声や歌について

声の「支え」について|高音発声に重要なもの

投稿日:

今回は「声の支え」について詳しく書いていきたいと思います。

ボイストレーニングや歌において「声の支え」というワードが出てきます。

 

何だかわかるような、よくわからないようなそんな言葉です。

この声の支えが高音の発声には重要になってきます。特に強い高音発声には必要です。

今回はそんな「声の支え」について書いていきたいと思います。

「支え」を体感しよう

声の支えをまずは体感しましょう。

 

  • まずは息を「ふ~~」と吐きます(声にはしません)
  • それと同じニュアンスで声を出します
  • 「あ~~』(発音は何でもいいです。)
  • 次に息を「ス~~~」と吐きます(声にはしません)
  • この時しっかりと「ス」で発音し、歯の間から息を通す感じになるはずです。
  • それと同じニュアンスで声を出します
  • 「あ~~」

さてどうでしょうか?二つの違いを実感できましたか?

おそらく最初の方の「あ~~」は「は~~」に近いようなため息のような発音になったと思います。

 

次の「あ~~」は「あ”~~」に近いようなしっかりと鳴る発音になったと思います。

「ふ~~」の方は支えが入ってなくて、「ス~~」の方は支えが入っているのです。

 

わかりにくい人は「ズ〜〜」でやってみてください。

 

支えの感覚

さて、ここで二つの感覚の違いについて書いてきたいと思います。

上の体感で何となく体感したはずです。

 

支えが入っていない方は吐いた息がそのまま漏れ出たような溜息のような感じになります。

これは息を止めるものが何もなく、この状態で発する声はかなり息っぽい声になるはずです。

感覚的にはある程度脱力状態にあるはずです。

 

支えが入っている方は息が胸・肺のあたりでせき止められた後で出てくるような感じになると思います。

お腹やみぞおちあたりに少し力が入っているようなそんな感覚を感じるはずです。なかなか表現が難しいですが。

この時出てくる声は当然、力のあるような芯があるようなしっかりとした声になるはずです。

つまり支えの感覚とは

  • 息が胸や肺のあたりでせき止められている感覚
  • お腹やみぞおちあたりに若干の力が入っているような感覚
  • 息の圧力がかかっている状態を声帯で支えているような感覚
  • ピストルで撃たれたときの「うっ!」の時の感覚

 

上手くは表現できませんし、個人の感覚は様々だとは思いますが、まぁこんな感じでしょう。

 

息の圧力・お腹からくる空気の圧力を声帯付近・胸のあたりでせき止めている(受け止めている)状態もしくはその準備がでいている状態

 

ですかね。難しい。

 

「支え」はどういう時に役立つ?

普通に地声でしっかりと話そうとすると大抵の場合、「支え」は入っているはずです。

これが高音になったり、声を変化させるような音域にあたりになると「支え」がなくなる・もしくは弱まってしまうのです。

この支えをしっかりと保つことで声区の変化にも対応できるようになります。

 

支え強化のトレーニングについてはこちら

声の切り替えがうまくいかないときは「タイ」トレーニングで支えのある声を身につける

今回は支えのある声を出すためのトレーニングについて書いていきたいと思います。 支えのある声というのを身につけると、高音がぐっと出しやすくなります。 では早速書いていきたいと思います。   & ...

息と横隔膜を鍛える「スッ」トレーニング

今回は息と横隔膜のトレーニングの「スッ」トレーニングについて書いていきたいと思います。 このトレーニングは息と横隔膜に重きを置いたトレーニングです。 息は歌において重要なファクターですし、その息をコン ...







おすすめ記事

-声や歌について

Copyright© 音楽技術向上のためのブログ【ミュートレグ】 , 2018 All Rights Reserved.