【9/13】まとめページは都合上削除いたします。引き続きカテゴリーページ等でお楽しみください。

ボイストレーニング

声の「支え」を鍛えるトレーニング方法

投稿日:2018年9月27日 更新日:

今回は「声の支え」について詳しく書いていきたいと思います。

ボイストレーニングや歌において「声の支え」というワードが出てきます。何だかわかるような、よくわからないようなそんな言葉ですね。実はこの言葉、非常に曖昧な言葉で正式な定義はふわふわしています。こんな言葉作らない方がわかりやすいと感じる反面、なんとなく体感できたときに「あ!これか。」と感じるようなものでもあります。また、『ボイストレーナーや本によって言ってることが様々である言葉ランキング上位』の言葉でもあります(めんどくさいですね。ここでは僕が考える「支え」について書いていきます)。

この『声の支え』が特に高音の発声には重要になってきます。特に強い高音発声には必要です。

『声の支え』を身につけると

  • 高音を発声しやすくなる
  • 声区の切り替えが上手くなる

今回はそんな「声の支え」について書いていきたいと思います。

「支え」を体感しよう

言葉であれこれ言っても伝わりにくい言葉なのでいきなりですが、まずは声の支えを体感しましょう。

声の支えを体感

  • まずは息を「フ~~」と吐きます(声にはしません)
  • それと同じニュアンスで声を出します。「あ~~」
  • 次に息を「ス~~」と吐きます(声にはしません)
  • この時しっかりと「ス」で発音し、歯の間から息を通す感じになるはずです。
  • それと同じニュアンスで声を出します「あ~~」

さてどうでしょうか?二つの違いを実感できましたか?この同じニュアンスというのが肝なのですが、おそらく最初の方の「あ~~」「は~~」に近いようなため息のような発音になったと思います。

次に「スーー」のニュアンスで出した「あ~~」「あ”~~」に近いようなしっかりと鳴る発音になったと思います。

「ふ~~」の方は支えが入ってなくて、「ス~~」の方は支えが入っているのです。これが「支え」です。

もし「スーー」でわかりにくい人は、「ズーー」でやってみてください。

 

『支え』の感覚

さて、次に二つの感覚の違いについて書いてきたいと思います。上の体感で何となくでもいいので体感したはずです。支えが入っているのと、入っていない状態は以下のような状態になっているはずです。

 

支えが入っていない方

支えが入っていない方は吐いた息がそのまま漏れ出たような溜息のような感じになります。

これは息を止める障害が少なく、この状態で発する声はかなり息っぽい声になるはずです。

感覚的には喉の周辺や胸のあたりはある程度脱力状態にあるはずです。

 

支えが入っている方

支えが入っている方は息が胸・肺のあたりでせき止められた後で出てくるような感覚になると思います。

お腹やみぞおちあたりに少し力が入っているようなそんな感覚を感じるはずです。なかなか言葉では表現が難しいですが。息を止めた時の感覚に近いです。

この時出てくる声は当然、力のあるような芯があるようなしっかりとした声になるはずです。

 

つまり『支えの感覚』とは

支えの感覚

  • 息が胸や肺のあたりでせき止められている感覚
  • お腹やみぞおちあたりに若干の力が入っているような感覚
  • 息の圧力がかかっている状態を声帯で支えているような感覚
  • ピストルで撃たれたときの「うっ!」と言った時の感覚

 

上手くは表現できませんし、個人の感覚は様々だとは思いますが、まぁこんな感じでしょう。

『支え』とは

息の圧力・お腹からくる空気の圧力を声帯付近・胸のあたりでせき止めている(受け止めている)状態もしくはその準備ができている状態

 

「支え」はどういう時に役立つ?

普通に地声でしっかりと話そうとすると大抵の場合、「支え」は入っているはずです。

これが高音になったり、声を変化させるような音域にあたりになると、高音が苦手な人は「支え」がなくなる・もしくは弱まってしまうのです。表現としては『支えられなくなる』の方が意味としては近いですね。

なぜ高音で支えられなくなる?

高音域が苦手な人は声帯を上手くコントロールすることができないので、呼気圧をあげて高音を出そうとします。その結果、息の圧力を声帯が「支え」られなくなるためにこの『支え』がなくなるのですね。

 

そしてこの支えをしっかりと保つことで声区の変化にも対応できるようになります。

歌の中ではよく「換声点(かんせいてん)」と呼ばれる声の切り替え地点を乗り越える時に重要になるのです。

換声点をなくすトレーニングについて

今回は換声点や声区、音域について焦点を当てて書いていこうと思います。 人は持っている声帯によって出せる範囲の音域(魅力的な音域)は決まっています。また、音域帯によって使われる声帯の部分・声の種類も違っ ...

