポッと抜けて息っぽい声になるはずです。

これが裏声です。

力を入れずに楽な状態』という部分は非常に重要です。こういう「程度を表す言葉」は受け取り方に個人差が生まれるので気をつけてください。個々の感覚が違うので具体的なことは言えませんが、「喉」にはほぼ力は入らない

*地声域で声帯をしっかりと鳴らすのは、裏声になったときに抜けやすくするためです。

 

できましたか?

おそらく、これで完璧にできた人はもともとできる人なのでこの記事を読んでいないでしょう。笑

しかし、完璧ではないがほんの少しできた感じがするという人はいるのではないでしょうか。

 

ほんの少しできた人

綺麗ではなかったけど、狼っぽかった。汚い声だけどフクロウだった。

いい声とは言えないけど、ちゃんと響く感じがしたし、裏返っているし、力もあまりいらずに高い音が出たという人はOKです。

 

おそらくまだコントロールできていないので、ガラッとしたり綺麗に鳴らなかったりするかもしれないですが、たくさんその声を使っていけば綺麗に出せるようになってくるはず。

 

まずは1音だけ綺麗な裏声を出せるようにして、その音域を少しづつ広げていくといいでしょう。

③全くできなかった人のアプローチ

全く裏声が出せる気配がない、スカスカの裏声になる、もしくは金属的な高音になってしまう場合など。

 

おそらく、裏声を使う神経や機能が衰退している状態で、裏声が鳴らない状態になっている。金属的な音色になる場合は高音を出そうとすると喉が締まる力が優位に働いてしまう喉になっている可能性が高いでしょう。

 

要するに裏声を出す能力が完全に衰退してしまっている状態と言えるでしょうが、この場合なんとかして『裏声の種』を見つけ出してそれにコツコツと水をあげていくしかない道はないでしょう。

 

練習方法・開発方法

  • 一切の力を入れずに「あー」と声を出します。低めの地声になるはず。
  • ここから一切の力を入れずに音をあげていきます。一切の力が入ってなければあまり音階上げることはできないはずです。
  • すぐに地声の限界点にきます。
  • その上の音を絶対に脱力状態を維持したまま上げてみましょう(ほんの少しの締まるような感覚もあってはダメです。)
  • ここで裏声が出せる人だと「スポッ」て空気が抜けるようにすぐに裏声に切り替わります。
  • ここで若干でも金属的な音色になった方はその先に裏声はないのでやり直し。
  • ここで声にならなくてもいいので「ひっくり返るという感覚=今まで使っていた部分を使わなくなる感覚」を感じればある程度成功です。
  • おそらくデスボイスのようなもの・ガラガラと鳴る・カサカサと鳴る・とても声と言えないような「スー」とした声などになると思われます。でも「なんとなく楽に声や息は出てるし、高音になりそうだな」という予感・感覚がある状態だと思います。

 

どんな声になっているかは人それぞれですが、全く声にもなっていないスカスカの音でOKです。

おそらくこれが裏声の『と言えると考えられます。

 

この”種の発声”を出し続けて開発することが重要です。

それはもう聞けたもんじゃない声だったり、出している自分が不愉快になるような声かもしれませんが、これを出し続けないと裏声が開拓されません。

 

最初のうちは全く裏声になる気がしないと思いますが、続けていくうちに少しづつ裏声が出るようになってくるでしょう。ただ、根気よく練習しないと全然育ちませんし、これでいいのかと自問自答するような道のりになるかと思われます。

裏声が出ない原因とかすれる原因について

続きを見る

-発声方法

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2022 All Rights Reserved.