続きを見る

 

「支え」を強化するトレーニング

「タイ」トレーニング

支えのある声を身につけるトレーニングは「タイ」での発音が最適です。まぁ正確に言うと「ッタイ」なのですが別にどちらでもいいですね。

 

この「タイ」特に「タ!」と言う発音をしっかりと発音します。

ココに注意

喉が潰れたような発音にはならないこと「テェァ」みたいな

舌をしっかりと動かすこと

鼻腔への響きを感じること

小気味良くスタッカート(短く切る)な発音で発声する

この点を考えながら「タイ」と発音する練習です。

 

練習方法

練習方法はピアノに合わせて音階をたどる練習がいいです。

「ドレミファソファミレド」に合わせて

「ッタイッタイッタイッタイッタイッタイッタイッタイッタイ」

という感じで発声する感じです。

この練習法を繰り返していくと支えのある声を身につける練習になります。

 

「トゥイトゥイ」トレーニング

その名の通りですが、「トゥイトゥイ」の発音「twitwi」の発音で発声練習をしてくものです。

先ほどの「タ」は「a」の母音なので一番開放感がある音でしたが、今回は「トゥ」です。「トゥ」はかなり閉塞感のある音なのでより一層支えが入りやすいですね。

また若干発音が難しいので滑舌のトレーニングにもなります。

やり方

「トゥイ・トゥイ・トゥイ・トゥイ・トゥイ・トゥイ・トゥイ・トゥイ・トゥイ」

に合わせて

「ド・レ・ミ・ファ・ソ・ファ・ミ・レ・ド」

という風に音階練習をしていきます。実際音階は好きな音階でいいです。

重要なのは「トゥイトゥイ」で発声練習をすることです。

 

ココに注意

しっかりと「トゥイ」の発音をする

「トゥ」の発音を息と一緒に勢い良く発音する意識を持つ

これが「トゥイトゥイトレーニング」です。

 

おさらいです。

『声の支え』を身につけると

  • 高音を発声しやすくなる
  • 声区の切り替えが上手くなる

 

結局「支え」の正体は?

「支え」の感覚は理解できたけど、実際それは何?と言われるとなかなか難しいですね。

もちろん僕なりの答えはあるのですが、それが正確な「支え」なのかどうなのかはもはやわかりません。冒頭でも述べたように「支え」たくさんありすぎるのです。お腹の下部分(丹田)に力を入れるという「支え」、背中に力を入れるという「支え」など捉え方がたくさんありすぎて定義がふわふわしているのです。

まぁ「支え」というものは理屈より感覚の方が大事なのでしょう。それはわかります。がそのせいでぼんやりした用語になっていますね。

 

僕が考える、「支え」の正体とは

「支え」の正体

息の圧力(呼気圧)をしっかりと声に変換するための声帯の閉鎖の維持 と それを維持するための体の準備

と考えています。

つまりこう言い換えることもできるでしょう。

「声の支えとは」

「支え」とは「声帯を息の圧力に耐えられるように支える体の感覚」

と。高音が得意で声帯をコントロールできる人は知らず知らずに「支え」というものができているのでしょう。

 

まとめ

「支え」は特に高音発声や声区の切り替え時に必要です。

いくら肺活量を鍛えても、「支え」無しではダメなのです。「支え」とはつまり「息の圧力に(高音発声)に耐えられる声帯の支えとその体の準備」ですね。

 

高音が苦手な人がいくら肺活量を鍛えても、高音が出せないのは「声帯を支えられないから」ですね。

肺活量と歌声の関係性についての考察

今回は肺活量と歌の関係について書いていきたいと思います。歌において「肺活量がすごい」とかいう表現で人を褒めたりしますね。特にすごい声量やすごいロングトーンをしている人に対してそういう表現をすることがあ ...

続きを見る

オススメ記事

1

今回はボイストレーニングの効果を高めるグッズや声を鍛えるのに欠かせないグッズについて書いていきたいと思います。グッズがなくてもボイストレーニングはできるのですが、あれば便利です。 グッズを使うメリット ...

2

今回はボイストレーニングにオススメの本について書いていきたいと思います。ボイストレーニングというものは、なかなか独学でやっていくというのは難しいですよね。「何からやればいいのか、何が正しいのか、何が一 ...

3

今回は「声の音域を広げる方法」について書いていきたいと思います。歌において音域を広げるということは大きな課題の一つですね。おそらく多くの人が音域を広げたいと思ったことはあるでしょう。それくらい歌におい ...

4

今回は「歌が上手くなる方法」について徹底考察していきたいと思います。歌というものは誰もが身近に聞いたり歌ったりすることができるものですね。 そんな身近なものだからこそ歌が上手くなりたいと思ったことがあ ...

5

今回はミックスボイス(ミドルボイス)について書いていきたいと思います。『ミックスボイス』というものについて疑問を持っている人は多いと思います。そもそもなんなの?何がミックスボイスなの?自分の声はどうな ...

-ボイストレーニング

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2019 All Rights Reserved.